体育の日のまとめ情報

体育の日』の解説

体育の日(たいいくのひ)は、日本国民の祝日の一つである。日付は10月の第2月曜日2000年平成12年)より)。一年のうちハッピーマンデー法及び移動祝日で定められた祝日では最後の祝日に当たる。

なお、アメリカ合衆国では「コロンブス・デー」を由来としておなじ10月の第2月曜日に多くの州で祝日となっている。

概要

体育の日は、国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条によれば「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう」ことを趣旨としている。

スポーツ施設の中にはこの日に施設の使用料を割り引きや無料にしたり、様々な催し物を開催する所もある。モータースポーツの最高峰フォーミュラ1日本グランプリもこの時期に行われることが多い。島根県出雲市では三大大学駅伝の開幕戦・出雲全日本大学選抜駅伝が行われる。

全国の幼稚園、小学校などでは父兄参加型の運動会を体育の日前後に行うところも未だ多く見られる。

由来

1964年(昭和39年)の東京オリンピックの開会式が行われた10月10日を、1966年(昭和41年)から国民の祝日とした。

1964年東京オリンピックの開会日が夏季オリンピック開催日としては異例に遅い10月10日となったのは、秋雨前線が去った後の東京地方の「晴れの特異日」だった事による、と言われることがあるが、10月10日は特異日ではない。「特異日」とはその前後の日に比して特定の天気が集中する日のことであり、10月の中で10日が特段に晴れの日が多いというデータは存在していない。昭和34年発行の『気象学ハンドブック』によれば、10月の晴れの特異日は14日とされている。

最初の体育の日は月曜日だった。2000年(平成12年)からは「ハッピーマンデー制度」の適用により、10月の第2月曜日となっている。

「スポーツの日」への名称変更案

超党派の国会議員でつくるスポーツ議員連盟では「体育の日」を「スポーツの日」に変更する改正法案を国会に提出することを検討している。。

体育の日』の解説 by はてなキーワード

国民の祝日の一つ、10月第2週の月曜日。

「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう」日。

1964年東京オリンピックが開催されたのを記念して、10月10日に設定されていたが、2000年のハッピーマンデー制の導入に伴い、現行の10月第2週の月曜日に変更された。

スポーツを振興する日とあって、全国でスポーツ施設の無料開放や運動会・スポーツ大会が開催される。

また、「雨が降らない日」としても有名。

体育の日』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.