リコー・GXRのまとめ情報

リコー・GXR』の解説

リコー・GXRリコーが発売したユニット交換方式のデジタルカメラである。

概要

このカメラの最大の特徴である世界初の「ユニット交換方式」とは、ボディは入出力機能(ボタンと液晶画面)にフラッシュ等の補助メカニズムを付加したI/Oモジュールとシステムの電源を一体化したものに他ならず、レンズはおろかイメージセンサーすら搭載されていないという奇抜な設計である。カメラとしての実質機能は全て交換ユニット側に集約されているが、カメラユニット側だけでなく本体側にも画像処理エンジンを搭載している。そのためカメラユニットを外した状態で本体の電源をオンしても動作は可能であり、撮影したデータを表示、加工するなどがボディ単体でも行える。

この「骨組み」とも言えるボディに対して、レンズ、イメージセンサー、画像処理エンジンを一体化したカメラユニットを、本体にスライド挿入して使用する。トータルではやや大型のコンパクトカメラとなり、背面液晶かオプションのEVFを用いて撮影する。

ユニットとボディ間の接続は完全なデジタル信号通信であり、従来のレンズ交換方式のような光学的な意味での外寸規格は存在しない。そのためセンサーサイズやフランジバック、或いはセンサーへの光線入射角度に至るまでユニットの裁量で自由に決める事ができ、デジタルカメラの中でも極めて設計自由度が高い。

反面、共用部品とすることのできたセンサーなどが、全てレンズとユニット化されるため、部分的なアップデートが不可能である。実質的には、ユニット一つごとが特殊化したカメラを一台分設計するのに等しく、ある意味ではレンズ交換式カメラの特徴であった、「レンズの資産価値」を重視するメリットを完全に捨てたともいえる。リコーの主張によれば、一体型の専用設計にすることでレンズ、センサー双方を完全に最適化、ユニットを小型化できるとしており、これがGXRの長短所両面での著しい特徴となっている。

2011年9月にリリースされたレンズマウントユニットGR MOUNT A12により、ライカMマウントレンズの装着も可能になった。

GXRボディの主な仕様

  • 撮影モード:ダイヤル切り替え方式。オート、プログラムシフト、絞り優先、シャッタースピード優先、マニュアル、シーンモード(動画含む)、マイセッティング×3
  • 画質モード:Fine/Normal/RAW(DNG)
  • ISO感度:上限3200。下限はユニットによる
  • 液晶モニタ:3.0型、約92万ドット。sRGBをフルカバー
  • フラッシュ:手動ポップアップ。オート、赤目軽減、強制発光、スローシンクロ、発光禁止。発光量の12段階マニュアル制御可能
  • 主な操作ボタン:前面アップダウンダイヤル、背面ADJレバー、八方向キー、ズームボタン、マクロボタン、二つのFnボタン、DIRECTボタン
  • 外部端子:EVF対応ホットシュー、HDMI、USB、AV端子
  • ストレージ:SDカード、SDHCカード
  • 外寸:113.9mm(W) × 70.2mm(H) × 28.9mm(D)
  • 本体重量:約160g

交換ユニット

発表当初は撮影用ユニットのみならずプロジェクターやストレージ用途のユニットのモックアップも提示され、発売するユニットは市場のニーズをみて検討していくとされていた。

しかし結局は撮影用カメラユニットのみのラインナップ展開となった。

レンズの名称については、ある水準を満たす高品質の製品をGR LENS、普及型のものをRICOHレンズとして2つのブランドを展開する。ちなみにレンズ名称に付記されている「VC」とは、リコー独自開発のブレ補正機能(Vibration Correction)を搭載したユニットであることを表す略号のこと。

なお、各ユニットの名称にある焦点距離は35mm判フィルム時の同画角相当値であり、実焦点距離ではない。上述の通り、ユニット毎に採用センサーのサイズが違うという特異な事情があるため、ユニット名称にはカメラ業界では一般的な35mm換算表記が使用される(ただしユニット鏡胴部に記載されている値は実焦点距離となっている)。

RICOH LENS A16 24-85mm F3.5-5.5

  • レンズ構成:9群11枚
  • 実焦点距離:15.7~55.5mm
  • センサー:APS-Cサイズ(23.6×15.7) CMOS
  • 有効画素:約1620万画素
  • ユニット重量:350g(カメラ装着時550g)

一眼レフ向けの標準ズームレンズで一般的なスペックを持つユニット。ローパスフィルターを省略している。ズーム全域で最短撮影距離が25cm。

GXR MOUNT A12

  • レンズ:なし
  • センサー:APS-Cサイズ(23.6×15.7) CMOS
  • 有効画素:約1230万画素
  • ユニット重量:170g(カメラ装着時370g)

レンズを搭載していない、ユニークなレンズマウントユニット。Mマウント互換となっている。専用に設計されたフォーカルプレーンシャッター機構を搭載。

GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO

  • レンズ構成:8群9枚
  • 実焦点距離:33mm
  • センサー:APS-Cサイズ(23.6×15.7) CMOS
  • 有効画素:約1230万画素
  • 基本アスペクト比:3:2
  • 画像処理エンジン:GR Engine III
  • ISO感度:200-3200
  • ユニット重量:263g (カメラ装着時423g)

撮影倍率1/2倍のマクロレンズを搭載したカメラユニット。開放F値2.5でマクロとしてはかなりの大口径ながら、全域で安定した性能を誇る。

光学系は標準的な対称型構成だが、デジタル用レンズでは必須とされてきたテレセントリック特性を無視しているのが非常に特徴的である。GXRの設計では光線入射角度を各レンズに都合の良い数字で決められるため、あらかじめ斜めに光が入るという前提でセンサー側が最適化されている。

ベンチマークでは各社一眼レフ用の高級マクロレンズに匹敵、あるいは部分的には凌駕する数値を叩きだしており、なおかつそれがレンジファインダー並の鏡銅サイズに収まっているという、GXRの小型・高画質コンセプトを体現したユニットとなっている。

RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

  • レンズ構成:7群11枚
  • 実焦点距離:5.1-15.3mm
  • センサー:1/1.7インチCCD
  • 有効画素: 約1000万画素
  • 基本アスペクト比:4:3
  • 画像処理エンジン:Smooth Imaging Engine IV
  • ISO感度:100-3200
  • ユニット重量:161g (カメラ装着時325g)
  • Vibration Correction(センサーシフト方式のぶれ補正)搭載

GX200と同じ光学系のユニット。センサーはGR Digital IIIのものと同じである。オプションのワイコン・テレコンはこれまでのものがそのまま使用できる。フード&アダプターについては新設計。GX200で評判となった可変レンズキャップも新設計のLC-2に変わった。

他のリコーズーム機同様ステップズームも可能で、24/28/35/50/72mm相当を移動できる。

センサーサイズで無理をしない分小型であり、装着時の総質量がマイクロフォーサーズDMC-G1E-P1ボディ単体よりも軽量。

RICOH LENS P10 28-300mm F3.5-5.6 VC

  • レンズ構成:7群10枚
  • 実焦点距離:4.9-52.5mm
  • センサー:1/2.3インチCMOS(裏面照射型)
  • 有効画素:約1000万画素
  • 基本アスペクト比:
  • 画像処理エンジン:Smooth Imaging Engine IV
  • ISO感度:100-3200
  • ユニット重量:160g (カメラ装着時367g)
  • Vibration Correction(センサーシフト方式のぶれ補正)搭載

GR LENS A12 28mm F2.5

  • レンズ構成:6群9枚
  • 実焦点距離:18.3mm
  • センサー:APS-Cサイズ(23.6×15.7) CMOS
  • 有効画素:約1230万画素
  • 基本アスペクト比:3:2
  • 画像処理エンジン:GR Engine III
  • ISO感度:200-3200
  • ユニット重量:210g (カメラ装着時410g)

外部リンク

GXR

リコー・GXR』に 関連する人気アイテム

RICOH 液晶ビューファインダー VF-2 170420

5つ星のうち 3.0外付けの、小さい画面

(参考になった人 0/1 人)

友人の一眼を借りて、ファインダーというものの魅力を思い知り、 衝動的に買いました。 愛機にファインダーがつくと、どういうことになるのかな、と期待していたのですが、 覗き込んでみると、そこにあるのはただの小さな画面で、しょんぼりしてしまいました。 何か機能的な理由があって買うべきものだと後から気付かされましたが、 やはりデジタルでは、ファインダーというわけにはいかないのだということを痛感しました。

GXRとA12マウントをそれぞれ複数台持っていましたので、このファインダーを追加したいと思ったら、生産終了・販売終了で在庫なしでした。 中古品も市場に出回らなくて、しばらくは諦めていたのですが、ここにきて随分お高い値段になって中古品が登場しました。 先に買った新品の倍近い値段ですが、やはりGXRには必要と思い、購入しました。

中古の購入。 ファインダー自体は他の人のコメントにも有るように、色が若干現実と異なります。 若干色褪せている感じ。 しかし、カメラ本体にはファインダーが無いので、GXRを使用している方には必須かと思います。 新品はすでに高額になっているので、程度のよい中古が買えるうちに購入をお勧めします。

【実容量高】【2個セット】リコー GXR P10 の DB-90 互換 バッテリー【ロワジャパンPSEマーク付】

GXRで使いました。 A12,50mmマクロレンズはピントを合わせるのに少しだけ時間がかかるので、すぐにバッテリーが消耗します。 また純正バッテリーも容量が2年使ったところで急に劣化してきました。 値段も安く、バッテリーは結構持つので満足しています。 以前純正の予備バッテリーをヨドバシで確か3千円程度で購入した記憶がありますが、ロワのバッテリーだと4〜5本替えちゃうのではないでしょうか!?

Fujifilm X100Sで使用しています.使いはじめて間もないで寿命はわかりませんが,いまのところ純正品と同じように使えています.カメラの電池の残量表示の減りかた(フルの表示から一段階さがると急に残量が低下する)も純正品と同じです.

初期充電は90分。 取り付け問題なし。 わたしは、A16 で使用しまだ使いきるまで行ってませんが、オリジナルと遜色ないと思います。 この値段で入手できるならば、充分です。

RICOH GXR用カメラユニット GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO 170390

5つ星のうち 5.0シャンシャン

(参考になった人 2/2 人)

20年と少し前、大学生だったころ、マニュアル一眼(Niikon New FM2)を購入しました。
地方雑誌取材アルバイト(月刊URALA 知る人ぞ知る?)で使用し、毎月100枚くらい現像/プリントに出し、取材記事に合わせて4~5枚程度の写真を記事にしていました。アルバイト代はほぼすべて現像代でなくなっていましたが、時折出てくる作品(笑)に一長一短しながら、撮影(いただきますの目線 etc)や写真のノウハウは50㎜レンズから覚えました。
当時、出始めていたデジカメ(機種は良く分かりません)も取材で使用していましたが、3枚しか撮れず、デジカメがこれほど隆盛な世の中になることは想像できませんでした。


月日がたち、A16キットを購入。
マニュアル一眼50㎜でカメラに慣れ親しんだ私にとっては、ズームレンズやオートフォーカスに憧れがありましたが、初めて使用するオートフォーカスに戸惑いが多く、うまく使いこなせておりませんでした(今はマニュアルメイン)。
製造中止から暫く経ちますが、50㎜単焦点なら私でも作品レベルが撮れる可能性もあり(笑)、かつ2018年5月現在で新品を購入できるところもあったことから、おそまきなながら購入を決意。
懐古主義的な文章で、参考になることは無いかもしれませんが、GXRはまだまだ元気。A12 50mmは他の方も評価するように名機です。

5つ星のうち 5.0まさに芸術

(参考になった人 2/3 人)

私はこのレンズの写りがとても大好きです シャープな描写で解像感高い。 発色はクリアでニュートラル フィルムでいえばコダックゴールドが近い気がします。 何を撮影しても画になる(特に風景?) 携帯性と写りの両立という点でシグマも考えたけど 焦点距離・ホールド感でGXRとこのレンズを選びました。 adobeRGBでガンガン撮ってます

5つ星のうち 3.0製品はグッド!!!

(参考になった人 0/5 人)

50㎜を二度とも購入したが、二度とも届いたのは35㎜。 初回は壊れていたこともあって、さすがに返品。 二度目は、使えるものだったので使用中。 製品は★★★★★。 苦情に対して未だに無反応のアマゾンには、残念ながらー(マイナス)★★★★★評価だね。

【ロワジャパン】RICOH リコー GXR LC-2 用 自動開閉 オート レンズキャップ【黒】

どうしてもレンズキャップは埃の混入防止に必須アイテムだが肝心の撮影時に取り外しに手間取りシャッターチャンスをのがしていたが、これならつけたまま起動してすぐ撮れるのが便利。 純性は高価なので手が出なかったので助かりました。

5つ星のうち 5.0P10に使えます。

(参考になった人 0/0 人)

P10の純正品を紛失し、代用品として購入しました。 P10に取りつけられないとのレビューがありますが、開閉はスムーズだし別に問題はありません。 価格も手ごろだし、良い製品だと思います。

5つ星のうち 5.0良い製品です。

(参考になった人 0/0 人)

実用に耐える良い製品です。 これを使うと純正品の価格は何だろうと思いました。 ただし耐久性という点に関しては、これからどのぐらい使用に耐えるかはわかりませんので 未定です。

RICOH GXR用カメラユニット RICOH LENS P10 28-300mm F3.5-5.6 VC 170520

中古購入です。
CX3を持っていたので、P10は要らないと考えていました。
そもそもGXR自体が大きさ的に中途半端な感じで、あまり欲しいと思ってなかったのですが、A12マウントのユニットが登場して俄然購入意欲が湧き、一気に関係機材を買いました。
その後、GXRが生産終了・販売終了となってから手許の機材をながめると、P10以外がすべてそろっていました。
これは、一式そろえねばなるまいと探してみたもののすでに在庫なし。しばらくは中古品も出回らず諦めていたところ、やっとアマゾンで見つけました。


カメラ内でかなりデジタル補正をかけてくるCX3とは異なり、GXRではレンズ本来の画像が撮れるようで、撮影者がそれを自分で色々と調整していくと言う考えのようです。
GXRというカメラのコンセプトに、改めて驚いてしまいましたよ。

5つ星のうち 5.0期待どおり!

(参考になった人 3/4 人)

山登りの好きな私は、1年前にA16を購入し、愛用しています。 自然の中で使うにはA16がとても重宝します。 写真を撮るのが特別上手なわけではないので、至近距離の植物や人を撮影する時によくブレて、思うように撮影することが出来なかったんです。 しかも望遠レンズは重たいし、、、そこで日常使い出来るP10を購入しました。 欲しかったマクロ機能も手ブレ機能も付いていて、持ち運びも軽い!とても満足のいく写真を撮ることが出来ています。 用途に応じて A16とP10を使い分けて楽しみたいと思います。

5つ星のうち 5.0意外と良い!!

(参考になった人 4/4 人)

GR A12 50mm F2.5 Macro, GR A12 28mm F2.5は文句なく素晴らしい。 またA16, s10もなかなかどうして!! p10は撮影素子も極小だし、良いわけないと思っていたのだが、ひょんなことから最近になって入手した。 使ってみて、(今更ながら)驚いた。 どなたかも言っているが、連写、マクロとかなり使い勝手が良い。 普通の撮影でも画質はそれほどバカにしたものではない。 これ、結構使える!! (今更ながら!!)

リコー・GXR』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.