ミニブログのまとめ情報

ミニブログ』の解説

ミニブログ(microblogging)は、ブログサービスの一種で、マイクロブログつぶやきサイトとも呼ばれる。

利用者は、主に自身の状況や雑記などを短い文章で、サービスを提供しているウェブサイトへ投稿する。ミニブログ内の利用者間でコミュニケーションを取れる様にもなっている。

投稿内容が短いテキストであるため、更新が容易で、結果的にほぼリアルタイムなコミュニケーションが行われることが多い。そのため、利用者はチャットをしているかのような体験が得られる。画像や動画、ウェブサイトのURLを投稿できるものもある。ミニブログの多くは、パソコンだけでなく携帯電話スマートフォンからでも利用できる。

アメリカ発のTwitterの爆発的な成長により、一般ユーザーの間でも徐々に認知度が高まっている。

中華人民共和国では、政府金盾によって(政府や政治家に不都合な批判を避けるよう)TwitterやFacebookへのアクセスを規制しているため、中国にはローカル(だが、参加人数では国際的なものに匹敵)のミニブログ(、など)が多数誕生している。

一覧

国旗は運営会社の所在国。

関連項目

Category:ブログ

*

ミニブログ』に 関連する人気アイテム

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

ここでも散々指摘されているとおり、中身が薄い、頭の弱い、痛々しい、支離滅裂な下らない本であり全く価値がない。
著者自身も自分ではない誰かの言葉や感性をもっともらしく都合よく使っているだけで、自分が何をいっているのかわかっていないのだろう。他人の言葉をひたすら自分の考えとも言えぬ幼稚な感情に利用しているだけであり、整合性も全くとれていない。
例としてあげているものもあまりにもお粗末。重くて遅いデスクトップパソコンよりもタブレットの方が優れている、自分たちミニマリストこそはより優秀な存在なのだ という例を挙げているが、デスクトップパソコンの高性能性、創造性、優位性については一切記述がない。

無論、デスクトップパソコン等母艦になるものがなければタブレット端末など受動的な使い方しか出来ないものなのだが、そういうことには触れない。
また、日本国の文化や伝統、日本人の気質を安易に取り上げている点には怒りさえ覚える。
日本には禅の精神があり、茶の湯という文化がある→日本人はもともとミニマリスト的なのだ→日本人はミニマリストであるのが正しいのだ という流れなのだが、同時代に信長や秀吉が豪華な天守閣造りの立派な城を築いたこと、特に秀吉の影響もあり大阪では派手なものが好まれたこと、江戸の元禄文化もその影響を受けたこと、更に遡れば平安時代の貴族の文化は豪奢を極めたものであったことなど、歴史に纏わることまで、ひたすら自分にとって都合のよい解釈に終始していて本当に気分が悪い。
まあこの著者に人並の歴史知識というものがあるとも思えないので、そもそも本人の勉強が足りないということであろうとも思うが。

とかく、頭の悪い人間が頭のよいふりをしてなんとなく正しいように思えることを、人の名前を勝手に使って威を借りて書いてみました というだけのものであり、まともな人間にとって何ら参考になることもない、無価値な作文である。このようなものに貴重な紙の資源、人の時間、労力が使われてしまっているのは嘆かわしい。否、電子データとしてすら勿体無いようなゴミだ。
断捨離するなら、まずは無駄に膨らんだその自意識から棄てるべきであろう。

5つ星のうち 1.0はっきりしてください

(参考になった人 1/1 人)

本書の文章は構成がよくないと感じました。例えば、「ミニマリストになった理由(P42)」において、肝心の理由について明確に書かれていません。典型的な「汚部屋」出身で、物が捨てられなかったそうです。写真を撮るのが好きなのは、何もかも自分のものにしたかったからからであり、すべての瞬間を保存しておきたかったからだそうです。取り掛かりたい趣味もたくさんあるそうです。

増えたモノに圧倒され、自己嫌悪になり、悪循環に陥ったそうです。そして、そんな状態から、モノを捨てることで変わり始めているそうです。



「ミニマリストになった理由」という小見出しなのですから、理由をはっきりと書いてもらわないと著者の主張が明確になりません。

それと、「アダルティーな動画(P41)」という表現がありましたが、英語では成人向けを意味する文脈で、adultyは使わないと思います。ちょっと気になりました。

5つ星のうち 5.0捨ててから何をする?

(参考になった人 0/0 人)

私はミニマリストでは無いです。 ですが、モノの価値を知れました。 衝動的に買ったモノ、実は必要なかったモノ、代用できるモノ・・・捨てたけど本当に大事だったと思えるモノ この本に記載されてある全てのことは実践は出来ておりませんが、捨てることで自分が所有してるモノの価値を知ることが出来ました。 それから、これから必要なモノも。 (一番効果があったのはバスタオルを捨てたことです笑)

撮影ボックス LEDライト40PCS、22 * 23 * 24cm小型 簡易スタイジオ ミニ撮影ボックス USB給電 背景布6色付属 ボタン式 組立簡単 折り畳み 携帯型 撮影照明ボックス/撮影ブース/撮影キット

5つ星のうち 3.0あると便利

(参考になった人 3/3 人)

ネットで買物をすると、不良品が届いたりすることがありますが
こういうのがあると、部屋の中を写さないで、品物だけをカメラに撮る事ができるので助かります
そのような目的で購入したので、クオリティーについては余り重視せず、期待もせずに注文させていただきました

問題をいくつか上げますが
まず、組立時のスナップボタンが固くて嵌りません
机に押し付けて嵌めました、取り外しは軽く外すことが出来ます
また、頻繁に使う方、置き場所に困らない人は、組み立てておいて、袋に入れ、使う時に出すのがよいと思います
スナップボタンが駄目になるかもしれませんので

小さいので、撮影対象の大きさが限定される

骨組みがなく、組み立て後の安定性に欠ける

隙間が多い

良い面は、背景布が便利なことです、これは、本体が壊れても転用できます

もう一度買うかと言われると、考えるところがあります
100均でものを揃えて、部屋の一角を撮影スペースにしてしまえば同じことはできそうなので

商用ではなく、私のような使い方をするのであれば、あると便利なので購入されてはいかがでしょうか?
商用目的であれば、同業他社の商品を含めて、レビューをよく読んで良さそうなものを購入された方がいいでしょう

5つ星のうち 3.0概ね満足。

(参考になった人 0/0 人)

ヤフオクを始めるにあたり撮影用にこの商品を購入しました。 LEDが2列配置されていてまあまあの明るさです。 しかし給電がUSBを2ポート使用するので、ちょっと不便かも。 私は、2ポートのスマホの充電器から電源供給し使っています。 背景は、色んな色がついていましたが、基本的には、白しか使わないので、白が2,3枚入っているよかったです^^ 全体的に概ね満足しています。

組み立て、畳むのが楽だし、畳むと薄くなるので収納時もあんまり場所取らなくて良いです。 ただ、不織布が少し汚れていた(しかも白)が少しな…と思いました。 自分で他に布を用意するとかなら良いんじゃないかな、と。

はじめてのブログをワードプレスで作るための本

本書だけを参照して(ネット上の適当な記事は参照せず)、サーバーのレンタル、ドメインの作成、WordPressのインストール、記事の投稿まで全て出来ました。
所々、ウェブサイトの構成が本書の記載から変更されているところがあるのでそのあたりは自分でなんとかするしかないですが、それほど大きな変更はなかったので、詰まったところはありませんでした。
本書を使えば誰でも投稿するところまではいけます。

ただし、注意点としてはWordPressを使ってブログをつくるための本なので、自分がWordPressを使うべきなのかどうかは別の書籍を参考にするなりして、きちんとWordPressを使うと決めて本書を購入することをオススメします。


また、細かいカスタマイズをするにはjqueryやphpなどのプログラミング言語やライブラリの知識が必要ですが、本書はそこまで触れません。カスタマイズをバリバリやりたいという方は本書でサイトを構築したのち、別の書籍を購入することをオススメします

50代で初めてブログを始めようと思ったものです。 周囲でブログをやっている人もおらず、アマゾンの書評を見てこの本を買いました。 パソコンも得意な方ではありませんが、ドキドキしながらも、この本の通りに進めていくと、1つずつクリアし、なんと初めてにして、ワードプレスによるブログを作ることができました。 とてもわかりやすく書かれており、私のようなど素人にもおススメです。 著者のお二人に、感謝しています。

5つ星のうち 2.0記事が古い

(参考になった人 1/1 人)

たった一年前なのに中で紹介してる画面内容とサイト画面の使用が違ったり、プラグインが無かったりします 参考にはなりますが、説明文と写真がページを股がって記載して、見にくいですね

【GitUp Git1, Git2, Git2P, G3 DUO用】 GitUp 純正 Mini-USB接続 3.5mm 外部マイク / エクスターナルマイク & 充電ケーブル / チャージングケーブル アクションカメラ コンボケーブル バイク / 自転車 / モトブログに【1週間の初期不良交換対応】

5つ星のうち 5.0gitup G3

(参考になった人 2/2 人)

今回モトブログ用にと gitup G3と一緒にコンボケーブルを購入しました。
給電と音声録音が同時にできるのがいいですね。私はツーリングに行った時は予備バッテリーも使わずこのコンボケーブルで給電しながら走ってます。
充電切れの心配やバッテリーの入れ替えの心配がなく、家で充電できてなくてもすぐにツーリングに出かけれるのがいいですね。
何個もバッテリーを充電し、何個も持ち歩かなくていいので便利です。
音声も今の所は普通に録音されているので、給電、音声録音ともに問題ありません。



私はサイドオープンのスケルトンケースも一緒に使ってますが、これも非常に便利でオススメです。
モトブログで使用するのであればコンボケーブルとサイドオープンのスケルトンケースは非常にありがたいアイテムですね。

Git2で給電と外部マイク使用を両立するためにコンボケーブルを購入しました。 ツーリングに行った時に長時間バッテリーの心配をせずにこのコンボケーブルで給電しながら走ってます。 マイクをヘルメットに仕込めば風切り音も気にならずに録音できます。 Git2を顎マウントしているのですが、本体とレンズの保護のためにサイドオープンのスケルトンケースも一緒に使ってます。 コンボケーブルとサイドオープンのスケルトンケースはマストアイテムだと思います。 アルミ ロングスクリューアルマイトブルーも付けてみると良いアクセントになりました。 ノチウさんはとても親切に対応していただけるので安心です。

5つ星のうち 4.0他に選択肢がないので

(参考になった人 0/0 人)

他に選択肢がないのでこのケーブルを導入しました。 ステレオミニプラグージャックのケーブルはなんだろうと思って結線を確認したところ、 右CHの接続がされていませんでした。 ということはステレオをモノに変換する変換ケーブルなのでしょう。 というようなことはきちんと書いておいてほしいと思います。

ほったらかしでもなぜか貯まる!

貯金ができるようになる、簡単3ステップ。
投資ビギナーでも無理なくお金をふやしていける、資産運用。
の2つの軸で、「なぜか貯まる」に導いてくれる1冊です。
早速、携帯のプラン見直し!
さらに昔、開くだけ開いてまったく手をつけてなかった
証券口座があることを思い出して、
つみたてNISAを始めようと現在、商品選び中〜!

将来のお金について、
漠然とした不安はありながらも、何をしたらいいかわからなかったのですが、
この本を読んだら、「なんだ、そんなにこわがらなくてもいいかも!」と思えました。
お金のプロじゃなくても、できることがいっぱい!
我慢しない節約と、ほったらかしでいい投資で、
お金オンチな私も、なぜか貯まっちゃう女になれそうです!!

5つ星のうち 5.0読みやすくてオススメ!

(参考になった人 11/11 人)

若い頃から趣味は貯金で、個人的な貯えは少しあるものの全て普通預金。全く計画的に貯金をしておらず、将来のお金のことも夫婦で話し合うこともなく、後回しに。ちゃんと向き合いたい気持ちがあるものの、何から手をつければいいのか分からない私に、この本は具体的な見直し方が分かりやすく書かれていて、何より読みやすい!1度サラっと読んでから気になるところを読み直す。2度3度読み返すのも全く苦ではありません。クレジットカードやポイントカードの見直しに加え、投資未経験・無知な私のような人でも分かるように書かれていて、挑戦しようと思います。
貯金したい気持ちはあるけど、あまり後先を考えずに生活している方、1度この本を手に取って見直すきっかけにする価値有りだと思います。

情報が溢れている昨今で、お金にまつわる情報が端的にまとめられて、初心者でもお金を貯める意欲が湧く書籍。 読んですぐに出来ることが多く掲載されている。 よくあるカードや投資だけではなく、銀行や役立ちアプリについても具体的に書かれていてすぐに役立つ情報が網羅されている。 素朴な疑問も吹き出しページがついているので、手元に置いておきたい本になった。 お金にまつわる情報は、時代にあわせてかわってくるので、続編も期待したい。

ミニブログ』の解説 by はてなキーワード

マイクロブログ(microblog*1)。ウェブサービスの類型の一つで、ブログのようにまとまった文章を投稿するのではなく、数十から百数十字程度の短文を投稿するようにデザインされているもの。

ミニブログの例

※このキーワード編集待ちキーワードです。 説明文の追記などをして下さるユーザーを求めています。

ミニブログ』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.