マーク・デービスのまとめ情報

マーク・デービス』の解説

マーク・デービスMark William Davis , 1960年10月19日 - )は、MLBで活躍した投手。左投左打。アメリカ合衆国カリフォルニア州リバモア出身。

経歴

9月12日に、19歳でフィラデルフィア・フィリーズでメジャー初登板。当初は主に先発投手で、には9試合で1勝4敗に終わり、サンフランシスコ・ジャイアンツにトレードされる。

当時ジャイアンツは低迷期で、途中にはリリーフに転向するがその年は5勝17敗の散々な成績。17敗はリーグワースト2位であった。もリリーフで5勝12敗7セーブという凡庸な成績であった。1985年途中に監督に就任したロジャー・クレイグヒューストン・アストロズのコーチ時代にマイク・スコットにスプリット・フィンガード・ファストボール(SFF)を伝授し、デービスも取り組み始め、この頃から投球回数を超える三振を奪えるようになったが、なかなか開花せず、途中にサンディエゴ・パドレスに移籍(この際の交換相手の一人にケビン・ミッチェルがいた。また、キース・カムストックがデービスと共にジャイアンツからパドレスに移籍)。

パドレスでクローザーに起用されてようやく開花し、には28セーブを記録。この年、オールスター出場を果たし、秋にはMLBオールスターの一員として日米野球で訪日した。にはナ・リーグ最多の44セーブをあげて、サイ・ヤング賞に選出された。

この年のオフにフリーエージェント(FA)でカンザスシティ・ロイヤルズに移籍。ロイヤルズには1989年のア・リーグサイ・ヤング賞ブレット・セイバーヘイゲンが居て、史上初めて前年の両リーグのサイ・ヤング賞投手が翌年にチームメイトとなったが、デービスは44セーブから6セーブに、セイバーヘイゲンは23勝から5勝と、両者とも大幅に成績を下降させた。以後は目立った活躍がなく、途中でアトランタ・ブレーブスに移籍も散々な成績。には古巣フィリーズ、更に93年途中に古巣パドレスに移籍するが、一時のような成績は残せず、限りで一度現役を引退。

ミルウォーキー・ブルワーズで3年ぶりの復活を果たすが、その年限りで再度引退した。

結局、好成績を残したのは最初のパドレス時代のみで、2シーズンで72セーブをあげたが、最後の8シーズンではわずか11セーブ、通算でも96セーブしかあげられなかった。

年度別投手成績

  • 各年度の太字はリーグ最高

マーク・デービス』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.