借金依存症のまとめ情報

借金依存症』の解説

借金依存症(しゃっきんいそんしょう、しゃっきんいぞんしょう)は、依存症の一種で常に借金をしていないといられない状態。買い物をしないといられない「買い物依存症」や「ギャンブル依存症」と同時に起こることが多い。多重債務自殺などの問題を起こすケースが多い。

概要

常に借金してでも、買い物やギャンブルタバコアルコールがやめられない状態。何らかの強いストレスを抱えている場合が多くクレジットカードサラ金からの借り入れによる支払能力を超えた買い物をするケースが多い。多重債務に陥り、自己破産するものも多く依存性は非常に高い。

この依存症の患者は、「借金はまだ返せる範囲であり、自分の意思で借金をしているのであって、依存状態などではない。その気になれば、いつでも返せる。」などと思い込んでいる。そのため、周囲がいくら注意しても聞く耳を持たず、さらに借金を重ねるのが通常である。周囲にお金を貸す者がいる場合には、さらに事態は悪化し、家族どころか友人知人にまで悪影響が及ぶ。お金を借りられるという事実で、自らの信用がまだあるのだと思いたい心理が作用するため、借りられると安心する。この循環が借金依存症である。このため、借金の申し込みを断わられた場合、突然不安に襲われ、自殺したり、犯罪を犯したりすることも少なからず見られ、また、極限まで追い込まれないと自己破産をしたがらない傾向があり、虚言癖を伴う(ギャンブル依存症が詳しく参照のこと)。

金銭感覚の麻痺

借金依存症の患者の多くには、金銭感覚の麻痺が多くみられる。例えば、電灯エアコンを付けっ放しにする、商品購入時に価格の比較を行なわず、高くても欲しい物は買ってしまうなどの共通点がある。

治療

  • 自助グループ、相互支援グループの12ステップ・ミーティングに通う。
  • 精神科によるカウンセリング
  • 通常本人に自覚がないため、周囲が病気であることに気付かせることが大切である。
  • 周囲の者がお金を貸さない。

関連項目

Category:依存症

Category:症候

Category:価値観

借金依存症』に 関連する人気アイテム

風俗&オナニー依存症脱出法

5つ星のうち 1.0要約すると

(参考になった人 4/4 人)

ストレス解消をしましょうってことで あんまり参考にならなかった そりゃストレス解消すれば続くよね

5つ星のうち 2.0ストレス解消方法

(参考になった人 2/3 人)

ストレス解消方法が書いてあるだけで あまり関係ないことが書いてあって参考にならなかった

5つ星のうち 5.0とても、誠実な内容

(参考になった人 1/2 人)

とても、リアリティーがあり、作者の思いが伝わってきます。 誠実な作者の課題に取り組む姿勢を感じつつ、読ませて頂きました。

パチンコ依存症から立ち直る本: 債務整理、親から勘当、どうしようもない依存者がパチンコを打たなくなった方法

日本のギャンブルの王様であるパチンコは、
未だに数十兆円の巨大産業です。
「どうしたら、楽しんでもらえるか」という娯楽産業としての理念の追求なら良いですが、
実際は「どれだけ、客を中毒にさせるか、トータルで負け続けてもらうか」になっています。

パチンコ依存症によって、破産するまでに至った人は、
利用者数からすれば、非常に低いですが、
この本のように当事者の実体験を聞くと、
本当に、この娯楽は必要なんだろうか?と思ってしまいます。



少なくない娯楽産業は、現在、人間の認知活動を熟知して、
ゲームを作っています。つまり、機械やシステムを使って、
いかに、脳の機能をコントロールするか?
このノウハウを知っています。

具体的には、パチンコを強烈に「したい」と思わせるような仕掛け、
ちりばめています。その一つが「ニアミス」です。
もう少しで大当たりするという演出をトコトンまで追求しています。
実際は、大当たりは管理をされているのが、ほとんどで、
自分の意志と技術で大当たりを引くことはありません。

しかし、さまざまな演出で自分が主体的に動くことで、大当たりを引いたという、
臨場感を脳に植えつけます。
この時、脳は快楽物質であるドーパミンを発生させ、抑制物質である
ベータエンドルフィンを欠乏させます。これが悪魔の循環サイクルで、
パチンコやその他のギャンブルにハマる構造です。

筆者は、この著作で、パチンコ依存症を抜け出すカギとして、
認知療法を紹介しています。

認知療法とは、自分が「したい」という動機に「反論」を加えて、
以前の認知が間違っていると、自分に認識させる治療方法です。

この治療方法は、麻薬患者にも使用されます。
何が言いたいかという、パチンコの中毒症状は、それだけ、
依存性が高いということです。

このように考えると、今の世の中、依存症を引き起こすモノで溢れています。
ネット・スマホゲーム、ポルノ、チャットなど、ネットに繋げば、
簡単に快楽を得ることができます。これほど、簡単に個人が、快楽を得られる時代になっています。
問題は、その快楽に依存し、脳の機能がおかしくなるということです。
そして、日常生活にも深刻な影響を及ぼします。

いずれ、奴隷状態になります。
つまり、ネット、ゲーム、ポルノ、チャット、そしてパチンコをするために自分が生きてる状態のことです。
そうならないためにも、それらは、全て=くだらないものと思いこみましょう。
それらをやって、自分の人生が楽しくなるとか、豊かになることは絶対にありません。

そして、それらくだらないことを毎日30分だけやっても、
1年で182時間になります。
1日の活動時間を15時間として12日分です。

くだらないこと1時間やる→24日消費
くだらないこと2時間やる→48日消費
くだらないこと3時間やる→72日消費

人生で最も貴重なモノは、時間です。
なので、くだらないことは、しないでし。

ホールも、客に勝たせたくないがために釘を締めて回りにくくしています。 結果、ボーダーがとてつもなく悪くなり客は大負けします。 さらに、当たったとしても右側の釘を締めているので、大当たりの出玉を出すための穴になかなか入らず、どんどん玉がこぼれます。 結果、画面には3000玉獲得と表示されていても、実際には2500玉ほどしかないというカラクリです。 釘をいじるのは違法ですが、いじってないホールはありません。 もう、お金をあげに行ってるようなものですよ。 本当に馬鹿馬鹿しい。

5つ星のうち 5.0一見の価値あり

(参考になった人 0/0 人)

自分は借金してまでパチンコやったりとかはないのですが、まとまったお金があるとついついパチンコへ行ってしまいます。 まあ、自分のおこずかいの範囲内であれば、良いか。 と思っていましたが、やはり負けたら良い気分はしない。 パチンコやめようと思い立って偶然読んだのがこの本です。 具体的かつシンプル。 誰が読んでもわかりやすいかと思います。 なるほど、と何度も思える内容です。 これから脱パチンコへ向けて頑張ってみます。

買い物依存症OLの借金返済・貯蓄実践ノート

この本のメッセージはひとつです。
「考え方」を変えれば、「行動」が変わり、そして、『未来』が変わる。

借金をしてまう原因。
それは「借金をする行動」ではなく、「借金を許容する考え方」だと説明されています。
「借金を許容する考え方」から「借金返済のための考え方」、そして最終的には「貯蓄できる考え方」へ生まれ変わるための方法として、「なぜなぜ5回」や「借金のない人生の想像」など数種が紹介されています。
加えて、「財布の残金を把握する」など、行動の側面から良い考え方を習慣化するための方法も提示されています。


「思考は現実化する」という昭和の思想家である中村天風さんが説いた真理に近いものがあります。
著者は500万円の借金を3年間で返済した実績があることから、それらの言葉は説得力を持っています。

最近、自分に近い親類がクレジットのリボ払いが原因で300万円の借金があることがわかり、親類を手助けするために借金をする人について理解したいと思ったのがこの本を読むきっかけでした。
2014年出版と新しいため内容が現在に対応していることあり、いま借金で困っているひとに一読をおすすめしたい良書であると思います。

ただし、注意すべき点が1点。
著者がフィナンシャルカウンセラーという借金返済におけるメンタルサポートを専門とした人物のため、法律上の手続きなどはこの本では詳しく紹介されていません。
借金を返済に関する法律上の救済制度の知識は必須だと思いますが、この本はその部分が不十分であり、他の書籍で補う必要があると思います。
たとえば、個人再生のことなどが一例です。
著者は借金返済の法的なサポートのため司法書士さんによる『任意整理』を受け、500万円だった借金を400万円に減額して返済に成功しております。
弁護士法などの法律上、司法書士は弁護士に比べてやれることに制限があります。
もし弁護士さんに相談されていれば、任意整理ではなく個人再生といった手続きも可能だったのかもしれません(専門家ではないので誤解のおそれあり)。
個人再生の場合は最大で債務を5分1まで圧縮することが可能です。
500万円の借金であれば、100万円ほどになったのではないかと想像されます。

借金に関する法律上の救済制度を学びたいのであれば、「合法的に借金をゼロにする方法(加藤英夫)」がおすすめです。
題名はいかついですが、弁護士さんが借金返済に関する法制度についてわかりやすく説明してくれている内容なので、この本とあわせてぜひご一読いただき、未来への選択肢を広げていただければと思います。

サクサクと読めました。買い物中毒(中毒と言われるものの幾つか)も借金も頭の中ではわかっていても、見ないように見ないように、何とかなる!何とかなる・・・・と現実に目を背けて。また限度額が自分の全財産と勘違いして、借りるという感覚も罪悪感も鈍くなってました。これを読んでから、返済計画をたてました。返すことが習慣にもなってきました。
現実を見て、毎月の返済金額を目の当たりにします、でも気分は晴れてます。
まだまだ、私も長い返済が始まったばかりですが、目標の2年で返せるように頑張ります!
読みやすくて、分かりやすくて、馬鹿な私には財テク関連とか、難しいお金の話とかよりも、単純にお金をコワイ誘惑の見えない悪魔ではなくて、味方につける大事で簡単なものであると考えも変わった目が覚める一冊でした。2年後、借金全額返済したら、絶対にこの本の影響は大きいなと思います。

借金がある人も 貯金ができない人も とても役立つ本と思います。 体験がそのまま書かれているので、共感できるし 説得力があります。 結局人は、経済の指数がどうとかより、 今の自分の心の状態を平静にするために お金をコントロールしたいのだから この本は参考になると思います。 読みやすい文章で、すぐに読めるところもいいです。

そのお金のムダづかい、やめられます

ネットショッピングを良くしていますが 自分自身が"いらない"と思っていても 脳が"無意識に買わせている"という事実には 驚きました。 重要な部分はカラー(黄や赤)で線引きをしている 本もありますが、本書は太字のみで重要な 部分が非常にがわかりにくいです (カラーで線引きをすれば評価は5でした) 服は"本当に着たいか(あう服が手持ちにあるか)" 本は"今本当に読みたいか(自分にとって必要か)" を良く考えて買うことも大事だと 気づかされました。

書いてあることはそんなに目新しいことでは無かったので、新たな発見と言うより再確認や、まとめみたいな感じでした。 あるある事例が沢山書いてあるのですが、その現象、効果に対する専門用語が書いてあったりするので、あぁ、この心理にこんな名称が付いてたのかって感じの知識は付きました。 この本を読んで劇的に人生が変わることは無さそうですが、無駄使いの多少の抑止力にはなりそうです。 多分、この本を買った1200円分ぐらいなら余裕で採算取れるはずなので、まぁ買って損では無かったかと。 脳の錯覚でないことを祈ります。

著者は医者なので、学術的で科学的な方法論が書いてあると期待しましたが、 書いてある無駄遣い対策はどれもこれも精神論的な方法ばかりで、 「いや、それができないから困っているのだけれど」というものばかり。 ただ、脳がどういう仕組で無駄遣いをしてしまうのかという点では一定の説明はあるので、 対策は自分で考えるという方にはある程度参考にはなるかと思います。 それにしても著者自身、テレビショッピングでものを買ってしまうということなので、わりと騙されやすいというか怪しいものを見抜けない人なのかもしれません。

「ギャンブル依存症」からの脱出 薬なしで8割治る“欲望充足メソッド”

5つ星のうち 5.0すばらしい

(参考になった人 5/9 人)

すばらしい本だと思いました。ギャンブリング依存のような行為障害と薬物依存との違いが明示的ではないもののよくわかりましたし、欲望の構造から依存に切り込む手際は、依存の原因から対処が生まれたというより、対処の方法から解釈が生まれる臨床家の優れた手並みを感じました。可能なら、特に睡眠欲ですが、様々な欲動のとらえ方が生まれた経緯を示していただけたらと思いました。また冒頭部のギャンブル障害の疑い500万のうち10%が重症化するというなら、世の中の人は重症化例と500万を同時に扱うマスコミの紹介法から、重症化する人が500万と誤解していると思われるので、もう少し慎重に扱っていただけたらと思いました。DSMのAの前文もあったほうがいいと思いましたし。

「ギャンブル依存症」についての本を探している時にこの本が目に止まりました。レビューでの評価の差に逆に興味を感じて読ませて頂きました。これまで、ギャンブル依存症者にはギャンブルを「禁止する」「断つ」ことを基本として書かれている本は多くありましたが、本書では「ギャンブルをやめなくてよい」という斬新な切り口から様々な提案がなされている点に大変興味を感じました。また、「自閉型」「非自閉型」の特質とそれに合わせた介入方法については、周りのギャンブルを止められないでいる知人たちに置き換えると思い当たることも多く、いろいろと考えさせられました。
これまでにない、一味違ったギャンブル依存症の本として、ぜひ、おすすめします。

親戚がギャンブルにのめりこんでいるので,気になりてにとってみました。 ギャンブルに変わる物を見つけることが大切というところが,新鮮に感じました。 やめなければいけない思うと我慢で苦しそうですが,他の事で満たされるものを見つければよいと考えると,少しやってみようかなと思えるかも。 見つけ方も書かれているので,取りかかりやすく,事例もたくさん出ているので読みやすいです。 また家族の付き合い方もユーモアいっぱいにかかれていて,肩の力を抜けそうです。

借金依存症』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.