冷血のまとめ情報

冷血』の解説

冷血』(れいけつ、原題: In Cold Blood)は、トルーマン・カポーティ1965年に発表した小説

概要

1959年に実際に発生した殺人事件を作者が徹底的に取材し、加害者を含む事件の関係者にインタビューすることによって、事件の発生から加害者逮捕、加害者の死刑執行に至る過程を再現した。インタビューを行った作者本人は物語の中に一切登場していないのも大きな特徴で、カポーティ自身はこのような手法によって制作された本作をノンフィクション・ノベルと名づけた。その後、ノンフィクション・ノベルの手法を使った作品が次々と他の作家によって発表された。1970年代はゲイ・タリーズ(『汝の父を敬え』)が、1990年代ではジョン・ベレント(『真夜中のサバナ』)などがノンフィクション・ノベルの書き手として著名。日本では佐木隆三の『復讐するは我にあり』がこのカテゴリーに含まれる。本作の手法はジャーナリズムの世界にも取り入れられ、ニュー・ジャーナリズムと呼ばれた。

なお、作者は自分と同じように悲惨な境遇に育った加害者の1人に同情心を寄せ、「同じ家で生まれた。一方は裏口から、もう一方は表玄関から出た。」という言葉を残している。

この作品の取材中に、作者は加害者との交流を深めるが、「加害者を少しでも長く生きさせたい」という気持ちと「作品を発表するために、早く死刑が執行されて欲しい」という2つの感情の葛藤にさいなまれた。『冷血』は作者にさらなる富と名声をもたらしたが、以後、完成出来た作品は短編のみで長編小説を完成させることが出来なかった。表題の「冷血」は特にこれといった理由もなく、何の落ち度もない家族を惨殺した加害者を表していると言われているが、表向き加害者と友情を深めながら、内心では作品の発表のために死刑執行を望んでいた作者自身を表すのではないかという説もある。

ストーリー

1959年11月16日、カンザス州のとある寒村で、農場主の一家4人が自宅で惨殺されているのが発見された。農場主はのどを掻き切られた上に、至近距離から散弾銃で撃たれ、彼の家族は皆、手足を紐で縛られた上にやはり至近距離から散弾銃で撃たれていた。あまりにもむごい死体の様子は、まるで犯人が被害者に対して強い憎悪を抱いているかのようであった。

しかし、被害者の農場主は勤勉かつ誠実な人柄として知られ、周辺住民とのトラブルも一切存在しなかった。農場主の家族もまた愛すべき人々であり、一家を恨む人間は周辺に1人もおらず、むしろ周辺住民が「あれほど徳行を積んだ人びとが無残に殺されるとは……」と怖れおののくほどであった。事件の捜査を担当したカンザス州捜査局の捜査官は強盗のしわざである可能性も視野にいれるが、女性の被害者には性的暴行を受けた痕がなく、被害者宅からはほとんど金品が奪われていないなど、強盗のしわざにしては不自然な点が多かった。そもそも農場主は現金嫌いで支払いは小切手で済ませることで有名な人物であり、被害者宅に現金がほとんどないことは周辺住民ならば誰でも知っていることであった。

事件の捜査を担当したカンザス州捜査局の捜査官たちは、事件解決の糸口がつかめず、苦悩する。しかし、犯人を特定するのに有力な情報がもたらされたのをきっかけに、捜査は急速に進展し、加害者2名を逮捕することに成功する。

そして、加害者2名は捜査官に対して、この不可解な事件の真相と自らの生い立ちを語り始めた。

翻訳

1967年龍口直太郎によって日本語に翻訳され、新潮社から刊行された(1978年新潮文庫の1冊として改めて出版された)。2005年佐々田雅子によって新訳が発表され、同じく新潮社から刊行されている(2006年に新潮文庫の1冊として再出版)。龍口訳と比べて、地名の表記が今日一般に使用されているものに変わったり、1967年の時点では一般的でなく注がつけられていた事物に関する注記がなくなり、文章も現代人が読みやすいものに直されている。ただ、時代的雰囲気を醸し出すため、一部の差別語などはそのまま残されている。

映画

1967年、同名の『冷血』(原題:In Cold Blood)として映画化された。 監督・脚本はリチャード・ブルックス 。音楽はクインシー・ジョーンズが担当。小説に忠実に映画化されたが、ポール・スチュワート演じるリポーター役は、ブルックスが作り出したオリジナルキャラクターである。アカデミー賞4部門(監督賞・音楽賞・撮影賞・脚色賞)にノミネートされた。

1980年、テレビ映画『冷血』(原題:In Cold Blood)としてCBS放映。出演:アンソニー・エドワーズエリック・ロバーツサム・ニール。作品自体高い評価を受けてプライムタイム・エミー賞 作品賞 (テレビ映画部門)にノミネートされた。

2005年の映画『カポーティ』と翌年の映画 Infamous では、トルーマン・カポーティが『冷血』を執筆する際の取材活動や苦悩が描かれている。カポーティを演じたのは前者がフィリップ・シーモア・ホフマン、後者がトビー・ジョーンズで、ホフマンはアカデミー賞主演男優賞など数多くの栄誉に輝いた。映画『カポーティ』の日本での上映に合わせて、映画『冷血』のDVDも日本で発売され、現在でも入手可能である。

冷血』に 関連する人気アイテム

童貞冷血CEO【特典短編付き】 童貞冷血CEO

残念ながら好みではありませんでした。 ヒロインがお子様すぎるのと、取り巻く世界が安易すぎる。 登場人物誰もがめでたしめでたし、で終わるのはいいのですが、過程とかもっと掘り下げて欲しかったです。 ストーリーが薄っぺらく、ヒロインがお子様すぎて読むのがキツかったです。

イラストとタイトルに惹かれて購入しました。
読めば読むほどおかしな部分に引っかかりを感じました。
ヒーローの童貞卒業が物語の序盤という早さ。童貞とタイトルにつけるなら最後まで引っ張って欲しかった。
普通がわからないヒーローに普通を教えると言いながら、買い物の値段が全く普通じゃなかった。ネギの値段が高い。あれでお得な買い物したというのは無理がある。むしろ八百屋にぼったくられてる。
海外の有名なジェラートが日本初出店と書いてあるのにどう見てもサーティワンアイスクリーム。


CEOという立場なのに部下を同僚と言うのは上に立つ者として如何なものか。そして組織内の仕組みがおかしい。ちゃんと調べて書いてるのかと疑ってしまう。
一番ダメだと思ったのは、いくら女の子の好みがわからないからってヒーローがヒロインに他の女が選んだ指輪をプロポーズとして渡すのはドン引きしました。
それと全く冷血ではなかった。マスコミに冷血って言われてるだけでヒーロー自体は冷血じゃない。分かるけど、それが一行くらいで説明終わるなら冷血つける必要ない気がしました。

あらすじを読んだ時点で面白くて購入しました。 やはり勝って良かったです。 最後まで一気に読み終えました。

冷血

5つ星のうち 5.0偶然が導く殺人

(参考になった人 5/7 人)

1965年4月14日。
アメリカ・カンザス州の刑務所でふたりの男が絞首刑によりこの世を去った。
ひとりは36歳、もうひとりは33歳だった。

ベトナム戦争が始まった年。新幹線が走り始めた年。ぼく自身が生まれる、たった五年前のことだ。結構すぐそこのことだ、という感じがする(こないだの「ティファニー」が太平洋戦争前の出来事だったので、これはとても近しい時代の作品だ、という印象がある)。

彼らはこれに先立つ6年前のある日、カンザス州の田舎町に住む、富かな暮らしを送り、大規模農園を営む一家五人を縛り上げ、それぞれを惨殺した罪で処刑されたのだ。

ひとかどの人物であり、また周囲の人にも善人をもって知られていた主人の喉をナイフで掻き切り、顔面にライフル銃を撃ち放った。それを見ていた彼の自慢の高校生の娘の顔面を撃ち、同じく中学生の息子も頭を撃って殺害した。最後に病弱な妻を撃ち殺した。
彼らはそもそも強盗としてその家に侵入し、手違いからたったの四五ドルと、ちっぽけなラジオだけを盗んで逃げた。

事件発覚直後、捜査陣は動機が全く読み取れず、また手掛かりや目撃者もほとんどいなかったことから迷宮入りの寸前まで云った。
しかし偶然から捜査陣は彼らを犯人であることを知り、全米捜査網にかかった彼らを捉え、裁判にかけ、冒頭のような結果となった。

作家はこれを、執拗な取材でもって、ノンフィクションの小説の形に置き換えた。
作家はこの事件にかかわるあらゆる人物を丁寧に取材し、物語の中に登場人物として配した。関係者ひとりひとりの家族的背景を描き込むことで、物語の中心となった、惨殺された家族と、家族を失った惨殺者を極めて詳細に浮かび上がらせる。

その、“惨殺者”はしかし、物語を読む限りでは、いささか破滅的な傾向はあるものの、ユニークでかつ、愛すべき点もある、いわば普通の男たちだ。
例えば「羊たちの沈黙」のレクター博士のように、狂気に捕われたシリアル・キラーとは全く違う。
彼らの行った行為は、確かに惨殺そのものであるものの、それが如何に偶発的に起こったか、殺人という究極的な暴力そのものが、如何に日常からほんのわずかにずれた場所に、さりげなく転がっているものなのか、がこの本を読むとよくわかる。

また、被害者である家族が皆、誰も実に愛すべき人物であったことが、世間の情けを買い、必要以上にセンセーショナルに取り上げられた結果、その下手人は、狂気の殺人鬼で『なくてはいけなかった』。

作家がどのようなメッセージをこの小説に込めたかは別として、ぼくがこの実話をベースにした物語から得たものは、実にその一点だった。

例えば交通事故は、明日の朝、あなたが、そしてぼくが被害者やあるいは加害者になるかもしれない、という意味で、日常に限りなく近い非日常であると言えるかもしれない。
しかしこの小説に描かれた殺人もまた、そのような交通事故と本質的には存在と同じくする、偶発的なできごとである、ということだ。

それを敷衍するなら、ぼくが、そしてあなたが、あるいは明日、縛り上げて自由のなくなった家族を、ライフル銃で撃ち殺すことになるかもしれない。
いやそんなことは万にひとつもあり得ない、とあなたは言うかもしれない。いや、これを書いているぼくだってそう思う。

しかし1965年のカンザス州の最高裁判所に集った、ぼくやあなたのような普通の人々は、いわば偶然に起こってしまった交通事故のような殺人事件の犯人である若者たちに、死刑を選択した。その男たちは、二度と世間に戻ってきてはならないから、と彼らは言う。罰を与え、刑務所に閉じ込め、反省の機会を与えたところで彼らには更生の可能性は全くない、と彼らは判断した。

つまり陪審員である彼らは、その事件の偶発性を否定し、犯罪者の心に一瞬だけ宿った狂気を、あたかも壁に大写しになった子どもの影におびえるかのように過剰反応し、その若者たちを殺してしまったのだ。
朝、いつものように目覚め、歯磨きをして裁判所に向かい、その惨殺を実行した者たちを、彼らは殺してしまったのだ。それもまた、なんと偶発的な出来事であったことだろう!

死刑制度に矛盾があるとか、そんなことはどうでもいい。

いかに我々のモラルは、そして人生そのものは、一瞬の逢魔時によって変化してしまうのか。
それを実に稠密に描いたモザイク画(百人以上に及ぶ登場人物の描写)によって、トルーマン・カポーティ―はまざまざと見せつけた。

作家は、この作品を最後に、小説を二度と書けなくなった。
これもまた、魔を見てしまった故なのだろう。

「冷血」というタイトルは、この犯罪者を指すと一般的には言われている。
しかしこの作家自身にも脈々と流れる冷えた血液を、彼自身否応なく意識したのだろう。
そして、事件から半世紀たった今でも、普通の人である自分自身にさえ、その血は流れているということを、強烈に意識させられた作品だった。

この一冊は”ニュージャーナリズムの源流と評される作品”とあるが、ノンフィクションの域を越え、まるでミステリーノベルを読んでるようだ。殺人犯の一人であるペリーの物語といってもいい。彼の悲壮な境遇に自らの生い立ちを重ね合わせたカポーティーの執念を感じさせる。この華奢な殺人犯に次第に得意な同情を寄せてしまうカポーティーに知らず知らず共鳴してしまう。
無惨にも殺害された裕福な一家を”自分の人生の尻拭いをする運命にあった”と淡々と語るペリーの言葉に、強烈な運命の響きや重さを感じてしまう。この理由なき殺人に関しては様々な議論が出尽くすだろう。

加害者の死刑判決に関しては、至極当然だし、良心的に見ても全うなものである。どんな境遇を経験しようが殺人は殺人だ。それも計画性があり、巧妙かつ残忍なのだから。
殺人には宗教的介入も許さるべきではないと思う。慈悲や猶予なんて慰めにすらなり得ないし、寧ろ加害者を凶暴化させるだけだ。加害者を幾分か有利にさせる精神鑑定もこの本を読めば、至極偽善に見えてしまう。それでも、このペリーの”群れを追われた獣”の追い詰められた孤独の中での理由なき殺人に、何とも言い難い何かを考えさせられる。彼に教育があったなら、相棒が浅薄なイカサマ野郎でなかったら、と耐え難い何かを感じてしまう。
トルーマンは、ペリーをまんまと罠に嵌め殺害を幇助した相棒のヒコックを冷淡にこき下ろし、実質の被害者はペニー自身ではないかと暗言してるフシがある。しかし、殺害を否定し拒絶する権利を有してたのは紛れもなくペリー本人だった。殺害に対する罪の意識は最後まで彼を苦しめる。逆にヒコックには人を殺す勇気はないが、殺人に対する罪の意識も殆どない。絞首台に上がる時も反省の色は全くない。ペニーは孤独であるが故にそんな相棒を頼るしかなかった。しかし、彼と手を組んだ時点でペニーの人生は終わってた。
この本では、ペリーに同情の念を寄せる人物が著者を含め、少なからず登場する。私もその一人だ。殺人自体は全く同情に値しないが、殺人に駆り立てられた哀れな人間の深層心理に、スポットが集中していく様は実に見事で興味深い。

1950年代に起きた二人組による一家4人の殺人事件を、その被害者、加害者の紹介から事件発生の詳細、そして犯人の死刑執行までを、ひたすら克明にその事実を記した作品である。従い、事件の記述が始まるでは、特に盛り上がるところもなく、かなりの忍耐を要する。また、その記述も、取材で得られた事実だけをつなぎ合わせているので、話のつながりの面から違和感を覚えるところもある。

しかし、この残虐な殺人事件の記録において、以下の二点が強く印象に残る。

犯人の精神状態の異常さ。


一家4人殺害の直後、帰途の途中で、二人の犯人は、まだ血の付いた服を着ていながら、冗談を言い合っていた。そして、うち一人は、翌日には何事もなかったかのように、家族と昼食を共にした後、テレビを見て過ごした。
さらに、逮捕後も、事件を起こしたことには特に後悔を感じず、二人とも、脱獄の可能性を探していた。

裕福な被害者家族と貧困に育った二人の犯人
やはり犯人が育った貧困な境遇が、この犯罪に無関係とは言い切れない。二人の犯人のうち、実際に被害者全員を殺害した一人は、貧困かつ仲の悪い両親のもとで育ち、その後もかなり不遇な人生を歩んでいる。もし、この犯人がこの被害者と同じような裕福な家庭に生まれていたら、このような犯罪は起こさなかったと言い切れると思う。

最後に、事件から数年後、殺害された娘と相思相愛だったボーイフレンドが別の地に移り、別の女性と幸せな結婚をしたという話が、心を打つのはなぜだろう。

ボーン・コレクター

アメリカのベストセラー作家ジェフリー・ディーヴァーが、1997年に出したリンカーン・ライム・シリーズの第1作。デンゼル・ワシントンとアンジェリーナ・ジョリー主演で、映画化された小説としても知られている。今さら説明するまでもないが、このシリーズは現在も書き継がれていて、すでに10作を超えている。その間、作者はほかの作品も書いているので、けっこうなハイペースで上梓されていることになる。

主人公リンカーン・ライムは、元ニューヨーク市警の中央科学捜査部長。勤務中の事故がもとで四肢が麻痺し、ベッドでの生活を余儀なくされている。

いわば究極の安楽椅子探偵だ。その頭脳の指示を受けて活躍するのは、ミッドタウン・サウス分署の警官アメリア・サックス。とても魅力的な美女という設定なので、まあアンジーは適役だろう。これを書いている時点で映画は未見だが、さっそく見てみるとしよう。

ニューヨークを震撼させる連続殺人事件が起こり、そのたびに犯人によって証拠が故意に残される。それらを分析することで次の犯行現場と時間を割り出すライムたち。はたして被害者を無事に救出できるのか? というストーリーは、裏表紙にもあるように「ジェットコースター・サスペンス」と呼ぶにふさわしい。最先端の科学捜査が克明に描かれるのも本作の特色だが、設定自体は典型的な〈ABC殺人もの〉である。

ときどき、ライムの抱える闇とかサックスの過去のエピソードも描かれる。これはシリーズ化を踏まえたものだろうけど、そんなときは本分である謎やサスペンスがしばしば「お留守」になりがちで、仕方ないとは思いつつも正直、中だるみを感じてしまった。しかしそうした失地を回復するように、ラストは二重三重に捻ってあって、なかなかのサプライズ・エンディングだった。まあ、漫画みたいといえば、漫画みたいな話なのですが。

シリーズNO.7の「ウォッチ・メイカー」は傑作だ。
信頼するミステリ読巧者から教えられた。
早く味わいたかったが、シリーズものは最初から読みたい。
わたしはそう考えるタイプだ。
まず「ボーン・コレクター」から手にした。
猛烈に面白かった。
このシリーズの世界観は、ここから始まる。

第1作から順番に読み始めて本当によかった。
さまざまな読書レビューの中には
「これまでのシリーズを読んでいなくとも、この一作だけでも楽しめる」
という意味のことが書かれているものもある。


でも未読者のあなたには順に退治することをお薦めしたい。

スピンオフ作品を含めて順番に読むべきだ。
これはもう実に余計なお世話であろう。
わたし自身が順番に退治することで
深い満足を得ているので、このような言い方しかできないのです。

このシリーズに限らず、
個々の作品が独立する連作長編は概ね群像劇であり、
登場人物たちそれぞれや関係性の成長譚でもあります。
同じ世界観で描かれた物語を、
自己回復や恋心や挫折を、
ゆっくり、順番に、丁寧に、味わっていこうじゃありませんか。

久しぶりのジェフリー・ディーヴァーでした。 相変わらずストリーの展開はスピード感があり、どんどんページを繰って読み進んでしまいます。 面白いのですが、やっぱり、あまりにも残忍な描写がショッキングで、ちょっと強烈過ぎて 続けてもう一冊読む気にはなれません。

ティファニーで朝食を

イノセンス。
それは清らかな、たましい。

「ティファニーで朝食を」「花盛りの家」「ダイアモンドのギター」「クリスマスの思い出」の4つで編まれたこのアンソロジーには、そのイノセンスのきらめきと、そして避けえないその消滅が描かれている。
訳者によればこの小説はトルーマンカポーティの「第二期」に苦難の末に生み出された作品なのだという。
恐るべき子どもと呼ばれた早熟な「第一期」、彼は自らの内側からあふれ出るようにやってくる物語たちをそのペンで受けとめ、時代の寵児となった。


やがてその天然の栄光は去り、小説を書くという苦行を引き受けながらしかし彼は、このような永遠の輝きと、それにひとしい重みのある陰を持った作品を上梓することとなる。

この短編集は、不思議な後ろ髪を引く力に充ちている。
通読する間、なぜこれが現代の古典となりうるのかが良く分からなかった。例えば同時代を生きたアーウィン・ショー(夏服の女たち)やサリンジャー(ナインストーリーズ)と比べると、こころを動かす力が弱いように思えた。それは自分とこの小説のチューニング(同調)が取れていないのかもしれないな、と思いながら読んでいった。ページを手繰るスピードも、さほど上がらなかった。
しかし一つ目の中編小説(ティファニー)を読み終えてから、不思議と胸に響くものを感じ始め、後の3編はすらりと読みとおすことになった。

本を閉じて、登場人物たちが心の中に居残る。
ニューヨークの社交界の妖精でありまた、あばずれ仔猫である、ホリー・ゴライトリーは、小さな竜巻のように周囲に迷惑をかけながらも、その天性のイノセンスですべての人々を魅了し、虜にする。
ハイチの娼館のオティリーはどんな境遇にいても夢見ることをやめず、生涯を囚人として過ごすミスタ・シェーファーは遠い目をして気まぐれな若い友だち(失った彼自身のイノセンスそのもの)を思い出し、そしてクリスマスを心待ちにする老婆は、世間や親族からどんなにないがしろにされても、自らのこころの中の純潔を捨てることだけはしない。
やがてくる、人生との別れ、イノセンスとの離別の時まで―――。

その影があるからこそ、輝きはよりいっそう美しさを増し、そして切なさとともに読み手のこころに刻まれる。
我々は、あらかじめ失われることを決められている美しさを持って、この世にやってくるのだ、ということを。

それはすなわち、カポーティ自身が苦難の末にたどり着いた持論なのだろうと思う。だからこそ、そのメッセージは重く、また同時に、クラッシック(古典)として永遠の輝きを得た。

美しい短編集だ。

村上春樹という最高の訳者を得て、生まれ変わった本作。

子どものころ先に映画を見てしまい、そのイメージが鮮烈だったので、原作である本作を読み「えっ」とびっくり、そして、「ローマの休日」と比べてティファニー映画はあまり好きでなかったので、ああ、諦めずに原作を読んでよかったと得心しました。

はっきり言って、映画のティファニーは、ヘプバーンのプロモーションビデオにしてしまっていたと思います。
孤独で、危なっかしくて、彼女なりの価値観で行動するため世間からはおよそ「身持ちの悪い女」としか扱われないはすっぱな主人公。

これは、清楚でエレガントなヘプバーンのイメージとは全く違うと思います。そして、多分に無理があった映画バージョンより、原作のほうがよほど格好よく素敵ですし、彼女に翻弄される作家志望の内気な青年の内面もよくわかります。

なんでこれがへプバーン主演なんだ! アイドル映画にするつもりだったんでしょうね。キューポラの吉永小百合と同じ。原作では不良で、野性的で、そこが魅力的な少女を、当代の清純派アイドルが演じるとすごく変な気がします。

清純派とファムファタルはどうしても両立しない。とまれ、映画見て読んだ気になっている方は(私もそうでしたが)、すごくもったいないです。一緒にホリーに翻弄されましょう!

切ないのは村上春樹の解説。作品だけでなくカポーティの生涯に触れているのはさすが。カポーティというのは、「年上のはすっぱな女性に翻弄される少年」しか描けなかった人で、また「草の竪琴」といい、本作といい、初期作品がすごく成功してしまったから、少年という柄でもなくなった中年以降、小説が一行も書けなくなった。何が彼を殺したのか、じっくりと問い詰めていく春樹解説、悲しい。

映画を観たあと原作を読んだ私は、ストーリーやキャラクターの違いに最初は面食らった。

オードリー演じるホリーは、車中でストッキングをはこうがシャツ一枚でうろつこうがバレリーナのような美しい動作で、どこまでも上品でキュートだけど
原作のホリーは、もっと生身の、はすっ葉でもろい女の子だ。
切ないほど安住を求めているくせに、それに手が届きそうになると怖がって逃げてしまう。
不安から救ってくれるのは大金持ちの男だと勘違いしている不器用な生き方・・・・この子は一生しあわせにはなれそうにないな~という痛々しさを感じる。


かと思えば、頭が弱そうでいてまっすぐ真髄をみつめているところもあり、とても魅力的なキャラクターだった。

主人公も映画とはまったく違う弱っちいタイプだ。
僕はホリーに恋してると言いつつも、二人の関係は性愛ではなさそうな気がする。
ニューヨークという大都会のすみっこで孤独で不器用な2つの魂が寄り添うような繊細な関係を読むと、映画の恋愛ストーリーをなんだかうすっぺらく感じてしまった。

ともあれ、女優オードリーは自分とは正反対のキャラであるホリーをあそこまで魅力的に作り上げたんだなあ~と改めて感心してしまった。
映画は映画、小説は小説、まったく別物でどちらも名作です。

冷血』の解説 by はてなキーワード

ノンフィクション。ある殺人事件の裁判、そして刑が執行されるまでを描いている。映画化。

原作:トルーマン・カポーティ 訳:佐々田雅子

刊:新潮社

新潮文庫 カ−3−6

ISBN:4-10-209506-3

発行年月:2006年07月

サイズ:623P 16cm

2006年9月、この作品を基にした映画「カポーティ」が日本で公開された。

また、主演をつとめたP・S・ホフマンアカデミー最優秀主演男優賞を受賞。

冷血』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.