出版のまとめ情報

出版』の解説

出版(しゅっぱん、英語:publishing)とは、販売・頒布する目的で文書や図画を複製し、これを書籍雑誌の形態で発行することで、上梓(じょうし)、板行(はんこう)とも呼ばれる。上梓の「梓(し)」とは、カバノキ科ミズメのことではなくノウゼンカズラ科キササゲのことで、古く中国で木版印刷の版材にキササゲが用いられたことに基づく。書籍や雑誌など出版されたものを出版物(しゅっぱんぶつ)と呼び、出版を事業とする企業を出版社と呼ぶ。

出版(複製)は一般に印刷によって行われる。新聞も同様の方法で発行されるが、流通経路が異なり、普通は出版とは呼ばない。ただし、現在ほとんどの新聞社(またはそのグループ会社)では雑誌、書籍の出版も手がけている。

出版(書籍、雑誌)は新聞やラジオテレビに比べて情報伝達の速報性などの点で劣っているが、一方で正確性、蓄積性などに優れたメディアである。

歴史

出版の前提として印刷技術が必要不可欠である(古代中世でも写本を業とする場合があるが、ここでは除外する)。また情報を伝達するための流通経路(商業出版では一般に作者出版社印刷会社から流通、書店を経て読者まで)がなければ、継続的な事業としては成立しない。

印刷技術が普及するまで、写本によって伝えるほかはなかった。中国7世紀頃から木版印刷が行われ、世界最古の印刷書籍は『金剛経』であり、記された年代は868年9世紀末・朝末)で、現在、大英博物館が保管している。高麗では金属活字の技術もあった(高麗版大蔵経)。日本でも平安時代末期以降、「百万塔陀羅尼」「五山版」など仏典の印刷が行われていたが、主に寺院内など限られた範囲の流通に留まっており、広く一般に流通するものではなかった。

ヨーロッパ

1450年代ドイツグーテンベルクによって活版印刷の技術が完成され、「グーテンベルク聖書」などが刊行された。初期の印刷物はまだまだ高価であり、限られた階層しか利用できなかったが、やがて出版産業は本格化する。揺籃期における出版人として、アルドゥス・マヌティウスなどが知られている。ルターに始まる宗教改革の時期にはパンフレットが大量に作られて流通し、印刷業も発達していった。

日本

戦国時代キリシタン版と呼ばれる活版印刷が行われ、また朝鮮出兵で持ち込んだ朝鮮式の活字印刷が、江戸時代初期には「古活字本」が作られるようになる。古活字本の一つとして「嵯峨本」が有名である。これは京都嵯峨角倉素庵本阿弥光悦らの協力で出版した豪華本であり、嵯峨本自体は少部数の製作だったが、後に大きな影響を与えた。

前述にあるように、営利目的の書物が日本で出版されたのは寛永年間(17世紀前半)の京都から始まり、17世紀末になると京都では1万点近く発行された。発行部数が増えるにつれ、江戸幕府は「出版取締令」を享保7年(1722年)に公布し、出版規定を定めた。まず原稿を検閲後、試し摺りをし、再び検閲するという経緯を経ており、将軍に関するスキャンダルや風俗を乱す内容、出典・根拠のない論説などは禁じられた。

慶長年間には後陽成天皇による「慶長勅版本」が出版され、『日本書紀』(神代巻)など四書が出された。慶長4年(1599年)に出版された神代巻だが、当時は技術的問題もあり、100部ほどで、神宮神社、身近な公家に配られたのみであった。書肆村上平楽寺(現平楽寺書店)は寛文9年(1669年)に『日本文徳天皇実録』を刊行し、他の六国史も17世紀後半には『日本後紀』を除き、出されていくことになるが、その金額は一(『続日本紀』)から十(『文徳実録』)までであった。

江戸時代には木版印刷による出版が盛んになり、浮世草子黄表紙洒落本滑稽本などが出版され、一般にも広く読まれた。版元として蔦屋重三郎などもよく知られている。18世紀前半でも出版点数は1万点近く、大岡忠相が書物店屋に作らせた目録には7446種と記されている。当初、浮世草子や絵本は上方からの「下り商品」であったが、1770年代(18世紀末)には洒落本や黄表本などの「地本」(江戸出版本)の出版数が上方を超えた。民間の読み書き能力が向上したことも出版業界が形成された基礎条件となったが、何より出版活動の活発化は近世人の美意識を育てる触媒となり、(すい)からいきへと好みを分化させ、野暮を笑う空気を生み出した。

明治時代になって活字を使った近代的な印刷術が急速に発展し、自由民権運動とともに政治的な主張を唱える新聞・雑誌も盛んになった。政府は一方では出版を奨励しつつ、他方で1869年(明治2年)に出版条例、1875年(明治8年)に新聞紙条例などを制定して言論活動を取り締まった。後に、1893年(明治26年)に出版法、1909年(明治42年)に新聞紙法へと改正された。

雑誌としては明治中期以降、文学作品や評論などを掲載する「国民之友」「太陽」「中央公論」「改造」などが次々に創刊され、広い層で読まれた。また、教育の普及とともに文学を好む読者層が成立し、新聞や雑誌に連載された小説が単行本化されて再読される、といったパターンも次第に定着していった(尾崎紅葉夏目漱石らの小説)。

当時は出版法(雑誌は定期刊行物として新聞紙法)に基づき内務省検閲局による検閲が行われ、書籍は発売3日前に、新聞雑誌は発売日に届け出ることになっていた。問題ありと判断されると発売禁止の処分が取られた。発売禁止の対象になったものは永井荷風の小説『ふらんす物語』のように風俗を害すると考えられたものや、社会主義マルクス主義に基づく反体制的な記事や書籍であった。昭和期に入ると1934年(昭和9年)の法改正で言論弾圧が強化された。やがて、第二次世界大戦に突入し、1938年(昭和13年)に国家総動員法が制定されるなど、日本社会全体が軍国主義一色に染まっていく中での総力戦体制の下、出版など言論の自由は完全に失われた。

第二次世界大戦日本の敗戦に終わり、出版法などが1949年(昭和24年)に廃止されるが、被占領期には連合国軍最高司令官総司令部(GHQ/SCAP)によって検閲が秘密裏に、より広汎に行われた。1947年(昭和22年)5月3日に日本国憲法施行後もそれは続けられた。1952年(昭和27年)4月28日にサンフランシスコ講和条約が発効され主権回復して以降、今日の日本では日本国憲法第21条によって、検閲の禁止、言論や表現の自由が規定されており、何人でも出版を行うことができる。一方で行き過ぎた取材によるプライバシーの侵害など別の問題も浮上してきている。また、紙媒体ではなく、インターネットを利用した電子出版も行われるようになっている。紙媒体の書籍の場合、過去の出版物を常時揃えておこうとすると在庫の負担が大きく、絶版にすると読者が必要な時に手に入れられない、という課題があったが、電子出版が普及すればこうした課題も解決することが期待できる。

出版のプロセス

一般の商業出版では次のようになる。

出版社:企画→原稿依頼→作家カメラマンイラストレーター、または左記のクリエイターを総合的に運用して編集にあたる編集プロダクション:取材→原稿執筆、撮影、作画→出版社:割付け→校正印刷会社:印刷→校正→製本所:丁合→綴じ→取次書店図書館学校ほか

出版』に 関連する人気アイテム

学びを結果に変えるアウトプット大全

本書を読む前は、読書=インプットであると思っていた。まさにインプット100%読書。読み終えた(インプットした)本の数を数えては、友人にその数の自慢をして自分で勝手に気持ちよくなっていた。できるものなら過去の自分にそれがいかに愚行であったかを教えてやりたい。

本書を読んでからは、アウトプットの為に読書があるのであって、アウトプットしなければ人生は何も動かないと気づくことができた。アウトプットこそが、価値を生み出すのであり、情報受信者から情報発信者に変わっていかねばならないと痛感した。

こうやってレビューを書き始めたのもその意識の変化の現れなのかもしれない。インプットで賢くはなれるが、アウトプットの伴わない読書は単なる趣味でしかない。アウトプット前提であることが、読書を趣味から投資へと変化させる。

今後は読書やTEDなどインプットしたら、Amazonレビュー、コメント欄、Twitter、ブログ、人に話すといったように形を変えて3回アウトプットすることを習慣化させたい。そのプロセスが脳に情報を整理させ、記憶にも定着させることができる。本書が私に与えてくれた影響は計り知れない。

子供のころから引っ込み思案で、自分の考えを表に出すのは苦手でした。

そんな私が初めてレビューを投稿する気になれたのは、自分では「謙虚」にしていたつもりが、周囲からは「何考えているか、よくわからない人」と受け取られていたかもと気がついたからです。例えば、結婚15年目の主人から誕生日やクリスマスに検討違いなものをプレゼントされて困惑することが何回か続いていますが、これは私が現在何に興味があり、何を素敵だと思っているのかを主人にアウトプットしていなかったからか!と思いあたりました。

夫婦間の会話が少なすぎ、また内容も子供関連に終始していました。主人は単に私が何を喜ぶのかがわからなかったのだと思います。

当然だけど、黙っていたら家族にだって自分を理解してもらえない。(プレゼントが欲しいわけではないけど)自分の興味や関心をアウトプットすることは決して「でしゃばり」ではないと思えたし、いつもよりもう一歩踏み出してアウトプットする事で自分の環境を変えてみたい!と思わせてくれる本でした。

インプットは「読む」「聞く」こと
アウトプットは「話す」「書く」「行動する」こと

アウトプットすることは、脳への定着をより強固なものにしてくれる。その上で、人生の中でどのような変化が起きるのか様々な例が書かれており、興味深く読んだ。

本の中で、ふんだんに引用文があり、いかに著者が読書家をうかがい知る事ができた。こうやって、引用文を使えばいいのかと勉強になったし、著者を作った本を読んでみたいとも思えた。

また、ブログの書き方「100ー300ー1000の法則」は、勇気付けられた。

ブレイクするブログはこうした努力がされているのかと思ったら、頑張ってみようと一歩踏み出せた。
気になる方は是非読んで欲しい。

とにかく、すごいなぁと思うアウトプットの数々。もうちょっとハードルの低いアウトプットもあったら、著者に近づけたかなとは思ったが

英単語の語源図鑑

単語を語源で覚えたほうがいいのではないか?という疑問は
英語学習者にいつも付きまとうと思う。特にまだ初学者には
なお更気になることだと思う。ただ長年英語を勉強してきて、
仕事でも使うようになった身としては、こういった語源をもとに
した本は、これまである程度の英単語をすでに覚えていて、
それを整理するという意味では効果を発揮すると思う。読めば、
なるほど、と思ったり、これから英語を読むにあたって、推測力
も付くかと思う。
逆に初学者がこれから始めてしまうと余計時間がかかってしまうのは
ないかと思う。

けっこうイメージ的な組み合合わせなので、この
方法で覚えるというのも無理があるのではないか?
この本の評価が低いのは初学者の方が多く、評価が高いのは、これまである程度
の英語をすでに覚えている方が多いのではないかと思う。

全体としては良く出来ていると思うし 個人的にはこれが望んだ単語帳の方向性だとは感じました ただいくつか微妙な点があり、その点で評価が下がる まず大衆受けの為なのか絵が当たり障りがなさ過ぎて記憶に残らない、もっとしっかりとした絵が良かった 詳しい語源の説明が無い、英語はラテン語からの派生なのでそこからの変化があったりするはずだが そういった語源の変化の説明がほとんど無い、と言うより1ページ割いてるごく一部の単語以外詳細すら無い コンセプトだけはいいが、他はうーんという感じ

5つ星のうち 4.0楽しく覚えられます

(参考になった人 2/2 人)

英単語も漢字みたいにパーツごとに意味があるので辞書を引く際は語源を必ず見るようにしてましたが、それが纏められて本になると助かります。 イラストもシンプルで頭に残るので、更にイメージに残るように書き足してみたりもして楽しく覚えられます。 その意味はあまり使われないのでは?とか色も青だと最高だったのに…と気になる点もありますが総合的には満足です。

買いものは投票なんだ

7歳と8歳の娘と一緒に読みました。 大きな声で絵を指さしてこっちの方がいい!こっちを選びたい!と口にしながら読み進めました。 何せ絵が可愛く、子供たちも気に入って読んでもらえました! 自分が出来ることを考えて生活し、選んで買い物をする。 その大切さを改めて実感させられました。 子供たちの未来のためにアースおじさんのためにこの本の内容を少しでも知ってもらいたいです。

知らない事の恐ろしさ と 恥ずかしいさが 一度に学べて もちろん 一番知って欲しい子供達のハートに ズキュンと届きます。 この本を手にすると 不思議と この本をプレゼント🎁したくなります。 地球人で🌏ある以上 責任感と、良心が 突き動かされ 勇気と優しさが 備わる 絵本です。 地球人🌏みんなに 行き渡りますように❤️

とても大切なことが書いてある本です。 私たちが、便利、簡単、表面的なものだけに まどわされて選んでいることが、どんな結果につながっているか、とても可愛くわかりやすく書いてあります。 大切な人にも贈りたいので、あと2冊買いました。 幸せな未来につながる選択ができる、大人とこどもが増えるといいなー(^^)

ゼロトレ

簡易な計測ですが確かに身長が1cmは伸びました。半信半疑でストレッチしましたが、伸びている事実。 本によると関節の空間が大事なようです。
著者は歪んだ体の上にいくら筋トレや食事制限してもダイエット効果は出ず、何より続かないと言います。ゼロトレは著者の実体験から導いた答えだけに説得力があります。ヨガなのでもしかして目新しくないかもですが厳選されて、効果的なものばかりです。
私はダイエット目的はありませんが、健康に興味がありました。普段体の疲れやこわばりで眠れず、寝返りを繰り返すので、メソッドを素直にやったところ、とてもよく眠れました。

起きるのにも30分は苦しむのに、寝起きすんなり。体の歪み、縮みをゼロに戻すことがいかに大切か実感しました。さらに日中も体の動きがとにかく楽でした。
このメソッドは「簡単すぎ」で逆に驚きます。簡単なので暗記でき、寝る前や目が覚めた時布団で行えるところがいいです。
1300円くらいで健康が買えたと思うと私には安すぎました。控えめに言って最高の本です。石村さんありがとうございます。

この本に書いてあるトレーニングを毎日行いました。 始めは、右肩と左脚に違和感がありましたが、継続していくうちによくなりました。 トレーニングを終えると毎回、本当に身体に羽が生えたように軽くなります。 体重も減りましたし、手脚が伸びたように心地よいです。 この本は、とてもオススメです。

丸胴の私には良く効きましたが、これ、日本人に多い平胴の人には難しいのでは? 腹式では無く、肋間を広げるような呼吸法なので多分平胴の人はパーソナルトレーナーがいないと難しいように思うんですけど…… お腹は膨らませずに、背中を膨らませるように呼吸できる人には効果が出ると思います!

音符カード

5つ星のうち 5.0良いものだと思います

(参考になった人 3/4 人)

物は良いです。 大譜表に書いてあるのが特に良いと思います。 小1男子に使っていますが、ピアノを弾くのに飽きた後でも、カードを見せて次から次へと、「これは!?」「ソ!」なんてゲーム感覚でできます。 音符覚えないことには譜読みできないので重宝しています。 おかげ様で随分早く読めるようになりました。 梱包が悪くて、開封前からケースが割れてたのが…Amazon残念。

5つ星のうち 5.0必要十分

(参考になった人 4/9 人)

想像どおりでした。 値段が高い気もしますが、ト音記号ヘ音記号がしっかり覚えられます。 二段表記(というのでしょうか?)なのも良いです。 トランプのカードのような感じです。 (サイズも) 角が鋭角なので小さいお子さんには注意が必要かも。 。

5つ星のうち 3.0学習効果抜群です

(参考になった人 5/6 人)

とても便利で勉強効果抜群です。 気軽に取り出せる為毎日使用してます。 ただ、残念ながらカードの薄さが気になります。 すぐに 折れ線ができてしまいそうです。 毎日使用するからこそ、 しっかりとした厚さが必要です。

出版』の解説 by はてなキーワード

販売・頒布する目的で文書や図画を複製し、これを書籍や雑誌の形態で発行することで、上梓(じょうし)、板行(はんこう)とも呼ばれる。また、文章・図画・写真などを多く印刷によって複製し,書籍や雑誌などの形態にして発行,読者に提供すること。

今日では新聞の発行は出版とは区別されている。出版の歴史は古代に写本の頒布から始まったが,印刷技術を用いた出版事業はかなり遅れ,中国で唐代の7世紀初めに木版印刷が発明されてから広まり,日本では平安末期から始まった。

出版』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.