交通部のまとめ情報

交通部』の解説

交通部(こうつうぶ)とは、都道府県警察本部裁判所検察庁に設置される部署。

業務内容

その所管は交通違反の取締、交通安全、更に交通事故の処理や運転免許に関する事務、道路交通法違反や自動車運転死傷行為処罰法違反などの捜査を含め、多岐に渡る。

これらの他に、道路を計画・設計・施工する際の道路管理者との協議、公共車両優先システム導入などの新たな道路交通施策、交通量調査などの業務も取り扱う。このため、警察官以外にも交通技術土木工学)・電気技術職員も多く所属する。

組織

以下は警視庁の場合。

  • 部長(警視監)
    • 交通総務課
      • 庶務係、管理係、連絡調整係、法令指導係、交通機動隊運用第1-第2係、調査分析係、交通統計係、交通基本情報係、安全教育係、安全組織係
    • 交通執行課
      • 執行第1-第2係、暴走族対策係、駐車取締第1-第2係、車両行政処分第1-第2係
      • 白バイ訓練所(世田谷区喜多見)
        • 訓練係
    • 交通捜査課
      • 交通捜査企画係、交通捜査指導係、交通鑑識第1-第2係、交通捜査第1係(特異事故捜査)、交通捜査第2係(交通法令違反捜査)、交通捜査第3係(共同危険行為違反捜査)、即決第1-第3係
      • 交通反則通告所(豊島区西池袋)
        • 通告第1-第3係
    • 交通規制課
      • 規制第1-第2係、交通技術係、安全施設係、道路第1-第3係
    • 交通管制課
      • 信号機計画係、信号機設計係、信号機保全係、信号機運用係、電子信号技術係
      • 警視庁交通管制センター(港区新橋 警視庁新橋庁舎)
        • 管制計画係、管制運用係、技術管理係
    • 駐車対策課
      • 駐車対策第1-第3係、駐車取締第1-第2係
      • 放置駐車対策センター
        • 企画運用係、データ審査係、違反金管理係、滞納処分係、使用制限係、追跡捜査係
    • 運転免許本部(品川区東大井)
      • 庶務係、免許予算係、免許管理第1-第2係、処分管理係、処分調査係、審査登録第1-第2係、処分執行第1-第5係、教習所指導係、講習第1-第2係
    • 運転免許試験場(3ヶ所)
    • 交通機動隊(10隊:第1方面ー第10方面交通機動隊)
      • 隊長(警視)、管理官(副隊長)、隊本部(庶務係、計画係、事件係)、第1-第4中隊(各2個小隊)、騎馬隊(第3方面交通機動隊のみ)
    • 高速道路交通警察隊(中央区新富)
      • 隊長(警視)、管理官(副隊長)、隊本部(庶務係、計画係、交通規制係、事件係、整備レッカー係)、第1-第4中隊(各3個小隊)

Category:日本の警察

交通部』に 関連する人気アイテム

函館の路面電車100年

5つ星のうち 5.0函館路面電車の歴史

(参考になった人 5/5 人)

函館の路面電車開業百周年の記念誌です。函館市の歴史はもちろん、馬車鉄道から現在までの鉄道事業について、函館大火、戦後の復興、路面電車の全盛期、モータリゼーションによる路線の縮小、現在にいたるまで、たいへん読みごたえがあります。

百周年行事にも参加しましたが、幾多の困難を乗り越えてここまできたんだなと、感慨深いものがありました。
あまり知られていない乗務のスケジュールや、組織の業務内容についても、詳しく記載されています。
そして人気の「鉄道むすめ」柏木ゆの、松風かれんのページ、歴代のカラー電車およびオリジナルカラー電車もすべて掲載され、百周年にふさわしい内容となっています。



ふだんから市電を利用していますが、この記念誌を読み、ますます市電のファンになりました。
もともと1冊購入していましたが、先日、永久保存版を入手しました。
交通部のみなさまの経営努力・サービス精神には、本当に頭が下がります。

路面電車が好きな方はもちろん、函館に少しでも興味のある方は、いちど手にとり読んでいただけたらと思います。
そして機会があれば市電に乗車し、車窓からの歴史ある風景を眺め、楽しんでください。

函館は2度の大火に遭いながら復興を遂げた街であり、さらに近時大きく衰退がみられる街です。一方、絵葉書などの映像資料を含め、史料は数多存在するようです。しかしながら街、近代建築を研究する書籍は皆無であり、同じ北海道新聞が上梓した『函館 街並み今・昔』を購入しましたが図版が少なく内容もまったく希薄で、『函館の路面電車100年』を期待して購入しましたが、前掲書よりは少しはましなものの、内容は希薄でした。
いろいろ情報は載ってはいますが、総花的であるため、単に触れているだけで掘り下げはなく、記事も市政の広報誌と見紛う視点文体も見受けられます。

だいたい市長が登場するなどいただけません。図版も車両を見せたいのか風景を見せたいのか意図不明のものばかりで、100年と謳うからには、同地点の対比など多く掲載するべきであったでしょう。
この当たり前の新旧の対比が普通にできていないのが、函館の現在の衰退の表れでなかろうかと思います。

高校生の時に市電で通学していました。 この本の写真を見て懐かしい青春時代がよみがえりました。 古い写真の発掘、時代ごとの整理、編集などがしっかりしていて、私にとって満足度の高い1冊になりました。

交通部』の解説 by はてなキーワード

関連

国土交通部交通運輸部

交通部』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.