六十四卦のまとめ情報

六十四卦』の解説

六十四卦(ろくじゅうしけ、ろくじゅうしか)は、占いのひとつで儒教の基本経典でもあるで用いられる基本図象。

より基本的な図象である八卦を二つ重ねたもので、それぞれの組み合わせには、一つ一つ占いの文句が付せられ、それが卦辞として書かれている。さらに各卦の6、一つ一つにも占いの文句が爻辞としてつけられており、『易経』には全部で64の卦辞、384の爻辞が設けられている。

卦名

六十四卦は易経の上経に三十卦、下経に三十四卦が記載されており、各卦には固有の名前が付けられている。具体的な卦形と卦名については周易上経三十卦の一覧および周易下経三十四卦の一覧を参照。

なお、『易経』においては「乾」、「蒙」などの名称で記されているだけであり、これらを「乾為天」、「山水蒙」等と称するのは記憶の便のための呼び方である。

この場合「山水蒙」とは上の卦(外卦)が艮(山)、下の卦(内卦)が坎(水)であるのが「蒙」という意味であるが、外卦、内卦が同一の場合のみ、「乾為天」「離為火」のように称する。六十四卦は下の卦から上の卦へと分析されるのが通常であるが、この通称の場合は上から下に呼んでいる。

六十四卦卦名次序歌

次序

また『易経』におけるこれらの並び方については、「序卦伝」を始めとして様々な解釈を生んだ。容易に気づくことは前後2卦がペアになっていることであり、中央を軸にして上下反転してできる卦(例:水雷屯と山水蒙)を前後に並べるものが56卦あり、また残りの8卦は上下反転しても同じであるため、その六爻の陰陽を反転させた卦を並べている(例:山雷頤と沢風大過)というような特徴が指摘できる。このことにより毛奇齢は『易経』の分編は上経三十卦、下経三十四卦と不揃いに見えるが、上下反転した2卦を1卦と数えるならば、実は18卦と18卦で同数であることを指摘した。

構成表

以下の表は先天図と呼ばれるもので、北宋邵雍の考え方に合致する六十四卦の配列法である。この図はの変化によって1→2→4→8→16→32→64と新しい卦が生成される様子を描いたものである。

図は右から左、下から上への順に並べられている。乾の上爻を変化させると夬が得られ、そして乾・夬の五爻を変化させると大有・大壮が得られる。さらに乾・夬・大有・大壮の四爻を変化させると小畜・需・大畜・泰が得られ8卦となる。そしてこの8卦の三爻を変化させると履から臨までの8卦が得られ、乾から臨までの16卦の二爻を変化させると、同人から復までの16卦が得られる。さらに乾から復までの32卦の初爻を変化させると姤から坤までの32卦が得られ、64卦が揃うことになる。この配列は繋辞上伝にある「太極→両儀→四象八卦」というように卦が分裂生成する過程と合致すると考えられた。

またこの配列は円環状にも配され、乾から復までを上(南)から左まわりに下(北)まで配し、姤から坤までは上から右まわりに下まで配すことで方位を表した。南宋朱熹はそれを「伏羲六十四卦方位図」と呼んでいる。

Unicode収録表

Unicode 4.0 にて以下の64文字が易経記号ブロックとして収録された。対応フォントは「Symbola」「Quivira」「Nishiki-teki」などの記号系を多数収録したものや「Noto」「」といった多数の言語に対応したUnicodeフォント、多数の漢字を収録した「花園明朝A」などがある。

外部リンク

対応フォントのうち無料で入手できるものを以下に挙げる。

  • - 多種多様な記号を収録したUnicodeフォント「Symbola」
  • Quivira - 同様に多種の文字を収録した「Quivira」
  • - 多種多様な文字を収録したUnicodeフォント「Code2000」
  • にしき的フォント - TYPVS LITTERARVM NISICIAE - 手書き風の太字Unicodeフォント「Nishiki-teki」

Category:易

Category:シンボル

六十四卦』に 関連する人気アイテム

眠りながら成功する―自己暗示と潜在意識の活用

動画サイト『YouTube』にマーフィーの法則の『眠りながら巨富を得る』の書籍の朗読音声があり、聴いてから何か別のことも知ることができるのではないかとこの本を買いました。
しかしどちらの書籍も不思議なことに、女性が経済的豊かさを得たいと内なる神さまへの前向きな祈り言葉の繰り返しを始めると、その後すぐに経済力のある男性と出会って恋人同士になり結婚しましたという体験談ばかりが紹介されていて、
ただひとつだけ、望むお給料の仕事に就けた女性の体験談が出てきましたが、その女性も新しく就いた望む給料のお仕事先の会社で、上司だったか経営者の方だったかと恋仲になって結婚して経済的豊かさを得ましたという体験談で、女性が商売が成功して経営者となり莫大な富を得るようになりましたとか、夢を実現して経済的に豊かになりましたとかいう体験談がひとつも出てこなくて、
実際にそういう体験談があってもわざと紹介していないということなのか、マーフィーさんがキリスト教の牧師さん(プロテスタント)だから男尊女卑思考で「女性は男性と結婚したほうが幸せなんだ」という保守的考え方であるということなのかなと思わざるを得ませんでした。


しかし私にはこのマーフィーの法則の内なる神へ前向きな祈り言葉の繰り返しと奇跡のヒーラーのブルーノ・グルーニングさんの流してくださるハイルシュトローム(善のエネルギー。神のエネルギーそのもの)を受け取り続けることで、背中の広範囲の寝違えを9時間30分でほぼ8割がた治癒が起きて重い荷物の入った大きいリュックを背負って自転車と電車に乗り、駅の階段も登ることができたという、西洋医学ではありえない奇跡治癒体験があります。
検索するとわかりますが、寝違えは通常、治癒が起きて完治するまでに状態によりますが3日~7日間かかるとされていますので、背中の広範囲の寝違えが9時間30分でほぼ8割がた治癒が起きるのは西洋医学ではありえないという体験になります。
以来、寝違えでの首や肩の痛みが起きると、
「神さまの愛の河の流れが私を貫き、私は健康でいられます。神さま、この背中の(または首と肩の)痛みを取ってくださりましてありがとうございます。」
というのを4~5回繰り返して奇跡のヒーラーのブルーノ・グルーニングさんに「ハイルシュトロームを流してください」とお願いして20分ほど受け取り、また先ほどの内なる神さまへの祈り言葉を4~5回繰り返してハイルシュトロームを20分ほど受け取る・・・の繰り返しをすると、ちょっとした寝違えの痛みは1時間とか2時間とかで治癒が起きることも多く、寝違えを体験しやすい私はとても助かっています。
足の筋肉が弱っているところ長時間歩いたり自転車を漕いだりして帰宅して足がつった時も、同じように内なる神さまへの祈り言葉の
「神さまの愛の河の流れが私を貫き、私の体は健康でいられます。神さまこの足のつりを取って足の治癒をしてくださりありがとうございます。」
とハイルシュトロームを受け取る事の繰り返しで足のつりと疲労のつらさは1~2時間で治癒が起きることもよく体験しております。
この体験談を読まれた方のご参考になればうれしいです^^

私は、ポジティブ思考を重視するというような本を嫌ってきてしまった部分があります。この本を読んで感じたのは、自分が意識して行動している部分よりも、無意識のうちにやってしまっていることや、考えていることの方が多く、それによって人生が決まっているのかもしれないということでした。

潜在意識とは言いますが、顕在意識というようなことでやっていることはそれほど多くないのでしょう。眠りながら成功するというと、僕みたいな物ぐさな人間は「だらける秘訣」が書かれているのかと期待してしまいます。
そうではなく、自分はこうありたい、あるいはこういう風な人間であると意識することが、無意識のうちに自分の人格や行動を作り上げ、それがその人間そのものになっていくということなのでしょう。


身も心も強くて、やさしくて、稼ぐ力もあって、ユーモアにあふれる自分になりたいのであれば、まずは自分がそうであると思うところから始めるのが、そういう人間になる一方なのかもしれません。思うことで、そういう人間の行動様式に自分を近づけるのだから。

5つ星のうち 5.0おススメ

(参考になった人 8/8 人)

この本はよく相談する知人に勧められて購入しました。
恋愛で上手くいかず、別れてしまい、いろいろ相談していた方でした。ネガティブオーラがかなり充満していた私にこの本を読んでと勧めてもらいました。
ちょうどその頃仕事も人間関係が上手くいかずという時期でもありました。

読んでみると、確かに何人か書かれているように訳は分かりづらい部分もありました。しかし、それ以上に内容がとても素晴らしかったです。
これを1冊読み終わった頃には、すっかりポジティブ人間になっていて、彼氏とも無事やり直し、仕事の嫌味な先輩とも上手くやっていけるようになりました。

多くは語りませんが、そこまで高くないこの本1冊で人生が変わるなら安いもんだと思います。おススメです。

現代に息づく陰陽五行【増補改訂版】

5つ星のうち 1.0信頼性の低い書

(参考になった人 1/1 人)

占いの基礎理論を学びたい人にも最適、とあったので購入してみましたが基礎を学びたい人にはお勧めしません。誤った情報がたくさん入っているように思えますので。
たとえば序章20ページ最後から3行目に、『数千年の歴史をもつといわれる「紫微斗数占星術」に』云々とあります。が、紫微斗数は宋代の陳希夷という人が始めたはずの占術で、数千年の歴史なんて聞いたことありません。数千年前の書簡か何かに「紫微斗数」なる言葉が出てきたことがあるのでしょうか。
また、第四章195ページに『☆占いに「時」は使えない』なる記述があるのですが、その根拠もあやふやで納得できたものではありません(普通、四柱推命や紫微斗数では生まれた「時」を重視して占うので。

それを使えないというならばもっとインパクトある理屈をあげてもらわないと)。

どうもスタンダードなものに反抗しようという意図があるように思えてなりません、この著者には。
もし、内容紹介にあるように「占いの基礎理論を学びたい」のでしたら、もう少しスタンダードな本を当たったほうがよさそうです。なにせこの書は、県立の高校教諭(公民を教えているそうです)が本業をおろそかに、書いたシロモノですから。

増補改訂版と銘打ってあるのに、欠陥が。例えば、第四章第一節「暦の起源とその後」の太陰太陽暦の説明が不備だらけ。意味不明だったのでwiki読んで納得。wikiで再確認しなきゃならないなんて、ダメでしょ(笑)。筆者は大量の資料や文献を読み、博識な方なのでしょうが、この分野を専門とする研究者ではないようですね。在野の勉強家さん。執筆態度は雑という感じ。これ、編集者にも責任あり、でしょう。編集者がそもそも原稿読んでいないのでは? 読んでいたら欠陥(まあ、うっかりミスとしておきましょう)に気づいたはず。

あれもこれもとぎっしり詰め込まれていますが、ただ読みにくいだけ。読み物としての面白さを期待していた私がバカで、まあ、ハンドブックですね。ただし、ちょっとミスの多い。

図書館で借りる、で充分です。

趣味で陰陽五行学を学んでいます。 毎回、教わる情報量が膨大でついていけず、独習するためになにか良い本はないかと思い、購入してみました。 第一印象は、期待しすぎたかなという印象でした。 「増補改訂版」ということなので、内容的にも補強されているのかと思いましたが、私が習っている先生から教わる内容の方がより実生活に即していて、実践的だなと思います。 歴史や成り立ちの説明が目立ち、学術論文を読んでいるようで、頭にはあんまりスッと入って来ませんでした。 研究者には向いているかもしれません。 ちょっと一般人向けではないように思いますので、星4にしました。

あたえる人があたえられる

啓蒙書というより、物語として読んだ方が楽しめると思いますが、あえて、啓蒙書的なところをピックアップしてみると。。。
(1)本当の価値は、どれだけ多く、受け取る以上のものを与えるか
ダメなレストラン
量の面でも質の面でも、お客様からいただく金額にぴったり釣り合う食事とサービスを提供しようとする。
いいレストラン
いただく金額に対して、最高の量と質を提供するために最善を尽くす。
最高のレストラン
常にお客様の期待を超えることを目指す。

どんな金額を払っても決して変えないような料理とサービスを提供することを目標にしている。

(2)収入は、どれだけ多くの人に、どれだけ奉仕するかで決まる

(3)影響力は、どれだけ相手の利益を優先するかで決まる
人脈とは、顧客や依頼主だけのことではなく、君のことを知っていて、好きで、信頼する人のこと。君の個人的なファンクラブができるようなもの。

(4)人に与えることのできる最も価値ある贈り物は、自分自身である

(5)効果的に与える秘訣は、心を開いて受け取ることにある

内容はストーリー仕立てで非常に読み易く理解もし易い。 ただし言っているとこに何の裏付けも実験結果もないため、ただの自己啓発ストーリーと見てとられるのではないだろうか。 同様の内容でより科学的なアプローチの本としては、アダム・グラント著のGive and Takeを読んだ方がより説得力が増すだろう。 ただし、本書が伝えたいこと自体は決して悪いものではないと個人的には思う。

5つ星のうち 2.0翻訳本は難しい

(参考になった人 10/13 人)

中身は良いことが書かれていると想像しつつ読んだけど、少し日本語に違和感があってよく理解できなかった。 多分この方は「慈悲深く優しく親切を施せば必ずそれは自分に跳ね返って多くのことを得る」という主張だと想像されたが日本の思想家、宗教の方がわかりやすい。 外国人は私には違和感があるのです。 話が大げさというか劇的というか。 年齢のせいかもしれないが

すべてがわかる384爻易占い

5つ星のうち 2.0占いはよいことがない

(参考になった人 2/2 人)

占いにはいろんな種類がある。タロット・星座・血液型・易 etc
易占いにはまった時期が長かったけれどよいことは一つもなかった。(失恋、頭痛、めまい、なぜか虫歯だらけになり何年も歯医者に通うことになった)易は歴史が古く、興味深いが、少しこっくりさんと似ていると気づいた。
願いをかなえるどころか、現実は逆になったのだから今振り返ると笑える。

こういう本は人生を堕落させてしまう。欲望・願望に固執して、自然な生き方から外れてしまう。
占いをすると自分の意思・生き方が無くなってしまい、欲望に振りまわれる、ずるい生き方になるからやめたほうがいい。占いは、人を不幸にする。未来は占うものではなく、自分自身で作るものだ。
最近、願望成就系の本、幸運などの本が増えているが、十分警戒して、注意が必要だ。
人生、魔法の杖は無い。

5つ星のうち 3.0わかりやすい易占本

(参考になった人 6/6 人)

易占サイコロと一緒に持ち歩いて易占を楽しんでいます。 わかりやすく書かれていて、フォーマットが統一されているので卦を引きやすくて実用的です。 ただ、ほかの方も書かれていますが、12ページの64卦一覧で既済と未済が入れ替わっていて残念です。 また、著者の易占としての易経解釈が載っていますが、それ以上は易経に踏み込んでいませんので、物足りない人もいるかもしれません。 占いをするには実用的だと思います。

買って間もないですが、普通のダイスでの例がありますので易占い用のダイスが無くてもOKな所が気に入りました。 易占い用のダイスも入手し、これはこれでよい物ですがお気に入りのダイスで占うのもまた一興かと。 なので特別こだわりがなく、8面ダイスの色違い1個ずつと6面ダイス1個が用意できればこの本1冊でOKです。 分かりやすさの比重も高く重宝しそうです。

六十四卦』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.