分裂文のまとめ情報

分裂文』の解説

分裂文(ぶんれつぶん、英語:Cleft sentence)とは、単文の中のある成分(主語目的語、その他)を強調するために抜き出し、コピュラ文を主節とする複文に変換した形の文をいう。

日本語の例を挙げれば「あいつが花瓶を割った」という代わりに「花瓶を割ったのは(が)あいつだ」という文である。

英語などSVO型語順を持つ言語では、主節の動詞をなるべく前に置くことが好まれるため、例えば

  • We're looking for Joey.「私たちはジョーイを探している」

を言い換えて、

  • Who we're looking for is Joey.「私たちが探しているのはジョーイだ」

というよりも、さらにダミー主語のItを用いて従属節を後に置いた

  • It is Joey that we're looking for.

という方が一般的な語順となる。そこで後者を、文が2つの部分に分かれているという特徴から分裂文と呼び、前者を擬似分裂文(ぎじぶんれつぶん、Pseudo-cleft sentence)と呼ぶ。つまり英語では it + be動詞 + X + 従属節 という形が分裂文、 従属節 + be動詞 + X という形が擬似分裂文である。ここでXは名詞句、前置詞句、形容詞句や副詞句である。焦点はXに、もしくは(特に真正の分裂文で)従属節またはその一部に置かれる(発話では強調される)。日本語では分裂文と擬似分裂文に当たる区別は特にない。

疑問文

分裂文は言語によっては、疑問詞を強調するなどの形で疑問文にもよく用いられる。例えば日本語では「誰が花瓶を割ったか?」というより「花瓶を割ったのは誰だ?」あるいは「誰が花瓶を割ったのだ?」(のだ文)という言い方が普通である。

フランス語

現代フランス語では、次のような分裂文に由来する形式が疑問文(特に口語)で標準的に用いられている。

  • Est-ce que(英語に直訳するとIs it that)...? 「...のか?」(疑問詞を含まない場合)
  • Qu'est-ce que/qui*(What is it that)...? 「...のは何か?」
  • Qui est-ce que/qui*(Who is it that)...? 「...のは誰か?」

(*:疑問詞が主語に当たる場合はqui、目的語に当たる場合はqueを用いる)

これらは全体として複合的疑問詞とみなされ、平叙文(疑問詞に相当する部分を除いたもの)に前置することによって疑問文が作られる。フランス語の疑問文も参照のこと。

分裂文』に 関連する人気アイテム

マンガでわかる ビットコインと仮想通貨

ニュースでビットコインの話題が挙がるが、正直、よくわからない。 用語を抑えておきたいという気持ちでこの本を購入した。 マンガが使われていたり、仮想通貨の取引所が株の取引所と同じようなものだと考えればいいと わかりやすい例に沿って説明されていたりしたため、ざっくりではあるが、この本を読む以前と比べれば、 どんなものかがわかってきた。 このシリーズにはAIについて書かれたものもあるらしい。 時代に置いて行かれないようにするために、基本用語は抑えておきたいと思った。

ビットコインを中心に 仮想通貨の仕組みや特徴を解説したもの。 「マンガでわかる」と言いつつ 解説の大部分を文章ページに委ねているのは残念だが、 ビットコインが騒がれる理由やブロックチェーン、 仮想通貨の利用用途について基本を綺麗に説明している。 とりあえず仮想通貨がどういうものかという全体像を 短時間でつかみたい人向けの1冊。

5つ星のうち 4.0概要をサーっと

(参考になった人 0/0 人)

これだけで理解しようとしているなら考えが甘いですが、しっかりと理解する前の概要を知るという理由ならばマンガですし手に取りやすいです。 私は大学でブロックチェーンの研究を始めるのでそのために購入しましたが、全く0の知識から研究を始めるよりは多少マシになったという印象です。 何度も言いますがこれだけで理解はできません。

マンガでわかるビットコインと仮想通貨

ニュースでビットコインの話題が挙がるが、正直、よくわからない。 用語を抑えておきたいという気持ちでこの本を購入した。 マンガが使われていたり、仮想通貨の取引所が株の取引所と同じようなものだと考えればいいと わかりやすい例に沿って説明されていたりしたため、ざっくりではあるが、この本を読む以前と比べれば、 どんなものかがわかってきた。 このシリーズにはAIについて書かれたものもあるらしい。 時代に置いて行かれないようにするために、基本用語は抑えておきたいと思った。

ビットコインを中心に 仮想通貨の仕組みや特徴を解説したもの。 「マンガでわかる」と言いつつ 解説の大部分を文章ページに委ねているのは残念だが、 ビットコインが騒がれる理由やブロックチェーン、 仮想通貨の利用用途について基本を綺麗に説明している。 とりあえず仮想通貨がどういうものかという全体像を 短時間でつかみたい人向けの1冊。

5つ星のうち 4.0概要をサーっと

(参考になった人 0/0 人)

これだけで理解しようとしているなら考えが甘いですが、しっかりと理解する前の概要を知るという理由ならばマンガですし手に取りやすいです。 私は大学でブロックチェーンの研究を始めるのでそのために購入しましたが、全く0の知識から研究を始めるよりは多少マシになったという印象です。 何度も言いますがこれだけで理解はできません。

マンガでわかるビットコイン&仮想通貨投資の基本

前回の本が良かったので、今回も買いました。 投資する場合はどうすればよいか、という点が多く勉強になりました。 値段が上がることばかりではなく、今みたいに下落が続いている時についても多く触れていて、 バランスのとれた内容だと思います。

12月に出た「マンガでわかる仮想通貨」の続編です。 前回の本が仮想通貨の基本を学ぶ為に勉強になったので、今回も購入しました。 平野さんによる仮想通貨の種類選択、立野さんによるテクニカル分析に基づく投資、庄崎さんによる証拠金取引の解説は それぞれ実体験に基づいたものだからか、基本的な知識を網羅している入門書よりも実践的なことを書かれていました。 今まで体系的な解説本では結果が出なかった私みたいな人間にはこういう本が臨場感があり、参考になりました。

分裂文』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.