ランダムハウスのまとめ情報

ランダムハウス』の解説

ランダムハウス(Random House)は、アメリカ合衆国に所在する大手出版社である。

創業から1940年代

ランダムハウスの創業者の一人、ベネット・カーフはボニ・アンド・リバーライト(出版社)で副社長をしていた。1925年、ベネット・カーフとドナルド・クレブファーはボニ・アンド・リバーライトから、モダン・ライブラリを買収した。1927年、社名を変更し、ランダムハウスを設立した。名前の由来は「本題を離れてランダムに本をちょっとだけ出版するつもりと仲間内で言っていた」ことである。現在も使われている会社のロゴはこの時、友人のが作成したものである。最初に出版されたのはヴォルテールの『カンディード』とハーマン・メルヴィルの『白鯨』の再版本である。この挿絵はケントが描いた。

1930年代、現代文学児童書の出版を行った。この頃から「ペーパーバック革命」と呼ばれる出版ブームが起きていた。1934年、発禁処分を受けたジェイムズ・ジョイスの『ユリシーズ』を出版し名をはせた。その後、トルーマン・カポーティ(『ティファニーで朝食を』や『冷血』の作者)やユージン・オニールノーベル文学賞受賞)、ジョン・オハラ、ジュームス・ミッチナーなど、人気作家の著書を次々と出版した。

1940年代、辞書出版に参入した。最初に出版されたのは「American College Dictionary」(1947年)である。その後、「Random House Dictionary of the English Language」大辞典(1966年)を出版した。後に日本語版として『小学館ランダムハウス英和大辞典』が出版された。現在は「Random House Webster's College Dictionary」を出版している。またカナダにも進出した(1944年)。

1950年年代から1970年代

1959年、上場。1965年、ベネット・カーフは引退し、RCAに売却された。1960年代以降、有力な出版社を次々と買収し、拡大路線に入った。アルフレッド・エー・クノッフ(1960年)やパンテオン・ブックス(1961年)、バランタイン・ブックス(1973年)などである。

1980年代から2000年代

1980年、アドバンス・パブリケーションに売却された。一方でイギリスに進出した(1987年)。またフォーセット・ブックス(1982年)やビラード・ブックス(1983年)、タイムズ・ブックス(1984年)、フォーダーズ・トラベルガイド(1986年)、クラウン・パブリッシング・グループ(1988年)などの出版社の買収も続け、企業規模は拡大した。

1998年、ドイツのメディア・コングロマリットベルテルスマンに売却された。ベルテルスマンの所有するバンタム・ブックスやダブルデイと合流し、企業規模はさらに拡大した。また世界中に進出した。2003年には「ランダムハウス講談社」(後の武田ランダムハウスジャパン)が設立された。

2010年代

電子書籍の台頭によりビジネスが変化する中、ランダムハウスはイギリスピアソン傘下でやはり大手の一角であるペンギン・ブックスとの合併を発表。2013年、ペンギン・ランダムハウスを設立した。

組織

世界16カ国に進出し。村上春樹の英訳版を出版している。

ランダムハウス・チルドレンズ・ブックス

世界最大の英語児童書の出版グループ。ドクター・スース『キャット・イン・ザ・ハット』『いじわるグリンチのクリスマス』やルース・スタイルス・ガネット『エルマーのぼうけん』など

  • ゴールデンブックス - 絵本の出版社。
  • プリンストン・レビュー - 受験参考書の出版。

RHデジタルパブリッシング・グループ

ランダムハウス』に 関連する人気アイテム

小学館ランダムハウス英和大辞典

当方は大辞典を初めて買うに当たり、初版の方が良いというレビューを参考にして第2版ではなく初版を購入ししばらく使ってみましたが、初版ではすっきり解決出来ないこともままあり、第2版も購入してみるとすんなりと解決出来、さすが第2版だと思った。しかし、だからといって第2版を全面的に採用することは出来ない。第2版は初版を改訂した続編としてではなく、別の立ち位置の辞書として考えた方が良い。

第2版は言葉が羅列的で流れが悪く、例文の見出し語が『〜』で省略されているため読みにくい。また、一つの語義に対しての例文数が大きく減少し例文の質感が良くも悪くも変化している。



初版では恐らくどこからからそのまま引用されたのであろう、美しく韻を踏んでいた例文が、第2版では日本人向けに前置詞が置き換えられより気の抜けたラムネのような英文になっていたりする。

しかし第2版は日本独自の編集版と前書きにあるように、英語を読んで疑問に思ったことが第2版でしっかり書かれている。

第2版のコンセプトがしっかりとしていたため初版とは大きく性格の異なる辞書となっているからこそ、初版と第2版は相互に補完し合えるのだと思う。

さらに『ジーニアス英和大辞典』について。小西友七氏は初版の編集委員、第2版の編集主幹を経て『ジーニアス英和大辞典』を手掛けることになるが、ランダムハウス英和大辞典初版・第2版を良く知っているからであろう、全く別の角度からの情報が満載で、ランダムハウスの2冊をさらに補完する辞書として使用している。

ランダムハウスの古さを補うためのものとして、中辞典で素晴らしいものが出ている。『プログレッシヴ英和中辞典第5版』と『ロングマン英和辞典』だ。

第2版の執筆者だった瀬戸賢一氏が編集主幹となってプログレッシブ英和中辞典第5版が2012年に刊行され、大変使い勝手が良い。ランダムハウス英和大辞典の携帯版として使うことが出来るくらい、密度の濃い辞書となっている。

他方、第2版の編集委員だった池上嘉彦氏が編集主幹として刊行されたのが『ロングマン英和辞典』であり、ランダムハウス、ジーニアスの語義ではしっくり来ないとき、このロングマンの日本語が助けになることが多い。

また、ジーニアス大を補うものとして学習用のジーニアス第4版も手元にあるといざという時に頼りになったりする。

もちろん、リーダーズや研究社の英和、和英、英活も使う。国語辞典も語義の理解には重要である。母国語は広辞苑程度では役に立たず日国を使う。

小生はイギリスの週刊誌『The Economist』をよく読みますが、英文の内容を日本語で読んだものと同じくらいクリアにわかるにはどうしたら良いかと長年悩んでおりました。ランダムハウスを皮切りに大辞典、中辞典を揃え片っ端から引いていくと、必ずどこかには疑問の答えがあり、疑問を一つ一つ全て潰していくとカーテンを取り払ったかのようにわかってきます。

英語は辞書を引かず流れの中で読む、単語を推測して読む、英英辞典を使って日本語を介在させずに読むといった言葉にこの10数年縛られてきましたが、当方は英和大辞典でやっと一歩を踏み出せたようです。

英語が伸び悩み始めた人は、ランダムハウス初版も第2版も揃えて、これを中核に様々な辞書も一緒に使うといいのではないかと思います。

アイパッドミニで使うためにこの辞典のアプリを買った。
電子辞書と違って、行間がゆったりしていて読みやすい。
文字の大きさが4段階で変えられるので、自分が見やすい
サイズで使える。
電子辞書のような「履歴」その他の機能はないが、そんなに
しょっちゅう辞書を引くわけでもないし、このアプリで十分で
ある。
その昔、この辞典の初版が出たときに2分冊のを買った
のが30年あまり前。これは第二版であるが、もうそろそろ
第3版が出ても良いと思っていたが、なかなか出そうにない
のでしびれを切らして第二版を購入した。アプリは紙の辞典
より何千円か安いし、使ってみるとやはり軽くて使いやすい
ので満足している。

5つ星のうち 5.0使える大英和辞典

(参考になった人 8/9 人)

本辞典は、下記の3点が特に優れている。 ◎収録語数が多い。 ◎語義の日本語が他の英和辞典より自然な日本語になっている。 ◎用例が豊富で、日本語訳もこなれている。 大英和辞典の中では本書が一番良い。 『リーダーズ』、『リーダーズ・プラス』は収録語数は多いが、用例は最小限のため、できれば両辞典とも備えたい。

成功は“ランダム”にやってくる! チャンスの瞬間「クリック・モーメント」のつかみ方

この本の主題である「クリック・モーメント」というのは、偶然の出会いやひらめき・予期せぬ結果などの経験から運命が変わる瞬間のことを指しています。

著者は1万時間の法則のような圧倒的な努力が成功に影響を与えるのは、不確実性の低く、ルールが決まっている世界のことだと断言しています。予測不可能な戦いを強いられている人が成功するためには、実は用意周到に準備された計画と努力ではなく、「運をコントロールする力」が必要なんじゃないか?という趣旨とその方法論が主題です。

その主題に関しては賛成です。

多くのシリアルアントレプレナーが何度も成功を手に入れているということは、まったくのランダムでは説明することができないでしょう。彼らは偶然の運や自己強化性が起きやすい環境下で何度もチャレンジしています。

一方で、考え方は具体的な事例を参考にした、著者なりの感想や考察にとどまっていると思います。なぜそうなのか?ということに関する答えが少し乏しいように思います。例えば、この本の中で著者はしきりに「多様性」を重視せよと言っていますが、その根拠は多角的な視点で物事が見れる程度のことしか言及しておらず、スティーブ・ジョブズがピクサーのキャンパスをつくったときの例を出して”無理やり”論考付しています。

また、未来は予測不可能であるということをあらゆる事例を持ってきて説明していますが、短期の予測は難しいかもしれませんが、訓練次第で多少は出来るようになると思います。

この本を読んでいて感じたことは、ルールの整備されていない環境下ではルールがすぐ変わるため成功はランダムでしかなく、「可能性の低い偶然」を生み出すことが重要だと結論づけていますが、個人的には都合よく新しいルールをつくる方法も重要なのかもなと思いました。

参考になった点は以下のような点
・目的のある賭けを、情熱を持ってたくさん積み重ねること
・ROI(投資収益率)ではなく、損失許容額を重視せよ
・複雑エネルギー(自己強化ループ)を見つけたら、倍賭けせよ

5つ星のうち 5.0ビジネスの一つの真髄

(参考になった人 14/14 人)

自分なりに得た教訓:
・成功は偶然(ランダム)によってもたらされる
・偶然をもたらすために意味のある行動をたくさん試し続ける必要がある
・完璧な計画を立てるのに時間をかけすぎてはいけない
・俗にいう「1万時間の法則」は当てはまる領域と当てはまらない領域がある
・成功した人、会社には事後正当化が働くので注意が必要(実は偶然成功している場合はその通りまねしても成功しない)

日本の教育システムはどうしても、徹底的な準備・努力と完璧主義を重視し、多くの努力をすれば勝利することを前提としているので、本書の内容は日本で教育を受けた全ての人にとって非常に大切なメッセージだと考える。


外人と仕事をすると何て適当なんだろうと驚くことが多いが、ある意味それくらいでトライ&エラーを繰り返すほうがビジネスの世界では勝者となる確率が上がる。Amazonだって、設立当初はまさか今のような形になるとは経営者自身思っていなかったはず。
「仕事は楽しいかね」で書かれているメッセージをより理論的にまとめた内容だと感じた。

『世の中の大きな成功は偶然によってもたらされる』立身出世物語などで、偶然のチャンスやいたずらによって成功がもたらされるということは、人々の関心を引きつける物語としてよく語られる。しかし、ロジカルな取り組みがほぼ否定されるとしたら。
正直なところ、初めはただのキワモノのビジネス書として面白半分に読んでいましたが、ロジカルな取り組みが有効なのはルールが変わらない世界、例えば、スポーツやチェスなど伝統的なゲームの世界であり、定まったルールがないビジネスの世界では偶然が支配することを多くの実例を通して紹介してあり、あたまを殴られたような衝撃すら感じました。


ビジネスにおいても、従来型のルールが支配する領域では結局、長時間労働で単価を下げるような競争となってしまう。これを避けるには、やはり多方面にアンテナを張り巡らせ、クリックモーメントを見逃さない感性を磨き、そして失敗しても繰り返しトライする熱い情熱を持つことが必要であると、著者は主張する。これこそ働き方改革なのだろう。

グリーンハウス デジタルオーディオプレーヤー kana DT オーディオ機器からのダイレクト録音対応 FMラジオ ボイスレコーダー機能搭載 8GB ブラック GH-KANADT8-BK

まぁ、値段が値段なのであまり文句は言えないのですが。。。
個人的にドカッと大量に入れた曲をオールランダムで聴くのが好きなんです。で、商品説明に「ランダム再生が出来る」と書いてあったので購入しました。が、これフォルダー内のランダム再生しか出来ないんですね。。。まぁ、フォルダーから全曲出してしまうとかかなり面倒な工夫をすればオールランダムも可能ですが。。。
あと商品説明が少しわかりにくいです。最初ケ○ズデンキで同商品を見た時、店員さんに「これってオーディオ機器からの録音専用ですか? パソコンからの取り込みは出来ないんですか?」と聞いたら「その通りですね」と答えられてしまいました。


不具合は今のところなく、ちゃんと使えてはいますが、説明不足が残念でした。
CDからこれに取り込んだMP3音源と同じ曲をYouTubeで同じスピーカーで聴いてみたところYouTubeのほうが明らかに音が良かったのにもガッカリ。YouTubeのほうがクリアで分離がよく、こちらは籠り気味で音に元気がなく、内蔵のEQを使って不自然な音質にしてようやく聴ける音になります。
音質にこだわりがなく、オールランダムがなくても構わない方にはいいと思います。
説明書もしっかり日本語です。

「itunesに入れてある過去に作った自作音源をiPhoneのアプリでオフボーカルにしてまたiPhoneに戻す」
という用途で
こちらにダイレクト録音してiPhoneに戻すのに使用してみました
ところが必ずと言っていいほど音飛び(大体3分過ぎか4分過ぎ)が発生します
5〜6回録音しましたがたまたま飛ばずに成功したのは1回だけでした

本体の再起動やレベル調整を色々してみましたが変わりません、ついさっき録ったものを確認してみたらまた音飛びが発生しておりました

1曲5分あるので録音するだけでも実に1時間ほど無駄遣いしてることになります

たまたま成功する可能性
(今のところ12〜20%)にかける勇気はもうありません
返品を検討中です

ただボイスレコーダーと音源再生に関しては音質が良かったです
なので尚更残念

5つ星のうち 5.0軽くて使い易い!

(参考になった人 0/0 人)

ダイレクト録音出来るという事で、購入しました。 CDをガンガン録音して聞いています。 すごく使い易いです。 録音の時の充電が、無くなりやすいので、度々、充電しないといけないので、ちょっと面倒ですが、軽くて小さいのに凄く曲が入るので、助かっています。 充電がどのくらい持つのか心配ですが、降っても音が割れないので、運動しながら使えてるので、何個か買っておこうと思います。

グリーンハウス kana DB 単4形アルカリ乾電池対応デジタルオーディオプレーヤー FMラジオ ボイスレコーダー機能搭載 8GB ホワイト GH-KANADB8-WH

ウォーキング時に片耳イヤホンに変えて使用しているが、この価格でこのスペックは十分満足できる商品。 但し、OFFスイッチを押下してもスリープモードになるだけで電池を外さない限り電池は消耗するとのこと。 電池着脱は非常に煩わしくOFFスイッチでの全停止改善 が望まれる。 耐久性は購入後2ヶ月なので不明だが初期故障等はなし。

5つ星のうち 5.0軽くて安い

(参考になった人 0/1 人)

運動する時ように購入しました。 とにかく軽くてかさばらないのがほしかったので、商品には満足しています。 電源ボタンがないのでいちいち電池を外さなきゃいけないのは正直面倒ですが、マイナスポイントはそれくらいでした。 かさばらないし単4電池一本で長く聞けるので家の中でも愛用していますvvv

急ぎで購入しました、ら。 8GBは、私には、少ないでした。 マイクロSDカードが、使えると思ってました。 このサイズで マイクロSDカード対応と、 bluetooth対応 が、ありましたらとても欲しいです。 後は、今のところ 気になりません。

決算書の暗号を解け! ダメ株を見破る投資のルール

会計士として、アナリストとして、相場師として。 このそれぞれの違う立場から、 それぞれに必要なファンダメンタル情報の抽出法や加工法について解説がなされています。 一読すべてを理解できたわけではないのですが、時間をおいて読み返すことで理解を深めようと 思っています。 なお、著者にとってはこれが代表作と言っていいほどの思い入れと自信があるようですし、 それぞれの玄人筋には評判がよかったと自画自賛されています。 案外掘り出し物の本なのかもしれませんね。

投資目線のところまで、決算書を読み込める本は少ないと 思います。 勝間さんも、その後決算書がらみの本は出版していないのと Kindleの発売がないのが、本物なのかもっと思ってしまいます。 勝って、損はないと思います。

5つ星のうち 5.0わかりやすい

(参考になった人 1/1 人)

株をちゃんとやりたい人にはオススメ出来る本です。 古い本ですが基本的なことが多いので今でも十分に役立つ知識が多いです。 逆に中長期のファンダ派の人はこの程度が理解できないと厳しいと思います。

ランダムハウス』の解説 by はてなキーワード

  1. アメリカ合衆国出版社 Random House Inc, − かつて日本では講談社と合弁で「ランダムハウス講談社」を設立していたが、後に合弁は解消された。
  2. 「ランダムハウス英和大辞典」の略称。→ ランダムハウス英和大辞典

ランダムハウス』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.