伊藤かな恵のまとめ情報

伊藤かな恵』の解説

伊藤 かな恵(いとう かなえ、1986年11月26日 - )は、日本女性声優歌手2014年現在は青二プロダクション芸能事務所)およびランティスレコード会社)に所属している。

略歴

1986年11月26日長野県長野市で生まれた。声優を目指して後、高校時代は複数のクラブを掛け持ちして演劇部にも所属、演劇部では部長を務めた。

高校卒業後はアミューズメントメディア総合学院に入学。アミューズメントメディア総合学院在学時に声優ユニットこえっちに中途加入したが、こえっちは2005年11月に解散。その後、こえっちのメンバーで構成された声優ユニット・りらちっちの結成に参加したが、2007年1月28日にこちらも解散した。2007年にアミューズメントメディア総合学院声優タレント学科を卒業した。なお、アミューズメントメディア総合学院在学時の2006年に、インターンシップでテレビアニメ『妖逆門-ばけぎゃもん-』に声優として出演していたが、同校を卒業した2007年にはテレビアニメ『しゅごキャラ!』で主役の日奈森あむを演じた。

以降、『しゅごキャラ!』シリーズの他にも様々なアニメやゲームで声をあて、海外の作品の吹き替えも行う。また、ラジオ番組にも出演し、2009年にはテレビドラマ『幼獣マメシバ』では女優、2011年3月5日の第五回声優アワードでは助演女優賞を受賞した。

スタイル

身長は147cm。

趣味・嗜好

趣味はトイカメラ(フィルムカメラ)を使って風景(空)を撮影すること。が好きであり、自身のブログにも、空やの写真がよく掲載されている。この他、カメラの製作を行うこともある。他にも散歩、芸術鑑賞、写真撮影、音楽鑑賞が趣味である。苦手なものは機械、虫など。嫌いなものは、真っ暗な場所、怖い話、絶叫系アトラクション。

エピソード

エルシィ役で出演したテレビアニメ『神のみぞ知るセカイ』の原作コミックス第13巻では、巻末の4コマ漫画「コアクマのみぞ知るセカイ」の題字と1コマ目を担当した。

声優を目指すきっかけになった竹内順子とは、2008年7月11日放送のラジオ番組『神戸前向女学院。』第15回にて初対面を果たした。

出演

太字はメインキャラクター。

Webアニメ

ドラマCD

ラジオドラマ

吹き替え

映画

海外ドラマ

海外アニメ

ラジオ

太字は現在放送中

デジタルコミック

テレビ

声の出演

実写出演

舞台

  • 劇団大富豪特別公演 「Cage.」(2010年3月24日‐28日、中野ザ・ポケット)声の出演
  • 劇団東京都鈴木区 朗読文化協会 第1回講演「朗読劇 キミが、No.1」(2016年10月8日-9日、座高円寺2)(主人公・好実役)

ラジオCD

  • 神戸前向女学院。(パーソナリティ)
    • DJCD 神戸前向女学院。(2008年8月15日 MMMP-0004)
    • DJCD 神戸前向女学院。II(2008年12月26日 MMMP-0005)
    • DJCD 神戸前向女学院。III(2009年9月2日 MMMP-0007)
    • DJCD 神戸前向女学院。IV(2009年9月2日 MMMP-0008)
  • アニたまどっとコム presents 真夏のリレートークCD
  • ラジオCD『宙のまにまに☆放送室』DVD出張版!(パーソナリティ)
  • 僕は友達が少ない on AIR RADIO
    • ラジオCD 僕は友達が少ない on AIR RADIO vol.1(特別版ゲスト)
    • ラジオCD 僕は友達が少ない on AIR RADIO vol.3(特別版ゲスト)
  • 伊藤かな恵の「夢かな?ラジオ」CD
  • マザーグースの秘密の館~BLUE LABEL~

豪華版ドラマCD(セシル・グレイス)

アプリ

パチンコ

  • 織田信奈の野望(織田信奈)
  • 大奥(乙女)
  • 真・北斗無双 (リン)
  • 真・北斗無双 夢幻闘乱 (リン)

パチスロ

  • ハイパー娘(本条ルリ)

その他

参加作品

りらちっちの作品はユニットの記事を参照。

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

書籍

  • 伊藤かな恵写真集『かな恵る 〜ka na e ru〜』(2011年9月15日、学習研究社、ISBN 978-4054050693)

伊藤かな恵』に 関連する人気アイテム

織田信奈の野望 全国版20

5つ星のうち 4.0ドタバタ歴史コメディ

(参考になった人 6/6 人)

時間軸無視のバラエティと成りました。ハラハラドキドキは全くなく、クスクスとかプーッとか笑ってしまう連続でした。これまでの当作品をどう捉えているかで評価は割れてしまうかもしれません(自身にはちょびっと不快の念あります)が、話だけは愉快な気持ちで読み終えられました。
信奈との祝言、初夜をようやく迎えられました。次巻はさすがに最終巻ですかね?
隆景、謙信、半兵衛、十兵衛、家久、梵天丸、義陽、義元など主だったヒロインたち。新たにエリザベスにフロイス。古参? の五右衛門、犬千代、はては万千代に六。

勝頼に姫巫女も義晴を慕っていたような。世界はぁれむ、結末やいかに。
さまざまな意見反論が生まれるでしょうが、読者が笑って終われるように。キャラクターたちが幸せな結末を迎えられることを願っています。

ただでさえ登場人物が多いラノベなのに今度は欧州からさらにキャラを増やしてきた 結果、それぞれのキャラの描写は数ページから十数ページ程度になって目まぐるしく展開が変わるし 無理に詰め込もうとしてラノベのくせに地の文が多くてページが字で埋まるしで読み辛すぎる 物語として破たんしてるからもう無理に本編に出さずに小早川隆景のように別で本だしてほしい

内容はいつもどうり、史実を織り込んでのドタバタで面白かったが、 大勢力同士の戦いを一冊で纏めちゃったので、いつも以上に展開が早すぎる。 場面が足りないとは言わないが、もう少し時間経過に伴う状況変化の描写が有ってもよかったかな~ と感想。

織田信奈の野望 全国版19

5つ星のうち 2.0延命処置かな

(参考になった人 2/4 人)

どこまでやるおつもりなのか… 誰も死なない、死なせない大いに結構だがマンネリしすぎませんかね? あまりに戦国の世が陳腐に見えてしまいますしシリアスなシーンでもどうせ生き残るor助かるとしか見えないと飽き飽きします。 最後まで見たい気持ちが完全にへし折れましたよ笑 今回後半部でため息でてしまいました笑笑 この巻で終わりならまだしもまだやるとか……しかもちょいドラゴンボール風な言い方には寒気がします、もうここで切り捨てます(°▽°) 初期の頃は楽しかったのになぁ残念

史実の織田信長〜徳川家康の流れを 無理やりまとめた手腕は認めるが、 後半で大ブレーキ踏みましたね。 例えるならば高速で疾走中に ブレーキとサイドブレーキを踏むか もしくはいきなりエンジン切った感じ。 個人的に予測は豊臣五大老+ 史実で死亡キャラは側室化で 初志貫徹のハーレム完成で終演と 思っていますがそれにしてはよくこれで 最終巻25巻まで持つなぁと感じていた。 あと5巻ですが早くも売りに出そうか検討中。

5つ星のうち 1.0クソ以下の内容

(参考になった人 5/12 人)

挿絵が全くない、まるでないわけではないのだけれども此処は必要だろ!?というシーンに無いのはガッカリだった ラノベというジャンルで挿絵が無いのは致命的でしょ 本の内容に関しては後半部分はある展開が始まった時点で読むのを辞めました、この展開は必要だったのか謎

将棋世界 2017年9月号

朝日新聞記者 村瀬信也のツイッター(2017年7月2日)より

「藤井四段の対局がある影響か、将棋会館の前には見物人が朝から多数来ています。ある子どもは母親に『将棋のプロになると、ガッポガッポお金もらえるの?』と質問。代わりに答えておくけど、世の中、そんなに甘くはないんやで。」

とのことだ。

朝日新聞サイトに掲載された2017年7月13日の首相動静

「6時49分、東京・紀尾井町のホテル『ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町』。

レストラン『WASHOKU 蒼天』で曽我豪・朝日新聞編集委員、山田孝男・毎日新聞特別編集委員、小田尚・読売新聞グループ本社論説主幹、石川一郎・BSジャパン社長、島田敏男・NHK解説副委員長、粕谷賢之・日本テレビ報道解説委員長、田崎史郎・時事通信特別解説委員と食事。」

紀尾井町の高級レストランで、朝日新聞の曽我豪編集委員が安倍晋三総理大臣と会食をしていた。

ある子供が母親に

「朝日新聞の編集委員になると、支持率30パーセント前後で臨時国会の論戦から逃げまくっている総理大臣と高級レストランで会食できるの?」

と訊いたら、朝日新聞記者 村瀬信也はどのように代わりに答えるのか大変興味深い。

取材対象である外部の団体のプロ棋士(聡太さん)について答えるよりも、朝日新聞社内の編集委員(曽我豪氏)について答えるほうが、村瀬信也にとって遥かにカンタンだ。時事問題に関心を持って朝日新聞を読む子供に、村瀬信也は丁寧に答えてくれると思う。

2020年度からのプログラミング教育必修化にさきがけて、千葉県柏市の全小学校でプログラミング授業がスタートした(ICT教育ニュース2017年6月20日)。

記事によれば

「そして授業の最後。子どもたちに『もっとやりたい?』と質問すると『やりた~い』という答え。担任教師はおもわず『次の授業でやりましょう』と約束してしまった。」

と、大好評のようだ。

将来を真剣に見据えて特技を伸ばすことぐらい、村瀬信也なんかに指摘されなくても小学生はとっくに分かっている。

「オレたちは難関倍率の大手マスコミに就職できた勝ち組だ。バカな読者にはテキトーな情報のエサを撒いておけばいい。」

という特権意識に甘ったれて気楽に世渡りしている連中より、プログラミングの勉強に真剣に取り組んでいる小学生の方が何億倍も危機感を感じていると思った。

朝日新聞記者 村瀬信也には、子どもの世渡りを心配している暇などない。

村瀬信也が「不自然な離席、5人前後の棋士が指摘 三浦九段の対局中」という記事を朝日新聞サイトで発信したのは2016年10月13日だ。

渡辺竜王のインタビュー・告発が掲載された週刊文春が発売されたのは2016年10月20日だ。

村瀬信也が「証拠なしの処分、当初から疑問視する声 将棋ソフト問題」という記事を朝日新聞サイトで発信したのは2017年1月18日だ(谷川会長の辞任のタイミング)。

村瀬信也は「連盟執行部がイカサマの証拠を押さえていなかった」ことを「当初から」知っていたくせに、三浦九段の出場停止処分があった段階で連盟執行部の言い分を97パーセント垂れ流す記事を発信したのは、週刊文春2016年10月20日発売号より約1週間早かった。

週刊文春2016年10月20日発売号が発売される頃には、朝日新聞を筆頭に「(事実関係がハッキリしていなかったにも関わらず)三浦九段がクロだ」と印象付ける報道が氾濫していた。

全ての報道加害責任を週刊文春編集部と中村徹記者になすりつけて、公式棋戦スポンサー各紙の記者連中の報道加害責任をスルーする論調の発言を非常に多く見かける。当方は反対だ。

週刊誌より大新聞のほうが高尚なメディアでは断じてない。村瀬信也の思考パターン・行動パターンは、

強きを助け(朝日新聞編集委員から総理大臣へのゴマスリをスルー)

弱きを挫いて(公式棋戦スポンサータブーに自身が甘ったれているのを棚に上げて、子供の疑問に「甘くない」と答える)

大本営発表をコピペしているだけ(「連盟執行部がイカサマの証拠を押さえていなかった」ことを「当初から」知っていたくせに、連盟執行部の言い分を97パーセント垂れ流す記事を書いているだけ)

だからだ。

何百万回でも繰り返すが

三浦九段への補償金額をトータル1億円とすれば、うち少なくとも3000万円は

朝日新聞記者 村瀬信也を典型とする報道加害者の御用記者連中が連帯して払う義務がある。

なお、微妙に記事内容に違いがあったものの、朝日以外の他紙の論調も全く同じだった。記者クラブ内で情報共有があったのは確実だ。

子どもの世渡りを心配する暇があったら、3000万円の資金の捻出の心配をした方が遥かに生産的だと思った。

今月の表紙は聡太さんと一二三さんだ。

大崎善生の偽善記事を掲載し続ける編集方針には死ぬほどウンザリだ。

現在のプロ制度は、家元制名人時代とそれほど変わってはいない。

神様だかなんだか知らないが、

プロデビュー後29連勝したのは大変結構なことだが、なぜ三段リーグでは13勝5敗しかできなかったのかがサッパリ分からなかった。

ほとんどの棋士は、加齢によって実力が衰える。プロ棋士の基本給を事実上決定する順位戦は、非常に降級しづらい制度になっている。高齢高段者の年間通算成績が5勝10敗ペース以下であってもだ。

「順位戦を半年1期として、負け越し組を即降級させ、勝ち越し組を即昇級させる。C級2組の負け越し組は三段リーグ上位者と入替戦。フリークラス制度は撤廃。」

もしこのような制度が実際に運用されていれば、一二三さんはもっと以前に引退を余儀なくされていた。

年6回のうちの1場所負け越しただけで十両から幕下に降格になる大相撲の力士からすれば、大甘な制度だ。プロ棋士の大甘な降格制度が羨ましくてしょうがない関取衆は多いと思う。

実力が衰えた高齢高段者にとっては、タイムカードを打刻するだけでお金がもらえる素晴らしい制度だ。三十年前の実績が一生のメシのタネになるからだ。

一二三さんはその恩恵を最も受けた一人だ。一二三さんだけでなく、元A級の田丸昇や田中寅彦も然りだ。

ただしこの制度は全ての人を幸福にはしない。そのしわ寄せは全て奨励会員の若者に重くのしかかっている。高齢高段者の身分保障と引き換えに、原則として半年に二人しか奨励会員はプロ棋士に昇段できない。

田丸昇の2013年度の成績は0勝10敗だった(でも対局料はもらえた)。福間健太は、三段リーグで次点持ちの13勝5敗にもかかわらず年齢制限で涙を飲んだ(対局料はもらえない身分のまま)。

成績が衰えた高齢高段者をどんどん無給に転落させ、大きな伸びしろを期待できる奨励会員の若者をどんどんプロに昇段させるのが、正義公平に適った制度だ。

このような制度の実施に高齢高段者は断固として反対する。反対するのは

「オレの住宅ローンが返済できなくなって自己破産するのがイヤだ(勝負師?サラリーマン?どっち?)。」

あるいは

「無給の身分に転落することで、藤井聡太先生のパシリをするのが恥ずかしい(てめえらで祭り上げた権威なのだからトコトン貫け!)。」

という卑小な理由からだ。

こんな卑小な理由で地位にしがみつく甘ったれた勝負師を見たくない人は多いと思う。

負けたら無給の身分に転落する一番を大激戦の末に落としたら

「オレはダメな男です。明日からパシリをします。」

と顔をクシャクシャにして将棋盤に顔を埋めるのが勝負師だ。

このようなドラマを新聞に大きく掲載すれば、朝日新聞記者 村瀬信也のボーナスが増えると思う(親切)。

残念な今号に星四つです。

次の一手 藤井聡太29連勝の軌跡(将棋世界9月号付録)kindle版というのがあるのを知った。
師匠杉本昌隆七段編集による、藤井四段の幼少時代から29連勝記録達成までの実戦次の一手である。

はしがきにこうある。
私が藤井四段の将棋を初めて見たのは8年前、彼が小学一年生の頃でした。
しっかりた大局観、プロが唸るような鮮やかな寄せなど、当時からその才能は群を抜いていました。
この付録は、29連勝の公式戦はもちろん、少年時代の対局、三段リーグ、炎の七番勝負の羽生三冠との対局から39選ばれている。


まず、第1問で少年聡太君の大局観を、第2問でその才能を味わってください。
そして、棋士藤井四段の将棋を心ゆくまで鑑賞していただきたいと思いますとある。
問いに対する師匠の解答も、将棋(界)に対する愛情に溢れている。
例を上げる。
第1問は、小学1年生の時、尋常ではない大器と認めていた。
第3問は、小学4年生の時、師匠は毎日でも指したい衝動を抑えるのに苦労したそうである。
全問の解答が愛情のこもった藤井聡太論となっている。これ以上の聡太論は、無いだろう。

こういうのは、電子版より小冊子が使い勝手が良い。
炎の七番勝負もよくぞ実現出来たという驚きの企画であったが、この次の一手もタイムリーな冴えた企画である。
なお、ユリイカ7月号で加藤一二三特集があり、これは各界から人を集めて極めて充実している。

まさに永久保存版。 将棋界を飛び越えた、今年最大の話題29連勝と加藤一二三九段の引退、将棋界の歴史に残る二大ニュースが一冊になっているのだから、買わなきゃ損。 杉本七段による付録もすばらしく、こちらも永久保存版です。

シャイニング・ブレイド&アーク ビジュアル設定資料集

5つ星のうち 5.0素晴らしい

(参考になった人 0/1 人)

Kindleでセールされてたので購入 色紙まで収録されてます。 素晴らしい 改めてシーナはかわいい

5つ星のうち 5.0素晴らしい

(参考になった人 4/5 人)

シャイニングアークの攻略本でも買おうかなぁと思ったら、設定アート本があったので購入しました。 日本のアニメアニメしていなくて頭身が高いのが良いなら買いですね。 こころが和みますね。

シャイニング・ブレイドをプレイしていて興味があったので購入しました。
詳細な内容は以下のような感じです

004〜037P  各種イラストギャラリー
042〜063P  劇中で使用されたイベントスチル集
066〜136P  『ブレイド』のキャラのイラスト・ラフ設定集
138〜176P  『アーク』のキャラのイラスト・ラフ設定集
178〜181P  『ブレイド』の舞台設定イラスト
182〜185P  『ブレイド』の強敵・精霊イラスト
186〜189P  『アーク』の舞台設定イラスト
190〜205P  各種乗り物・武器・兵器イラスト
206〜209P  『アーク』の強敵イラスト
210〜212P  『ブレイド』『アーク』のちびキャライラスト集
214〜223P  インタビュー集

とにかくイラスト掲載量がハンパないのが嬉しいです。


PSPの画面の仕様上、イベントスチル集は画集を横にしないときちんと見れません。

キャライラストは各種衣装差分・表情差分付き。
キャラによっては着色前の線画のみのイラスト有。
ラフイラストではパーツ分解された衣装イラストも掲載されてます。
何気に下着の設定イラストまであったのは驚きです。
ついでに、一部キャラの下着が中々過激だったのも驚きです(笑

少し欲を言うなら、もうちょっとラフイラストをたくさん見たかったかな?

本編をプレイして「もっと舞台裏が知りたい」と言う方はもちろんの事、
Tony氏のファンの方にも満足出来る内容になってると思います。
純粋に絵の資料としても使えるので、とても良い設定資料集だと思います。

伊藤かな恵』の解説 by はてなキーワード

女性声優、歌手。青二プロダクション所属。

1986年11月26日生まれ、長野県出身。アミューズメントメディア総合学院声優タレント学科卒。

2009年8月、ランティスよりデビューシングル「ユメ・ミル・ココロ」でソロ歌手としてデビュー。

2010年第4回声優アワード新人女優賞2011年第5回声優アワード助演女優賞を受賞している。

声優ユニットりらちっち」「こえっち」元メンバー。

TVアニメ

TVドラマ

伊藤かな恵』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.