仮想通貨のまとめ情報

仮想通貨』の解説

仮想通貨(かそうつうか、)は、デジタル通貨の一種で、開発者によって発行され、通常は管理され、特定の仮想コミュニティのメンバー間で使用され、受け入れられているものを指す。

定義

仮想通貨は中央銀行政府などの国家主体が発行せず、規制が及ばない通貨としての性質が強調される用法もあるが、定義によっては、中央銀行などによる仮想通貨の発行は必ずしも排除されない。ベネズエラ政府が経済危機への対策として埋蔵原油を裏付けに発行したデジタル通貨「ペトロ」は仮想通貨と呼ばれているほか、中銀版デジタル通貨の検討・実験が始まっている。

また仮想通貨に対して、利用者・投資家保護や資金洗浄脱税防止などを目的に、国家や業界団体などが規制を及ぼす動きも進んでいる。

アメリカ合衆国財務省の局である金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)は、2013年に発表されたガイダンスで仮想通貨を定義している。欧州銀行当局は、2014年に仮想通貨を「中央銀行または公的機関によって発行されたものでも、決済通貨にも付随するものでもなく、支払手段として自然人または法人によって受け入れられ、電子的に譲渡、保管または取引される価値のデジタルな表現」と定義した。 対照的に、中央銀行によって発行されるデジタル通貨は「中央銀行のデジタル通貨」として定義される。

一般に、ビットコイン(BTC)やオルトコインなどは、英語圏ではCryptocurrency(暗号通貨)と括られるのに対し、日本では、資金決済に関する法律において「仮想通貨」の定義が導入されたことにより、仮想通貨と呼ばれる。

仮想通貨の代表格である暗号通貨は、中央集権的な管理権威を持たないのが特色であるが、一方で通貨の管理権威である主体による定義付けは以下のようになっている。

  • 2012年、ヨーロッパ中央銀行は「未制御だが、特殊なバーチャルコミュニティで受け入れられた電子マネー」と定義。
  • 2013年、アメリカ財務省金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)は「本物のお金」の対義語と位置づけ、どの司法組織においても法定通貨としての価値を持たないものとして、ガイダンスを発表した。
  • 2014年、欧州銀行監督局は仮想通貨を「デジタルな価値の表現で、中央銀行や公権力に発行されたもの(不換紙幣を含む)でないものの、一般の人にも電子的な取引に使えるものとして受け入れられたもの」と定義付けた。

日本では、2016年に成立し、2017年4月に施行された改正資金決済法第2条第5項で、「仮想通貨」は、

  • 「物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの」又は
  • 「不特定の者を相手方として相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの」

と定義された。

分類

デジタル通貨は、電子的に転送され格納される特定の形態の通貨であり、すなわち、コインまたは紙幣などの物理通貨とは異なる。 欧州中央銀行によれば、仮想通貨は「一般的にはデジタル」であるが、長い歴史を持つその先駆者であるクーポンは物理的なものである。 すべての仮想通貨が暗号化を使用するわけではないので、すべての仮想通貨が暗号化通貨であるとは限らない。 暗号通貨は一般に合法的な通貨ではない。

(背景が青のセルは(広義の)仮想通貨を示す)

歴史

仮想通貨の概念自体は、アメリカ合衆国上院で1995年には言及されており、1999年には一部の仮想通貨は存在していた。しかしその発達は電子マネーやソーシャルゲームとともにあり、仮想通貨という表現も2009年頃にできたものである。

2017年12月3日、原油確認埋蔵量世界1位、1月5日に1億単位が発行された。国家が発行するデジタル通貨という点では世界初である。

仮想通貨の取得と使用

仮想通貨を入手する場合、一般的には、取引所に口座を開設して、通常の通貨(法定通貨)との交換を行う形になる。仮想通貨と他の仮想通貨を交換することも想定される。仮想通貨によっては、その発行者が、一定の資格を有する者、行動を行った者に対して、仮想通貨を新規に発行することもある。

法定通貨は、国家中央銀行)によって発行され価値を保証されているが、国家(中央銀行)の経済政策による価値の変動リスクは常に伴っている。

仮想通貨は、利用者による仮想通貨自身への信用によってのみ価値が保証されているので、価値の変動を主導するのは利用者である。

日本では給与の支払いや税金の納付は、日本円で行う必要があり、仮想通貨による納付は、法令上認められていない。

日本では、仮想通貨と法定通貨を交換する取引所について、先述の資金決済法の改正で「仮想通貨交換業」として、金融庁への登録が必要になった

  • 利用者に対する価値の保証が無い。
  • 51%攻撃による取引記録の改ざんの恐れがある。(ビザンチン将軍問題)
  • 闇市場を生みやすい。
  • 課税の逃げ道になる。
  • 資金洗浄に利用される。
  • いわゆる「セミナー商法」による、投資詐欺の可能性。(詐欺への注意喚起公報。)
  • 仮想通貨と法定通貨とを交換する取引所の管理体制の甘さ。 
  • 電力の無駄問題。(採掘を有意な演算であるBOINCFolding@homeに委ねる動きもある。)

種類

600種類を超える仮想通貨が存在し、それらの推定時価総額は2016年4月時点で約80億ドルである。

仮想通貨』に 関連する人気アイテム

これからを稼ごう: 仮想通貨と未来のお金の話

仮想通貨とか、胡散臭〜、と思っていたけど、「お金は変わる。そして無くなる。」という言葉に惹かれて読みました。私もそう思っているけど、どういう風に無くなるのか、ずっとイメージがわかなかったから。読んだら、すばらしい本だった。人ってこんなに文章を的確に短く書けるんだーって感動もする。

下記が、強く印象に残る言葉です。
抜粋です。

「サトシ ・ナカモトの論文が初期ビットコイナ ーたちを本気にさせたのは 、 P 2 P開発者や僕たちのような 、規制を破りたかった人間たちの死屍累々の上に 、ついに生まれた解だったからだろう 。


「バカにするわけじゃないが 、ビットコインは 「子供銀行券 」みたいなものである 。 「子供銀行の運営を手伝ってくれたら 、一番上手にお手伝いしてくれた人に 、子供銀行券をあげます 」というのが元々のマイニングだった 。」

お金という物の価値が薄れていく中どこに信用を置くというかということで仮想通貨の仕組みから話が始まり今後将来の見通しなども分かりやすく書かれている。 大変興味深いところもあったがやはり専門的な用語や説明が所々混ざっているので理解に苦しんでしまったのでこの点数の評価になります。 仮想通貨勉強中の方などいましたら他の教材などと照らし合わせると効率よく学べやすいです。

5つ星のうち 4.0ホリエモンのお金の本

(参考になった人 0/0 人)

ホリエモンらしい口調で、仮想通貨や未来のお金の考え方を説いていたので、この手の書籍は最近多いですが、分かりやすくまとめられているので、初心者にもオススメの本だと思います。 とりあえず仮想通貨とかお金とかめんどくさい人が読んでみたらいいかと思います。

これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話

仮想通貨とか、胡散臭〜、と思っていたけど、「お金は変わる。そして無くなる。」という言葉に惹かれて読みました。私もそう思っているけど、どういう風に無くなるのか、ずっとイメージがわかなかったから。読んだら、すばらしい本だった。人ってこんなに文章を的確に短く書けるんだーって感動もする。

下記が、強く印象に残る言葉です。
抜粋です。

「サトシ ・ナカモトの論文が初期ビットコイナ ーたちを本気にさせたのは 、 P 2 P開発者や僕たちのような 、規制を破りたかった人間たちの死屍累々の上に 、ついに生まれた解だったからだろう 。


「バカにするわけじゃないが 、ビットコインは 「子供銀行券 」みたいなものである 。 「子供銀行の運営を手伝ってくれたら 、一番上手にお手伝いしてくれた人に 、子供銀行券をあげます 」というのが元々のマイニングだった 。」

お金という物の価値が薄れていく中どこに信用を置くというかということで仮想通貨の仕組みから話が始まり今後将来の見通しなども分かりやすく書かれている。 大変興味深いところもあったがやはり専門的な用語や説明が所々混ざっているので理解に苦しんでしまったのでこの点数の評価になります。 仮想通貨勉強中の方などいましたら他の教材などと照らし合わせると効率よく学べやすいです。

5つ星のうち 4.0ホリエモンのお金の本

(参考になった人 0/0 人)

ホリエモンらしい口調で、仮想通貨や未来のお金の考え方を説いていたので、この手の書籍は最近多いですが、分かりやすくまとめられているので、初心者にもオススメの本だと思います。 とりあえず仮想通貨とかお金とかめんどくさい人が読んでみたらいいかと思います。

Yiteng ビットコイン BitCoin 仮想通貨 ヨッロパ アメリカ コイン 記念硬貨

重量感があり、とてもいい商品でした。 金銭的な価値はありませんが、コレクション用といてはいいかなぁと思います。 1枚買うより数枚買ったほうがよりリアル感があって面白いです。 自分は指紋が気になるので、ケースに入れたまま飾っています。 ただ、商品が届いたときに、一部ケースが割れていたものがあったので、☆3にさせていただきます。

5つ星のうち 5.0価格以上

(参考になった人 0/0 人)

いくつかのコインを買ってみましたが 中には3mmと表記が有るにも2mm程しかなかったり 安っぽい物もありましたが ちゃんと3mmあり しっかりした物でした 同じ金型で製作してるとは思うのですが ロットで厚みが違うのは不良品 今回購入した物は 良かったです ちなみに薄くてしょぼいものは ゴルフのマーカーとして使っています

ウケ狙いで買ってみました。 ゲームセンターのコインみたいのを想像していたら、しっかりズッシリしていて満足です。 仮想通貨好きにはたまらないオブジェになります。 ただ、数か月前より玄関に飾っているのですが、未だ奥さんを含めて誰にも突っ込んで貰えません。 まだまだビットコインの知名度は低いようですね。

【日本正規品】Ledger Nano S仮想通貨ハードウェアウォレット ビットコイン イーサリアム リップル シリアル番号付き

5つ星のうち 1.0アップデートしたら。

(参考になった人 1/1 人)

購入2か月ごろアップデートしたらつながらなくなりました。 保証期間内の不具合でしたので交換をお願いしましたが、返送した商品が正常動作したとのことで半額から手数料を引いた額の返金となりました。 再度購入したら正常動作したので動作環境の問題は無かったようです。 最初に購入した商品の不具合だと思っています。 商品の特性上、1度返送したら返してもらえないそうです。 送り返した商品が正常動作確認は販売店のいいなりです。

5つ星のうち 5.0これでひと安心

(参考になった人 0/0 人)

仮想通貨のセキュリティが心配でしたので、こちらのハードウェアウォレットというものを初めて購入しました。 これからは自分で管理しておかないと不安です。 LedgerのHPにも日本正規代理店の表示がされていたので安心して使用出来そうです。 操作もシンプルなので、使い勝手も良いですね。 シリアル番号もあり、日本語でのサポートがついていたので、今後何かあったときでも対応してくれそうです。

5つ星のうち 5.0操作がわかりやすい!

(参考になった人 0/0 人)

届いてすぐに初期設定と少額だけ送金してみました。 もっと難しいかと思いましたが、思いのほか簡単にできました。 ボタンが本体の上に2つあり、左ボタンが戻る、右ボタンが進む、同時押しが決定です。 3通りの操作なのでシンプルで分かりやすかったです。

10年後の仕事図鑑

この二人のコラボレーションということで、信者の私は非常に楽しみにしていました。しかし期待以上の感動はありませんでした。というのも、別の媒体で既に話している内容を集めたものが多かったためです。未来の仕事、という軸でイッキ読みしたい方にはいいんじゃないでしょうか?以下参考になった点です。

・修行ではなく研究
もはやホリエモンの寿司屋エピソードは鉄板だ。上司の言うことを聞くことが目的化している人が多すぎる。無駄だと感じたらさっさと見限れ。他業種の知見(例えばパティシェの測量をすしに応用する)を取り入れ、試行錯誤するのもいい

・小利口な副業
副業があるからには、本業の概念がある。

このような考え方がホリエモンの嫌う「小利口」である。家族のため、ローンのため、奨学金のためとやらない言い訳を正当化し、本当にやりたいことから目を背けていないか?食べるためにお金を稼ごうといった情熱のかけらもない仕事を、誰が応援するのだろうか

私がこの本を通読して良いなと思った点は、著者2人の時に分かりにくい主張(言葉足らずだったり言い回しが独特すぎたりする印象があります)が限りなく平易な文章に落とし込まれており、書籍に不慣れな人でもあっさり読み解けるところです。

テクノロジー発展に伴う労働形態の変化は、AIと人間の二項対立で語られがちな風潮があり、不勉強な僕は将来に不安を抱くことも少なくありませんでした。しかし、この本で綴られた著者2人の意見に耳を傾けるうちに、むしろ希望が湧いてきました。

現代は人類史における転換点であり、近い将来に人々の仕事観は大きく変わる。

そういった世のトレンドを察知し、長く通用するスキルを身に付けたいと思っているけれど、手のつけどころが分からない–––そんな方にとてもおすすめしたい一冊です。

ちゃんとなくなると言っている職業についてちゃんと調べてから語っているのか?という疑問が残った。会計士や現場監督など。会計士は法律や会計を語るだけのように書かれているが会計士の行う業務は監査からコンサルティングまであり、いずれも人の指導や棚卸(特にワインなど持っているだけで価値が上がったり下がるもの)の評価などAIには難しいし、現場監督は職人の作業計画だけするように書かれているが、職人の手抜きや危険行為の防止から工事後の写真撮影など様々な仕事がある。現場前や後の事務処理はAIが変われるかもしれないが、人間は絶対に不正や手抜きをする生き物でAIで監督しても他の方法を見つける生き物なので臨機応変に対応できる人間にしかできない仕事だ。AIに人は監督出来ないし責任も取れない。

仮想通貨』の解説 by はてなキーワード

仮想通貨とは、オンラインサービスで経済活動を行うことができる貨幣価値のこと

仮想マネー」、「バーチャルマネー」、「バーチャル通貨」などともいう。

通常は特定のサービス内でのみ価値を持つものであり、換金したり他のサービスで使用するはできない。

「資金決済法」による定義

資金決済に関する法律」(資金決済法)においては、仮想通貨を以下のように定義している。

一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

仮想通貨』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.