マリアノ・リベラのまとめ情報

マリアノ・リベラ』の解説

マリアノ・リベラ(Mariano Rivera, 1969年11月29日 - )は、パナマ出身の元プロ野球選手投手)。MLBとしては珍しいフランチャイズ・プレイヤーの一人で、ニューヨーク・ヤンキースに所属していた。2013年に現役を引退し、コミッショナー特別表彰を受けた。

歴代のメジャーを代表するクローザーの一人で通算セーブ数は歴代最多を誇る。敬虔なキリスト教徒として知られる。

背番号は『42』。この番号はジャッキー・ロビンソンの栄誉を称えメジャーリーグ全球団共通の永久欠番となっているが、この規則が制定された1997年以前から42番をつけている選手に関しては例外としてつけ続けることが認められていた。この特例が適用されている選手として最後までプレーしたのがリベラであり、リベラはメジャーリーグ全球団で最後の背番号42である。

プロ入り前

パナマ県パナマ市生まれ。父親は漁船の船長をしていたが、暮らしは決して裕福ではなかった。リベラが初めてのグローブを父に買ってもらったのは12歳の時である。少年時代のリベラは友人とサッカーで遊ぶことも多く、野球は遊びとしてとらえており、プロになるという考えはなかった。高校卒業後は、父の船でイワシ漁やエビ漁の手伝いをしながら、アマチュアの野球チームでプレイしていた。

1988年当時、リベラのポジションは遊撃手であったが、ある日チームの投手があまりに不調であったため、自ら志願し代役としてマウンドに立った。このことがきっかけで、彼は投手に転向することになった。投手として本格的な指導を受けたことがないにもかかわらず、140km/hの球を投げるリベラを目にしたニューヨーク・ヤンキースのスカウトは、将来性に期待し彼をトライアウトに招待することに決めた。偶然にもその一年前、ヤンキースの別のスカウトがショートとしてのリベラの獲得を見送っていたため、投手としての彼をスカウトすることになったという事実はヤンキースの編成部内に驚きをもたらした 。

プロ入りとヤンキース時代

母はプロ入りに反対であったものの、父の後押しを受けて1990年2月17日にドラフト外でヤンキースに入団。そのためデビッド・ウェルズタイガース=当時)とのトレード要員としてリストアップされたこともあったが、その直後に周囲の予想に反してリベラの球速が95mphに上がったため、交換要員リストからは外された。9月、スタミナの不安を理由にリリーフへ転向し、19試合のうち10試合に先発登板し、5勝3敗でメジャー1年目を終えた。

は、抑えのジョン・ウェッテランドへ繋ぐ中継ぎとして61試合に登板して107.2回を投げ奪三振は130、防御率2.09を記録した。チームは15年ぶりにポストシーズンへ進出し、リベラは8試合に登板して自責点は1。18年ぶりのワールドチャンピオンに貢献した。中継ぎ投手として初のサイ・ヤング賞を、という声もあった程で、その投票ではパット・ヘントゲンアンディ・ペティットに次ぐ3位に入った。

クローザーへ

はウェッテランドがテキサス・レンジャーズへ移籍したことに伴い、その後任としてクローザーに配置転換されたが、開幕後6回のセーブ機会中4回を失敗。一時は自信を喪失していたが、監督のジョー・トーリと投手コーチのメル・ストットルマイヤーから「ここにいる限りはクローザーはお前だよ(As long as you are here, you'll be the closer)」と励まされて立ち直った 。

抑えとしての初年度は最終的にリーグ2位の43セーブを記録した。しかしポストシーズンではクリーブランド・インディアンスとのディビジョンシリーズ第4戦では、サンディー・アロマー・ジュニアに同点となる本塁打を打たれ、結局チームはこのシリーズで敗退した。

1998年~2006年

の春季キャンプ中、監督と投手コーチと何度も話し合い「プレーオフでの失敗を引きずるな」と言われ。この年、にデイブ・リゲッティが記録した球団記録の1シーズン46セーブを塗り替える50セーブを記録。ポストシーズンでも好調を維持し、アリゾナ・ダイヤモンドバックスとのワールドシリーズ第5戦まで10試合に登板、14回2/3を投げて2勝5セーブ、防御率0.61とほぼ完璧な投球を見せていたが、第7戦では、2-1とリードした8回からマウンドに上がりながら、9回に自身のフィルダースチョイスなどでピンチを広げ、トニー・ウォマックに同点適時打、さらにルイス・ゴンザレスにサヨナラ安打を打たれ、負け投手となった。これは現在に至るまで、リベラがポストシーズンで敗戦投手となった唯一の機会であり、またこれによってポストシーズンにおける23連続セーブがストップした。

は右肩の故障で3度の故障者リスト入りを経験し、46試合の登板で28セーブとクローザー定着後最低の成績に終わったが、5月9日に通算225セーブ目を挙げ、デイブ・リゲッティの持つ球団通算セーブ記録を更新した。

は股関節の故障で開幕を故障者リスト入りで迎え、シーズン初登板は4月30日と出遅れたが、その後は故障者リスト入りすることもなく64試合に登板し、防御率1.66で40セーブを記録。ボストン・レッドソックスとのリーグチャンピオンシップシリーズは第7戦の延長11回までもつれ込み、アーロン・ブーンの劇的なサヨナラ本塁打で幕切れとなったが、歓喜のあまりマウンド上で倒れこむリベラの姿がファンに強い印象を与えた。このシリーズではMVPを獲得。この年のポストシーズン全体でも16イニングを1失点(1自責点)だった。

開幕前の3月23日にから2年総額2,100万ドル、3年目はオプションの契約を結んだ。この年、53セーブで最多セーブのタイトルを獲得。ディビジョンシリーズでヤンキースがミネソタ・ツインズを破った直後、義弟であるビクター・ダリオ・アビラとその息子がプールに落ちてきた送電線による感電事故で亡くなったという訃報が届いた。リベラはすぐさま母国パナマへ帰国し、葬儀に参加。自家用飛行機で引き返し、ニュージャージー州の空港へ降り立ち、ニューヨーク市警察のパトカーの先導でヤンキー・スタジアムについた。ボストン・レッドソックスとのリーグチャンピオンシップシリーズ第1戦に登板。セーブを挙げている。しかしこのシリーズでは4戦、5戦といずれもリードしてマウンドに上がりながら同点打を喫し、2試合ともチームは延長の末敗れた。ヤンキースはこのシリーズでMLBポストシーズン史上初となる3連勝からの4連敗を喫した。

は43セーブと前年より10セーブ減少したが、自己最高の防御率1.38を記録するなど投球内容が良かったため、サイ・ヤング賞の最有力候補と目された。しかし、投票数でバートロ・コローンに次ぐ2位に終わった。7月16日のホワイトソックス戦で史上4人目の400セーブを達成。

2007年~最多セーブ記録

thumb

、当初はかつてない不調に見舞われた。4月は2試合連続でセーブ機会を失敗するなど7回1/3を投げて9失点を喫し、防御率は一時12.15にまで悪化した。しかし残りの5ヶ月はセーブ機会32のうち30で成功して防御率も2.26と復調した。最終的に、クローザーになって初めてシーズン防御率が3点台を記録したが、シーズン奪三振率は4年ぶりに9を上回った。シーズン終了後の11月には2008年から3年4,500万ドルで契約延長した。リリーフ投手として契約総額はB・J・ライアンの5年4,700万ドルを下回ったものの、年平均1,500万ドルはビリー・ワグナーの1,075万ドルを上回る史上最高額となった。

、肩の痛みを抱えながら投げ続け、WHIP、被OPSで自己最高を記録した。4月27日のインディアンス戦で史上3人目の通算450セーブを達成。9月15日シカゴ・ホワイトソックス戦で通算479セーブを記録し、リー・スミスを抜いて歴代2位のセーブを記録。シーズン終了後の10月7日に肩の手術を受けた。

6月28日ニューヨーク・メッツ戦で、トレバー・ホフマンに次いで史上2人目の通算500セーブを達成した。またこの試合では9回表にフランシスコ・ロドリゲスから押し出し四球を選び、自身初の打点も記録した。9月19日のツインズ戦で通算602セーブ目を挙げ、トレバー・ホフマンの601セーブを抜いてメジャー最多記録となり、ギネス世界記録に認定された

怪我~引退

thumb

、リベラは契約最終年ともあり今シーズン限りでの引退を示唆していた。しかし、5月3日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦、敵地カウフマン・スタジアムでの練習中に右膝を負傷。ジェイソン・ニックスが打った打球を追いかけた際に、外野フェンス前の土の部分に倒れこんだ。とっさに異変に気づいた内野手のアレックス・ロドリゲスが監督のジョー・ジラルディに報告。病院でのMRT検査の結果右膝の十字靭帯と半月板の一部を損傷し、今季絶望となったことが明らかになり、2003年から9年間続いた60試合登板と30セーブの記録がストップし、9試合で5セーブとプロ入り後最少の登板数に終わった。

この怪我のため、「このままでは引退できない」と翌年もプレーすることを表明。

3月に同年限りで引退する意志を表明した。会見で「現役最後の試合でワールドシリーズ最後の一球を投げられたらいいね」と語った。。4月4日のレッドソックス戦で先発アンディ・ペティットの後を受けて1年ぶりの復帰登板を果たす。衰えをまるで感じさせない投球でヤンキースの初勝利を飾り、通算609セーブ目をあげた。7月16日、自身13度目にして最後のオールスターに出場し、アメリカンリーグの9番手として1イニングを無失点に抑え、MVP(最優秀選手)を受賞した。

引退後

6月にイスラエルを表敬訪問した。

選手としての特徴

thumb

「95mph(約152.9km/h)で8インチ(約20.3cm)落ちる」、「バットをへし折る電動ノコギリ」ともいわれるカッター(カットボール、カットファストボール)を武器にする。キャリア全体を見回しても投球の8割以上がこのカットボールであり、現役中はほぼこの球種しか投げていなかった。そのため打者は狙いを絞りやすいが、手元(約10フィート)で鋭く変化するので、打者は非常に舌を巻く。この球種だけで97年から(2002年を除いた)2011年までの14年間で全て30セーブ以上(その内6度は40セーブ以上、2度は50セーブ以上)と驚異的な記録を叩き出した。カッターしか投げない、MLB史上を見ても極めて稀な「1球種で成功したピッチャー」である。ESPNの「Sport Science」によると、カッターの回転数は1500-1600rpmであり、4シームと比較して8インチ(約20cm)も変化するという。そのため、バッターは芯を外して根本でとらえてバットを折られることも多い。2013年には同年で引退するリベラにミネソタ・ツインズより「折られたバットで作られた椅子」が贈られた。芯を外す投球に長けたグラウンドボールピッチャーであり、通算被本塁打率0.50は1995年から2013年までの期間で1000投球回以上投げた投手の中で最も低い率である。

4つのコーナー全てに投げ分ける制球力も持ち、真ん中に投げることはほとんどなかった。また、2013年9月22日(現地時刻)、ヤンキースの背番号42』が永久欠番に指定された。

入場曲にまつわるエピソード

本拠地ヤンキー・スタジアムにおけるリベラの登場曲としてヘヴィ・メタルバンドのメタリカの『エンター・サンドマン』が用いられており、冒頭の印象的なアルペジオが流れると、勝利を確信した球場は大いに沸く。これは1998年のワールドシリーズにおいて、対戦相手だったパドレスの守護神トレバー・ホフマンが、登場曲であったAC/DCの"Hells Bells" とともに熱狂的に敵地の観客に迎えられているのを見たスコアボード・スタッフの発案によるもので、リベラ自身は選曲に一切関わっていないが、今日ではファンにとって、カットボールと並ぶほどに、彼を象徴するものとなっている(もっとも、リベラ自身はヘヴィメタルのリスナーではなく、クリスチャン・ミュージックを好むという)。

年度別投手成績

  • 各年度の太字はリーグ最高、はMLB歴代最高

ポストシーズン投手成績

  • はMLBポストシーズン歴代最高。

タイトル

表彰

記録

背番号

  • 42 (1995年 - 2013年)

関連書籍

マリアノ・リベラ』に 関連する人気アイテム

クローザー マリアノ・リベラ自伝

5つ星のうち 3.0MLBまでの経緯は面白い

(参考になった人 0/1 人)

MLBまでの経緯は面白い ただMLBになった後の試合経緯を書かれても (日本人なので滅多にMLBの試合を観ない) ちんぷんかんぷん で途中で読むのをやめてしまった

マリアーノ・リベラ』の解説 by はてなキーワード

Mariano Rivera

MLBニューヨーク・ヤンキースの選手。「マリアノ・リベラ」とも。

右投右打。ポジションは投手背番号は42*1

歴代最多の通算608セーブを記録。通算成績は76勝58敗、防御率2.21。ヤンキース一筋にプレーし、5度のワールドシリーズ制覇に貢献した。オールスターには12度選出された。

今シーズンをもって引退することが報道されている。

略歴

1969年11月29日生まれ、パナマ出身。

1990年2月、ヤンキースと契約。1995年5月16日にメジャーリーグデビュー。

1997年、リーグ2位となるシーズン43セーブを記録。

以降、カットボールを武器に「世界最強のクローザー」として君臨。

* リスト::野球選手

マリアノ・リベラ』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.