ミラーレス一眼のまとめ情報

ミラーレス一眼カメラ』の解説

ミラーレス一眼に関連性が高い単語の解説を表示しています。 ミラーレス一眼についての情報が含まれているか確認して下さい。

thumb

ミラーレス一眼カメラ(ミラーレスいちがんカメラ)とはデジタルカメラの分類のひとつで、一眼レフカメラの光学式ファインダーの代わりに電子ビューファインダー液晶ディスプレイを通じて像を確認する形式のレンズ交換式デジタルカメラの総称である。

ミラーレス一眼の呼称は、従来の一眼レフカメラと比較して、撮影用レンズの入射光を光学式ファインダーに導くための反射ミラーが存在しないことに由来する。ミラーレス式カメラミラーレス機などとも称される。市場では画質・表現力が同等のデジタル一眼レフカメラとひとくくりに分類され、デジタル一眼カメラもしくはレンズ交換式カメラという表現を用いるメーカーや販売店、価格比較サイトも見られる。

メーカーによってはあえてミラーレスと呼称せず、独自の名称を使用しているメーカーも存在している。

CIPAは統計上の呼称として「ノンレフレックス」を使用するが、これにはミラーレス一眼の他に、コンパクトシステムカメラ、レンズ交換式レンジファインダーカメラ、カメラユニット交換式カメラなどが含まれた総称となるので注意が必要である。

概要

厳密な定義はないが、2013年時点では「レンズ交換が可能なデジタル一眼レフカメラから、光学式ファインダー(レフレックスファインダー)に関係する構造を除くことで小型軽量化を図ったもの」と認知されていた。光学式ファインダーの代わりに電子ビューファインダーを内蔵したもの、液晶ディスプレイをファインダーとして使用するもの、電子ビューファインダーが着脱可能なものなどが存在する。イメージセンサーは、コンパクトデジタルカメラと同サイズの1/2.3型から、4/3型(フォーサーズ)サイズ、APS-Cサイズなど、メーカーによってさまざまなサイズのセンサーを用いたカメラが販売されている。構造的には「レンズ交換を可能にしたコンパクトデジタルカメラ」と考えることもできる。

そもそも一眼レフカメラとは撮影画像とファインダー画像を一致させるために発明されたものであり、撮影用レンズを通った光をフィルムの手前に置いたミラーで反射させ、その光を光学式ファインダーに導くことで実現した。この機構はフィルムカメラ時代には複雑高価であったが、デジタルカメラにおいてはイメージセンサーで捉えた画像を電子式ファインダーに表示するだけで同じことを簡単に実現できる。このため、光学式ファインダーを省くことで小型軽量化を実現する新形式のレンズ交換式デジタルカメラが開発・商品化され、一眼レフカメラのデジタル化の中で派生した形式として「ミラーレス一眼」と称されると、重くて大きなカメラは持ち歩きたくないが綺麗な写真が撮りたい、という顧客層を中心に受け入れられた。

歴史

一眼レフカメラをデジタル化する試みは1986年頃から始まった。当時は既存のフィルム式一眼レフのオプション品として、フィルムバックにイメージセンサーを取り付けた形で提供されていたが、1991年に世界初のデジタル一眼レフカメラ、コダックプロフェッショナルデジタルカメラシステムDCS100が発売された。これはフィルム式一眼レフニコンF3をベースに130万画素のCCDセンサーを搭載したものであった。その後、フィルムカメラが市場から駆逐されデジタルカメラがカメラ市場の主流となる中でデジタル一眼レフの低価格化が進み、デジタルカメラ市場における一眼レフの割合は台数ベースで1割、金額ベースで3割を占めるまでになった(2010年3月、日本市場)。しかし、外観・構造においては基本的にフィルム時代の一眼レフと変わらない状態が続いた。

その中で、デジタル一眼レフ市場で劣勢に立たされていたフォーサーズ陣営が巻き返しを図って新たに「マイクロフォーサーズシステム」規格を策定し、2008年8月5日に発表した。これはレンズ交換式でありながら、ライブビュー専用規格としてミラーボックスを持たない構造(ミラーレス)とすることでフランジバックを約半分まで縮めるもので、光学式ファインダーを省いたこのミラーレス機は、様々な点で一眼レフ機とは異なるレンズ交換式カメラの新形式である。1か月後の2008年9月12日にはパナソニックが世界初のミラーレス一眼「LUMIX DMC-G1」を発表、10月31日から発売が開始され、その後オリンパスからもミラーレス一眼が発売された。ミラーレス機はイメージセンサーを常に動作させ続けなければならないため、その発熱や消費電力が問題となる。最初のミラーレス機がフォーサーズ陣営から登場した背景としては、ライブビューやコントラスト検出AFを前提とした低消費電力のイメージセンサーが2006年の時点ですでに実用化されていたことが挙げられる。

その後両社のミラーレス機がいずれも売上を伸ばし、2010年上半期の日本市場においては、レンズ交換式カメラの中でミラーレス機の占める割合は台数ベースで20%前後に達した。

ミラーレス市場への他社の参入も見られ、まず、サムスン電子が2010年2月からAPS-Cミラーレス機「NX10」を韓国や欧州などの市場で順次発売、ソニーもAPS-Cミラーレス機「NEX-5」「NEX-3」を2010年6月に発売すると、日本市場においては、レンズ交換式カメラの中でミラーレス機の占める割合は台数ベースで32.5%に達した、ミラーレス機の普及は市場に大きな変化をもたらしており、2011年秋にはペンタックスとニコンが、2012年秋には最大手のキヤノンが相次いで参入、2015年にも世界市場で一眼レフ機を逆転するとの予測もある。

代表的なミラーレス一眼カメラ

マイクロフォーサーズシステムでは撮像素子のサイズを規格として定めているが、ほかのマウント規格には、撮像素子のサイズが定められておらず、異なるサイズの撮像素子を採用し得るものもある。以下に示す撮像素子のサイズは現行機のものである。

長所

  • ミラーがないため、一眼レフに比べて小型軽量である。
  • 光学系の構造が簡単であり、故障が少ない。
  • ミラーがないため動作音が小さい。フォーカルプレーンシャッターによる小さな音がするのみである。電子シャッター搭載機では完全な無音撮影が可能。
  • ミラーショックによるブレがない。
  • 動画撮影機能との親和性が高い。
  • イメージセンサーが常に動作しているため、画像認識を利用したさまざまな機能(顔認識、被写体追尾など)が実現できる。
  • ファインダーに豊富な撮影情報を表示することができる。
  • 光学式では精度的に困難であった視野率100%のファインダーが簡単に実現できる。
  • 機械部品や光学部品が少なくなるため、コスト面で有利。また他分野からの新規参入も比較的容易である。
  • 小型ボディでもファインダー倍率を大きくできる。一眼レフでは一般的にボディが小さく軽いものはファインダー倍率が低くなる。
  • プレビュー(絞り込み)ボタンによって撮影前にボケ具合(被写界深度)が確認できる。光学式でもプレビューは可能だが、実際の撮影画像とはボケ具合に違いが生じ、確認中はファインダー像が暗くなる。
  • フランジバックを短い設計にしている機種は、マウントアダプターを用いて使えるレンズマウントの種類が多い。
  • 一眼レフカメラに比べてバックフォーカスを短く出来るため、専用レンズの光学設計が容易になり、レンズ(特に標準~広角)の明るさ(F値)改善、小型軽量化、低価格化、などが可能となる。
  • ファインダーのプレビュー画像も電子的に補正できるため、電子補正を前提としたレンズ設計が可能になり、レンズ設計における収差補正の自由度が格段に向上する。その結果、諸収差の良好な補正とレンズの小型軽量化の両立が可能となる。具体的には電子的補正が難しい非点収差は光学的に徹底的に補正したうえで、歪曲収差は電子的に補正するといった設計手法が用いられている。
  • トイカメラ風やジオラマ風などといった特殊効果をリアルタイムに確認できる。

短所

  • 電子式ファインダーの性能が不十分と感じる人がいる。
    • 表示に若干のタイムラグがある。
    • コントラストが低いため、白とびや黒つぶれが発生する。状況によっては被写体の確認すら困難になりかねない。
    • ファインダーの種類にもよるが、特に解像度が低くファインダー倍率が低いものでは精密なマニュアルフォーカスが困難である。その欠点を補うべくマイクロフォーサーズにおいてはフォーカスリングの操作に同調して自動で拡大表示されるなどの工夫がなされている。
    • 晴天時の屋外では周囲の自然光よりもモニタのバックライトが暗いため、背面モニタの視認性が著しく低下し、被写体の確認が困難になる。対策として、接眼して使用する電子ビューファインダーを内蔵したり、オプションで搭載できるようにしている機種もある。
  • 小型化のためにはレンズマウントの変更が不可欠であるため、過去のレンズ資産を継承しづらい。そのため現時点においては、AFやAEの機能をフルに生かせる交換レンズの種類が少ない。使用にはマウントアダプターが必要であったり、AFやAEなどの動作に制限が加わるリスクがある。
  • 撮像素子やファインダーが常に動作しているため、ユーザー側でバッテリーを長持ちさせる工夫ができず、センサーの熱ノイズが増加するといった問題がある。一方、一眼レフでは液晶画面を消灯することでバッテリーの消費を抑えることができ、熱ノイズの増加も少ない。
  • 一眼レフと比べ、ファインダーに像が反映されない時間が長く被写体を追従するのが困難になる場合がある。この理由としては以下のものが挙げられる。
    • 撮影時にシャッターの余分な開閉動作が必要。この点については対応策として電子先幕シャッターを採用することにより機械的な開閉動作を減らし、ファインダーに像が反映されない時間やレリーズタイムラグを短縮している機種も登場してきている。
    • 撮影とファインダー表示に同じセンサーを兼用しているため、撮影済画像をイメージセンサーから読み出している間はファインダー像を表示できない。2017年、ソニー「α9」が、メモリー内蔵型イメージセンサーを搭載したことにより、一定条件化でのブラックアウト時間ゼロでの撮影を可能にした。

ミラーレス機に近いコンセプトを持つもの

180px

ミラーレス機に近い設計思想を持つものとしてリコー・GXRがある。レンズと撮像素子をモジュール化して撮像素子ごと交換できるようにしたものであり、ミラーレス機のひとつとして扱われることもある。

ユニットによって撮像素子のサイズは異なり、1/1.7型CCDセンサーのRICOH LENS S10、1/2.3型CMOSセンサーのP10、APS-CサイズCMOSセンサーのGR LENS A12シリーズが発売された。

2011年9月には、APS-CサイズのCMOSセンサーを搭載しライカMマウントレンズの装着が可能なレンズマウントユニット「GXR MOUNT A12」がリリースされた。

また、ミラーがなくレンジファインダー(光学式ファインダーの一種)を持つデジタルカメラとして、ライカM8M9セイコーエプソンR-D1シリーズがある(2010年現在)。ミラーにまつわる弱点がなく小型軽量化が可能という点でミラーレス機に通じるが、従来型の光学式ファインダーによる撮影を前提としているため、ミラーレス機には含めることはない。ミラーレスカメラの中にも、富士フイルムX-Pro1のように、実像式光学ファインダーと電子ビューファインダーを組み合わせたハイブリッド型ファインダーを搭載する機種もある。

これらのカメラはミラーレス機には含めないが、「ノンレフレックス」には含まれる。

ミラーレス一眼』に 関連する人気アイテム

【進化版】MUSONアクションカメラ 4K高画質 手振れ補正 WiFi搭載 外部マイク端子搭載 30M防水 1600万画素 170度広角レンズ 2インチ液晶画面 リモコン付き 高品質バッテリー2個 HDMI出力可能 ドライブレコーダーとして使用可能 防犯カメラ スポーツカメラ ウェアラブルカメラ MC2 Pro1 ブラック

Windowsで再生するにあたっては音声が出ません。
※音声コーディックが古すぎます。
Android8.0では再生できません。
90秒の動画で(1080の60コマ)7GB食った。
サポートセンターにメールしたら
『画質を落とせ』とのこと。
はっ?
たった90秒の動画で7GBだよ?
動画編集ソフトでの読み込みができません。
2社で。
お客様の方でFWのアップデートを試みてくださいとのことだが
いつになったらFWを送ってくるんだろうか?
YouTubeで皆さん苦労してます。


muson mc2 proで検索すると
対処法が載ってます。
どうやら1.2→1.4にアプデすると
治るようですが、いつ送ってくるんだろ
↓musonサポートセンターのアドレス↓

csmuson.jp@yahoo.com

7/20に届いて即日動作確認。 設定変更しても、同時購入した外部マイクを接続しても、音声が記録されません。 即日、交換要請のメールを送りました。 只今、返信待ちにつき評価はこの程度かな? 画質は分からなかった悪くないですが、かなり広角な為、左右の歪みは結構なものですが、これは値段を考えると、こんな物かと。 進化前版を使用していますが、音声にノイズが気になった為、買い換えし外部マイクを導入してみましたが、残念ながら不良品なので進化の度合いは確認出来ずです。

5つ星のうち 1.0改良版とは言うが?

(参考になった人 0/0 人)

改良版となり外部マイク対応という事で飛びつきましたが大失敗。 Windows10では映像は再生されるが音声は出ない。 編集ソフト(コーレルビデオスタジオ)でもエラーになる。 変換ソフトでMP4にすると正常に再生、編集も出来るようになりますが画質が劣化する。 又静止画がワイドでない。 3:2です。 これは好みもあるでしょうが。 。 。 以前のバージョンの方が映像も静止画も上だと思います。 ひとつだけ良い点は設定が前よりはわかりやすくなってる事かな。

HAKUBA 4段三脚 W-312 ブラック エディション 小型 3WAY雲台 アルミ W-312BK【Amazon.co.jp限定】

デジタル一眼レフの集合写真用で購入しました。 プライムデーのセールで安かったのであまり期待をせずに購入。 届いて開けてみたらなかなかの良い物でびっくり。 かなりコスパがいい 軽くて収納袋もついてくるので、持ち歩きにもぴったり。 届いたばかりなので耐久性はまだわからないですが、見た感じ大切に扱っていれば全然壊れなさそうでした いい買い物ができた!

Cheap and light weight - can be blown in heavily wind its light - so you can carry anywhere. Just make sure you have sandbags to add some weight so it wont fall off.

5つ星のうち 3.0カバーに泥汚れ?

(参考になった人 0/0 人)

想像通りの商品 説明書を読まなくても簡単に使えます。 軽くてコンパクトなので持ち運びも楽です。 ただ、その持ち運びに使うカバーがひどく汚れていて驚きました。 泥汚れみたいなもので水拭きしたら取れましたし、返品交換もめんどうなので、このまま使いますが、気分はよくありませんでした。

Nikon デジタルカメラ COOLPIX A100 光学5倍 2005万画素 レッド A100RD

購入してから約1週間で、価格が400円程安くなっていました。どこまで下がる事か。。ちょっと損をしたかなぁ。

画像にあまり拘りのない方にはお勧めです。
2005万画素も有れば十分なのですが、光学5倍ズームは、もう少し欲しい所でしたが、
上位機種との価格差と、小型である為持ち運びやすさ、凝った写真を撮る事も無く、
日常の記録や、スナップを撮る事くらいなので、本機種を選びました。

ただ、ピントが合いずらい面があります。薄暗い所ではフォーカスロックされない事が多いですね~。


コンパクトなので、落とさない様にストラップを腕に巻くと良いかも。
バッテリーのもちは、平均的かと思いますが、予備に2個購入致しました。

エントリーモデルなので、合格かと思います。

5つ星のうち 2.0軽すぎてブレる

(参考になった人 0/0 人)

接写に向かないカメラだと思います。 10cm離れないといけないですしピントが合いづらいです。 軽量すぎてブレる事が多いです。 前のカメラの時は一発撮りで済んでいましたが何度も取りなおさなくてはならず昆虫を取る場合など不向きです。 買い替えを考えています

5つ星のうち 2.0まあまあ

(参考になった人 0/0 人)

1万円以下で買えるカメラとしてはまあまあ。 趣味性薄いし観賞用や「作品」撮るには不向き。 電源スイッチ押しにくい。 押しても反応遅い。 電源オフに時間がかかるのはまどろっこしい。 合焦に時間がかかりなかなかシャッター切れない。

【国内正規品】 GoPro アクションカメラ HERO5 Black CHDHX-502

5つ星のうち 3.0梱包が問題

(参考になった人 1/2 人)

アマゾンプライムデーにて安くやっていたため購入いたしました。
値段も安くなっておりいい買い物をしたなと思っていたのですが

配達されて受け取った瞬間から箱の中でガタガタ言っている。
開けると固定されておらずデカイダンボールの中で小さなゴープロがありました。
いくら安くなっているとはいえ、3万はします。しかもカメラという仮にも精密機器です。
アマゾンプライムデー、そしてお急ぎ便にしたために忙しかったのかなとも考えましたが、せめてこちらはカメラを買っているのだから梱包をしっかりしてほしいなと思いました。


これが日用品とか食料品とかだったら文句は言わないです。

商品レビューは使ってから改めて評価しようと思ってます。
ただ梱包が原因で初期不良や故障などが心配です。

モトブログを始めるために購入しましたが外部マイクが全く使えません。不良の可能性も有りますが、不良でなかったとしてもクイックキャプチャーは使用できません。
お金に余裕があるのであればhero6では外部マイクの問題が改善しているようなのでそちらの購入か他のアクションカムを検討した方が良いです。
私は既に買ってしまったのでカメラ主の声、インカムトークを携帯で録音し、pcで編集の際に繋げるようにしています。
そこを手間だと思わなければhero6より安価になるので購入を検討しても良いかもしれません。



この不具合をいつまでたっても直さない所を見るとhero5 blackは見捨てられたのかもしれません。私は次回アクションカムを購入する機会があったらGoPro商品は選ぶ気にはなれません。それ程ガッカリでした。残念です。

5つ星のうち 4.0焦りました。

(参考になった人 6/10 人)

バッテリーが0で電源入らず、最初は焦りました。
パッケージもネットのレビューで見る国内の物とは違うし日本語の書体も変なので焦って偽物じゃないか?と調べてしまいました(本物でしたが)

実際に撮影してiPhoneとiPadで見てみましたが、思ったほど綺麗な映像ではない感じです。

私はロードバイクに取り付けて撮影をしたいと思ってるので、小さい・手振れ補正が付いてる・そこそこ綺麗な映像・防水・広角が条件だったので満足してます。
綺麗な動画を撮るだけが目的の方はガッカリするかもです。


まだまだ値段が高いので、廉価版のヒーローやセッションも選択肢に入れるといいかと思います。(廉価版のヒーローがある事は購入後に知りました 涙)
当たり前ですが、目的さえハッキリしてれば最強のツールです!

カメラはじめます!

とにかくわかりやすいです。一眼レフカメラの教則本を購入して読んでみても
①そもそも説明や用語が難しい
②覚えることが多い
③すぐには思うように撮れない
こういった点から、奮発して買ったカメラライフが挫折または頓挫してしまい、、という人にこそ読んでほしいです。(上記3つの悩みをさらりと解決してくれてます。)
情報量は必要最低限で「細かいことは後で覚えればいいからまずはこれとこれが出来るようになって、一眼レフの楽しさを味わってみよう!」というようなスタンスです。

(とは言いつつこれ一冊読んで実践できれば、立派に中級者レベルだと思いますが。)

ポイントとして、初めての人はまず
1.絞り(背景のボケ)
2.露出(明るさ)
3.WB(色合い)
この三つを覚えて実際に使ってみる。
次に構図やシャッタースピード、ISO感度を、余裕があれば玉ボケや逆光、インスタやメルカリ写真のコツ等もマスターしていく。
このように構えすぎない姿勢で、ゆるりと読みすすめていくことをオススメします。(マンガで読みやすいし、イラストのタッチもなんか癒される)
あとは理論と実践の繰り返しでどんどん写真が上手になっていくと思います。

5つ星のうち 4.0カメラの基本中の基本

(参考になった人 2/2 人)

一眼レフ・ミラーレスカメラの購入を検討している人、または買ったばかりの人にオススメです。

最近はネットでもカメラの知識を得ることができ、私もそれでカメラの使い方を勉強していました。しかし、ネットには色々な情報があるが故に、初心者の自分には難しい知識やテクニックも多くあり、「カメラって難しいなぁ」と感じて写真を撮る機会も少なくなっていました。

何気なく読んだこの本はネットにも書いてある基本的な内容となっていますが、よくある失敗や作例などが詳しく解説されていて読みやすいです。

漫画形式ということもあり早い人だと1時間くらいで読めると思います。
初心者の私でも少し物足りない内容に感じますが、旅先で撮影する時にカメラの設定をあれこれ変えて同行者を待たせる訳にはいかないので、今後はこの本にある簡単なテクニックを実践してみようと思います。
この方法なら自分でも出来そうだなと思えて撮影意欲が出てくるのが、この本の良いところです。

5つ星のうち 5.0個性が出しやすくなる

(参考になった人 1/1 人)

本書の良いところは、カメラの知識が乏しくても、自分が望む写真が撮れるよう、ある程度の加減の仕方が解るようになることでしょうか。 ただ教える側そのままに、丸々カメラ設定を真似するのではなく、何段階かある変化のいずれかを読者の希望に合わせて自ら調整できるようになります。 それはつまり、読者の個性が出しやすくなるということです。 また、説明の仕方も簡単で、ひと目で解りやすく、図解とカラー写真でまとめていますので、くどくどと読む必要がなく、嫌になりません。 紹介されている効果も“一度はプロのように撮ってみたい!”という読者の希望を満足させてくれるものが多いです。

ミラーレス一眼』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.