会社のまとめ情報

会社』の解説

会社(かいしゃ)は、日本法上、株式会社合同会社合名会社および合資会社をいう。また、外国法における類似の概念(イギリスにおけるcompanyなど)の訳語としても用いられる。

本稿では、日本法上の会社に加え、それに類似する各国の企業形態についても記述する。

会社の定義

会社法施行後においては、株式会社合名会社合資会社および合同会社の4つが会社とされている(会社法2条1号)。いずれも、登記によって成立する。

従来は、商法第2編で定められていた株式会社、合名会社および合資会社(さらに昔は株式合資会社も)に加え、昭和13年に制定された有限会社法有限会社の設立が認められていたが、2005年(平成17年)制定の新会社法で有限会社は株式会社に統合された。それとともに、出資者の有限責任が確保され、会社の内部関係については組合的規律が適用される新たな会社類型として合同会社が創設された。

会社法が施行される前は、会社は、商法上は「商行為ヲ為スヲ業トスル目的ヲ以テ設立シタル社団」と定義され、株式会社、合資会社及び合名会社の3種(株式合資会社の廃止前はこれを含む4種)とされていた。もっとも、「営利ヲ目的トスル社団」で商法第2編(会社)の規定によって設立されたもので商行為をなすを業としないもの(いわゆる民事会社)も会社とみなされ、さらに、有限会社法により、有限会社も会社とみなされた。結局、学説においては、会社の定義を「営利を目的とする社団法人」としていた。

会社の通有的性質

日本法上の会社の通有的性質として、営利を目的とする社団法人であるという点が挙げられる。

法人性
法人とは、団体自身の名において権利を有し義務を負う資格があることをいう。
もっとも、常に自然人と同様の権利能力を有するわけではなく、性質上又は法令による制限を受けるほか、定款に定められた目的によって制限を受ける。そして、目的外の行為は無効となるのが原則である(ウルトラ・ヴィーレスの法理)。かつては、判例は定款の目的条項を厳格に解釈していたが、後に柔軟な解釈をするようになり、今日では会社の行為が目的外であるとして無効とされることはまずない。
また、法人格の濫用又は法人格の形骸化が認められる場合には、判例上、法人格が否認されることがある(法人格否認の法理)。
営利法人性
営利法人とは、事業を行い、それによって得た利益を出資者に分配することを目的とする法人をいう。
社団性
社団とは、伝統的な民法学説によると、構成員が、構成員どうしの契約によって結び付くのではなく、団体との関係(社員関係)を介して間接的に結び付く団体をいう。この点で、構成員どうしの契約関係で結び付く組合と区別される。もっとも、会社が社団であるという場合には、もはやこのような民法学説は前提とすることができないと考えられている。そもそも合名会社や合資会社には組合類似の規律がなされているからである。会社における社団性とは、単に人の集まりという意味(すなわち、財団とは異なり、構成員(社員)が存在するということ)以上のものではないと考えられている。社団の構成員を社員といい、会社の社員(株式会社においては株主と呼ばれる。)は会社の出資者であり、会社の経営に対する最終的なコントロール権が付与されている。

「会社」の沿革

明治時代、「会社」の語は、英語のcompanyの訳語としても用いられる一方で、大陸法の組合=会社概念(羅societas、仏société、独Gesellschaft)の訳語として用いられた。すなわち、旧民法財産取得編第6章「会社」は会社契約(現在の組合契約)の規定を置き、民事目的の会社、すなわち民事会社(現在の民法上の組合。ただし、営利目的・事業・職業目的に限定される点、法人化することができる点において現在の新民法とは大きく異なる。)について規律し、商事目的の会社、すなわち商事会社については商法に規定を委ねていた(ただし、民事会社であっても「資本を株式に分つとき」は商法の規定が準用された。)。そして、これを受けて商法は会社(商事会社)として合名会社や株式会社の規定をおいた。

明治29年制定の新民法においては、政府案においてはやはり「会社」の語が用いられたが、衆議院にて「組合」に改められた。こうして、民法の「組合」と商法の「会社」というように、異なる語が用いられることとなったのである。

当初、商行為主義が採られていたことから、商法上は、会社とは、商行為を業として為すを目的とするもの(いわゆる商事会社)に限られる一方で、民法において、商法の会社の規定に従って営利目的社団法人(合名会社や株式会社)を設立することができる旨の規定がおかれ(いわゆる民事会社)、後に、商法にも民事会社の規定が置かれて商事会社と同様に商人として扱われることが明確化され、ついには民法から民事会社の規定が削除されるに至り、現在の会社法では商行為目的か否かによる区別は全くおかれていない。

会社の数

2008年(平成20年)10月末現在、会社法上の会社は334万1000社(清算中の会社を除く)あり、うち株式会社(特例有限会社を除く)が139万4000社、特例有限会社が183万社、合名会社が1万8000社、合資会社が8万5000社、合同会社が1万4000社である。

また、2007年(平成19年)において、会社法上の会社の設立件数は10万1981件、うち株式会社が9万5363件(93.5%)、合名会社が52件(0.0%)、合資会社が490件(0.5%)、合同会社が6076件(6.0%)であった。

廃止された会社形態

会社類似の概念・形態

外国会社
外国の法令に準拠して設立された法人その他の外国の団体であって、会社と同種のもの又は会社に類似するものをいい、商人である。
特定目的会社
資産の流動化に関する法律に基づき設立される、資産流動化取引のための特別目的会社としての利用が想定された営利社団法人。会社と同じく商人である。
投資法人
投資信託及び投資法人に関する法律に基づき設立される、会社型投資信託のための特別目的会社としての利用が想定された営利社団法人。会社と同じく商人である。
監査法人税理士法人弁護士法人司法書士法人行政書士法人特許業務法人土地家屋調査士法人社会保険労務士法人
それぞれ公認会計士法税理士法弁護士法司法書士法行政書士法弁理士法土地家屋調査士法社会保険労務士法に基づき設立される、それぞれの法律に基づく専門職により利用されることが想定された合名会社に準じた構造の営利社団法人。会社とは異なり商人ではない。
相互会社
保険業法に基づき設立される、保険会社としての利用が想定された中間法人。社団法人であるが、社員と保険の加入者が一致する構造であることから、営利(対外的営利活動による利益の分配)を目的とせず、商人ではない。

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国における企業形態で、最も一般的なのが、コーポレーション (corporation) であり、法人格を有し株主の有限責任が認められている点で日本の株式会社に近い。

公開会社 (publicly held corporation) の数は1万社から1万5000社、一方、閉鎖会社 (closely held corporation) は400万社以上と推定されている。公開会社は数の上では少ないが、1万社前後の公開会社によってアメリカの事業資産の90%以上が所有されているとされる。

ジェネラル・パートナーシップは、無限責任を負う組合員(partner)のみからなり、リミテッド・パートナーシップは無限責任組合員(general partner)と有限責任組合員(limited partner)からなる。1994年統一パートナーシップ法によると、ジェネラル・パートナーシップは、物的財産及び人的財産をその名において所有し、また、その名において訴え、あるいは訴えられることができるなどとされている。

また、1970年代以降に各州で生まれたLLC (limited liability company) は、出資者全員の有限責任が認められると同時に、機関設計や意思決定手続が柔軟で、パススルー課税が認められることから、近年、中小規模の会社形態として選ばれることが増えている。

イギリス

2006年会社法(Companies Act 2006)上の会社(company)は以下のように分類される。このほか、特別法や勅許による会社(company)が存在する。

  • 有限責任会社(limited company)
    • 株式有限責任会社(「株式会社」とも)(company limited by shares):日本の株式会社に相当
    • 保証有限責任会社(「保証会社」、「保証有限会社」、「担保有限会社(:擔保有限公司)」とも)(company limited by guarantee):株式資本(share capital)を有するものとそうでないものがある。
  • 無限責任会社(unlimited company):日本の合名会社に相当

また、次のような分類もある。

  • 公開会社(public company):株式有限責任会社(company limited by shares)と株式資本を有する保証有限責任会社(company limited by guarantee and having a share capital)のうち、基本定款(certificate of incorporation)において公開会社である旨の定めをおき、かつ、公開会社としての登記又は再登記に関する一定の要件を充足するもの。
    • 有限責任公開会社(public limited company):公開会社である有限責任会社。原則として、その名称に"public limited company"又は"p.l.c."(ウェールズの会社については、"cwmnicyfyngedig cyhoeddus"又は"c.c.c."も可。)を付さなければならない。
  • 私会社(private company):公開会社以外の会社。
    • 有限責任私会社(private limited company):原則として、その名称に"limited"又は"ltd."(ウェールズの会社については"cyfyngedig"又は"cyf."も可。)を付さなければならない。株式有限責任私会社(private company limited by shares)は有限会社に相当する。

このほか、ジェネラル・パートナーシップは、無限責任を負う組合員(partner)のみからなり、合名会社に相当する。リミテッド・パートナーシップは無限責任組合員(general partner)と有限責任組合員(limited partner)からなり、合資会社に相当する。また、各組合員の責任が限定されたリミテッド・ライアビリティ・パートナーシップ(limited liability partnership; LLP)も創設されており、これは法人格を有する点で他のパートナーシップと異なるが、合同会社や有限責任事業組合に相当する。

ドイツ

ドイツ法上、組合(Gesellschaft)(会社(Handelsgesellschaft)を含む。)は資本会社()と人的組合(:定訳は人的会社だが、ここでは便宜上このように訳す。)に区別される。また、会社(Handelsgesellschaft)のうち、人的組合()であるものは、人的会社(Personenhandelsgesellschaft)という。

  • 資本会社():法人格を有し、法人課税が適用される。
    • 株式会社(;AG):ドイツの株式法(AktG)を根拠法とし、会社(Handelsgesellschaft)とみなされる。一人会社が許容される。
    • 有限会社(;GmbH):ドイツの有限会社法(GmbHG)を根拠法とし、会社(Handelsgesellschaft)とみなされる。一人会社が許容される。
      • 有限責任事業者会社(;UG (haftungsbeschränkt):定訳はない):2008年の改正有限会社法により創設された、EUR 1.00の資本金で設立できる“ミニ有限会社”()。一人会社が許容される。
    • 株式合資会社 (;KGaA):ドイツの株式法(AktG)において、無限責任社員と株主からなる株式会社 (AG) の特殊形態とされる。無限責任社員が会社を代表し業務執行を行い、監査役会 (Aufsichtsrat) が業務を監査する。有限責任の法人を無限責任社員とすることで、事実上有限責任の会社形態として利用することもできる。
  • 人的組合():法人格は有せず、構成員課税が適用される。
    • 人的会社()
      • 合名会社 (;OHG):ドイツの商法典(HGB)を根拠法とする会社(Handelsgesellschaft)。法人格は有しないにもかかわらず、法的主体性を有する。量販体制での事業経営を目的とする民法組合 (GbR) は自動的に OHG と見なされる。有限責任の法人を無限責任社員とすることで、事実上有限責任の会社形態として利用することもできる。
      • 合資会社 (;KG):ドイツの商法典(HGB)を根拠法とする会社(Handelsgesellschaft)で、合名会社 (OHG) の特殊形態とされる。OHG と同様に法人格は有しないにもかかわらず、法的主体性を有する。有限責任の法人を無限責任社員とすることで、事実上有限責任の会社形態として利用することもできる。
  • 人的会社以外の人的組合は省略。

フランス

フランス法においては、民法典により、組合(société;「会社」との訳もある。)は、「出資から生じることのある利益を分配し、又は節約の利益を得るために、共同事業に財産又は労務を出資することを契約により合意する2名又は数名の者によって、設立される。」として、民事組合(société civile;「民事会社」との訳も)と匿名組合(société en participation)が規定されている。さらに、商法(Code de commerce)により、組合のうち、形態又は目的に照らして商事性を有するものは会社(société commerciale;「商事会社」との訳もある。)とされる(なお、会社法(la loi no 66-537 du 24 juillet 1966 sur les sociétés commerciales;「商事会社法」との訳もある。)施行前は原則として商行為を目的とするか否かにより商事性の有無が区別された。)。会社(商事会社)は、登記によって法人格を取得する。また、会社(商事会社)は、商人として扱われることとなる。

その形態によって、目的にかかわらず当然に会社(商事会社)とされるものは以下のとおり。

  • 株式制会社(:定訳はない。):これらの会社形態では法人課税が適用される。株式会社に相当。
    • 株式会社(;SA)
    • 簡易株式制会社(;SAS:定訳はない):株主総会代表者は必置の機関であるが、取締役会等の機関について定款自治が認められている(設置義務がない)。1994年の法改正で新たに創設された会社形態。合弁会社子会社としての利用を想定し、当初は設立時社員を2社以上の会社としていたが、1999年の法改正で社員資格を自然人に拡大し、一人簡易株式制会社()が許容されるようになった。
    • 株式合資会社(;SCA):株主 (commanditaires) と、株主から選任される無限責任社員 (commandités) とで構成される。無限責任社員は株主でもある。無限責任社員は商人資格(商行為を為し得る地位)を有する。無限責任社員の指名と株主の同意を得て選任される取締役 (gérant) が会社の業務執行を行い、取締役は株主で構成される監査役会 (conseil de surveillance) によって監督される。無限責任社員が本人自身を取締役に指名することもある。
  • 有限会社(;SARL):1925年にドイツ法における有限会社(GmbH)に倣ってフランスに導入された。1985年の法改正により一人有限会社(、実務上は有限責任一人企業 EURL, Entreprise unipersonnelle à responsabilité limitée と呼ばれる)が許容されている。法人課税が適用される。
  • (単純)合資会社(;SCS):フランスの税法では原則として無限責任社員に限り構成員課税である。法人課税を選択することもできる。
  • 合名会社(;SNC):フランスの税法では原則として構成員課税である。法人課税を選択することもできる。

以上のほか、民事組合(民事会社)(;SC)や匿名組合(;SEP)、事実上の会社(société de fait)については目的によって会社(商事会社)とされ得るが、いずれも法人格を付与されることはない。

ルクセンブルク

会社法(la loi du 10 août 1915 concernant les sociétés commerciales)によると、商行為を目的とする組合(société)が会社(société commerciale)(「商事会社」との訳もある。)である。また、民事目的においても合名会社、(単純)合資会社、株式会社、株式合資会社、有限会社又は協同会社を設立することができ、その場合にはその取引は商事的なものとして商事法・商慣習に服することとなる(日本におけるかつての民事会社に相当)。

  • 会社(société commerciale)
    • 固有の意味における会社(société commerciale proprement dite):法人格を有する。
      • 合名会社(société en nom collectif)
      • (単純)合資会社(société en commandite simple)
      • 株式会社(société anonyme)
      • 株式合資会社(société en commandite par actions)
      • 有限会社(société à responsabilité limitée)
      • 協同組合(société coopérative)
      • 欧州会社(société européenne (SE)):後述
    • 商事社団(association commerciale):法人格を有しない。
      • 商事当座社団(association commerciale momentanée)
      • 商事匿名社団(association commerciale en participation)

欧州経済領域

欧州経済領域において欧州会社法に基づく企業形態

その他のEU規則に基づく企業形態

  • 欧州経済利益団体(, , ):フランス法における経済利益団体 (GIE) に倣って欧州経済領域に導入された。
  • 欧州協同組合():協同組合に相当

各国の会社

各国の主として営利目的に利用される一般的な会社・組合の形態をおおざっぱに整理したものである。

会社』に 関連する人気アイテム

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

現時点で転職する気は一ミリもないのだけど、それでも一年に一回、もしくは半年に一度くらいは転職エージェントに会うことで、自分が今会社でやっている事に対して客観的な視点を入れるというのはとても大事だと思う。副業でもいいんだけど。そうすることで、単に今やっている仕事に満足するのでなく、次にどういったことをやっていくべきなのかを考えられるようになる。そうすると、転職云々を差し置いても、個人のアウトプットが結果的に現職で高まり、ひいては集団のアウトプットが高まる。そんなことも考えられなくなるくらい現職に夢中になれよ、という意見もわからなくはないが、それって究極方法論でしかなくて、トータルでのアウトプットの高め方としてもコレはアリだと思う。

そういうのアリだよな〜と最近意識しはじめてたところでの、この本。

もともと成熟産業から成長産業に移ってきた身なので、産業のエスカレーターが下向きの場所で登ろうと頑張っても大変、など頷けるところは多い。

おおむね、結局そんな成長産業だって椅子の取り合いだし、ITとは言え僕のような職業も代替がそろそろ効きはじめるフェーズだからこそ、「ラベリング」の考え方や、人が担う部分が減る仕事の消滅サイクルにしがみつかないこと、などそうだよね、と納得できるところも多かった。

翻って、この歳になってくるとホイホイ転職できるものでもなく、しがみつきたくなる要素も少しずつだけど増えてくる中で、あくまでマーケットバリューの大切さを信じて、例えば一度年収が下がろうとも、やりたい事を意識しつつも、マーケットのユニークなポジションを作り続けることの重要性。また、転職活動はまだまだもっと真面目にやれた部分や方法論があったなと判った部分も多かった。

総じて、薄々は感覚で感じていたけど言語化できない部分を明快に論理的に説明してくれる本だったのですごく良かった。

蛇足だけど、20代30代の人的資源の貴重さは最近読んだ「出会い系サイトで70人と実際に会って本を勧めまくった一年間のこと」とベクトルは違えど主張されていて、ほんそれ!だったので、最近サボってたけど、利己的な意味だけじゃなくて、また人にたくさん会いたいなと思った。

転職を考えている人のみが読むのには勿体無い。転職する気がなくとも現職で色々考えることがある人や、人生そのものの構築の仕方を考えている人などにも。自分の立場を一度客観的に捉え治せる良いファシリテーションの本になると思います。

現状に不満があり、転職を考えていた際に読みました。
結論、読んでとても良かったです。もりし、読まずにいたら、きっと転職に失敗していたはずです。
この本では、まさに転職に対する考え方を知ることができます。それは、転職先を選ぶためだけの考え方だけではなく、自分自身の立ち位置(商品としての価値)を客観視することであったり、転職先の業界の未来がどうなるかであったり、エージェントについてであったり、単純に「今の環境を変えたい」程度の考えがどれだけ危険か、ストーリー形式でとてもわかり易く説かれています。


人手不足で売り手市場と言われていますが、企業側も間違った採用は避けたいため、今まで以上に人物をよく見て採用しています。考えが浅い人は、間違いなく失敗する時代になってきています。転職組だけでなく、初めて就職活動をする方にも是非読んでいただきたい書籍です。

よく上司から何を仕事でやっていきたいか?明確にしろと言われたが、そんなことはを見つけられる人は少なく、どんな人間でありたいか?といった自分が働く理由付けの候補がこの本にはあふれている。 転職するしないではなく、その会社で働いていくための理由付けができる。 転職するしないを考えるのではなく、じぶんがどう働いていきたいのか?について再認識させてくれる。 転職に迷ったときに読むべき本と考える。

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

現時点で転職する気は一ミリもないのだけど、それでも一年に一回、もしくは半年に一度くらいは転職エージェントに会うことで、自分が今会社でやっている事に対して客観的な視点を入れるというのはとても大事だと思う。副業でもいいんだけど。そうすることで、単に今やっている仕事に満足するのでなく、次にどういったことをやっていくべきなのかを考えられるようになる。そうすると、転職云々を差し置いても、個人のアウトプットが結果的に現職で高まり、ひいては集団のアウトプットが高まる。そんなことも考えられなくなるくらい現職に夢中になれよ、という意見もわからなくはないが、それって究極方法論でしかなくて、トータルでのアウトプットの高め方としてもコレはアリだと思う。

そういうのアリだよな〜と最近意識しはじめてたところでの、この本。

もともと成熟産業から成長産業に移ってきた身なので、産業のエスカレーターが下向きの場所で登ろうと頑張っても大変、など頷けるところは多い。

おおむね、結局そんな成長産業だって椅子の取り合いだし、ITとは言え僕のような職業も代替がそろそろ効きはじめるフェーズだからこそ、「ラベリング」の考え方や、人が担う部分が減る仕事の消滅サイクルにしがみつかないこと、などそうだよね、と納得できるところも多かった。

翻って、この歳になってくるとホイホイ転職できるものでもなく、しがみつきたくなる要素も少しずつだけど増えてくる中で、あくまでマーケットバリューの大切さを信じて、例えば一度年収が下がろうとも、やりたい事を意識しつつも、マーケットのユニークなポジションを作り続けることの重要性。また、転職活動はまだまだもっと真面目にやれた部分や方法論があったなと判った部分も多かった。

総じて、薄々は感覚で感じていたけど言語化できない部分を明快に論理的に説明してくれる本だったのですごく良かった。

蛇足だけど、20代30代の人的資源の貴重さは最近読んだ「出会い系サイトで70人と実際に会って本を勧めまくった一年間のこと」とベクトルは違えど主張されていて、ほんそれ!だったので、最近サボってたけど、利己的な意味だけじゃなくて、また人にたくさん会いたいなと思った。

転職を考えている人のみが読むのには勿体無い。転職する気がなくとも現職で色々考えることがある人や、人生そのものの構築の仕方を考えている人などにも。自分の立場を一度客観的に捉え治せる良いファシリテーションの本になると思います。

現状に不満があり、転職を考えていた際に読みました。
結論、読んでとても良かったです。もりし、読まずにいたら、きっと転職に失敗していたはずです。
この本では、まさに転職に対する考え方を知ることができます。それは、転職先を選ぶためだけの考え方だけではなく、自分自身の立ち位置(商品としての価値)を客観視することであったり、転職先の業界の未来がどうなるかであったり、エージェントについてであったり、単純に「今の環境を変えたい」程度の考えがどれだけ危険か、ストーリー形式でとてもわかり易く説かれています。


人手不足で売り手市場と言われていますが、企業側も間違った採用は避けたいため、今まで以上に人物をよく見て採用しています。考えが浅い人は、間違いなく失敗する時代になってきています。転職組だけでなく、初めて就職活動をする方にも是非読んでいただきたい書籍です。

よく上司から何を仕事でやっていきたいか?明確にしろと言われたが、そんなことはを見つけられる人は少なく、どんな人間でありたいか?といった自分が働く理由付けの候補がこの本にはあふれている。 転職するしないではなく、その会社で働いていくための理由付けができる。 転職するしないを考えるのではなく、じぶんがどう働いていきたいのか?について再認識させてくれる。 転職に迷ったときに読むべき本と考える。

マーケティングとは「組織革命」である。 個人も会社も劇的に成長する森岡メソッド

心理的に良く言われていることを、著者は「自己保存」として表現していることに特徴がある様に思います。例えば、「人は自己保存の為に変化を嫌う生き物ですが、生存確率を高める為には好ましくない行動でもあえて行う自己保存の生き物でもある。より大きな変化を嫌う余りに小さな変化は受け入れる。この特徴を活用する仕組みを作り組織を改革していく」、「組織にとって正しい行動をとることが個人としての自己保存を実現する様に仕組みを変える」など。社内の伺いなども、上司の自己保存の心理を活かしながら対処すると、承認されやすいなどのノウハウも記載されています。



森岡さんの成功体験が強烈に含まれて、本人の「成長マゾ」が良く分かる著書になっています。ところどころ、株式会社「刀」の営業に動いた表現があるのはご愛敬かも知れません。社会で長年働いていれば掴んでいるノウハウ、知識が多い。でも、知っているだけで行動に移していなければ役に立たない。その意味で、本書により背中を押して貰えるのはいいのではと思います。

5つ星のうち 1.0白か黒か

(参考になった人 1/2 人)

森岡氏の本は全て読み、心から尊敬しております。こんな偉大なマーケッターはそうそう現れないでしょう。関西のノリも手伝って人間的にも大好きです。P&GやUSJの実績に裏打ちされたロジックは世界最高峰に間違いありません。ただ、ごく普通のマーケティングのマの字も知らない一般企業が再現できるかといったら正直難しいのではないでしょうか。ジョブスに憧れて熱狂しただけでは第2のAppleは作れないようなものです。なので、外資系だったり、資本の大きい企業だったり、森岡氏に近い境遇の方には最高の宝になります。それ以外の方には羨望の的で終わるだけです。いま現在の自分がどこにいるのか?それによって神にも悪魔にもなる本でしょう。

USJをV字回復させたマーケターが、社内をどのように説得してきたか、を解説しています。 私の職業はマーケティングとは縁遠い仕事ですが、この本では社会で働いてる人なら誰もが「いるいる!」と思うシュチュエーションと、それを解決する術が書いてあります。 人間関係を構築する基本的な事なのかもしれませんが、私はこうして言葉にして解説する本を求めていたのかもしれません。 好みはあると思いますが、森岡さんの本は数字だけではなく、情熱や当時の悩みや人間性が透けて見えて私は好感が持てました。 何の発表もありませんが、勝手に次作を期待してます。

Hanwha / 各社共通1000種対応 日本語液晶 エアコン用 ユニバーサルマルチリモコン UMA-ACRM02

随分昔のサンヨーのエアコンを使っています。
最近ついにリモコン(RCS-FB2)が壊れて本体のスイッチを使っていました。
中古のリモコンとかも考えたのですが、意外に高く、壊れやすいようなのでエアコン本体の買い替え前にマルチリモコンを試そうと思い購入してみました。
サンヨーは500~550と860、943、946のコードがあり、私のところは501と最初の方だったので設定も簡単に終わりました。

電源のON/OFF、運転切替、風量、スイング、タイマーも大丈夫でした。


ただ横の風向きはもともとエアコンが横向きを変えれなかったので確認できませんでした。

電池は交換の際にコード設定のし直しが必要になるようですのであらかじめコードを記入しとくとかすると少し手間が省けると思います。電池も相性があるのか新品でもディスプレイがつかない電池もありましたが他の電池で使えたので評価は下げずにおいておきます。

参考までに付属の説明書とコード表をどうぞ

5つ星のうち 1.0設定は簡単でしたが

(参考になった人 0/0 人)

2週間で壊れました。 表示がおかしくなり 新しい電池に入れ直してもダメ。 まったくエアコンが反応しなくなりました。 仕方なくエアコン本体についている 強制運転というボタンで稼働させてます。 温度調節できないのでクソ寒いです。 ありがとうございました。

電池も問題なしなのに1ヶ月ほど経って使えなくなりました。 運転ボタンを押してもなんの反応もありません。 レビューも読んでから購入しましたが、こういうものではないと思っていましたので、たいへんがっかりしています。

Hanwha / K-1028E 国内外 合計1000種類のエアコンコードを内蔵した エアコン用 ユニバーサル マルチリモコン

少なくとも20数年は経っている我が家のベテランエアコンのリモコンが、この度ついにご臨終となってしまったので駄目元で購入しました。 なんとビックリ。 反応するではありませんか! 風力・風向き・運転切り替えもバッチリです。 何故かタイマーだけが使えないのはご愛嬌ですが、そんなに長時間使わないので問題ありません。 良い買い物となりました。

うちの古いSANYOでは延々と設定コード押し続けても反応せず、隣の部屋の三菱は設定出来たので、リモコンを入れ換えて手間が増えました。 切替表示がマークなのでとてもわかりづらく、初めて触る人は意味がわかりません。 値段なりの使い勝手です。

5つ星のうち 5.0充分

(参考になった人 0/0 人)

(東芝)専用リモコンが壊れて購入しようとしたら、あまりに高価なのでこれにした。 問題なく使用出来た。 それにしても国内メーカーの補修部品は異常に高い。

会社』の解説 by はてなキーワード

  1. 一般的には法人格を有する組織のうち、法人名に「会社」を含むもの、すなわち株式会社合同会社合名会社合資会社相互会社有限会社を言う。
  2. 通俗的には「職場」を指す。上記の「○○会社」以外の医療法人学校法人農業法人宗教法人、国の機関、地方自治体などの法人のみならず法人格なき社団個人商店なども「会社」と呼ばれることがある。
関連
会社法

会社』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.