光文社のまとめ情報

光文社』の解説

株式会社光文社(こうぶんしゃ)は、日本出版社

概説

1945年10月1日創業。音羽グループに属する。

1954年に創刊され、数々のベストセラーを生み出したカッパ・ブックスの成功は、新書ブームのきっかけを作った。

雑誌では、手塚治虫鉄腕アトムなどを連載した『少年』が、戦後月刊少年漫画誌の黄金時代を作った。また週刊誌『女性自身』は「OL」という言葉を定着させるなど一時代を築き、男性誌では『週刊宝石』(休刊)、ほかに写真週刊誌『FLASH』が人気を博した。

伝統的に女性誌に強く、『JJ』の創刊後、20歳代OL向けの『CLASSY.』、30歳代既婚女性向けの『VERY』、40代女性向けの『STORY』など世代別にラインナップを充実させてきた。

また近年では、山田真哉著『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』(2005年)がミリオンセラーとなった光文社新書、亀山郁夫訳『カラマーゾフの兄弟』(2006年)が異例のベストセラーとなった光文社古典新訳文庫なども注目を集めている。

小学校教科書などを刊行している光文書院とは資本・人材など一切関連がない。

創業の経緯

1945年講談社は激震に見舞われていた。太平洋戦争が終わり、出版業界内部は戦争協力者への責任追及の声が激しくあがっていた。戦前から活発な活動をしていた講談社は、その最大の標的となったのである。当時の経営陣は、最悪の事態に備え、別働隊を組織した。それが光文社である。1945年11月のことであった。

しかし、責任追及の声は次第に弱まり、講談社はピンチを乗り切った。そのため光文社は、いわば梯子を外された状態になってしまったのである。といっても、光文社の株のほとんどを持っているのは講談社であり、実質的に光文社の経営権を握っているのは講談社である。

神吉晴夫の台頭と、初代編集長、加藤一夫の功績

光文社が出版界の第一線に躍り出ることができたのは、その講談社から一足早く光文社に移っていた神吉晴夫と、伝説の初代編集長、加藤一夫の手によってである。神吉は「創作出版論」という独特の編集理論をもっていて、それを加藤一夫は編集者として、次々に実現していった。彼らによって、次々とベストセラーが出されていく。1951年の波多野勤子少年期』がその嚆矢で、1954年にはローゼンバーグ夫妻の『愛は死を越えて』の翻訳、1957年には田宮虎彦の妻千代の死への追悼文や往復書簡をまとめた『愛のかたみ』など、「カッパ旋風」を巻き起こした。1958年には朝日新聞に全五段の広告を打って松本清張点と線』『眼の壁』の2冊を同時発売、松本清張をベストセラー作家に押し上げた。

1954年に神吉晴夫が「カッパ・ブックス」を創刊。この新書シリーズは、その後の出版界を長く席巻する。

など。青春出版社KKベストセラーズ祥伝社などとともに、新書ブームの一翼を担った。

また、1959年には「カッパ・ノベルス」を創刊。カッパ・ブックス隆盛の流れの中で『点と線』(松本清張)、『日本沈没』(小松左京)、『悪魔の飽食』(森村誠一)などが送り出されている。

雑誌においても、1958年創刊の『女性自身』で女性誌ブームを起こし、1965年には『宝石』も創刊された。

労働争議

順風満帆に見えた光文社だが、1970年になると、神吉の経営手法(今で言う成果主義抜擢人事)に労働組合が反旗を翻したことで、労働争議が勃発した。神吉は年内で社長を辞して経営からは身を退いたが、争議は収まらず、1977年にようやく沈静化した。

この泥沼争議を嫌い、多くの人材が光文社を去った。その中には、祥伝社や、ごま書房(現在のごま書房新社)や、かんき出版の設立に関わった者も含まれている。

その後

1980年代後半頃から、文庫ブームのあおりを受けて「カッパ・ブックス」の売れ行きが落ち始める。それに伴い、主力は『女性自身』に始まる一連の雑誌にシフトした。そして、「カッパ・ブックス」は新たに創刊された光文社新書と入れ替わる形で、新刊の発行を終了することになった。

書籍シリーズ

関連団体

補足

  • 「カッパ・ブックス」などの「カッパ」は、神吉の「いかなる権威にも屈せず、“何の、屁の河童”と自由な活動をしたい」という思いから名付けられた。
  • 作家の小林信彦は、光文社を受験して面接で落とされたことがある。

著名なOBOG

光文社』に 関連する人気アイテム

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」

「分析」「論理」「理性」に軸足をおいた
サイエンス重視の経営は行き詰まり、
全体を直感的に捉える感性と
「真・善・美」といった美意識に軸足を置いた経営に
切り替えていくべきだ、というのが本書の主張だった。

2016年のクックパッドの経営権をめぐる紛争について、
食へのロマンという美意識を追及する創業者の佐野氏と
サイエンス重視の経営を行っていこうとする穐田(あきた)氏の
争いだった、という解説はとても腑に落ちた。



また、なぜマツダが経営のパフォーマンスを
大きく高めることに成功したのか。
なぜデザイン部門のトップの前田育男氏に
大きな権限を与えることができたのか。
これらについて詳述してあり、興味深かった。

そして、肝心の美意識の鍛え方。
Visual Thinking Strategyという考え方にのっとり、
絵画を見て、感じて、以下の3つを言葉にする
1.何が描かれているか
2.絵の中で何が起きていて、これから何が起こるのか
3.どのような感情や感覚が、自分の中に生まれているか
このように書かれていた。

私には少し物足りなく感じられ、
別書をあたった。
フィリップ・ヤノウィン「学力をのばす美術鑑賞」
上野行一「私の中の自由な美術」
この2書が良いように感じられた。

美意識を鍛えることが社会人として生きていくのに有効
という視点はなかった。
絵を見て、感じて、言葉にして、
美意識を鍛えようという気持ちになった。

私たちは学校教育の影響からか、論理的に考えることや演繹的に考えることは万能であるという風に刷り込まれている気がする。 私自身も同様である。 感情論や直感など、「アカウンタビリティ」のない判断について、嫌悪感を抱いていた。 しかし、本書が指摘するように世界のVUCA化から、論理のみで先を見通すことができないというのは明らかであるし、正解のコモディティ化により、論理的思考スキルの価値が減衰するというのも、尤もな指摘である。 大まかに言えば、本書は、サイエンス的な手法でアートの重要性を証明しているのである。 山口さんらしい著書だ。

5つ星のうち 2.0アートは良いよ!

(参考になった人 0/0 人)

自分の主張に適合する補完材料ばかり集めて、「ほら、この人もこう言ってる!この本にもこんなことが書いてあるよ!だから〜なんだ!」という、その発言の信憑性を疑うことなく、この人がこう言ってるからきっとそうだ的な、残念な論証に終わってる。

Platinum FLASH vol.5

齋藤飛鳥は、真の美少女だなぁ~と、とみに昨今はひたすら思います。彼女のお母さんは、ミャンマー(?)系の人でしたか?ですから、タイとは特にご縁があるのでないでしょうが、洞窟から出られなくなって救出されたタイ人のサッカー少年達は、元気に回復した現在は、タイ料理の「カリカリ豚ライス」を食べたいそうです。カリカリ豚とは、ポークをカリカリに揚げたようなもので、ご飯の上にそれを乗せて、タイの甘辛いソースを上からかけた食べ物らしいです。タコライスみたいに、生野菜が添えられていたりもするようです。
と、こんなタイ料理を、飛鳥ちゃんに食レポして欲しいです、彼女と一緒に食べる自分を妄想したいです。

都内の恵比寿の「地獄の激辛ラーメン」の食レポを任されたのは、「地獄の激辛」に見合うということで、何とデーモン閣下だったのだが、いざ現地でそれをひと口だけ食べれば、「辛いだけで、味がぜんぜん分からんぞ!」との閣下の第一声でしたので、どうも食レポする人選を間違えたようです。
飛鳥ちゃんなら、タイのカリカリ豚ライスの食レポ、きっと大丈夫でしょう?いまから、期待しております!バイト中に、ワイン瓶を落とさないよう気をつけてね・・。

飛鳥さん、言われすぎてもう何の意味もなくなってる言葉ですが、、顔小っさ! 本当に8頭身ありますね。 少し下から撮ったりすると、際立ちます。 タイの観光大使として各地でのカットがありますが、おとなしく、はしゃがない感じが風景に溶け込んでいるように感じられて良かったです。 珠美さんテレビなどでは最高の笑顔をよく見せてくれていますが、今号では落ち着いてて、田舎に遊びに来た従妹の夏休みというイメージ。 これから場数を踏めば、あの最高の笑顔をグラビアでも見れるようになるでしょう。 楽しみにしています。 ☆4つ。

5つ星のうち 3.0ちょっと後悔

(参考になった人 3/5 人)

齋藤飛鳥with堀未央奈となっているので当然なんだけど 表紙の画像だけ見て買ってしまった自分としては堀ちゃんでページを割かれる分 お目当ての齋藤飛鳥のページが少なく物足りませんでした まあ自分が悪いんだけど、表紙はソロで中身は二人ってのが腑に落ちない

バッタを倒しにアフリカへ

書店で見かけて若干印象に残っており、アマゾンで再び目に入ったので、電子書籍版で購入しました。ほぼジャケ買いでしたが、とても面白く買ってよかったです。

この人は、基本的にはツイてない人です。ポスドクとして、人生を賭けて人脈もお金も無しでアフリカのモーリタニアに飛び立ち、苦境に立たされながらも知恵と工夫を凝らして研究を進めていく姿を見ていくうちに自然とファンになってしまいました。

知恵と工夫で資金不足、モノ不足を解決したり、自分で作ったコネクションを介してアフリカ社会を渡りあるき、目的を達成する姿をみて、「型にハマらない」という表現は、こういうことを言うのだなと考えさせられました。



働く、ということの意味から考えられます。とても面白くお勧めです。

以下は気に入った表現などの忘備録です。

・日本では物乞いをする人を見かけなかったので、正直最初は戸惑った。だけど、かなりの車が子供たちにお金や食べ物を渡している。それを見て、ハッと気が付いた。救いの手を差し伸べてくれる人がいるから、物乞いができるのだ。日本で物乞いをしたところで、最近は物騒なので誰が見ず知らずの他人に恵んでくれようか。私は物乞いを気の毒なイメージでしかとらえていなかったが、取り巻く環境を見ると、そこには多くのやさしさがあった。

・バッタとイナゴは相変異を示すか示さないかで区別されている。相変異を示すものがバッタ、示さないものがイナゴである。日本のばったは厳密にはイナゴの仲間である。Lucustの由来はラテン語の「焼け野原」だ。彼らが過ぎ去ったあとは、緑という緑が消えることからきている。

・電線に小鳥が5羽止まっています。銃には弾が3発。何羽仕留められるでしょう。

・自然は単なる数字じゃ説明できない。自分で体験しなければ自然を理解することは到底不可能だ。

・それにしても、目標とは生きていくうえでなんと重要なのだろう。あるとなしでは毎日の充実感が大違いだ。

・日本では細めの女性が好まれる傾向があるが逆にモーリタニアでは、ふくよかなほうがモテる。そのため少女時代から強制的に太らせる伝統的な風習がある。これがガバージュと呼ばれるもので、現在は健康に良くないからやめるようにと、政府から御達しが出ている。

・幸運にも私たちは必要以上にモノを持っている。際限なく続く欲望に終止符を。

めちゃくちゃ面白いです。当初は「アフリカでのバッタ研究の話の本」としか思っていなかったのですが読了後、これはアフリカにもバッタにも興味ない人にも多くの人に読んでほしいと思いました。
個人的には下記のような方には是非読んでほしいです。
・(博士課程に進学しようか迷っている理系の)大学・大学院生
全ての博士課程やポスドクの方がこのような経験をするとは思いませんが、phD取得後の生活を想像しやすくなると思います。特に動物学や昆虫学などフィールドワーク多めの分野の方の方がより参考になるでしょう。

文章もバッタの説明中心じゃないので、生物学などに知識のない大学生でも楽しく読めます。

・ポスドクの方
筆者はバッタの研究者として現在大活躍されているようですが、本書の舞台となったポスドク時のモーリタニアで就職など色々なことに悩み、苦しんでいます。ポスドクの方は勇気をもらえるんじゃないでしょうか。

・政府関係者の方
日本のポスドクの方の現状をリアルに知ることが出来ます。日本は他国に多額のODAなどの援助をして国際貢献をしてきていますが、筆者のような実際に現場で汗を流し、陰ながら国際貢献を行なっている研究者に対する援助が不十分かもしれません。本書でも言及がありますが、モーリタニアの人は、日本が他国に直接資金の援助をしてばかりで自国の優秀な研究者に金銭的な支援をすることで自国の研究者を育てつつ、国際貢献を行なう、ということをしないのか?と疑問を投げかけています。

この本で、日本の研究者に対する支援が変わることを祈ります。

今年読んでよかった本です。 世界は広い!と再認識し、勇気がわきます。 SNSなどがある時代の虫の研究者かつポスドクの方の様子がうかがえるだけでなく、モーリタニアという自分とは縁が薄いアフリカの大地での生活や研究、そしてみ生き生きとした魅力的な人々の様子が伝わってきます。 後半の就職活動における心温まるエピソードもあり良かった。 自分の好きなことを追求する喜びが伝わってきます。 社会人はもちろん、学生時代に読んでもいいと思います。 著者の別の本も手に取ってみたくなりました。

科学的 潜在意識の書きかえ方

科学的と言いながら、量子論の説明では実験、検証の過程は一切説明せずに、どこそこの偉い科学者はこう言っているとか、現在の学説ではこういうことになっているという記載が多く、もう少し、科学的に記載してほしかったです。後半の3分の2になるともはや科学的であることは大分薄れてきて、作者とその客の限られた範囲の曖昧な経験を根拠とした理論になっていきます。キリストは2キロ上空から俯瞰する能力を持っていたとか、4万年前のアボリジニーはテレパシーで会話をしていたとの非科学的な記述もバンバン飛び出てきます。。そもそも引き寄せとか、潜在意識なんていうのは科学的に解明されていない部分なのだから、科学的などと題名につけなければいいのにと思います。

そうすれば、面白い読み物、実践書として読むことができるのに。

確かに最初の3分の1は量子論による物質の現実化の仕組みを説明していますが、それは現実をどう認識するかという話であって、どのように引き寄せるかという説明としては弱いと思います。意識自体ががフォトンであり、それをエネルギーフィールドに照射することで素粒子の位置が確定すると言っていますが、それでは意識が変化するたびに毎旬毎旬、目に映るものが変化するのでしょうか。
そもそもこの本は特定の何かを引き寄せることを目的としていません。要は本当の自分になれば、自分に必要なものは引き寄せられてくるという内容です。そして、引き寄せがうまくいかないのは、本当の自分が欲しているものではないからだと言います。なんか逃げのような気がします。
よって、潜在意識の書き換えも、良い言葉を使う、体を整える、という一般的なものになっています。

ちなみに本の表紙に書いてある、「天才性」をどうやって引き出すかということに対するこの本の回答は、
好きなこと得意なことをとことんやる、です。ちょっと表紙に書くには弱すぎるのではないでしょうか。

あまり、引き寄せの法則について知識がない人や、漠然と人生を良い方向に向かわせたいという人には
ある程度の知識が得られていいのかもしれませんが、他にも良書はありますし、レビューの評価が高すぎるのはちょっと違うかなって思います。

特定の何かを引き寄せたい、その科学的な理論を知りたいという方には今一つな本だと思います。

科学的かどうか、という点で賛否あるようですが、

私はこの本を読んで
「なるほど、そうだったのか!」
「やっぱりそうだよな!」
「あの人(他の引き寄せ系の著者)が言っていたのはつまりこういうことか!」
と思った点が多かったので、

「宇宙が叶えてくれる」だのとふわふわした内容が多い引き寄せ系の中では良書だと思います。
もうちょっと理屈っぽく教えて欲しい!という人向きかと。

MACOさんも量子力学と引き寄せを結び付けて書かれたりしていますが、
ハッキリ言って私はMACOさんの表現だとぜんぜんよく分かりませんでした。



多分、あんまり理屈っぽく言っても通じないだろうということで
かなり省略して書かれているんだろうと思います。

こちらの著書を読んで、やっと量子力学と引き寄せの関係性を具体的にイメージすることができました。

今まではアファメーションして現実に反映されても、
「なんかそういうものなんだ」
としか思えませんでしたが、
「なぜそうなるのか」の言語化、具体化、イメージ化が進んだという感じです。

身体からアプローチする脳の活性化は大して時間をかけずにできるものなので、
試しにやってみようと思っています。

引き寄せ難民に陥っている方は、読んでみたら得るものがあるかもしれません。

何ヶ月か前に小森さんのブログに出会い、
とても読みやすく、面白く、
最新の記事から過去の記事まで
あっという間に全部読んでしまいました。

もう一度読み返そうかと思っていたら
書籍化の記事を目にし、
復習の意味も含め購入させていただきました。

本書もブログ同様とても読みやすく、
読んでてワクワクしてきます(o^^o)
ブログよりもさらに、きちんと順序よく展開されている為、よりわかりやすく量子論が頭に入りました。



ますます小森さんのファンになり量子学を身近に感じることが出来、感謝です。

引き寄せ難民になりかけていたので
一度今までの情報を取り除き、
改めて量子学の観点から自分を見つめ
よりよい自分の人生にしていこうと思いました。自分なら大丈夫!これからステキな毎日を過ごせる!そんな確信を持てます(o^^o)

何度も読み返したくなる一冊です!

光文社』の解説 by はてなキーワード

戦後、講談社の別会社として創られた出版社。

週刊FLASH(写真週刊誌)の発行元。

光文社』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.