ラックオペロンのまとめ情報

ラクトースオペロン』の解説

ラックオペロンに関連性が高い単語の解説を表示しています。 ラックオペロンについての情報が含まれているか確認して下さい。

ラクトースオペロン lactose operon とは、 ラクトース (乳糖 lactose )分解に関与する一連の遺伝子の集合オペロンで、リプレッサーオペレーターにより 転写が支配されている。lac オペロン lac operon とも表記する。lac はラックと読む。

1961年のフランソワ・ジャコブジャック・モノーによる大腸菌のラクトースオペロンに関する研究と、その際に提唱されたオペロン説は、遺伝子発現の調節に関する研究の大きな転換点となった。

ラクトースオペロンの構造

オペロンには、タンパク質をコードした構造遺伝子 structural gene およびそれらの発現を制御する 調節遺伝子 regulator gene があるが、このページではその例の一つを解説する。ラクトースオペロンはlacZYAともいわれるが、これはラクトースオペロンがラクトース代謝系の3つの構造遺伝子lacZlacYlacAから構成されているためである。

ラックオペロン』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.