出版社のまとめ情報

出版社』の解説

出版社(しゅっぱんしゃ)とは、書籍雑誌などを発行し、広く読まれるために書店などの販売者に働きかけたり、広告宣伝を行い、国会図書館などの図書館書誌的なデータを送り、知識などをパッケージ化して社会に届ける会社

概説

新規性など商業的な交換価値のある情報を社会で公共化することを主な目的とする。創業者や経営者の経営方針により、文芸書学術書総合雑誌漫画など様々な専門がある。日本の出版社の多くは東京一極集中の傾向にあるため、それ以外の地方を本拠とする出版社を地方出版社と呼ぶこともある。

印刷会社が受注生産であるのに対し、出版社は原則的に見込み生産である。

角川書店のように出版社が他業種へと進出する場合や、NHKソフトバンクスクウェア・エニックスなどのように他業種から参入する場合もある。他方、新聞社は伝統的に出版事業も行っている場合が多い。日本標準産業分類において、かつて出版社は製造業に分類されていたが、現在(2002年の改定以降)は情報通信業に該当する。

欧米では国境を超えた激しい市場競争があり、メディア・コングロマリット化が進んでいる。イギリスの売上高トップは、フランスの出版社アシュットである。またアメリカ合衆国最大の出版社ランダムハウスは、ドイツベルテルスマンが所有している。

日本

ドイツ語圏

台湾・香港

台湾

香港

出版社』に 関連する人気アイテム

さあ、才能に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

とにかくストレングス・ファインダー(強み診断)をやってみるべし!

言わずと知れたギャラップ社のストレングス・ファインダーのアクセスコードつきベストセラー。独学ですが、長年のストレングス・ファインダー愛好家でして、再読本です。

本著には、ウェブテストが1回受けられるコードが綴じ込まれています。このテストは、「強みの心理学」に基づいたアセスメント(診断ツール)「クリフトン・ストレングス・ファインダー」で、34の資質のうち自分のTOP5の資質を知ることができます。

本著自体は、34の資質の解説が辞書のように収録されているので、初めてストレングス・ファインダーに触れる人は通読するより、自分や身近な人の資質を中心に参照していくのが、取りつきやすい読み方だろうと思います。

アセスメントで自分の強みを知るだけでも面白い体験ですが、本著にも明記してある通り、そこから先に進み、ギャラップ社のWEBやアプリで得られる膨大な情報や、すでに強みを活用している人たちの体験談、身近な人との強みに関する会話、などで、このアセスメントの効果は飛躍的に深まります。

短所ではなく長所を伸ばすことにエネルギーを注いだほうが、人は何倍もの成長を手にすることができる

という本著のメッセージに、私は深く賛同しています。弱みに怯えたり、弱みのために何かを諦めるのではなく、自分の強みを信じて、自分が「今、強みを使ってるぞ!」ということを確認できる毎日は、とても元気つけられ、気分がよいのです。「ないものねだり」の考えから脱却させてくれたストレングス・ファインダーには、本当に感謝しています。

5つ星のうち 4.0賜物

(参考になった人 0/0 人)

自分の賜物って自分ではわかりにくいのですが、読むと何となく心に思っていたことが そういうことだったのか、とか、そうかもしれないと思わされました。 欠点かなと思っていたことも少し、自信に変わったような気がします。 もう少し深く学びたくなるような内容でした。

知り合いに勧められて購入しましたが、自分の強みがわかることで、仕事上の立ち位置や進め方が効率的になりました。 家族や同僚などの分も見てみると関係性がとても向上します。

「3か月」の使い方で人生は変わる Googleで学び、シェアNo.1クラウド会計ソフトfreeeを生み出した「3か月ルール」

クラウド会計ソフト「freee」の創業者・佐々木大輔さんの時間術の本。
「3か月」という柱を立てて、そこにまつわる佐々木さんなりの仕事の進め方が色々と書いてある。

読んで思うに、「3か月」というのは佐々木さんの体験から生み出された例で、
その人の集中力やプロジェクトに割ける時間などによってはもっと短かったりもう少し長くてもいいのではないかと思う。

佐々木さんは「3か月」ということを例に出しつつも、その期限よりも
・その期間は1つのプロジェクトに集中して取り組むこと。


・考えてばかりいないでまずは動くこと。
・まずは理想を形にしようと試みること。
・本当に価値あることかを考えること。
など、「プロジェクトを形にしていく上で大切にしなければならないこと」を話してくれている。

その上で、佐々木氏からの「僕としては3か月ぐらいが集中力的にも成果を出す上でも、一つの区切りとしてはおすすめだよ」という提案なのだと感じた。
(なので、3か月という単位が持つ科学的な根拠がどうとかいう話ではないし、その必要性も特に感じない)

他にも私がいいなと思ったのは
目標は「自分がコントロールできることにする」という部分。
闇雲な数値目標ではなく、それを達成するために必要な「行動」を目標とするということ。
「いくらの売り上げを上げる」ではなく、「●軒の会社に営業をかける」といった具合だ。
ついつい、目標だけ掲げて「できなかった〜」となりがちな私にとっては「なるほど」と思った部分だ。

もう一つは、「一緒に働く人を大切にする」という点。
佐々木氏は、一緒に働く仲間との意思疎通や協力体制を良好なものにするために、
相応の時間を割くことを大事にしている。そして、それをおろそかにすると、なんとなくうまくいかなくなるということも書いている。
コミュニケーションを大事にするのは、佐々木氏が以前働いていたGoogleの組織風土でもあるようだけれど、
グイグイ引っ張っていってそうなイメージの「ベンチャーの社長さん」が
きちんとそういったことに心を砕いているというお話はマネジメント経験がある身としては非常に勉強になった。

心持ちから具体的な行動まで大小さまざまなノウハウが提示されているので
まずやれることからやってみようと思わせてくれる本だと思った。
文章も非常に読みやすいのでオススメです。

クラウド会計ソフトを立ち上げを通じて著者が思う仕事感が述べられている。
本書のテーマである「3ヶ月」というキーワードよりも、グーグルで学んだことを実践してみて感じたことを列挙しているように感じた。
そのため、どちらかというとfreeeの会社風土についてを知りたい人にオススメしたい。

以下気になった点を挙げてみたが、他の書籍で良く見るようなことが多い印象だった
・必ずしもたくさん働けば結果がでるわけではない
・AIとの住み分けで人間は非効率なことに対して時間を費やすようになる
・一度常識を外したなかでどう成果を出せるかが重要
・理想の状態はどう有るべきかを想像しないと既存の枠から出ない
・理想までの溝を埋めるためには何が必要かを考えることが行動指標になる
・その解決策は本当にベストな解なのか自問すること
・1つのテーマに取り組んでいくと、大体3ヶ月ぐらいで次の課題が見つかり、自ずと取り組むテーマも変わる
・このプロジェクトをやり遂げたいと思うならまとまった時間を取って一点集中
・やるべきことよりもやらないことを決める
・完璧なアウトプットよりもそのアウトプットから何を学べたか、今後活かせるかを考えることが重要

5つ星のうち 1.0実践的な説明は皆無

(参考になった人 3/4 人)

タイトルに惹かれてkindleで購入したが、正直立ち読みで済ませていいレベル。
目次もちょっと盛ってる気がする。
3か月で何かの分野においてとにかく結果を出したいと思う人は購入しないほうがいい。
3か月のスケジューリングをどう詰めていくのか、3か月というタームをどう振り返り、PDCAを回していくのかなどの実践的な内容を期待していたが、全くそうではなかった。
全体を通して、著者のグーグル時代のルールや暗黙の了解・企業風土を会計ソフトfreeeにアレンジして落とし込んだといった内容。

freeeを開発したきっかけや開発秘話も中途半端に要所要所で述べている。
仕事やメールについての考え方も社会人であれば当たり前の内容。
ちなみにグーグルの企業風土も、会社の評判サイトでググればいいレベルの内容が多すぎる。
義務教育時代に著者が意識していた考え方などは普通の子と違って面白いなとは思ったが、中盤からほぼ読み飛ばし、終始まとまりがなく参考程度にしかならなかった。

日本株 独学で60万円を7年で3億円にした実践投資法

みんなが知らないコツを掴んで一発当ててやろうと言うのとは次元が違う。
最初の方で、株価の歪みを見つけるって、ああこれがコツねと早とちりしがちだが、そんなに簡単にはいかない。
様々なデータを読み解き分析しギャップを見つける。それだけじゃだめで、同じ投資家同士の心理を読むことやデイトレーダーや仕手株、大口株の動きの罠にはまらないようにすることも大事。
その他いろいろとアドバイスがつまっていて、なかなか得がたい内容だと思う。

本書の直前に読んだのが、「お金は寝かせて増やしなさい」で、全然性格が異なる投資法で、今はこちらがメインだが、余裕ができたら本書の方法もじっくり勉強したい。


また税金に関しては「ホントは教えたくない資産運用のカラクリ 投資と税金篇 2016」(少し古くなってしまったが)が参考になった。

この3書を読めば、投資と税金について一通りの知識を得られると思う。

5つ星のうち 5.0経験者にこそオススメ

(参考になった人 3/4 人)

マザーズなどの新興株の取引で、何となく感じていた「利益を上げる法則」が、系統立てて分かりやすく解説されています。 株の初心者には勿論ですが、日々利益を上げているマニアの方におススメです。 実際に仕手株を保有した事がある方は、本を読むことで、テクニカル以外の市場の心理状態がわかり、大きな知恵になると思います。 本の題名から胡散臭い内容を想像しがちですが、内容もわかりやすく最近読んだ投資関連の本の中ではベストです。

書名は、煽りすぎで眉唾物という印象を与えてしまいます。 内容は、株式投資をはじめてやる人には理解しがたいでしょう。 少々慣れてきて、初級から中級にステップアップする時に読むのが絶好のタイミングです。 銘柄選びや売買のタイミングについては、いい教科書になります。 株式投資をはじめて1~3年ぐらい、状況がわかってきた人が読むと、なるほどねと思える本です。

サイゼリヤのまちがいさがし

5つ星のうち 5.0年齢問わず楽しめる

(参考になった人 0/0 人)

家族旅行で移動時間をつぶすのに良さそうだと思い購入しましたが、4歳の子どもも30代の親も夢中になって楽しめました。 どのページも最後の3つぐらいがどうしても見つからない!など大人でも苦戦してしまい、旅行が終わってもすべてのページをクリアできないほど、1冊でじっくり楽しめます。 年齢問わずみんなで探して楽しめ、間違いが見つかったときの達成感をみんなで味わえるのがいいいです!

5つ星のうち 5.0大好きなんです

(参考になった人 0/0 人)

サイゼリヤが好きすぎて、この本に載っている間違い探しは一度経験しているのですが、時間が経って見直すと、また違った味わいがあります。 お店でチャレンジしていたときは、敢えて店員さんに回答をもらわずに、自己流解決でしたので、公式の正誤を確認できたのも嬉しいですね。 この本を持ってサイゼリヤに行き、マグナムを注文してゆっくり楽しみたいです(笑)

5つ星のうち 5.0すごくいい!

(参考になった人 0/1 人)

サイゼリヤに行くたびにやってて、新作まだかなーなんて待ってる者です(笑) 絵もかわいいし結構難しくて10個見つからないほうが多い。 けど自力で見つけたときすごい達成感・・! 間違い探しは裏表紙入れて11個あります。 それでこの値段って嬉しい!2巻、3巻と出て欲しい!

「3か月」の使い方で人生は変わる Googleで学び、シェア№1クラウド会計ソフトfreeeを生み出した「3か月ルール」

クラウド会計ソフト「freee」の創業者・佐々木大輔さんの時間術の本。
「3か月」という柱を立てて、そこにまつわる佐々木さんなりの仕事の進め方が色々と書いてある。

読んで思うに、「3か月」というのは佐々木さんの体験から生み出された例で、
その人の集中力やプロジェクトに割ける時間などによってはもっと短かったりもう少し長くてもいいのではないかと思う。

佐々木さんは「3か月」ということを例に出しつつも、その期限よりも
・その期間は1つのプロジェクトに集中して取り組むこと。


・考えてばかりいないでまずは動くこと。
・まずは理想を形にしようと試みること。
・本当に価値あることかを考えること。
など、「プロジェクトを形にしていく上で大切にしなければならないこと」を話してくれている。

その上で、佐々木氏からの「僕としては3か月ぐらいが集中力的にも成果を出す上でも、一つの区切りとしてはおすすめだよ」という提案なのだと感じた。
(なので、3か月という単位が持つ科学的な根拠がどうとかいう話ではないし、その必要性も特に感じない)

他にも私がいいなと思ったのは
目標は「自分がコントロールできることにする」という部分。
闇雲な数値目標ではなく、それを達成するために必要な「行動」を目標とするということ。
「いくらの売り上げを上げる」ではなく、「●軒の会社に営業をかける」といった具合だ。
ついつい、目標だけ掲げて「できなかった〜」となりがちな私にとっては「なるほど」と思った部分だ。

もう一つは、「一緒に働く人を大切にする」という点。
佐々木氏は、一緒に働く仲間との意思疎通や協力体制を良好なものにするために、
相応の時間を割くことを大事にしている。そして、それをおろそかにすると、なんとなくうまくいかなくなるということも書いている。
コミュニケーションを大事にするのは、佐々木氏が以前働いていたGoogleの組織風土でもあるようだけれど、
グイグイ引っ張っていってそうなイメージの「ベンチャーの社長さん」が
きちんとそういったことに心を砕いているというお話はマネジメント経験がある身としては非常に勉強になった。

心持ちから具体的な行動まで大小さまざまなノウハウが提示されているので
まずやれることからやってみようと思わせてくれる本だと思った。
文章も非常に読みやすいのでオススメです。

クラウド会計ソフトを立ち上げを通じて著者が思う仕事感が述べられている。
本書のテーマである「3ヶ月」というキーワードよりも、グーグルで学んだことを実践してみて感じたことを列挙しているように感じた。
そのため、どちらかというとfreeeの会社風土についてを知りたい人にオススメしたい。

以下気になった点を挙げてみたが、他の書籍で良く見るようなことが多い印象だった
・必ずしもたくさん働けば結果がでるわけではない
・AIとの住み分けで人間は非効率なことに対して時間を費やすようになる
・一度常識を外したなかでどう成果を出せるかが重要
・理想の状態はどう有るべきかを想像しないと既存の枠から出ない
・理想までの溝を埋めるためには何が必要かを考えることが行動指標になる
・その解決策は本当にベストな解なのか自問すること
・1つのテーマに取り組んでいくと、大体3ヶ月ぐらいで次の課題が見つかり、自ずと取り組むテーマも変わる
・このプロジェクトをやり遂げたいと思うならまとまった時間を取って一点集中
・やるべきことよりもやらないことを決める
・完璧なアウトプットよりもそのアウトプットから何を学べたか、今後活かせるかを考えることが重要

5つ星のうち 1.0実践的な説明は皆無

(参考になった人 3/4 人)

タイトルに惹かれてkindleで購入したが、正直立ち読みで済ませていいレベル。
目次もちょっと盛ってる気がする。
3か月で何かの分野においてとにかく結果を出したいと思う人は購入しないほうがいい。
3か月のスケジューリングをどう詰めていくのか、3か月というタームをどう振り返り、PDCAを回していくのかなどの実践的な内容を期待していたが、全くそうではなかった。
全体を通して、著者のグーグル時代のルールや暗黙の了解・企業風土を会計ソフトfreeeにアレンジして落とし込んだといった内容。

freeeを開発したきっかけや開発秘話も中途半端に要所要所で述べている。
仕事やメールについての考え方も社会人であれば当たり前の内容。
ちなみにグーグルの企業風土も、会社の評判サイトでググればいいレベルの内容が多すぎる。
義務教育時代に著者が意識していた考え方などは普通の子と違って面白いなとは思ったが、中盤からほぼ読み飛ばし、終始まとまりがなく参考程度にしかならなかった。

出版社』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.