亜鳴禽亜目のまとめ情報

タイランチョウ亜目』の解説

亜鳴禽亜目に関連性が高い単語の解説を表示しています。 亜鳴禽亜目についての情報が含まれているか確認して下さい。

タイランチョウ亜目(タイランチョウあもく、学名 )は、スズメ目の亜目である。狭義と広義があるが、ここでは、亜鳴禽類(あめいきんるい)、亜鳴禽亜目、非鳴禽亜目、非スズメ亜目、、 とも呼ばれる広義の系統について述べる。

広義のタイランチョウ亜目は、スズメ亜目イワサザイ亜目と並ぶスズメ目の3亜目の1つである。1000種以上を含むが、スズメ目全体の5000種以上(そのほとんどはスズメ亜目)に比べればごく一部である。日本にはヤイロチョウ1種のみが生息する。

特徴

鳴管筋、脚筋、鐙骨の特長により、他の亜目と区別される。

系統樹

カマドドリ下目内は Moyle et al. 2009、タイランチョウ下目内は Tello et al. 2009による。

上位分類

タイランチョウ亜目はスズメ目の3亜目の1つで、姉妹群スズメ亜目である。

古くはタイランチョウ亜目にイワサザイ科 (別名 コビトサザイ科 )を含める説があったが、現在は単独でイワサザイ亜目 を構成する。

タイランチョウ亜目をタイランチョウ目 としてスズメ目から分離する(イワサザイ科は残す)分類もあった (Feduccia 1977)。

この項でのタイランチョウ亜目を1つの分類群として認めず分割する説もあった。Pycraft (1907)は、ヒロハシ科(・マミヤイロチョウ科)・カザリドリ科マイコドリ科をヒロハシ亜目 として分離した。Ames (1971)はヒロハシ科(・マミヤイロチョウ科)を、その原始的な特徴から、ヒロハシ亜目 として分離した。

下位分類

亜目~上科の高位分類については、名称と階級に諸説があるが、ここでは Moyle et al. 2009による。

タイランチョウ亜目は新世界亜鳴禽類 () と旧世界鳴禽類() に分かれる。新世界亜鳴禽類は中南米(一部は北米)に住み、旧世界亜鳴禽類はユーラシアアフリカオーストラリア(1種は中米)に住む。新世界亜鳴禽類は約1100種、旧世界亜鳴禽類は約50種で、種数的にはほとんどの種は中南米にすむ。

旧世界鳴禽類にはヒロハシ下目のみ、新世界亜鳴禽類にはタイランチョウ下目とカマドドリ下目の2下目が属す。ただし新世界亜鳴禽類全体をタイランチョウ下目とする説もある。

カマドドリ下目はアリドリ小目・カマドドリ小目の2小目と、小目に属さない2科からなる。Sibley et al. はこの2科をカマドドリ小目に含めていたが、単系統性が不確実で分離された。

高位分類には混乱があり、同じ系統が別の名・別の階級で呼ばれるのみならず、別の系統が同じ名で呼ばれることもある。以下にいくつかの文献で見られる用例を示す。なお、訳語を確定できない部分は××で埋めた。

それぞれの分類の特徴は以下のとおり。

Cracraft はヒロハシ下目を2つの下目に分割していた。

Sibley et al. は1985年、 を亜目として採用した。これは、現在のタイランチョウ亜目+イワサザイ亜目(表の1列目、この列のみ非単系統)に対し Furbringer 1888 が名づけた名称である。現在のタイランチョウ亜目はタイランチョウ下目として含めた。1988年には、現在のタイランチョウ亜目に当てられていたタイランチョウ下目を廃止し、名称と階級を変更した。いずれにおいても、新世界亜鳴禽類と旧世界亜鳴禽類に対となる分類階級を与えている。彼ら (1988) は新世界亜鳴禽類をタイランチョウ下目とし、タイランチョウ小目・アリドリ小目・カマドドリ小目の3小目に分けたが、そのうちカマドドリ小目は厳密には、アリサザイ科とムナオビオタテドリ科を含むため現在のカマドドリ小目と同じではなく単系統性は不確実である。

Raikow は Moyle et al. に似ているが、名称が異なっていた。彼は現在のタイランチョウ亜目を と呼んだ。

Chesser は、3つの下目を亜目に上げた。ただし、亜鳴禽類を3亜目に分ける分類は新しくはなく、古くからあった分類である。

Tree of Life web project (ToL) は、Chesser と Sibley et al. を併用したような体系をしている。ToLは分類階級を使わないため階級は××とした。

亜鳴禽亜目』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.