仮定のまとめ情報

仮説』の解説

仮定に関連性が高い単語の解説を表示しています。 仮定についての情報が含まれているか確認して下さい。

仮説(かせつ、)とは、はともかくとして、何らかの現象や法則性を説明するのに役立つ命題のこと。

概説

別の言い方をするならば、何らかの実際の現象や規則性に出会ったものの、その現象や規則性が出現する仕組みや機序が知られていないような場合に、それを説明するために、人が考え出した筋道や推論の前提のことである。何らかの現象(事実)を説明することが出来るように考えて作った命題は、命題それ自体は事実に合致していることがわかるまでは全く真偽不明なので、あくまで「仮の説」なのである。

全称命題の形式で表された仮説は、実験観察調査などによって事実との合致を検証し続けられたり、その仮説によって別の新たな現象の予測にも成功するにつれて、しだいにより「正しい法則」(=パラダイム)などと人々から認知されるようになってゆく。

ただし、自然科学の領域においては、多くの検証を経て「真」として支持する人が多数派になった説が、後に反転して「偽」とされるようになってしまった事例(=パラダイムシフト)も多々あるため、近年では「全ては仮説である」「科学の領域においては、あらゆる説明や法則を、あくまで仮説として扱うべきである」といった表現がされることがある。

自然科学の場合、ある実際の現象について、あり得る説明が仮説である。まず仮説を立て、次に検証のための実験系を考え、その結果によって仮説の正否を検証することになる。あるいは実験ではなく観察あるいは調査によって検証を行う場合もある。実際にはひとつの方法で仮説が十分に検証できるとは限らないので、さまざまな実験や観察を繰り返して仮説の確かさを検証し、理論付けを行うことで科学は進んでいく。

疑似科学追及を主題とした書籍などでは、ポパー線引き問題の解決のために提案した反証可能性の概念をそのまま採用し、「反証可能な説明が"科学的仮説"であり、反証可能でないものは"疑似科学的仮説"あるいは"疑似科学的言説"である」といった主旨のことを述べているものもある。ただし、ポパーの提案の後には、実際には常に両者が簡単に区別できるというわけではない、といった指摘がしばしばなされている。

自然科学においては、「法則」や「理論」と呼ばれているものも含めて、究極的にはすべて仮説である、とされる。たとえば物理学では電子存在証明できるかどうかは難しい問題である。物理学者はさまざまな実験を通じて電気現象の原因粒子として電子の存在を認め、さらにその利用技術をも発展させた。しかし、実は電子が存在せず、ただ今の物理学者が電子を使って説明している現象をまったく異なる様相で引き起こす別の何かが存在すると考えても、現象的には何も変わらない。したがって、明日にも誰かがその「別の何か」を発見し、それを支える理論を発表すれば、これまでの物理の教科書は過去の遺物になるであろう。実際、ニュートン力学は19世紀末までは揺るぎない存在であった。しかし相対性理論の登場によってその位置づけは変化し、相対性理論の枠組みの中での特殊な場合のひとつとなって納まっている。

ひとつの現象に関してひとつの説明(仮説)で満足するのでなく、あえて意識的に複数の仮説あるいは対立仮説を持つようにすると、知らず知らずのうちに思い込みや固定観念に陥るような事態を防止することができるとか、思考の健全性を確保しやすい、といったことが指摘されることもある。

仮説概念の歴史

ヨーロッパ諸語において 'hypothesis' という用語が現代のように「仮に立てる説」という意味で使われるようになったのは、近世以降である。それ以前は、現在の呼び方で「幾何学公理」と呼ばれている絶対的前提命題が 'hypothesis' と呼ばれていたこともある。

近世においては、イギリス系の科学者たちとヨーロッパ大陸系の科学者たちとの間で仮説の位置づけについて大きな見解の相違が生じた。

イギリスのアイザック・ニュートンは「科学的知識は観察事例の蓄積によって帰納的に構築されるべきだ」と判断し、「事例に先行して立てられる命題、すなわち仮説は、科学的探究の中では扱われるべきではない」と考えた。例えば「万有引力法則」は、帰納法によって導かれるのであるから、科学的知識である。だが、「万有引力の法則を支える原因は何か?」という疑問について、何ら具体的事例がないにもかかわらずあれこれと仮説を立てるのは科学的ではない(つまりある意味で非科学である)と考えた。ニュートンのこのような考え方は、『自然哲学の数学的諸原理』(第2版、1713年)の「われ、仮説を作らず (Hypotheses non fingo)」の表現に典型的に現れている。

一方、ドイツのゴットフリート・ライプニッツは、確実だと証明できる法則は実際上ないと考え、証明できないという性質を持つ命題・仮説の利用は理論の構築に不可欠である、と見なした。

その後、自然哲学者・科学者たちの間に広まっていったのは、仮説を肯定するライプニッツ流の考え方である。現在では、仮説は科学理論の構築のための一般的な方法として広く利用されている。

仮説の好戦性

時に仮説は攻撃的である。新しい仮説は往々にして古い仮説を否定する形で提出され、両者の間に強い対立を作る。当然にその両者の当否を判断することになるが、これは往々にして相手をいかに否定するかを競う形になる。

極端な例の一つに、免疫の仕組みに関する理論がある。ジェンナー種痘という形で発見した免疫は、パスツールによって一般化され、弱毒化した病原体であるワクチン予防接種することによる感染予防という方法が開発された。その働きの本体がどこにあるかの追求から、それが血清にあることがわかり、これが血清療法を生んだ。ところが、メチニコフは食細胞を発見してこれが病気を予防する働きをしていると判断すると、それまでの血清の働きに関する知見いっさいを否定した。ここから両派による自己の正当性を証明し、相手方が間違っているとの証拠を示す競争がおこり、両派の対立は感情的なものにまでなったという。

仮説はこのように極端な形を取る例が少なくない。これはその対立によってこそ議論や研究が進む面があるからで、時に学者はすべて事実に合致しなくても、必要と判断すれば仮説を提出する。メンデルは彼の遺伝法則に合わない実験結果があることを知っていた。「発生学の父」とも言われるフォン・ベーアの言葉に次のようなものがある。

「不正確でもきっぱりと断言された一般的な問題の結論は、その不正確な面を訂正しようとする意欲に駆り立てられるから、正確ではあるが控え目な主張よりは科学の発達にとって有益なものである」

数学における仮説

自然現象ではなく抽象概念を扱う学問である数学においては、証明されたものは正しい命題であり、定理である。誤りであることが証明されたものも問題ない。しかし、「こういうことが成立する」と誰かが予想し、しかしまだ誰も証明していない、かといって反例も見あたらない場合、これは「いつか証明されることが期待される問題」ということになる。これを仮説(または予想)と言うことがある。代表的な例として、リーマン仮説(Riemann Hypothesis、日本ではリーマン予想という呼称が一般的)がある。

別の用例として、たとえば連続体仮説がある。これは「証明も反証もできないことが知られている」という点で、上の仮説(予想)とは意味合いが異なる。

統計学では、帰無仮説のような仮説を、成立しうるものか、それともありそうにないものなのかを統計量によって判定する、仮説検定という手法が行われる。

仮説の例

言語(言語学)
認識(哲学・論理学)
数(数学)
物理現象、天文現象(物理学・天文学)
化学的現象
生命現象(生物学・地学ほか)
人体(医学)
社会(社会科学)
超常現象など(超心理学ほか)

その他

参考文献

関連番組

仮定』に 関連する人気アイテム

ネイティブはこう使う!マンガでわかる時制・仮定法

5つ星のうち 1.0半端

(参考になった人 2/5 人)

雑誌や新聞のコラムに掲載されるような小話を集めたという印象。
英語のティップス集としてなら悪くないのかもしれない。

動詞によっては、現在形と過去形で意味合いが異なるものがあることについて実例を挙げて縷々説明しているけれども、元の意味をそれぞれの時制で表現する方法については全く触れていない。
そもそも、時制と仮定法をまとめた図では、過去完了形の説明などが適切でなく、日本語が得意でないことが露見している。
この本は、小・中学生で、これから英語を勉強する人には向かないと思う。



時制と仮定法など、文法的な説明を求めるなら、「Basic Grammar in use」 や「Grammar in use Intermediate」などの方がはるかに良いし、価格に見合った値打ちがある。

どうしても漫画が好きとか、この著者のファンとか以外には、良書とは言えないと感じる。

個人の嗜好もあるので、購入前に中身を確認されることを強く勧めます。

このシリーズが気に入っていて購入。 中学生の頃に習って、今も覚えている基本動詞でも 使い方をマスターしていれば、表現は広がるんだなと実感。 例えば、「She's being friendly today.」。 be動詞をわざわざ進行形にして表すというのをいまさらながらに知った。 この使い方だと「今日に限って友好的だ」となるらしい。 本当にためになる。

子供から質問されるので、 時制と仮定法の説明をする参考になるかなぁと 思って購入したのですが、 漫画の図がたくさんあるけど、 文章だけおうと あまり説明になっていないと思います。 絵でごまかさないで 文章でも筋の通る説明が欲しかったです。 すごく残念でした。

ネイティブはこう使う! マンガでわかる時制・仮定法

5つ星のうち 1.0半端

(参考になった人 2/5 人)

雑誌や新聞のコラムに掲載されるような小話を集めたという印象。
英語のティップス集としてなら悪くないのかもしれない。

動詞によっては、現在形と過去形で意味合いが異なるものがあることについて実例を挙げて縷々説明しているけれども、元の意味をそれぞれの時制で表現する方法については全く触れていない。
そもそも、時制と仮定法をまとめた図では、過去完了形の説明などが適切でなく、日本語が得意でないことが露見している。
この本は、小・中学生で、これから英語を勉強する人には向かないと思う。



時制と仮定法など、文法的な説明を求めるなら、「Basic Grammar in use」 や「Grammar in use Intermediate」などの方がはるかに良いし、価格に見合った値打ちがある。

どうしても漫画が好きとか、この著者のファンとか以外には、良書とは言えないと感じる。

個人の嗜好もあるので、購入前に中身を確認されることを強く勧めます。

このシリーズが気に入っていて購入。 中学生の頃に習って、今も覚えている基本動詞でも 使い方をマスターしていれば、表現は広がるんだなと実感。 例えば、「She's being friendly today.」。 be動詞をわざわざ進行形にして表すというのをいまさらながらに知った。 この使い方だと「今日に限って友好的だ」となるらしい。 本当にためになる。

子供から質問されるので、 時制と仮定法の説明をする参考になるかなぁと 思って購入したのですが、 漫画の図がたくさんあるけど、 文章だけおうと あまり説明になっていないと思います。 絵でごまかさないで 文章でも筋の通る説明が欲しかったです。 すごく残念でした。

CDつき 英検準2級をひとつひとつわかりやすく。 新試験対応版

このシリーズの3級を使って合格した人が準2級合格に向けてこれを使うのはあまりお勧めできません。 他の方も指摘していますが、準2級の試験で文法に関する問題はそう多くないのに、文法にページを使い過ぎています。 練習問題も実際の検定試験の問題より若干ハードな傾向にあるので、これが理解できる人は準2級の問題は簡単に思えるでしょう。

5つ星のうち 1.0実践的とは言えない

(参考になった人 4/5 人)

小学生のために購入。 このシリーズの4級や3級はよかったが、準2級は実践的でない。 この本では文法の解説が多いが、実際の英検では文法問題は数問のみ。 また、ライティング練習も実践的ではない。 ライティングに使える重要単語や文型を暗記したり、語彙問題や読解問題に対応できる語彙力を鍛えることが、この本ではできない。

・中学生が準2級を受けるので、とりあえずこれで勉強しています。 ・高校生が勉強する内容の文法の説明が途中で現れますが、大学受験の参考書のような内容で、あまり丁寧でない説明が、本当に必要なのか疑問を持ちました。 自動詞と他動詞についてが最初です。

iPhone→HDMI変換ケーブル iPhoneで撮った写真・動画をテレビに映す。YouTube・ユーチューブ・画像・映画・TV・会議・結婚式・旅行・商品説明・アイフォン・Lightning→HDMI/HDMI変換ケーブル

5つ星のうち 5.0大きなTVで映ります

(参考になった人 0/0 人)

大きなTVで画像が映ります。
しかし、アマゾンプライムとHuluはダメでした。
(元々見れないと書かれていたので。)
HDMIのコネクタ部は結構熱くなります。
TVからの取り外し時は注意が必要ですね。
接続も簡単、実際にはiPhoneからパスコード入れるだけで
接続完了。でした。
まずはHDMIをTVに。その後USB電源接続。(アダプタはiPhoneのアダプタで問題なし)
その後、iPhoneに接続。そうすると信頼しますか?の選択が出てきます。


信頼を選択。そうすると、パスコード入力画面が出てくればパスコードを入れて完了。
最初接続したときに、信頼画面までは出てきましたが、パスコード画面が出てこず、
初期不良??と思いましたが、再度ライトニングケーブルをiPhoneから抜いて、
再度差し直し後、信頼画面が出てきたので、信頼を押すと、パスコードが出てきました。
その後は、普通に使用できます。

こんな変換ケーブルが欲しかったです。 iphoneで撮影した動画や写真を大型TVモニターで共有が出来て家族みんなで楽しめます。 iphoneの充電もそのまま出来るので、一石二鳥です。

5つ星のうち 1.0残念です

(参考になった人 0/0 人)

ipadと50インチモニターUSBと接続し ミラーリングを試みましたが まったく反応無し 他メーカーの HDMIケーブでは しっかり表示できたのに 買わなければ 良かった(-_-;)

はじめてのTOEIC L&R テスト 英文法完全生講義でいきなり600点突破

私は山根先生の教え子で、今も親交がある傍ら、TOEICの勉強を継続中です。
先生の新著ができたということで、やり始めてから2巡目を終えました。

先生の音声講義の特徴は、マンツーマン形式を意識しており、まるで1対1で授業を受けているかのような臨場感を味わえます。
収録時間は総合計でなんと14時間!先生の授業は今でも学生に大人気らしく、この1冊で大学の授業約10回分を体験できます。
今回の著書は新しい「知識」を詰めるというよりも、新たな「解法への視点」を身に付けるといったところでしょうか。


例を挙げるとすれば、私の苦手な関係代名詞の箇所も野球を例に取って説明するなど、先生独自のユニークな解説が多いです。

本のタイトルには「600点」と明記されていますが、800点ホルダーの私にとっても新鮮な内容が多く、
・文法にいまいち自信がないor穴埋めをしたい
・リーディングのスコアが伸び悩んでいる
などの人に特にオススメできます。(まぁ私自身のことなんですが苦笑)

最後に1つ、先生の著書は音声講義を全て聞き終えてこそやり終えたと言えますので、全部聞く自信がないような人は最初から手を出さない方がいいでしょう。しかし、そんな人でも不思議と最後までやり終えることができるのが、この先生のティーチングスキルの1つです。

5つ星のうち 5.0山根先生の最新刊

(参考になった人 2/2 人)

山根先生の最新刊です。
いつも先生の著書にはお世話になっており一応820点を取得していてまもなく67歳に突入するおじさんです。
先生の著書ですが、受験生のためによく考えられて構成された作りとなっています。
今回全体を読んで回答しながら挑戦してみました。感想としては600点どころか800点あるいはそれ以上、この書籍をこなせぱ取れる感触を得るほどの内容となっています。
私が今回特に気にいったのは「山根式バイタルアドバイス」のコーナーで、なかなか普段聞くこと読むことのできない英語に関わる知識を得ることがここからできることです。


また何にしても基礎が大事ということで、必勝対策中学レベル動詞で攻略せよ」のパートでは、あらためて基礎勉強の重要性を認識させられました。ここの「必勝対策」はお薦めです。
第5章の「本番そっくり実力模試」ではかなりのレベルの高さを要求されますが、ここがクリアーされていれば600点は楽勝でしょう。
いずれにしても山根先生の著書はTOEICを目指す者に取ってマストバイです。

私が思うに、この本は初心者はもちろん、上級者(TOEIC600〜)が読んでも面白いと思う。まず、初心者にとってであるが、最初からしっかり読むと、間違いなく力がつくであろう。なぜなら、解説も丁寧だし、一番は文法のアプローチの仕方が面白いと感じました。今までいくつかTOEICの本を読みましたが、なかなか面白い内容になっていると思います。この本の最大の特徴は3章でしょう。今まで見たことなく面白い。基本的だけど説明するのが難しい文法や、忘れやすい文法を尋ねられるため、解説を見た時の、「なるほど」感や「やられた」などと感じ、楽しく勉強できるのでたまりません。

笑 さらにWeb講義も含まれており、まるで目の前に山根先生が居るように感じるため、緊張感を持って勉強できますし、ジョークも入って居るので勉強も長続きすると考えられます。苦痛の中で勉強するのは僕は嫌です。英語は言語です。伸びるまでに時間もかかります。つまり、多くの時間を割かなければなりません。そうであれば、楽しんで勉強せねば〜!笑それを可能にする本です!

仮定』の解説 by はてなキーワード

  1. 確かな事実でなくても、仮にこうと設定?すること。仮に定めた事柄
  2. ある条件?を仮に設定?すること。また、その条件?。推論?「 p ならば q 」の p の部分。
  3. 論理学》ある命題を導き出す推論?の出発点?におかれる前提条件?。古くは「仮設?」といった。 〔明治期に造られた語〕

仮定』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.