光邦のまとめ情報

宮沢光邦』の解説

光邦に関連性が高い単語の解説を表示しています。 光邦についての情報が含まれているか確認して下さい。

光邦(みつくに、宮澤 光邦(みやざわ・みつくに)、1976年11月26日ディスクジョッキーラジオパーソナリティである。

サンディ所属。血液型はA型ことから命名された。

現在

2017年4月現在。

ラジオ
スタジアムDJ

過去

ラジオ
店内放送
スタジアムDJ・スポーツ
イベントMC
CM
オーディオブック
舞台作品

映画

備考

  • 「RADIO-izm」の担当初日、自らリスナーから愛称を募集したところ、「宮z」(ミヤズィー)が採用され、同番組の担当期間に使われた。

光邦』に 関連する人気アイテム

小学館の図鑑NEO イモムシとケムシ DVDつき: チョウ・ガの幼虫図鑑

5つ星のうち 5.0私はイモムシが嫌いです

(参考になった人 41/42 人)

子どもが希望したので買いましたが、何かと役に立っています。
見ていると寒気がするのでこの猛暑にちょっとした涼を運んでくれます。
さらに見ていると吐き気がしてきて食欲が減退し、食事制限にも一役買っています。
仕事中、急な睡魔に襲われた時もちょっと図鑑をめくるとあっという間に目が覚めます。
(集団の写真は特に効果抜群なので個人の判断でどうぞ)

もちろんイモムシケムシ図鑑としても良い物だと思います。
この図鑑の制作にあたり、新種(?)も発見されたようですよ。


DVDではイモムシの意外な技や、蝶になるまでの映像にイモムシ嫌いの私も感心・感動しました。
イモムシケムシ好きな方、「怖いもの見たさ」が少しでもあるイモムシケムシ嫌いの方にオススメです。

とにかく中身はマニアック 普通なら蝶と蛾の割合が9:1とか8:2なんでしょうけど、この本は全く逆です 蛾類の種類数から考えると当然だと思いますが、一見子供向け図鑑に見えるこの図鑑のイメージだと度肝をぬかれます しかも最新の情報もあり、蛾類の入門者にはこれ以上の図鑑はないと思いますよ

5つ星のうち 5.0ハイスペック!

(参考になった人 0/0 人)

幼虫飼育を趣味(ライフワーク)にしているのですが、これだけ種数を入れていただければ私たちマニアにも通用しそうです。 全てを網羅するのは専門書でも難しいことなので一般向けとしては秀逸な図鑑だと思いました。

THE TRUMPET 創刊号<演奏&伴奏収録CD付>

いちトランペット奏者として、ファンとして購入。
実は以前、店頭でパラパラっと見て、あまり興味をもてなかったのでスルーしていたのですが、今回Amazonサイトで見かけてポイントが溜まっていたので購入してみました。

内容は・・・他の方のレビューにもありますが、とても薄いです。
価格が高いのは、演奏&カラオケ用CDと楽譜が付いてるからでしょうか。
ちなみに付いてくる楽譜も難易度低めの物で、多分トランペット初級者の人が既に購入し演奏したことがある楽譜か、その程度のレベルのアレンジです。


日本のTPプレイヤーの紹介と、面白練習アイテム、CDの紹介なんかは少し興味を惹かれましたが、少しググれば出る程度でしょうし、Amazon購入者レビューの方が余程参考になると思います。

スポンサーの関係でしょうが、とにかく広告ページが多い。
知らなかったメーカーの広告が見れたのでそれも情報のうちなのか・・・。

しかし、同出版社はフルートやクラリネット、サックス等の専門誌を何号にも渡って発刊しているようですが、そんなに情報があるのでしょうか!?
少なくとも、今号の内容をみる限りは、とても残念ですが次号に期待は持てなさそうです。

学生時代に毎月購入していたバンドピープルやジャーナルの方が余程情報があったような気がします。
なにせトランペットに特化せず、吹奏楽全体がターゲットですから。

心から思うことは、この雑誌の記事が充実し、次号以降も続けて発刊していけるよう祈るばかりです。
今回は、応援のために購入したと考えています。

当方、もう何十年もトランペットの演奏はしていませんが、各ジャンルの古今の邦人プレーヤーの情報や製造メーカーの詳細情報もあり読み物としても面白かったです。 レベルの上がっている現在の安価な楽器を買ってまたラッパ始めようかなと思いました。

5つ星のうち 5.0いいなあTp

(参考になった人 2/2 人)

下手な楽器演奏はただの騒音だけど、といってしまえばそれまで。 創刊号なので、気構えが違います。

忘れられない患者さん―名医たちが語る統合失調症とは

「人間は失敗からしか学べない」と言う人がいるのを知っている。 この本に登場する多くの医者がそうした体験を寄せている。 そして、その際のオープンな態度と、真摯な姿勢に少々驚かされた。 しかし、逆に言えば、そうした関わり無くして臨床医としての仕事は、成り立ち得ないのだと、理解した。 臨床場面での、自分を開くことによって保証される質の高い学習の積み重ねが、臨床医としての実践を下支えするのだろう。 それでも医師が驚いたり、ショックを受ける事態は生じる訳で、結局それは生涯続く歩みなのだと思わされた。

5つ星のうち 3.0参考になります

(参考になった人 2/3 人)

これから精神科を始める方やスタッフにとっての読み物として良いと思います。 エッセイ風ですので、実地診療に即役立つかというと、そういう本は他で探して下さい。 じわじわと自分の肥やしになるという意味では良いと思います。

光邦』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.