企業のまとめ情報

企業』の解説

企業(きぎょう、)とは、営利を目的として一定の計画に従って経済活動を行う経済主体(経済単位)である。社会的企業を区別するために営利企業とも言う。家計政府と並ぶ経済主体の一つ。中央政府)や地方公共団体が保有する企業を公企業(こうきぎょう)、そうでない企業を私企業(しきぎょう)という。通常は企業といえば私企業を指す。日常用語としての「企業」は多くの場合、会社と同義だが、個人商店も企業に含まれるので、企業のほうが広い概念である。

広義の企業は、営利目的に限らず、一定の計画に従い継続的意図を持って経済活動を行う独立の経済主体(経済単位)を指す。

__TOC__

私企業と公企業

  • 私企業 - 民間が出資・経営する企業
  • 公企業 - 中央政府)や地方公共団体が出資・経営する企業(公務
    • 公有企業 - 国や地方公共団体が出資する企業(狭義には、地方公有企業のみを指す)
      • 国有企業 - 国が出資する企業
      • 地方公有企業 - 地方公共団体が出資する企業
    • 公営企業 - 国や地方公共団体が経営する企業(狭義には、地方公営企業のみを指す)
      • 国営企業 - 国が経営する企業
      • 地方公営企業 - 地方公共団体が経営する企業

企業形態

企業の組織形態としては、次のようなものがある。

企業』に 関連する人気アイテム

ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

要するに、短期的なPL上の損をしてでも長期視を持って仕事しよう、という本です。なので、長期戦略を描く人や新規事業に従事する人に特に必要な考え方と思いました。

一方で、もう出来上がっている事業に従事する人が半端にかじって、PLなんてけしからん、と言い出すのは良くない、とも思いました。既存事業がちゃんとPL管理の元で利益を出すから、それを長期戦略や新規事業で使える、という側面があると思います。

個人的には「ファイナンス思考」という言葉がやや曖昧で、言葉と意味がしっくり来なかったのですが、いろいろな他社事例(それが「ファイナンス思考」の事例なのかどうかは別として)と 会計の基礎・ファイナンスの基礎 が勉強になりました。



楠木さんが帯にコメントされてますが、「ストーリーとしての競争戦略」にも似たところがあります。(ざっくり言うと、大局を大事にして、他社から見たら一見不合理・ムダなことでもするべし)が、本書はそれよりも少し軸が見えませんでした。

5つ星のうち 5.0ファイナンス思考

(参考になった人 0/0 人)

著者曰く、「ファイナンス思考」とは「会社の企業価値を最大化するために、長期的な目線に立って事業や財務に関する戦略を総合的に組み立てる考え方」である。また、「価値思考」であり、「長期思考」、「未来思考」である。
本書は、「PL脳」に支配された日本企業を「ファイナンス思考」を使い「PL脳」から解放し再生へと導こうとするものである。ファイナンスの細かい知識を学ぶのではなく、考え方や思考を経営者だけでなく現場の従業員も身に付けることで生産性を上げ、企業の価値を最大化させていこうとするものである。

であるからして、本書はやはり現場の従業員にこそ読んでほしい一冊である。
そして、長期的な目線にたち、戦略を総合的に組み立てるという考え方は、私たちの人生においても重要なことである。目の前の仕事に追われるのではなく、自分自身の理想像に向かい、自己研鑽し、その理想像に近づいていくことが自分自身の人生の豊かさを最大化することに繋がることでしょう。

とにかく薄い、浅い。amazonの評価が当てにならないこともあるんだなあ・・・
ミクシィで結局何をやったんですか?「PL脳」という架空の愚か者を攻撃しつつ
どこかで読んだような、経営・マネジメント話を要約しました、という本。
本当に経営に携わっていた人なんだろうか。簿記的な概念が付け焼刃っぽいというか。
執拗に「PL脳」を連呼するのは、もしかして社会人になったばかりの頃に
財務諸表に関して苦い思い出があるんじゃないでしょうか。BS、PLが何やねん!みたいな。


それが秀才君のナイーブな心を傷つけて、この本が生まれたのかもしれない。
小森哲郎氏の本とは、だいぶ違うなあ。でも、朝倉氏の本の方が売れていて、評価も高い。
価値の高いものならおのずと伝わるとか、嘘だよなあ。
そういう意味では、興味深い著作です。

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

5つ星のうち 4.0転職の入門書

(参考になった人 0/0 人)

Amazonランキング大賞2018上半期のKindle本 書籍・雑誌の14位の本書。
気になったのでKindleでダウンロードして拝読させて頂きました。

ただいま四十路、転職歴7回の私。(良い職場環境、キャリアとお給料UP目的)
就活の本はたくさん出ているのに、転職の本があまり無いことを常々不思議に思っていました。
就活とは違う転職に関しての考え方やキャリア形成について一通り書かれています。
ストーリー形式なので数時間でサラッと読める手軽さです。



拝読して同意できることがたくさんありました。
特に『マーケットバリュー』についての考え方や『転職エージェント』についての注意点などが明瞭に
解説されていて、読んでいて「そうそう!」と思いながら読み進められました。

特にお勧めしたい方は
・卒業後1社目 もしくは 2社目の会社に勤務されていて転職未経験の10代~20代
・「転職なんて・・・」と尻込みや後ろめたさを感じている方に
・これから就活する学生
長い一生を充実した楽しい人生にするべく、人生の大半を占める仕事人生についての初歩的な
ヒントを得る良い本です。
仕事は楽しく、充実感を味わって、時々イヤなこともあるよね?な行為だと思っています。

『転職は悪ではない』。
本当にそう思います。
もっと世の中、転職をイイコトと認識して欲しいなぁーと思います。

星マイナス一つの理由は「ラベル」について。
自分や他人に対して誤ったラベル付けやラベルの更新や削除について注意が必要だなーと
いう点が気になりました。

非常に読みやすく1時間ほどで読み終わりました。 私は外資系コンサルティングファームに務めているので、日系企業ではこんな転職に対する考え方がされている所もあるのかと驚かされる内容でした。 企業では無く業界で見ることや短期ではなく中長期で見るなど、当たり前ながら忘れがちな内容が説明されており重要なポイントが抑えられています。 マーケットバリューの測り方について等、単純化されたフレームワークも実際に使用してみるのも中々面白いです。 こういった類の読むのが楽な本は読んだだけでは意味がないので実践に以下に落とし込めるかが読者には問われています。

自己のマーケットバリューを考え上げること。 これが仕事のモチベーションにつながり、また将来の武器となる。 本書のテーマは、この「マーケットバリューを上げること」であり、転職とは、その切り口の1つではないかと思います。 私は転職を真面目に考えているわけではないですが、本書を読んで今の仕事に前向きになれたように思いました。

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

5つ星のうち 4.0転職の入門書

(参考になった人 0/0 人)

Amazonランキング大賞2018上半期のKindle本 書籍・雑誌の14位の本書。
気になったのでKindleでダウンロードして拝読させて頂きました。

ただいま四十路、転職歴7回の私。(良い職場環境、キャリアとお給料UP目的)
就活の本はたくさん出ているのに、転職の本があまり無いことを常々不思議に思っていました。
就活とは違う転職に関しての考え方やキャリア形成について一通り書かれています。
ストーリー形式なので数時間でサラッと読める手軽さです。



拝読して同意できることがたくさんありました。
特に『マーケットバリュー』についての考え方や『転職エージェント』についての注意点などが明瞭に
解説されていて、読んでいて「そうそう!」と思いながら読み進められました。

特にお勧めしたい方は
・卒業後1社目 もしくは 2社目の会社に勤務されていて転職未経験の10代~20代
・「転職なんて・・・」と尻込みや後ろめたさを感じている方に
・これから就活する学生
長い一生を充実した楽しい人生にするべく、人生の大半を占める仕事人生についての初歩的な
ヒントを得る良い本です。
仕事は楽しく、充実感を味わって、時々イヤなこともあるよね?な行為だと思っています。

『転職は悪ではない』。
本当にそう思います。
もっと世の中、転職をイイコトと認識して欲しいなぁーと思います。

星マイナス一つの理由は「ラベル」について。
自分や他人に対して誤ったラベル付けやラベルの更新や削除について注意が必要だなーと
いう点が気になりました。

非常に読みやすく1時間ほどで読み終わりました。 私は外資系コンサルティングファームに務めているので、日系企業ではこんな転職に対する考え方がされている所もあるのかと驚かされる内容でした。 企業では無く業界で見ることや短期ではなく中長期で見るなど、当たり前ながら忘れがちな内容が説明されており重要なポイントが抑えられています。 マーケットバリューの測り方について等、単純化されたフレームワークも実際に使用してみるのも中々面白いです。 こういった類の読むのが楽な本は読んだだけでは意味がないので実践に以下に落とし込めるかが読者には問われています。

自己のマーケットバリューを考え上げること。 これが仕事のモチベーションにつながり、また将来の武器となる。 本書のテーマは、この「マーケットバリューを上げること」であり、転職とは、その切り口の1つではないかと思います。 私は転職を真面目に考えているわけではないですが、本書を読んで今の仕事に前向きになれたように思いました。

人を動かしたいなら、「やれ」と言ってはいけない 思い通りに部下が動く“すごい"伝え方

5つ星のうち 5.0シンプルで効果あり

(参考になった人 3/4 人)

コーチング、カウンセリング、メンタリングはいざ行うとなると なかなか難しい。 訓練や、体験が必要だし、自身の成熟度も関係する。 書いている内容は、シンプルで実際に即効性もある。 これでストレスから解放されそうだ。

具体的な事例は本によって変わるんですが、本当に小山昇の本は同じ内容のものばかりですよw

まぁたまにはジャンルを絞って、銀行対策とか人事評価の本とかも出てますが、この本のように全般的な内容の場合は過去に小山昇の本を読んでる人には、お金と時間の浪費にしかならないと思います。小山は「同じことを繰り返し教えるのが良い社長だ」くらいのことを言っていますが、本の場合は一回買えば何度でも読み返せるので同じ内容の本を買う必要はないでしょう。

この本で初めて聞いたエピソードも少しはあって、例えば小山がよく自慢する「日本経営品質賞」の審査員に
「御社には、『酒気帯び運転をした場合、罰金7万円』というルールがあります。

社員から罰金を取るのは、法律違反です」
と言われ、小山は
「確かに法律違反かもしれない。けれど、罰金制度を取り入れたことで交通事故が減ったのだから、いいじゃないですか」
と反論してその年は落選したそうですw

その後罰金制度を廃止したと書かれています。しかし、私が読んだ小山の文章では経営品質賞受賞後も「遅刻をしたら罰金」とか色々な罰金制度があって、年末にじゃんけん大会をして集まった罰金を賞金にしてるとか書いてありました。コレ、どっちが本当なんでしょう?この本でも、「飲み会の最後にじゃんけん大会をして勝てば賞金3000円」とかやってると書いてますが、流石に現金がもらえるじゃんけん大会って賭博になるんじゃないんですかね?

あとはいつも通り「環境整備」とか「サンクスカード」の話も出て来ますが、そんなのを真に受けて親子で15年も小山昇に貢ぎ続けてた、武蔵野経営サポートパートナー会員企業の岐阜のラブリークィーンって会社は、2018年に業績不振で相当額の負債抱えて他社に買収されちゃってるんですよね。この会社の社長さんは小山昇と雑誌で対談したりして結構小山に推されてたっぽいんですが、業績悪いとすぐに見捨てられちゃうようです。
他にもこの本でも名前の出てくる会員企業のミスターフュージョンって会社も、官報を見たら前期は子会社合わせて1億1千万円も赤字で、小山の宣伝する「会員の5社に1社は過去最高益!」というのが本当かどうかも怪しいと思っちゃいますね。

だいたい小山は、この本でもちょっと書いてますが、「パチンコは出る目のパターンを読めば出る台が分かる!」なんて全く科学的根拠ない主張をしている非論理的な人なんですよ。パチンコの出る目と当りには一切相関関係が無いというのに、よくそんな主張を恥ずかしげもなくできると感心しますw
そして、300万も取るセミナーでも会員の社長連中をパチンコ屋に連れてって当たる所を見せたりしてるんですが、なんでそんな根拠の無いことを信じて何千万もセミナー代を注ぎ込む社長さんが何百人もいるのか不思議でなりません。

小山は他にも、この本でも紹介しているエナジャイザーとかいう脳心理学を信用して自社や会員企業に受けさせていますが、本当に最新の脳科学じゃ個人の右脳左脳の差というのも否定されてるので、エナジャイザーなんて20年も30年も前にできた心理テストが信用できるとも思えないんですよねぇ。

ま、このように非論理的な小山昇を信用しちゃって年間1000万円くらいのセミナー代を払える社長さんなら、こういう本を読んでも良いのかもしれませんね。ちなみに会員になっても毎年セミナーを受講していないと、「セミナー受けないなら会員辞めろ」と武蔵野から言われるそうなので、お金無くて困ってる社長さんが相談しようとしてもダメっぽいですよ。

5つ星のうち 5.0大人ですが。

(参考になった人 9/11 人)

褒められたり、認められたりすると人間やはり動きます。 子供じゃないんだから、そんなことで動くなんてと思ってはいけません。 みんなが強い気持ちをもってプロ意識で仕事しているわけではなく、 生活のために仕事をしていて、プラスアルファで仕事にやりがいを求めているものです。 やれと言ってはいけない。 シンプルですが、その通りだと思います。

企業』の解説 by はてなキーワード

主に営利を目的として生産や販売などの経済活動を行う組織体

国や地方公共団体が保有する企業を公企業、そうでない企業を私企業という。

一般的には民間資本による私企業のことを指す。

関連
会社

企業』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.