レヴュー (演芸)のまとめ情報

レヴュー (演芸)』の解説

レヴュー(revue)は大衆娯楽演芸のことである。装置衣装照明といった視覚的な要素に重点を置き、音楽舞踏寸劇曲芸などの演目を展開する。元来、フランス語(revue, 発音はルヴュ)で批評・調査を意味し、その年の出来事について風刺的に描く歌や踊りなどを意味し、19世紀末頃から大いに流行した。

レヴューは、オペラやミュージカルに類似した形式で、音楽、舞踏、寸劇をひとつの演目として展開する。しかし、それとは反対に一貫した筋書きには欠ける。お堅い題目よりはむしろ一般的なテーマを扱った楽しい出し物を揃え、ソロ・パフォーマンスとダンス・アンサンブルを交互に上演する。

歴史

レヴューは主に19世紀から20世紀初頭にかけて繁栄を極めたが、1927年のトーキーの出現以後は、ミュージカル映画の進出で次第に衰退していき、キャバレーナイトクラブのアトラクションとして演じられることが多くなった。

ヨーロッパ

1900年パリ万国博覧会をきっかけに国際的な色調が強まり、各国で盛んに行われるようになった。当時の代表的なダンサーとしてミスタンゲットモーリス・シュバリエジョセフィン・ベーカーなどがいる。イギリスではミュージックホールの発達と共にレヴューも発達し、1920年代には劇作家ノエル・カワードアンドレ・シャルロチャールズ・コクランらの活躍によって、近代的演出法が取り入れられるなどした。

今日のレヴュー・ジャンルではさまざまな芸術的表現が試みられており、なかでもLidoMoulin Rouge、Friedrichstadt-Palast Berlinなどの伝統的な演芸場やラスベガスのShowsでは素晴らしいレヴューを観賞することができる。

アメリカ

アメリカでは19世紀末にイギリスから輸入された形態が次第にアメリカ化し、後のミュージカルの母体となった。この時代を代表するのがレヴュー王と称されたフローレンツ・ジーグフェルドなどである。ジーグフェルドは"フォーリーズ"と銘打った豪華なレヴューを興行し、ウィル・ロジャースエディ・カンターらが彼の下で名を上げた。ラスベガスなどのショー性の強いミュージカルにはレヴューの雰囲気が濃厚に残っている。

日本

日本では1913年に発足した宝塚少女歌劇団(現・宝塚歌劇団)がグランド・レヴュウの名のもとに歌や踊りを演じたのが最初である。宝塚少女歌劇団における、1927年の演目:『モン・パリ』の成功が庶民の娯楽としてのレヴューの人気を高めた。その後、東京浅草でも軽演劇レヴュー劇団が数多く誕生した。戦中は規制をうけ、戦後はストリップティーズに人気を奪われることとなったが、宝塚歌劇団・大阪松竹歌劇団(OSK)・松竹歌劇団(SKD)が大舞台の演劇として、それぞれに独自の発展を遂げていった。うち、宝塚歌劇団とOSKは今日でもレビューと銘打った公演を行っている。

1961年東京・赤坂に建ったミカドなどでは、レストランシアターの形式で内外の出演者により、フランス系のレヴューを行っていた。

レヴュー』に 関連する人気アイテム

舞台 少女☆歌劇 レヴュースタァライト ―The LIVE― SHOW MUST GO ON

5つ星のうち 5.0キリンは出ない

(参考になった人 1/1 人)

舞台版少女☆歌劇レヴュースタァライトのコミカライズですね アニメとは違いキャラクターの関係がギスギスしていますね キャラクターの関係だけでなく演出や表現にも、アニメにはないアクの強さを感じました そこを受け入れられれば面白いと思います

カネボウ REVUE レヴューウォータープルーフ パクトUV【オークルD】

5つ星のうち 3.0日焼けには強い

(参考になった人 0/0 人)

スポンジが、直にダメになる。 ちょっと色が濃かったかもしれない。

レコード・コレクターズ 2017年 10月号

5つ星のうち 4.0原点回帰も大事

(参考になった人 13/16 人)

今月の特集はデヴィッド・ギルモアかと思いましたが、予想が外れました。ポンペイでの素晴らしいライブが映像、音源でリリースされますし、ロジャー・ウォーターズも新作出してのだからピンク・フロイド特集をしてほしかったです。ストーンズやポールに匹敵するほどツアーしてますし本国イギリスでの評価は絶大ですしね。

肝心の本号の内容ですが松本隆さんは好きな作詞家なので、いまだ現役で頑張ってるのは嬉しいことです。「風街図鑑」は初回CDボックスを買いましたし、書籍の「風街茶房」も予約購入しました。

本号の名作100選のジャケット一覧を見ると改めて凄い多作だなと思いました。クミコさんとのインタビュー記事も楽しく読めました。
松田聖子さんや竹内まりやさん、太田裕美さん、小泉今日子さん等、松本隆さんの作品を歌った風街レジェンドが一同に会して松本隆さんの業績を称えるライブをしてほしいですね。
こういった作詞家特集は歓迎です。次は歌鬼:阿久悠さんを取り上げてください。

あとは他のライターも書いてますが、特集内容がパターン化してるように感じます。
ジャズ は勿論、もう少しシャンソン、タンゴの記事もあってよいのでは。創刊当時は違和感なくあったというかそれがメイン記事でしたし。時代も変わったのでしょうが、もう一度原点回帰をしてみてもよいのでは思います。でなければ、そういったジャンルは別冊レコードコレクターズとして四半期に一回出すとか。採算が取れるか分かりませんが検討してください。

「レコード・コレクターズ」 2017年10月号は「松本隆」特集ということで、
わざわざ予約し購入したのですが、内容のひどさにがっくりときました。
記事のメインは「松本隆&クミコ インタヴュー」ということになるのでしょうが、
これは宣伝以上の何物でもないでしょう!!
私は、別にクミコのファンでも何でもないので、彼女のことはどうでもいいのです。
ただ現在に至る松本氏の心境を聞きたいだけなのです。
「はっぴいえんど」時代から歌謡曲の作詞を手掛け、一躍売れっ子になり、現在に至る松本氏のその心境の変化、
作風の変化についてもっと知りたかったのですが・・・・。


初期のいわゆる、です、ます調から出発し、「ポケットいっぱいの秘密」で歌謡曲界に本格的進出をし、
大瀧詠一、鈴木茂から太田裕美、松田聖子、C-C-B・・・・・。
哀愁トゥナイト、ルビーの指輪、東京ララバイ、好きよキャプテン、卒業・・・・・。
あまりにも多彩な内容で、どのように彼の仕事を理解していいのか苦しむのですが、
そのあたりをもっと突っ込んだ記事があればよかったのですが、ないものねだりをしても仕方ありませんね!!

5つ星のうち 2.0どうなんだろう・・・

(参考になった人 20/22 人)

松本隆さんの特集ということで購入しましたが、期待はずれでした。 全部ではないですが、名作100選の文章、松本さんの繊細な世界を理解していない人が書いているような気がします。 ちゃんと解説できる人に書いてほしかった。 私が拘っているだけかもしれませんが、なんか違うと思いました。

レヴュー』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.