ラグのまとめ情報

ラグ』の解説

ラグ(lag、タイムラグ)とは、人間がコンピュータ命令入力してから命令が実行・反映されるまでの遅延時間(delay time)のこと。またはコンピュータネットワークの中でパケットが送受信される間に生じる遅延時間。これらに関連してオンラインゲームで発生する遅延のことを指すこともある。

コンピュータのラグ

アプリケーションからコンピュータ入力を与える(命令を送る)と、コンピュータが反応して入力(命令)を実行する間の遅れ。ディスクの読み書き、画面への表示などレジスタよりも遅い処理を待っている時間など、コンピュータの処理能力の違いによりラグが生じる。周辺装置、ネットワークなどたくさんの入出力を受け入れる場合には、その処理の優先順位の決め方によっても不便を感じることがある。

応答時間レイテンシマルチタスクも参照のこと。

コンピュータネットワークのラグ

コンピュータネットワークデータを送受信する際にパケットとしてやり取りをするが、パケットが受信側のコンピュータに届くまでの間には必ず時間差、つまりタイムラグが発生する。

良好な環境同士であれば小さなタイムラグしか発生しないが、通信回線の伝達速度やコンピュータ間の距離によっては大きな時間差が発生する場合がある。特に他の国のコンピュータとやり取りをすると顕著である。

この原因は、電気回路、コンピュータ内部と同じように、電流の速度、コンデンサ・コイルなどによる信号の蓄積・ズレ、バッファメモリなどによる蓄積交換の方式などによる。

特に、往路と復路の通信速度が異なる経路を利用している場合や、往路または復路が輻輳しやすい経路を利用している場合には、往路と復路の遅延の差が激しくなることがある。

また、コンピュータネットワークのそれぞれの計算機の時刻が同期しているとは限らないため、往路、復路の遅延の測定が困難で、どの経路を選択すると遅延が少ないかを決定することが難しい場合がある。

オンラインゲームのラグ

オンラインゲームではプレイヤーは常にサーバと通信を行っているが、何らかの原因で通信が正常に行われないとラグが発生する。ゲームの仕様にも寄るが、大半のゲームはある程度の通信の失敗を許容しており、通信が復帰した時点でまたゲームを再開する。この場合プレイヤーの行動が瞬間的に行われたり、ゲームが全く動かない、あるいは突然それまでの行動が取り消され巻き戻るといった現象が発生する。

またはサーバとプレイヤーのパーソナルコンピュータの間のコンピュータネットワークでラグが生じていることもあり、この場合はプレイヤーの行動がゲームに反映されるのが非常に遅くなりゲームに影響を与えるなどの現象が発生する。

FPSのようなリアルタイムで操作が必要なゲームでは、ごくわずかなラグでも支障をきたすことがある。

主な原因

多くの場合はサーバの処理能力・通信帯域に問題があるとされている。ゲームのプレイヤー数が増加すると比例してサーバにかかる負荷も増大するが、このときに対策が行われていないとラグが発生する。よってサーバの性能にもよるが、プレイヤー数の多いゲームほどラグが起きやすい傾向がある。

また、BOTなどの不正プログラムも原因の一つとされており、それらのプログラムの使用はサーバ側では想定されていない行動を行うことがほとんどのため、サーバに大きな負荷をかけている。そのほか、ゲームのクライアントプログラムそのものに問題があることもある。

サーバやプログラムが原因ではない場合、プレイヤーのパーソナルコンピュータの処理能力や通信速度が不足していることがある。

運営側の対応

ラグが起こると普段のようにゲームができなくなるため、プレイヤーは運営側に改善を求めることがあるが、運営側にはラグの対策に消極的な会社もあり、長期にわたってラグが発生しているゲームも存在している。

誤用としてのラグ

ことオンラインゲームでのラグは上記の通り通信におけるタイムラグやサーバー側の問題のことを指しており、クライアント側の処理能力不足によるゲームスピードの低下とは別の物であったが、近年ではクライアント側の処理能力不足(例えばCPUグラフィックカードがゲームの要求する処理速度を満たしていない場合)による入力の遅延もラグと称される場合がある。

その場合快適に動作させるためにはクライアント側での対策が必要となり、上記の通信のタイムラグやサーバーの処理能力不足とは別の問題となるため注意が必要である。

ラグ』に 関連する人気アイテム

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…: 2

5つ星のうち 2.0初のラノベです。

(参考になった人 4/6 人)

一巻が読み辛くも内容は面白かったので2巻も買ってみました。2巻のレビューとしては色々とクドくなりがちですかね。
とても評価が高いので少しびっくりしてしまうほどです。

一巻の後半にかけて「あの時相手が思っていた事パート」は読むのが苦痛でした。というのも想像通りだからです。肩震わせてるのなんて笑い堪えてる描写のありきたりな表現だし、カタリナがただ鈍感過ぎるだけで読者はツッコミながら読むのだから相手パートは別にいらないかなと。しかも書いてあった本編をなぞってるだけなので。

その時実はこう動いてた、とかないんですよ。ただ彼女が大好き、って事をまた読ませられてるだけ。
2巻も変わらずそれは続きます。裏話でもなんでもない、本編でこちらが想像してた通りの事をまくしたてるだけ。
これが2巻ともなると苦痛になってきました。
ぶっちゃけ飛ばしました。
そしてカタリナの鈍感さ、無理があるなとそろそろ冷めてきてしまう。あとソフィアの過去はいらない。
全体的に内容がただの主人公紹介なんですよね。
主人公凄い!主人公大好き!主人公てばこんな事もしたんだよ!私はそれで救われた!
でも本人は気づかない。これを繰り返します。

そして闇の魔力、そんなもんかの印象でした。
主人公は2回人生を送ってると言っても高校生で亡くなってるので精神年齢は高校生です。
高校生でこの恋愛に無関心なのは、というか魅力的な人が多い中好きな人もおらず、異性に触られても何とも思わないなんて、幼児位ですよね。ちょっと主人公が怖くなる巻でもありました。
3巻は、買いません。何かに似てるな、と思ったらクールジャパン系の番組でしたw
あとレビュー欄の得意げにネタバレしてる人はこの作品嫌いなの?私より星多いけどさ。

いよいよ乙女ゲームの時間軸に入ってきます。
基本的な流れはやはり定番の悪役令嬢系の展開です。

が、ここで他の令嬢系とは全く違う一つの要素があります。
それは乙女ゲーム本来の主人公が「転生してない」事。
この手の悪役令嬢者は乙女ゲームの主人公も転生していて、自分こそが主役!とお前が悪役令嬢だろ...と言う物凄い悪人かつ頭の悪い人物が出てくることが非常に多いです。

そして逆に嫌がらせをしたり、頭の悪い展開が続き取って付けたように悪役令嬢が受けるはずの所謂「断罪」イベントを受け死ぬか、追放されるかしてザマアみろ!と言う安易なスカッと展開が待ってます。



そう言うのも悪くはないですが、昨今のなろう系悪役令嬢物は本当にこの展開が非常に多い...最近は乙女ゲームの主人公も改心する...なんて言う救済措置?がある作品も見受けられますが。

さて、この巻では本来の主人公である「マリア」が登場しますが、先ほども述べたように転生した日本人でなく、元々この世界の住人として、乙女ゲームの展開通りとても可愛く、健気で魅力のあるヒロインとして登場します。

そしねそのままカタリナとも仲良くなり...過ぎた感がありますが、友人同士として仲睦まじい姿が見ることが出来ます。

悪役令嬢と主人公が出会ったときから良好な関係かつ、双方が幸せに生活している...
他の令嬢系では滅多に見られない展開です。

それも悪くない物の在り来たりすぎるスカッと展開や、テンプレート過ぎる登場人物に飽き飽きしてる方には是非オススメです。
まったりと恋愛?ラブコメ?が見れますよ!

転生モノの小説を初めて読みましたが色々違和感あるもののかなり楽しく読んでます。一巻より遥かに文章も上達してるし(笑)
ただ辻褄合わないとこかなりあるのでアレ?状態になり読み返したり二度手間残念(ネタバレ→マリアの足の細い鎖のようなもので拘束いつ外したの?誰が?普通に仲間に加わったって笑 鎖のようなものって、闇の魔法じゃないの??)
あとカタリナはタラシでお約束の鈍感系ですが、自分を取り合ってる仲間達に気づかず仲良いなぁって喜んでるのは別に精神年齢が低いからでも頭がおかしいわけでもなく、あくまでカタリナは自分が悪役キャラで追放orデッドと思っているわけで。

なので愛されるとか思えるわけもないんじゃないかな、と。だから回避しようと躍起になったり追放されても生き延びていくために力を蓄えているんだから。だから異常じゃないと思う。カタリナはカタリナらしくそのまんま思い込みの激しい一直線な、猪突猛進なステキな女性です♪そして人を理解しようとした結果タラシなだけです♪(笑)
ただまぁ相手の気持ちがちょいちょい入って中々先に進まないなぁとちょびっとかんじるのでマイナス1かなぁ。

レッツ☆ラグーン

5つ星のうち 5.0次で最終巻…?

(参考になった人 2/2 人)

あと1巻でどう畳むつもりなんだ?

本当に楽しみにしていた漫画なので、非常に残念です。だってどう考えても
あと1巻で終われる内容じゃなかったでしょ。

あれだけの設定と伏線を張っておいた訳だから、次でそれらを全て回収
出来るとは、到底思えない。

何より残念なのは、この漫画は登場人物が作者の都合で動かされてるわけじゃ
なくて、それぞれが自分の意志で行動しているように見えた漫画だったので、
そういう作品は没入感もあるし、単純にワクワクするんですよ。



けど、おそらく最終巻は登場人物が作者の都合で動かされてしまうのだろう。
だから俺は、最終巻には全く期待していません。星5なのは、この巻は普通に
面白かったからです。

8年かけて5巻。

岡崎さん、力尽きてしまったんだな。もう少し頑張ってほしかった。
この漫画がもし1年に3冊出るペースの作品だったら、近年稀に見る
傑作になっていたに違いないと思うんですよ。

悲しいっス。

神山ノリと二人で出ている第3巻を除き、カバー絵は衣舞瀬チカ。今巻ではアップで声も聞こえそう。
女子二人の意地をかけたビーチフラッグス勝負や水着で真剣に、あるいは楽しく過ごしながら、山田、チカ、ノリの無人島生活も順調に継続。タイムスリップ霧を待つだけのはずだったのに、島に再び大異変が。崩壊する楽園の中でそれぞれの熱い心を確かめる壮太、チカ、ノリ。3人はどう生き残るのか?
今回、大人山田はあまり出てきませんが、島に残る山田、チカ、ノリ、大人山田の4人のそれぞれへの思いは複雑。山田、チカ、ノリの三角関係、山田、大人山田、チカの誤解三角関係だけでなく、それぞれの成長もあって、単なるタイムスリップ、無人島サバイバル物を大きく超える人間ドラマを作り上げ、中身のあるSFになっています。
そして、次巻完結が予告されました。刊行は2020年になるのでしょうが、岡崎先生、お体を大事に、ゆっくりしっかりお願いします。読者も健康に気を付けて待たなければ。

5つ星のうち 4.0ちょっと中弛み感…

(参考になった人 0/0 人)

島の実態が判明した巻ですが、登場する女の子2人の恋の駆け引きみたいな話が多かったのでやや退屈な巻でした。島が崩壊する大スペクタクルも、子供の頃見た映画「恐竜の島」みたいな緊迫感になるかと思いきや、恋の話で甘く薄まってしまった感じです。読者が100人いれば物語に何を期待するのかも100通りなので、これでよいと思った方もいるとは思いますが。
しかしながらこの「レッツラグーン」、まだまだ捨てたものではない。青年山田がなぜ危険を冒してまで島にやってきて、誰を救おうとしているのか?島はなぜタイムスリップするのか?先生とお姉さんは無事に帰ることができたのか?彼らは無事に島から脱出できるのか?何よりも作者が無事に物語を完結させることができるのか(笑)?といった謎が残っています。次回、最終巻ですべてが明らかになるのか?また2年後に期待します。

ブラック・ラグーン 10

9巻から長い間を隔てようやく発行された10巻。
日本編から始まりロベルタ編での事で物事に首を突っ込む事にロックが躊躇いを覚えた所からスタートしてました。
そんな所に中国籍の新たな登場人物が現れ問題を抱えている様子。どうやらロックと似たような境遇で何となく放っておけないと思いつつも傍観者に努めようとするロック
今作はこれから始まる事件の冒頭部分であり、荒々しい戦闘は皆無です。しかし今作の見どころはレヴィの気遣いや感情の動きだと思います。
レヴィ事態ロックには日本編でも気遣いをしたりロベルタ編でも関係をはっきりさせようと何かしらの特別な感情が見え隠れしているのは事実です。


しかし今作では今まで善意で物事の奥底まで首を突っ込んでいたロックが躊躇いを覚えています。レヴィ自体は口では関るなと言いつつも、物事に首を突っ込まないのはオカジマロクロウかロアナプラの悪人ロックなのか?この言葉にレヴィ自体の戸惑いも見受けられる。
しかし結局レヴィの後押しや気遣いによりロックは首を突っ込んでみることにします。レヴィとフォンの酒場での会話や二日酔いのレヴィとロックの会話は今までのブラクラには見られなかった会話ですので新鮮です。

何はともあれ11巻が次いつ出るか・・・その心配くらいでクオリティは流石の一言だと思います。

ロベルタ編の重苦しさから解放されて、明るくなってる?レヴィ、ロックの原点回帰など、比較的楽に読める巻です。 しかしハンターハンターもそうですが、こんなに面白いのになかなか次巻が出ません。 最初から読んでる身として絶対にやめて欲しいのは、フェードアウトです。 バラライカ姐さんに会いたいよぉ〜!

5つ星のうち 5.010巻出てたのね!?

(参考になった人 0/2 人)

好きなマンガだったんですが、不覚にも10巻が出ていたことに気づきませんでした。 このシリーズはちょっと落ち込んでる時に読むとなんか生きる勇気が出ます。 新しいエピソードがはじっ待っていますが続きが気になります。 11巻が待ち遠しい。

改良版 ブルートゥース イヤホン Dudios Zeus Plus Bluetooth イヤホン IPX6防水 高音質 apt-Xコーデック対応 低音重視 8時間連続再生 CVC6.0ノイズキャンセリング マグネット マイク付き ハンズフリー通話 bluetoothイヤホン  iPhone/Android/pc各種対応  ワイヤレス イヤホン ブラック

まだそこまで使用期間が長くないので、☆評価は初期評価です。 私は耳のサイズが人よりも小さく、スタビライザーがいつも当たってしまい中々Bluetoothイヤホンに手を出しづらかったのですが、こちらはスタビライザー、イヤーピース共にサイズが豊富で付属品としてついていたので購入させていただきました。 音質なども他の方のレビューを拝見させていただき問題なさそうかなと思っており、実際に通勤電車などで使用しても音楽の遅延やプツプツ途切れることはなく安心しました。 スタッフの方のメールでの日本語は少し不十分ですが、充分に誠意が伝わってくるので好印象です。

イヤホンのつけ心地は耳にフィットしかなりいいし、音質もかなりいいと思います。 ただ、ひとつ残念なのが、曲間にブチッという音がなるということ。 ミュージックプレーヤーでもそうですし、ユーチューブでも。 特にユーチューブは音がひどいように感じます。 これはスマホ側の仕様の問題なんでしょうか?ただ、これまでのBluetoothイヤホンではこういった現象はなかったんですよね…。 改善策があると嬉しいのですが…。 このままいくと返品コースになりそうです。

Bluetoothイヤホンは4本目になります。 すべて同価格帯をせめてます。 コストパフォーマンスはかなり良いかと思います。 音は高音強めです。 音量によっては鼓膜をやりにきています。 見た目は写真ほどはっきりしてなく全体的にボヤッとマットな感じです 白を購入しましたが統率されてて逆にいいです。 開封直後でも線が折れ目だらけでぐちゃぐちゃでないのも良く 箱は高級感ありました。 ペアリングはびびるほどすんなり上手く行きます。

デンソーテン イクリプス カーナビ AVN-R8W 地図無料更新 地デジ/VICS WIDE/SD/CD/DVD/USB/Bluetooth/Wi-Fi 7型ワイド AVN-R8W

後期型トヨタ86に取り付けました。ハンドルステアリングスイッチも連動します。
全面タッチパネルでデザインは最高です。
スマートフォンと同じ操作感のフリック操作なので今までのカーナビに比べて格段に使用しやすいです。
今まで3倍のお金を出して純正品を購入していたのが情けなく感じました。
取り付けもトヨタ車ならカプラーオンなので、トヨタ車の人はavnシリーズ一択ではないかと思います。

全面タッチパネルは物理ボタンがないため、故障リスクも低減できます。


BluetoothでiPhone8と接続してますが、電話、音楽共に問題なく使用できます。
SDカードにmp4形式の動画を取り込んで動画再生も使用できました。

現行型のハリアーに取り付けていたトヨタ純正のものと比較してもナビゲーション精度も全く遜色ないです。

難点を挙げるとすれば、イクリプスのバックモニター画質が悪いこと位です。
イクリプスのバックモニターは設計が古いので新モデルの発売期待します。

5つ星のうち 1.0粗悪品に注意

(参考になった人 5/8 人)

2018年6月購入 10月1日異常有り イクリプスを買う時には、注意して下さい 画面に結露が出る時が有ります 又メーカーの対応が 悪い それが一番悪い 結露が出ても 消えればOKの考え 有り得ません 画面の液晶パネルの上に傷つき防止の硝子が有り その間で 結露したとの事 操作には 差し支えは 出ないと思うので大丈夫との事 見えなく成る事が 操作出来なでしょうが、まず単純に考えて分かるだろ それに隙間を開けてはいけない事くらい分かるだろ 設計ミス 欠陥品 粗悪品 すべてが当てはまる それでも 修理依頼した所 直接ではなく 指定販売店からやり取りをして下さいとの事 意味分からない そんな事言うなら 色々な所で販売するな! ちなみに インターネットで調べた所 2016年頃までの各メーカーでの結露の書き込みが有りましたが その後書き込みが無いので 各メーカー 対処しているのかな?デンソーテンでも 有ったようですが 生かされていません 皆さんも買う時には、結露するかをメーカーに聞いてから 購入を考えるべきだと思います。

余計な機能がなく、シンプルなナビです。 pioneerのポータブルと比べると、このナビは必要最低限以外ナビ音声はありません。 逆に細かく、例えば『次の分岐を直進です。 』など、普通はナビ音声あるはずが、特にナビ音声なし。 つまり、ナビ音声あるまでは、ひたすら道なりに。 ということみたいです。 最近のナビは車両情報を入れると、燃費や、オイル交換時期等補助的に通知してくれます。 便利?かは使用者によります。

ラグ』の解説 by はてなキーワード

主にオンラインゲームなどで発生する遅延のこと。

これが大きいと動作がカクカクになったり、最悪気が付けば別の場所にいた、死んでいたといった

あまり好ましくない現象を起こす。

戦略シミュレーションMMO等ではあまり問題にはならないが、アクション性の高いゲームでは

この現象が勝敗を分ける場合もある。その顕著な例として、オンラインネット対戦ゲームぷよふらではラグによる参加者の不満が蔓延している。

またラグによる遅延を視野に入れ、相手プレイヤーの

移動を予測して行動する(ラグを読む)という戦術も可能にしているが、かなり修行を積む必要がある。

ラグ』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.