マイナー出版社のまとめ情報

マイナー出版社』の解説

マイナー出版社(─しゅっぱんしゃ、独:Felix Meiner Verlag)とは、ドイツにおいてDie Philosophische Bibliothek(哲学叢書)と呼ばれている文庫本スタイルの本や専門書・全集・学術雑誌などを発行している出版社である。

概要

特に、哲学方面の書籍が充実しており、ドイツ国内のみならず、日本においてもドイツ哲学の原典研究に従事する際には欠かせない存在である。一般的には同じドイツ語哲学の著作でも色々種類があるので、研究者の間ではここから出版された原典のことを「マイナー版(あるいはビブリオテーク版)」という表現をしたほうが通りがいいことがある。

尚、マイナー(Meiner)とはドイツの人名に由来しており、英語のマイナー(minor、少数派)という意味ではないことには注意が必要である。

歴史

マイナー出版の歴史は1868年の『哲学叢書シリーズ』(Die Philosophische Bibliothek)の刊行に始まる。マイナー出版の会社としての創設は1911年フェリックス・マイナー(Felix Meiner 1883年3月25日 - 1965年7月26日)によってライプツィヒで創業された。

マイナー出版は前述の哲学叢書シリーズの充実をはかり組織化された。ヘーゲルの叢書シリーズの出版をきっかけに、哲学の文庫本(あるいは全集)を普及。第二次世界大戦後1951年にハンブルクに移転。現在はドイツをはじめ西洋哲学の100近くの哲学者から350もの著作を刊行している(ドイツ語圏以外の著作はドイツ語に翻訳されている)。

また、各哲学者のテーマごとの研究雑誌も発刊しており、『カッシーラ研究』(Cassirer-Forschungen)、『カント研究』(Kant-Forschungen)、学術雑誌『ヘーゲル研究』(Hegel-Studien)は各哲学者の研究の議論の場になっている。また、哲学の原典のみならず、哲学研究の専門書、解説書・辞典など二次文献の出版も多く、哲学研究に大いに貢献している。

マイナー出版社』に 関連する人気アイテム

ドキュメント マイナーの誇り―上田・慶応の高校野球革命

5つ星のうち 5.0慶應高校甲子園出場!

(参考になった人 5/7 人)

決めましたね!慶應高校46年振り、夏の甲子園出場。
試合後のインタビューで上田監督は、「控えの選手たちが他球場のデータを集めたり、大学生のOBのコーチ達のおかげです」と、健闘した選手達を讃えると共に、控え(マイナー)の選手達の存在があったからこそ、今日の勝利につながったことを、声高らかにさわやかに話され、最後の「ありがとう」の言葉が大変印象的な、気持ちの良いインタビューでした。
監督のその言葉を聞き、私は以前買い求めたこの本を、もう一度開いてみたくなりました。
まさに、監督の言葉が、この本に集約されているからです。
この本を読むことで、今年の夏の甲子園が、ますます面白くなりそうな・・・そんな予感がします。塾高野球部の、健闘を祈ります。

5つ星のうち 5.0革命的指導だ

(参考になった人 6/7 人)

高校野球で脚光を浴びる選手はほんの一握りだ。 実際はこの本に書かれているベンチ外の選手、いわゆるマイナー選手がほとんどだと思う。 著者辰野氏はこの本で、このマイナー選手にスポットを当てている。 いや、マイナー選手の役割りを重視して、その役割りこそが高校野球に欠くべからざる重要な部分であるという認識を持った上田監督の指導法に注目をしている。 だから、この本は華やかな高校野球戦史ではない。 著名なスター選手も出てこない。 読み進むうちに、高校野球にとって、いや高校生にとって大切なことは何かを教え諭してくれる。

5つ星のうち 5.0感動物語

(参考になった人 5/6 人)

2005年春の慶應高校選抜出場後からその年夏の神奈川県大会決勝で敗れるまでのドキュメンタリ−。 最後の大会でのベンチ入り選手を決める会議では読み進めるうちに涙が溢れてきます。 慶應が描かれていますが、慶應だけの物語ではなく、高校野球全てに共通する物語ではないでしょうか。

CとAmで吹ける ハーモニカ曲集 ~演歌編~ 独奏からアンサンブルまで 斎藤寿孝 編

確かにフィーリング演奏楽譜、原曲と異なるので演奏で歌うのは無理があります。 1曲でCとAmの2本使用も素人では難しい。

CとAmで吹ける ハーモニカ曲集 ~世界名歌編~ 独奏からアンサンブルまで

5つ星のうち 5.0国際色豊かです

(参考になった人 1/1 人)

大手楽器店で購入しました これ一冊てC調とAm調が吹けて 丁度良い大きさです メロディーを知らない曲はYouTube等を探せば 色々な人が色々な楽器で演奏していますので 探す楽しみも増えます 中国と台湾の民謡が載っていた 購入理由です、もっとアジア諸国の 民謡と童謡の譜面が発売して頂ければ 嬉しいです。 ハーモニカは楽しまれている人の年齢が 高い為に余り吹きたい曲が譜面にならないのが 欠点ですね…

5つ星のうち 2.0期待しすぎない方が…

(参考になった人 0/0 人)

この本はCとAmのハーモニカしか使わない初級クラス向けの本と考えて、あまり期待しすぎない方が良いと思う。 歌詞が楽譜に記載されていない。 アンサンブルまでとあるが、ポケットバスやポケットコードハーモニカの譜はない。 私はアメージング・グレイスの楽譜がほしかったのであるが、一般に歌われているメロディと異なっており、がっかりした。

あるところでハーモニカの演奏会があり、その時の印象がとても強くて、購入したくなりました。 すべての曲を吹くためには何種類ものハーモニカがいることが分かり購入しました。 一生懸命練習をして人前で演奏できるように頑張ります。

マイナー出版社』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.