ユーザインターフェースのまとめ情報

ユーザインタフェース』の解説

ユーザインターフェースに関連性が高い単語の解説を表示しています。 ユーザインターフェースについての情報が含まれているか確認して下さい。

ユーザインタフェース(, UI)または使用者インタフェースは、機械、特にコンピュータとその機械の利用者(通常は人間)の間での情報をやりとりするためのインタフェースである。ユーザインターフェース/ユーザインタ(ー)フェイス/ユーザーインターフェ(イ/ー)スなどの表記ゆれが見られるが、本記事では「ユーザインタフェース」で統一する。ユーザインタフェースは以下の手段を提供する。

  • 入力 - ユーザーがシステムを操作する手段
  • 出力 - ユーザーが操作した結果システムが生成したものを提示する手段

概要

システムを使う場合、ユーザーはそのシステムを制御でき、システムの状態を知ることができる必要がある。例えば、自動車を運転する際、運転手はハンドルを操作して進行方向を制御し、アクセルとブレーキとシフトレバーで速度を制御する。運転手は窓を通して外界を見ることで自動車の位置を把握し、速度計で正確な速度を知ることができる。自動車のユーザインタフェースは以上のような機器群で構成されており、全体として自動車の運転に必要なものを全て提供している。

ユーザインタフェースという語は、機械類等とそれの利用者、という関係を前提としている所がある。利用者という立場よりもより一般的に人間をとらえ、またそれと対峙するのが機械であることを意識・強調した語としてはヒューマンマシンインタフェース(HMI)がある。

ユーザーの種類によって異なるユーザインタフェースが用意されることも多い。例えば、図書館のシステムは、一般利用者向けの「とっつきやすさ」を重視したユーザインタフェースと、館員のための熟練を前提としたユーザインタフェースを持っているであろう。

場合によっては、コンピューターはユーザの振る舞いを観察し、特定のコマンドを入力しなくても何らかの反応を返すことがある。肉体の各部分の動きを追う手段が必要とされ、頭部の位置を把握するセンサーや視線の方向を把握するセンサーが実験的に使われている。これらは没入型インタフェースと呼ばれるものと深く関係している。

ユーザビリティ

ユーザインタフェースのデザインは、ユーザーの入力に要する労力の量や出力を解釈するのに要する労力の量、さらには使い方の学習にかかる労力に深く関わっている。ユーザビリティ (usability)とは、特定のユーザインタフェース設計でユーザーの心理学的側面や生理学的側面をどの程度考慮しているかを測り、またそれによってそのシステムを利用する際の効率/効果/満足度を測る尺度である。

ユーザビリティは主にユーザインタフェースの特性だが、製品の機能そのものとも関係している。それは、ある製品が意図された目的に対して対象ユーザーによってどの程度効率よく、効果的かつ満足して使われるかを示すと同時に、利用時の状況から生じる要求を考慮しているかどうかにも関係する。これらの機能や特徴は常にユーザインタフェースの一部とは限らないが、製品のユーザビリティの重要な要素である。

UIデザインのための原則の中でも、や、ヤコブ・ニールセンによるものは最も著名である。国家試験である情報処理技術者試験でも、2010年に「ヤコブニールセンのユーザーインターフェースに関する10か条のヒューリスティックス」として出題されている。シュナイダーマン、ニールセン共にその原則に「一貫性の保持」や「エラーの防止」が含まれ、同じでなくとも類似したものも含まれている

コンピュータ

コンピュータプログラムのユーザインタフェースとは、プログラムがユーザーに提示するグラフィカルな情報、テキストによる情報、音声による情報と、ユーザーがプログラムを制御するときに使う制御シーケンス(キーボードによるキー押下、マウスの動き、タッチパネルにおける選択など)を指す。以下ではプログラム(ソフトウェア)についての他、デバイス(ハードウェア)等についても触れる。

分類

2008年現在、ユーザインタフェースには主に以下のような種類がある。

グラフィカルユーザインタフェース (GUI)
入力としてキーボードマウスといったデバイスを用い、ディスプレイ上にグラフィカルな出力を提示する方式。
マウスを使った入力方式はWindowsMac OSのものが一般的だが、他にも境界線と交差するマウスポインタの動作で何らかの情報を入力する方式 (Crossing Based Interface)、マウスジェスチャーで制御する方式などもある。
ウェブユーザインタフェース (WUI)
ウェブページ生成によって入出力を行い、それをインターネット上で転送し、ウェブブラウザでユーザーがそれを表示する。既存のHTMLベースのウェブブラウザを使うことができ、制御はJavaAjaxAdobe FlashMicrosoft .NETといった比較的新しい技術で実装される。
キャラクタユーザインタフェース (CUI)
ユーザーがキーボードからコマンドを入力し、ディスプレイ上に文字を表示することで出力とする方式。マウスなどポインティングデバイスを使用しないシステム管理作業などで使われる。
触覚インタフェース
補助的な出力として触覚フィードバックを用いる方式。コンピューターシミュレーションバーチャルリアリティで使われる。
タッチインタフェース
タッチパネルとGUIを入出力に使う方式。工業機械やセルフサービス型機械(ATMなど)またはタブレットなどでよく使われる。

その他のユーザインタフェースの種類として、以下のものがある。

バッチインタフェース
バッチ処理で使われる対話型でないユーザインタフェース。ユーザーはバッチジョブとして処理の詳細をまとめて入力し、全ての処理が完了した時点で出力結果を得る。処理が始まると、システムはさらなる入力を求めることはない。
パーセプチュアルユーザインタフェース (, PUI)
ユーザーは従来的なコマンド入力を行わず、身振り手振りや音声を使って意思を伝達し、出力は映像や音声で行われる方式。KinectSiri/Cortanaなどが挙げられる。
リフレクシブユーザインタフェース ()
ユーザインタフェース全体をユーザーが再定義可能な方式。主に非常にリッチなGUIでのみ可能。
タンジブルユーザインタフェース (, TUI)
物理的な接触を重視したユーザインタフェース。
テキストユーザインタフェース
出力はテキスト形式だが、入力はコマンド入力以外の方式も可能なユーザインタフェース。テキスト方式のメニュー操作などを指す。
電話において、音声で案内し、ユーザーは電話機のプッシュボタンで入力する方式。音声ガイダンス。
ズーミングユーザインタフェース
GUIの一種で、情報オブジェクト群が異なる詳細さレベルで表示され、ユーザーがその中からオブジェクトを選ぶとさらに詳細が表示されるという方式。Microsoft Windows 8で導入されたModern UIスタイルのアプリケーションでは、「セマンティックズーム」と呼ばれる。

歴史

ユーザインタフェースの歴史は、支配的なユーザインタフェースの種類によって以下のように分けることができる。

1990年代以降に勃興したユーザインタフェースとして、以下のものがある。

モダリティとモード

ユーザインタフェースにおけるモダリティとは、入出力に使用されるコミュニケーションの経路である。例えば、

  • 入力 - キーボードによりユーザーはテキストを打ち込むことができ、ペンタブレットによりユーザーは自由に線を描くことができる。
  • 出力 - ディスプレイによりシステムはテキストやグラフィックスを表示でき(視覚モダリティ)、スピーカーによりシステムは音を生成することができる(聴覚モダリティ)。

ユーザインタフェースは複数の冗長なモダリティを備えることがあり、ユーザーがいずれかを選択して使うことができるようになっている。

一方、モードはこれとは異なる概念で、プログラムの状態が異なると同じ入力を与えても異なる結果を生じることを意味する。モードを多用するとユーザーは常に現在の状態を覚えておく必要があるため、ユーザビリティの低下を招く。

ユーザインターフェース』に 関連する人気アイテム

microSDXC 64GB SanDisk Ultra UHS-1 CLASS10 SDアダプタ付き

メモリー容量の大きなドライブレコーダー用に購入しました。 以前のドライブレコーダーは32GのマイクロSDカードを使用していました。 ドライブレコーダーの買い替えに伴い64GのマイクロSDカードを購入しました。 容量が倍になり価格は倍しません。 何度も上書きを繰り返すドライブレコーダー用の消耗品マイクロSDカードとしては得になります。 128Gも検討しましたが、64Gのほうが容量と価格を比較してお得感があるので64Gにしました。 パソコンへの読み込みも32Gの時と変わらない早さに感じます。

スマホ用に買ったのですが、いい感じです。 私は、そんなに速度を求めないので十分です。 スマホのダウンロードや写真をSDにすべて落とすようにしてますので、それなりの容量が必要でしたが、64GBなら、写真撮りまくる人でない限りいあ具合では。

4k対応のドライブレコーダーで使うために購入しました。 クラス4では書き込み速度が追いつかなくて録画した動画が細切れになってましたが、このぐらいの書き込み速度になると問題なく録画できました。

microSDHC 32GB SanDisk Ultra UHS-1 CLASS10 80MB/s SDアダプタと保管用クリアケース付き

5つ星のうち 4.0表記が不安だが

(参考になった人 1/1 人)

UHS-I/CLASS10のSDカードを要求するアクションカメラ用に購入。 結論から言えば無難に使えております。 ただ、カード自体にはなぜかC10のマークはあってもU1のマーク表記が無いのが少し気になります。 他の同クラスのカードには両方記されているのですが…? あと、初期設定ではフォーマットがFAT32になっているので特に差し支えなければNTFSにフォーマットし直しておいたほうがよい。 (古い機材だとNTFSに対応していないものもあるので注意)

5つ星のうち 4.0量販店よりも

(参考になった人 0/0 人)

品質的には問題なく使用できています。 量販店で買うよりもお得に買えるのでとても良かったですが、発送時の一緒に頼んだ商品の影響かわかりませんが、箱にしっかり入った状況で届いたため、ポストインできず受け取りに時間がかかる場合があったという点ですね。

5つ星のうち 5.0悪くはない

(参考になった人 0/0 人)

防犯用カメラに使っています。 SanDiskは今まで裏切られたことが無いので私的にはお気に入りですね。 性能を追求するような使い方はしていませんが、一般的に良い商品だと思います。

SanDisk サンディスク 超高速UHS-I microSDXC 64GB アプリ最適化 A1対応+ SD アダプター + 保管用クリアケース

PCで認識できず、ノートパソコンで何とかフォーマットできたが容量が27GBでした。 ショップに返送したら、原因不明のエラーで27.4GBの表示だったのが、なぜか、急に正常に戻ったということで、そのまま現品を返送してきました。 一度、エラーを起こした物を信頼性が必要なドライブレコーダーに使うことも出来ず。 単なるオブジェです。 更に残念なことに、往復の送料はすべて購入者負担で、着払いで現品が送られてきました。 初めからアマゾン経由で返品、返金を要求すべきだったと悔やんでいます。

5つ星のうち 4.0とりあえず使える

(参考になった人 1/1 人)

スマホ用として購入したのでマウント後フォーマットしAVデーターを書き込みました。 容量やファイル内容も認識されていますので初期チェックはクリヤとします。 画質や信頼性は今後の評価とします。 P8LiteのマイクロSDホルダは狭いので、厚みがバラツキ上限品などは取り出し不可になり易いのですが本品はOKでした。

5つ星のうち 4.0コスパが良いです

(参考になった人 0/0 人)

価格を考えると、問題なく使えるので、良いと思います。 バルク商品なので、取説など一切なく、不安な方は、サイトで、性能を確認してから、購入するとよいです。

Covia ネットワーク対応 超薄型多機能体重計 <WiFi Body Scale> twitter連動機能 データ自動記録 WBS01

5年ほど使いました,電池交換のたびに再設定に苦労したり,脈絡なくあらわれる誤差に嫌気が差しました.NOKIAになって専用ソフトの品質が(近代的な見た目のデザインと引き換えに)改悪され,今回の電池切れでついに初期設定できなくなりました.
買ってはいけない製品です.

## 初期設定

説明らしい説明がありません.表示されているURLにアクセスするとNOKIAのサイトに飛ばされます.アカウントを作り,ログインし,専用ソフトをPCなりにダウンロードし,体重計のボタンを押してコードを入れろと言われますが,(全部英文),コードはあっという間に消えるので入力は素早くやらねばなりません.

それにコードを入れたところで何も起こりません.
スマホからNOKIA製の専用ソフトでも試みましたが,デバイス検索中になったまま何も起こりません

かつては,この面倒な手続きの末に,半ば偶然に動作することもありましたが,
その場合でも電池交換のたびにこの面倒な手続きが必要です.

## ソフトの改悪

グラフのメモリが非常に見にくいです.グラフの線は非常に細い,スマートな淡い色で,非常に見にくいです.

## 脈絡ない誤差

異常な値が時々表示され,それが記録に残るので,体重の変化を管理することができません.
同じ設置場所でも1日で1kgとか2kgとか違う値がでたり,数分で500gとか1kgとか体重が変化します.

## サポート無し

webの情報は,見出しだけが日本語でFAQなどのトラブルが合ったときの情報は英語のままです.
英語を読んでみても別段有益な情報はないようです.

## 現在も改良されたいない

この機種は非常に古いですが,
NOKIAブランドになってから発売された新機種でも,同様の批判的なレビューがあります.
何も改善していないようです.
そもそも体重の測定値に異常な誤差があるので計器として販売が許される事自体が不思議です.
新機種も含めて買ってはいけないと思います.

2年ほど前からですかね、ツイートしなくなったのでHPを覗きに行ったら、どうも工事中で機能停止したようです。

4月にメールで問い合わせた所、「Withings社へ確認を行っておりますが、Twitter機能がご利用可能な状況になるには、お時間が掛かるとの事です。」
と返事を頂いたものの、7月末現在、やはりツイート機能は停止したまま。

繰り返しますが、今この体重計を買ってもツイートしません。昔買ってツイート機能を設定した状態で止まっているならツイートする可能性もありますが
少なくとも私は、ツイート機能が死亡した後に設定を変更しようとしてツイートしなくなり、今現在までツイート機能が復活していません。



販売社も言っているので間違いはないでしょう、今買っても、この体重計は正しく機能しません、他社の商品を買いましょう。

なお、体重をネットワーク上で管理する機能は残っているので、それだけでも構わないならこの体重計でいいでしょう、ただし
「売り」にしている「Twitter連動機能を利用すると日々の体重などの変化をTwitterで”つぶやく”ことができ」が現在大嘘になっているにもかかわらず
掲載されている以上、突如他の機能も死亡していても、そのまま放置されている可能性を考慮して欲しいです。

以前はTANITAの体組織計を使って、数値をメモしていたのですが、面倒になり買い替えました。

Wi-Fiを通じて同期できるのは本当に便利で、面倒臭がりの僕でも体重を計る習慣が身につきました(笑)Appleのヘルスケアとも同期でき、とても便利に使っています。

デザインはブルーを購入しましたが、結構水アカが目立ちますね。気になる方はホワイトも清潔感があって良さそうです。

上記の通りデザインも機能も気に入っているのですが、計る度に高確率で2kg前後重く計測されます。

一旦体重計を降りると「1.8〜2kg」と表示されていて、その表示が消えてもう一度乗ると正しい数値で計量されます。些細なことなんですけど、乗る度に「今日はどうかな?」と思うのは煩わしいですね(笑)体重の精度もやや怪しい感じも無くはないです。

あとは、天気とか心拍数は無くてもいいかなと思います。

それでも、乗るだけでスマホで体重を確認できるのは本当に便利です。

失敗から学ぶユーザインタフェース 世界はBADUIであふれている

シグニファイアやアフォーダンスなどの認知科学に興味があり読みました。

BADUIを単なるダメなUIとして断罪するだけでなく、そこに学びの可能性を見出し、時には「困ったUIだなあ」と愛でてすらいる著者の姿勢が面白かったです。

読了後は、私もBADUIを見つけ、これは面白いなあと観察する趣味(?)ができました。最近ではハワイに行ったとき、ショッピングモールのトイレで、男女の判別をしづらいマークを発見しました。男性と女性でマークの形が違うのですが、色が両方とも黒なのです。

「黒ということは男を示しているのかな?」と早合点し、危うく手前にある女性トイレに入るところでした。これもBADUIなのかなと思います。

本書の良いところは、こうしたデザインを「面白いなあ」で終わらせず、「どうしてこのようなデザインになっているのだろう」「どうしてこのデザインは間違うのだろう」といった問いを読者に投げかけるところです。先ほどのハワイのトイレの例で言えば、「なぜハワイのトイレのマークはどちらも同じ黒色なのだろう?」「どうして色が同じで形が違うだけだと間違えるのだろう?」といった問いになると思います。

こう考えると、本書が一部のデザイナーやエンジニアだけでなく、より幅広い読者にとっても興味深い一冊になっていることが分かると思います。BADUIを考えることは、単に認知科学や設計工学について考えることだけではなく、私たち人間について考えることにもつながるのではないでしょうか。

私は理系的な知とはなかなか重ならないような勉強を大学でしてきましたが、このように理系と文系の区別を意識せず、「面白い!」といった純粋な動機から何かしらの学びの欲求をつなげていく試みは、非常に大切なものだと感じます。

ちなみに著者の方はBADUI研究のほかに手書き文字の解析やツイッターでの「ネタバレ検出」など、さまざまな取り組みをしていてそちらも興味深いです。

5つ星のうち 2.0示唆に乏しい

(参考になった人 7/10 人)

インタフェースデザインにかかわる書籍は多いです。
ノンバーバルインタフェースをどうデザインに昇華させるかというアプローチや、
社会の枠内での人間の振る舞いを観察してデザインのヒントとするアプローチ。
これらアプローチに従った本としては「よい製品とは何か」「考えなしの行動」
などがあり、直感的/本能的に面白いです。
本書はアプローチの観点が「バッドデザインとなってしまった理由とそのプロセス」
としており、理由のカテゴリー別に記述されているので、説明的すぎるというか、
結果論的な書き方になっているので読んでいて面白さに欠けます。


★2016年8月30日追記★
印象は上述した通りなのですが、ちょうど同じテーマで講演する機会を持つこと
になったのでもう一回読み直してみました。印象はさらに悪化。以下その理由。
・使っている写真の質が最悪。堂々と撮ったのでなく、隠し撮りしたかのような
チープな写真が8割方占めます。取材の手を抜きすぎ。

・解説文が大変回りくどい。UIを論ずるなら文章もシャープでないとダメでしょう。

・インデックスとしてページの端にアイコンがつけられているのですが、アイコン
のデザインとコンテンツが合っていない。
(一読目ではコンテンツの酷さで頭と視線が占有されて編集には目がいかなかった)

断じます。これはダメ本です。
★追記終わり★

5つ星のうち 3.0納得できるBADUI集

(参考になった人 2/2 人)

デザイン、工学、情報を学んでいる人だけではなく、一般の人も日常生活で出会う使いにくいシステムや仕組みがわかりやすく紹介されています。自分で見つけるには難しいけれど、言われてみると納得できる例がたくさん紹介されています。「こうすればGOOD UIになる」という肝心の情報が抜けているという評価もありますが、その部分を自分で考えることも勉強になりました。このような例集は他にあまり見かけないので、この本の元になった「楽しいBADUIの世界」というwebサイトを見てから本を読むかどうか検討するのもオススメします。



残念なのは、目次の分け方が以下のようになっていて、同じBADUIの例が何度か他の項目で紹介されていて探しにくかったことです。

プロローグ ようこそ
1 手がかり
2 フィードバック
3 対応付け
4 グループ化
5 慣習
6 一貫性
7 制約
8 メンテナンス
9 人に厳しいBADUI
エピローグ 楽しいBADUIの世界

ユーザインターフェース』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.