ベルテルスマンのまとめ情報

ベルテルスマン』の解説

ベルテルスマン (Bertelsmann AG) は、ドイツに本社を置くメディア・コングロマリットである。出版・放送・音楽ソフトなどの事業を営む。

主な事業

  • arvato - メディアサービス(印刷、光ディスク製造、データセンターなど)。

歴史

1835年カール・ベルテルスマンがカール・ベルテルスマン出版社を設立した。宗教や社会活動に熱心な人物で、キリスト教の書籍や雑誌を出版した。息子のハインリヒ・ベルテルスマンや婿のヨハネス・モーンは伝統を継承しつつ、小説も出版して、会社を成長させた。ナチス政権下においては、ドイツ軍への最大の書籍供給者となった。

2000年代に入り、ソニーピアソンと協力して、ソニーBMGやRTLグループを設立。その後、音楽事業を売却した。

沿革

  • 1835年 - カール・ベルテルスマンにより印刷屋兼出版社として開業
  • 1958年 - アリオラ・レコードを設立し、音楽事業に進出
  • 1969年 - Gunder and Jahrの株主となる(1973年に過半数確保)
  • 1971年 - 株式会社に改組。
  • 1977年 - ベルテルスマン財団を設立
  • 1979年 - アリスタ・レコードを買収
  • 1980年 - バンタム・ブックスを買収
  • 1986年 - RCAレコードを買収
  • 1986年 - ダブルデイを買収
  • 1987年 - 音楽部門の統括会社としてBMGを設立
  • 1992年 - ウィンダム・ヒル・レコードの株式の50%を取得(1996年に全数取得)
  • 1995年 - AOLと提携してヨーロッパにおけるインターネット・サービス・プロバイダに進出(2000年に提携解消)
  • 1996年 - アレクサンダー・ファルク (Alexander Falk) と交渉し、大手電子地図メーカーのファルク (Falk AG) を買収
  • 1998年 - ランダムハウスを買収
  • 2003年 - ゾンバ・レコードを買収
  • 2004年 - BMGのレコードレーベル事業をソニー・ミュージックと統合し、ソニーBMGを設立
  • 2006年 - BMGミュージックパブリッシングを仏ヴィヴェンディ・ユニバーサルに売却することを発表
  • 2008年 - ソニーBMGの全株式をソニーへ売却、一部の音楽出版関係の権利は売却せず、新会社BMGライツマネージメント (BMG Rights Management) が継承
  • 2013年 - 傘下の出版社であるランダムハウスがペンギン・ブックスと合併し、ペンギン・ランダムハウスを設立

パートナーシャフト

ベルテルスマンはルパート・マードックのような独裁的な企業運営ではなく、労使協調パートナーシャフトを特徴としているや従業員協議会を設けて分権的・権限委譲的な企業運営をしている。ベルテルスマン財団を設立して創業家から株式を移し、資本所有の継続性を維持している。従業員の利潤参加制度や資本参加制度を整えて、従業員からの資金調達や利益配分を行っている。

ベルテルスマン』に 関連する人気アイテム

ベルテルスマン世界地図帳 日本版

地理や歴史、旅行記などを読んでいるとき、ちょっとした地名を読み飛ばしてしまうことが多いが、気になった地名などは地図を見ながら丹念に読んでいくと理解度が沢段に違ってくる。 これまではGoogle Mapで見ていたが、地図帳を使った方が便利な時もあるかなというのが自分の感想です。

5つ星のうち 5.0日本最高峰の地図帳

(参考になった人 3/3 人)

この地図帳より詳細な日本語版の地図帳は無いと私は断言する。 世界各国の州境県境、国道州道郡道の番号、市町村が詳細に記されており、非の打ち所が無い。 是非一家に一冊この地図帳を置いておけば良いと私は思う。

ベルテルスマン世界地図帳―日本版

すっごい、いい地図です。 少なくとも、私の地図コレクションの中では一番高価。 WWIのUボート戦で出てくる「Framborough Head」までが載ってて(笑)。 地名を欧文で逆引き出来るのです! やっぱ、この手のモノは一流のモノでないと駄目ですね。

ベルテルスマン』の解説 by はてなキーワード

Bertelsmann AG

ドイツの総合メディア企業。関連会社とともに出版事業や放送事業などを行っている。1835年創業。

ベルテルスマン』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.