ペンギン・グループのまとめ情報

ペンギン・グループ』の解説

ペンギン・グループ (Penguin Group) は、ロンドンに本社を置く出版社である。アレン・レーンによって1935年に創業、1970年ピアソン買収した。

イギリスアイルランドの他、北米や中華人民共和国などにも事業部を置く。その中で、イギリスで展開しているものがペンギンブックス ()である。多くの会社を吸収合併している。

代表的なブランドはPenguin Graded Readers(ペンギンリーダーズ)と呼ばれるレベル分けされた英語教本である。Penguin ClassicsはOxford World's Classicsとともに古典的良書を刊行することで有名。ペーパーバック版の辞書Penguin Pocket Dictionaryも発行している。

ランダムハウスなどと並ぶ大手の一角に数えられるが、そのランダムハウスと2013年に合併し、現在はペンギン・ランダムハウス社の傘下となっている。

子会社

  • エース・ブックス
  • Alpha Books
  • DAW Books
  • Dorling Kindersley
  • Frederick Warne & Co
  • G. P. Putnam's Sons
  • Hamish Hamilton
  • Ladybird Books
  • New American Library
  • Price Stern Sloan
  • Puffin Books
  • Rough Guides
  • Viking Press

関連書籍

  • フィル・ベインズ著『ペンギンブックスのデザイン 1935-2005』(ブルース・インターアクションズ、2010)

関連項目

  • 桐原書店 - かつてはピアソン傘下で『ロングマン現代英英辞典』の日本版も担当しているが、辞書の英語版やペンギンリーダーズはピアソン・ロングマンジャパンの担当である。
  • ヤン・チヒョルト - ペーパーバックのリデザインを担当。「the Penguin Composition Rules」と呼ばれる組版ルールを規格化。

ペンギン・グループ』に 関連する人気アイテム

ペンギン・ハイウェイ

こんなシンプルな文章で,この長さの楽しい小説が構築できることに,素直にすごい!と思いました。
SF というよりファンタジーですね。

実はこの本を知ったのは,極端なフェミニストの方が 映画(わたしは見てない)に対して,ヘドが出るみたいな書き方をしていて興味を持ったのです。

まあ「おっぱい」と言う言葉が多いのが気に入らなかったのでしょうね。
まだ生物学的にヒトのメスだけ乳房が膨らんでいる理由は,仮説はあっても,よく分かっていないようですが,女であることを示すためだけに膨らんだと考えるのは自然な気がします。

あ,こんなことを書くとフェミニストに怒られるか ...
あの人たちは,差別と区別の違いが分からないからなあ。 (^_^;

5つ星のうち 2.0読みにくいです。

(参考になった人 0/0 人)

映画化されたということで期待して読みましたが、私には合いませんでした。 淡々とした主人公の少年による語りが続くのですが、あまりに盛り上がりがなく、いじめられていても冷静に事態を分析しているのが解せません。 主人公が少年であるだけに違和感があるように思いました。 こんな少年いるの?と・・。 場面がどんなに変わっても起承転結が感じられず、長いお話のわりに早々とペンギンが現われてしまうのもイマイチ★ ファンタジーというより、SFっぽい独特の世界観についていけず読むのを途中で挫折しました。 ただ、好みの問題があると思うので星2つで。

映画を見て、不思議なことが起こる場面、お姉さんとアオヤマくんがペンギンたちに乗せられて移動する場面の疾走感、草原と夏休み、好きなシーンはたくさんあったのですがお姉さんの造形がぺらぺらしているように思えて、改めて原作を読んでみました。 基本的に原作に忠実につくられている映画だということがよくわかりましたが、映画のときほどぺらぺら感に戸惑わなかったのは、映像がない状態だとわたしは一貫してアオヤマくんの視点から物語に入っていたからかもしれません。 ファンタジー大賞ではなくてSF大賞だったのですねえ。

ペンギン・グループ』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.