ブログのまとめ情報

ブログ』の解説

ブログ (blog) は、World Wide Web上のウェブページに、覚え書きや論評などを記すウェブサイトである。「WebにLogする」のウェブログ (weblog) をブログ(Blog)と略称する。執筆者はブロガー (blogger)、個別記事はブログエントリーと呼ばれる。

概要

ニュースやサイトなどに感想などを付して該当のURLとともに紹介した、英語のウェブサイトが端緒とされる。のちにBloggerMovable Typeなどのツールが出現して本格的に拡大した。イラク戦争の際はバグダッド在住のイラク人女性リヴァーベンドが発するブログ『Baghdad Burning』(バグダッド炎上)が話題となり、その知名度を大きく引き上げる結果となった。

筆者の個人的な体験や日記、ニュースや時事などの話題など、時系列で記録されるウェブサイト全般を含めて呼称したり、ウェブサイトの作成機能を提供するソフトウェアやサービスなどを称する場合や、SNS口コミサイトを総称してCGMと称することもある。

ウェブサイトとしての体裁は、主として管理者が記事を投稿する私的ニュースサイト、あるいは公開日記である。特定の投稿方法に限定はされないが、ブログ向けのソフトウェアやウェブスペースがあり、それをダウンロードやレンタルして使えば、HTMLを知らなくても、自身のブログとしてウェブブラウザから手軽に情報の発信・更新ができる。

レンタルのものには、パソコン以外に携帯電話などモバイル通信端末のインターネット機能を用い、外出先などからの手軽な更新が可能な仕様のものも多い。それぞれの項目にはタイトルの付与が可能で、時間軸やカテゴリで投稿を整理、分類する構造となっている。

用途は幅広く、個人の日記的なものから、手軽な意見表明の場として、時事問題などについて論説するものがある。また、企業クリエイター集団が、対外的な活動日誌などという位置づけで、自社公式サイト内で公開している事も多い。

自身のブログでの発言や投稿した写真が、世間に対し影響を及ぼすブロガーのことを、近年では『インフルエンサー』と呼ぶ。

分類

ミニブログ、マイクロブログ、つぶやきブログ
短文の投稿が中心
モブログ (moblog)
主に携帯電話などのモバイル通信端末を使用しメールを送信して更新する
フォトログ (photolog, fotolog)
写真画像を主体として更新される
ブイログ(ないしヴログもしくはビデオログとも)(Vlog)
ビデオコンテンツの配信を主体とする
エログ (elog, erog)
アダルトコンテンツを扱う
ノベログ (novelog)、ブログ小説
自作の小説を話数ごとに分けて更新するもの
ブログメディア
おもに法人が、ビジネス目的に複数人で組織として運営するもの。「双方向性」という特性を利用しつつ、専門性に特化した内容を発信する。ブログのように時系列を逆順に記事が並ぶサイトを指し、雑誌メディアをも置換しうる新メディアとも捉えられている。

ブログとRSS

多くのブログシステム(サービス)はRSSフィードAtom(以降、特に断りがなければRSSとはこれら2つを指す)を使って更新を自動通知したり、トラックバック機能を使用して、他のブログからの引用やリンクを自動で行えるなどの充実した編集機能が備わっている。RSSによるXMLを使った定型での情報配信は、それぞれのブログから配信されるRSSを自動巡回サービスで取りまとめて、更新があったときにユーザに通知するサービスを生み出した。また、データ配信の形が定まっているため、ニュース配信も容易で、大手のマスコミがニュースをRSSで配信し始めるようになった。

日本における普及

日本ではブログよりも先に、「2ちゃんねる」や、「スラッシュドット日本語版」などといったウェブサイトコミュニケーションの目的で浸透していたほか、Web日記個人ニュースサイトといったウェブサイト、さらにそれらに付随するコミュニティも存在したことから、当初は日本での普及には懐疑的な見方もあった。

しかしながら、実際にはサービスツールの日本語化などによって2002年平成14年)頃から急速に普及し、2005年平成17年)3月末の時点においては日本国内での閲覧者数(少なくとも月に1度はブログを閲覧している)が約1,651万人いると総務省から発表された。また、2004年平成17年)9月から翌年9月にかけての利用者数の増加が特に顕著であり、この間に約2倍に増加したことによって2,000万人を超えたという調査報道もなされた。

日本におけるブログは、各ブログの投稿数が多いことを特徴としており、その結果として、2006年平成18年)の第4四半期には全世界のブログ投稿の約37%を日本語によるものが占め、英語中国語を上回る第1位となっていた。また、日本独自のブログ形態として、携帯電話からの写真付投稿等に対応したブログ、「モブログ」がある。

日本で市民権を得たブログは、個人のほか、人気タレントや政治家、その他著名人などによっても作成されるようになり、角界においてもブログ開設が盛んである。

アフィリエイト広告とFlog

最近では、アフィリエイト広告などを貼り収入を得ているブログ利用者も多く増えてきている。最近では企業も宣伝目的に利用するケースも増えており、利用者に対し企業が商品を提供し宣伝を書いてもらう広告なども存在している。アメリカでは、企業が個人になりすまして商品の宣伝広告を記事にする一種の偽ブログを製作していた事(ステルスマーケティング)が判明し、2006年12月、やらせサイトやブログに関して規制する法案が連邦取引委員会に提出されるまでの騒ぎとなった。現状州法での規制がなされている。

日本では、NHKがニュース番組でこのことに触れ、企業が商品を提供し宣伝を書くことがあると伝えたところ、2ちゃんねるでは「企業がサクラを雇っている」と取られてしまい、NHKが取材したブログが炎上する結果となってしまった。ウィキペディア英語版によると、英語圏では「やらせブログ」のことをFlog (Fake blog, Flipped blog) と表現するという。

選挙活動

2004年アメリカ大統領選挙ではハワード・ディーンを始めとする民主党陣営が積極的にブログを活用した。

日本では2005年に行われた第44回衆議院議員総選挙において、有効活用の動き(ネット選挙)があったものの、ブログを含めたウェブページは「(新たな)文書図画の頒布による選挙運動」と見なされ、公職選挙法によって候補者のウェブサイトは選挙告示以降の更新が停止されるという問題があり、あまり活用はされなかった。

この点については2007年現在、解禁されるべきかどうか議論が行われており、また現行法の枠内でも投票を呼びかけなければ(つまり選挙に関係ない一般的な話題であれば)更新してもよいのではという意見もある。

中国語圏における普及

中国語では「博客」または「網誌」などと訳され、中国においては、一般サイトと同様ネット検閲されており、中国政府の厳しい統制下に置かれている(詳細は中国のネット検閲を参照)が、インターネットの普及とともに増え始めた利用者数は2007年には1億人を越すものとみられている。

中国の主なブログサービスサイト

一方、中華民国台湾)ではその発音を転写して部落格と呼ばれている。台湾でも流行しており、特に若年層は利用は多い。ブログサービスサイトも数多く、元祖といえる無名小站は一時650万人を超える多数の利用者を獲得したが、2009年頃からFacebookTwitterなど新規のSNSにユーザーが流出し、2013年12月でサービスを停止した。

台湾の主なブログサービスサイト

  • 無名小站 - 2013年12月26日でサービス終了。
  • ヤフーブログ

サーバソフトウェア

自分でサーバ上に設置するもの。低いレイヤ(OSの管理者特権を持っていればそのチューニングまで可能)でのカスタマイズができる。使用されている言語はPerlPHPJavaサーブレットなど多岐にわたる。

ポータルブログ構築ASP

ブログのポータルサイトを構築するASPパッケージ。単一のブログではなく、複数のブログを設置し、参加者を募るサイトを運営できる。一般的なLAMP環境で開発されている例が多い。

  • PowerBlog - CATWALK社が販売するブログエンジン。希望に合わせた細かいカスタマイズ(有料)が可能。
  • @Blog(アットブログ) - ライトアップ社が販売する納入方のブログエンジン。近くASP版の提供も予定している。
  • CORESIS - かっぺ社製ブログポータルASP。ブログマーケティング活用や希望にあわせたオーダーメイド開発も可能。

サービスサイト

Webサービス型。利用者が自力でサーバソフトの設置をする必要はない。カスタマイズはサービスとして提供されているものに限られる。

日本国外のもの
日本のもの
ウィキペディアに記事があるもの
企業項目などが存在するもの
いずれもないもの

ブログ検索エンジン

ブログ検索に特化した検索エンジンRSSないしトラックバックPING収集型が多い。

  • gooブログ検索(「gooブログ」サービスに限らない)
  • 皆声.jp
  • RitiWebブログ検索

各ブログサービスが行うもの

終了

など。

ブログパーツ

ブログパーツとはブログに貼る小さなパーツのこと。ブログの機能性向上やデザイン性向上のために貼り付けるのが主な目的。プラグイン形式で提供されるものがほとんどである。

ブログ』に 関連する人気アイテム

【GitUp Git1, Git2, Git2P, G3 DUO用】 GitUp 純正 Mini-USB接続 3.5mm 外部マイク / エクスターナルマイク & 充電ケーブル / チャージングケーブル アクションカメラ コンボケーブル バイク / 自転車 / モトブログに【1週間の初期不良交換対応】

5つ星のうち 5.0gitup G3

(参考になった人 2/2 人)

今回モトブログ用にと gitup G3と一緒にコンボケーブルを購入しました。
給電と音声録音が同時にできるのがいいですね。私はツーリングに行った時は予備バッテリーも使わずこのコンボケーブルで給電しながら走ってます。
充電切れの心配やバッテリーの入れ替えの心配がなく、家で充電できてなくてもすぐにツーリングに出かけれるのがいいですね。
何個もバッテリーを充電し、何個も持ち歩かなくていいので便利です。
音声も今の所は普通に録音されているので、給電、音声録音ともに問題ありません。



私はサイドオープンのスケルトンケースも一緒に使ってますが、これも非常に便利でオススメです。
モトブログで使用するのであればコンボケーブルとサイドオープンのスケルトンケースは非常にありがたいアイテムですね。

Git2で給電と外部マイク使用を両立するためにコンボケーブルを購入しました。 ツーリングに行った時に長時間バッテリーの心配をせずにこのコンボケーブルで給電しながら走ってます。 マイクをヘルメットに仕込めば風切り音も気にならずに録音できます。 Git2を顎マウントしているのですが、本体とレンズの保護のためにサイドオープンのスケルトンケースも一緒に使ってます。 コンボケーブルとサイドオープンのスケルトンケースはマストアイテムだと思います。 アルミ ロングスクリューアルマイトブルーも付けてみると良いアクセントになりました。 ノチウさんはとても親切に対応していただけるので安心です。

5つ星のうち 4.0他に選択肢がないので

(参考になった人 0/0 人)

他に選択肢がないのでこのケーブルを導入しました。 ステレオミニプラグージャックのケーブルはなんだろうと思って結線を確認したところ、 右CHの接続がされていませんでした。 ということはステレオをモノに変換する変換ケーブルなのでしょう。 というようなことはきちんと書いておいてほしいと思います。

syunkonカフェごはん めんどくさくない献立

5つ星のうち 5.0等身大感

(参考になった人 3/3 人)

とにかく簡単で美味しい。 もう一回作ろう、とか、あれ作っとけば献立決まるな、とかそういうのが多い。 平日夕飯準備に1時間なんてとれませんからね…揉み込んで焼くだけ、とか工程がめんどくさくないものが多いので助かります。 きっとすごく考えてたくさん試行錯誤してレシピ考えているんだと思うんです。 それなのに気さくで気取らない、著者の人柄と主婦感と等身大感にとても魅力を感じます。

5つ星のうち 5.0助かってます!

(参考になった人 1/1 人)

本当に簡単で美味しく出来、好き嫌いの激しい夫と子供が絶賛してくれます! レシピ本買っても、材料が足りなかったり手間が面倒(汗)だったりでほぼ使うことがなかった私ですが、 こちらのレシピ本は家にある材料で代用できたり手順が簡単で、本当に助かっています。 子供も「明日はこれね」と希望を言ってくれています。

5つ星のうち 5.0本当に使える料理本

(参考になった人 0/0 人)

副菜にこれもいいけどこっちはどう?と他の提案が書いてあったり、食材がピタリとなくても美味しく作れるのが本当に助かります。 副菜の味付け別も見やすくて◎ スムーズに献立が考えられるようになりました。 私のように献立決めが苦手な方には是非オススメしたいです!

黄金のアウトプット術 インプットした情報を「お金」に変える

アウトプットの具体的な方法を示してくれる実用書です。さすがに、アウトプットを指南している本だけに非常に読みやすいです。とても読みやすいのですが、内容の方はとても濃いものになっています。

勉強好きだが、アウトプットが苦手な人。知識を入れることは好きだが、その知識を「お金」に変えられていない人、またはお金に変えたい人。インプットは得意だがアウトプットの方法を具体的に知りたい人向けです。

著者の成家眞は、日本マイクロソフトの社長を1991年から2000年まで務めていました。

2010年より書評サイト「HONZ」の代表を務めていて、書評も書いています。また著書も多数出版しています。いわばアウトプットのプロであるといえます。

本書は「書く」アウトプットだけにとどまらず、「話す」アウトプットや「見た目」のアウトプットもあり、それぞれのアウトプットが一冊の本の題材になりそうです。それを1冊の本で知ることができるのは非常にコスパがいいと思います。

本書は“文章術は小中学校で身についている”ので、“もうこれ以上、文章術を学ぶ必要はない”としています。そして、“社会人が書くべき文章、また、求められる文章とはどのようなものかというと、ズバリ、紹介文”このことだと述べています。

著者は800字を一つの目安として本の紹介文を書くことを勧めいています。“800字と思うな、100字×8だと思え”とし、“100字のブロックを8つ作れば、あっという間に800字”になります。8つのブロックは各100文字で構成されていて、このレビューも8つのブロックの構成にそって書かれています。

改めて著者の紹介をします。
書評サイト「HONZ」代表。北海道札幌西高等学校を経て、1979年中央大学商学部卒業。アスキーなどを経て1986年にマイクロソフト株式会社入社。1991年よりマイクロソフト代表取締役社長。2000年に退社後、同年5月に投資コンサルティング会社インスパイアを設立。元早稲田大学ビジネススクール客員教授。書評の定期寄稿はHONZ、週刊新潮、日経ビジネス。

アウトプットが苦手だと感じていて、インプットした情報を「お金」に変えたいと思っているすべての人におすすめです。この本を読んで私もこのような形でアウトプットできました。これからどんどんアウトプットしていきたいと思います。

「そもそもこの本を手に取る人はインプット過多なのではないか」と著者も指摘しており、アウトプットを前提にこの本を読むように仕向けられている本です。
本書は、アウトプットしたくなるような仕掛けが随所にあり、自分はインプット過多という自覚がない人でも、この本を閉じた後にアウトプットに移すことができると思います。私もその一人です。

成瀬さんが普段どのようなことを考えてコミュニケーションをしているかがわかるだけでなく、インプットばかりでアウトプットができていない人向けに、アウトプットのメリットと、具体的なアウトプット方法について記載されています。



・アウトプットしなれば進歩しない
一貫してアウトプットの重要性について記載されていますが、その根拠としてある人がどんなに才能を持っていたとしても、外に発信しなければ誰にも気づかれることはなく、またアウトプットしなけばアウトプットも上達することはないという点です。

・インプットは十分足りている
「アウトプットのためのインプットが足りない」という人もいますが、毎日スマートフォンでニュースやSNSを見ている人は十分にインプットできており、むしろ消化不良を起こしているそうです。

・文章を売ろうとするな、文章で売れ
この本で面白いと思ったのが、この節です。何かを発信しようと思ってもフリートークは難しいものですが、何かの紹介文であれば誰でも書くことができるという指摘です。自分で何か新しい物を生み出さなければならないというプレッシャーもなく、どのような内容であったかという文章であれば大人なら誰でも書くことができる。まずは「文章を売る」のではなく、本などの紹介文で本を売る=アウトプット力を鍛えてという主張には納得させられなした。

・100字×8
何かの紹介文を書くときには800字程度を目指します。この本の66−67ページで100文字×8を使って、本の印象の紹介、読者の想定、、、というように、100文字×8の書き方をまとめています。

この本の帯には「アウトプットを前提にすると、インプットがガラリと変わる」と記載がある通り、アウトプットをするきっかけにするという前提で読まれてはいかがでしょうか。

5つ星のうち 3.0胸焼け

(参考になった人 2/2 人)

現代人はあんまり自分の意見を言わない。会社・学校とかだとなおさら。
意見言ったら「じゃあ言い出しっぺがやれ」とか会社や学校のバカタレが言い出すから無理も無いわけです。

だから自分の代わりに誰かが似たような意見を言っているを探して
「いいね」ボタンを押す、でも こういうしょうもない事はもうやめようと。
誰かの意見に頼らず自分の意見を言え。アウトプットをすれ。という本。

「いいね」とか「ナイス」とか「参考になった」とかは意見の発信でも何でも無くて
ただの反応に過ぎないと一刀両断している。

そんな奴らはイワシの群れで、いつかAIに つみれ汁にされて終わりだと。

文中では現代人はよく文章とか動画とか見るけど、てめーで発信はしてない、そこが問題だと言うわけです
だから もうインプット偏重はやめろ、みんな文章の読みすぎ動画の見すぎ。それだけインプットしたら加工して吐き出さないとブヨブヨになると畳み掛けてきます。

発信していくと自分の価値はあがっていくし、友達もできるし、面白いぞとそういう流れです。
キンコン西野を批判してるヒマがあるならブログでも書けとそういう事です。

まぁそうなんだけど、この社会構造でその責任を読者に求めてる所がかなりマッチョだなと
もうちっと 意見が言いにくい中でどうアウトプットしていくのかという形で
現実に寄り添った対処法が盛り込まれていればもっと良かったけどキャラ的にきつそう。

序盤から口調が説教みたいな感じで おおむね濃い味なので読後は胸焼けしてお腹いっぱい感になる。2~3点

東大院生が開発! 頭のいい説明は型で決まる

自分で理解をしていても、
相手に伝えることが出来なければ、
部下が育たない。

こんな経験がある。
それは自分自身が、
相手にどうやって教えたらいいかが、
文字として言語していないからだ。

時にはフィーリングで、
気分で説明をしたりするものだから、
相手も、「毎回言っていることが違う」と思ってしまう。

こっちとしては、
パーツパーツで説明をしているので、
あらがち間違ってはいないのだが、
俯瞰レベルになって、全体図が見えていないので
言葉の相違が起きてしまう。




今回の本では、
わかってもらう説明の黄金フォーマット
「IKPOLET法」と言うものが出てきた。

Interest:興味を引く
Knowledge:聞き手の持っている知識や認識にアクセスする
Purpose:目的を示す
Outline:大枠を見せる
Link:つなげる
Embodiment,Example,Evidence:具体化、事例、証拠を示す
Transfer:転移

と言うものだ。


Interest:興味を引く
聞き手の意識を180度変えてこちらを向いてもらう所から始める。
「ここは絶対に入試ででるところで・・・」
自分の説明を聴いてもらうには目に見えるニンジンをぶら下げるような言葉も
極めて重要

Knowledge:聞き手の持っている知識や認識にアクセスする
本当の頭のいい説明とは、
どんなレベルの内容も理解させることがでてしまうものなのだ。
・小中学生でもわかる言葉
・専門用語や業界用語を使う時は、一文に一ワードだけ
・専門用語や業界用語を使ったときは、注釈を入れる。
つまり、相手のレベルに合わせて説明をする。

Purpose:目的を示す
「あなたが今やっているスキルトレーニングは、〇〇ができるようになるためなんだよ」
目的を知った結果、その行動の理解が格段に深まる。

Outline:大枠を見せる
「今から、〇〇についてお話しますね」
「今話している〇〇って、実は全体の中のここら辺のところの話なんだ」
全体を俯瞰して説明をする。

Link:つなげる
「実は、これとこれって、こんな関係があるんだけど、知っていた?」
人は本能的に、関連付けたがる生き物だ。
1:原因と結果「因果関係」
2:AのしくみはBである「メカニズム」
3:ばらばらの物をあるルールでまとめる「帰納法」
4:外堀を埋める「周辺知識」
と言う風に大きく4タイプにLinkのタイプはわかれる。

Embodiment,Example,Evidence:具体化、事例、証拠を示す
Embodiment:具体化
漠然としていることを、イメージが湧くレベルにまで落とし込む。
Example:事例
「たとえば・・」
フレミングの法則は具体的にいうとリニアモーターカー
Evidence:証拠
公的機関が出しているデータ
自分の実体験や現場の情報

Transfer:転移
すでにみにつけた知識や考え方を、
他のシチュエーションで適宜使うことが出来る。

この「IKPOLET法」を見につければ、
最強の学習化学だ!という本である。

5つ星のうち 3.0良い。

(参考になった人 7/10 人)

難しい話を分かりやすく説明するためにはどうしたら良いかが書かれている。

大学で読まされる論文は専門用語の連発ばかりで、
書き手が何を言いたいのかよく分からない文章ばかりだったりする。
「難しい論文ほど良い」みたいな そんなクソみたいな伝統があるのかもしれない。

今思うと高機能なバカの集まりである。
いくら格調高いことを言ったって、読み手に届かなければ無いのと同じなのである。(この本の受け売り)

「東大のうんぬん~」は ハズレも多い。


カツマ系の「いくら自己啓発でも それは お前以外に実践は無理だろ。」みたいな案を提示をするものもある
しかし これは比較的 そうだなぁと納得できる内容になっている。

ただし完璧ではない。「説明するときには 聞き手にわかってほしいという情熱が相手にも伝わる」とかそういうのはいらなかった。あと「自分で物事を説明できるようになると学習が深まる」とかそういう一般論もいらなかった。
それなら他の本にも書いてある。手抜き。講師として実際に経験した体験を多めに書けばいい。

こうした根拠のない精神論や 、パクってきた内容を排除すれば5点だったかもしれない。

個人的には説明の形を見直すいい機会になった。3点をつけているが、評価が低いわけではない。
これを読むような人は 自分の説明が分かりやすいかどうか気にするくらいレベルが高い人なので
評価を気にせず読むだろうと思う。なので評価はニュートラルに3点にしておく。
読んだ人には良さがわかるだろう

参考になった部分
・伝わらない知識は無いに等しい
・学力と説明力は全く別
・わかるとは、新しい知識と既存の知識を繋げること
・(IKPOLET)Interest、knowledge、Purpose 、Outline、Link、Embodiment、Example、Evidence、Transfer
・興味を引くには矛盾、リスク、意外性、秘密を打ち出す
・頭の良い説明ほど小中学生の言葉を使う
・相手の知識レベル、目的を知り、そこに知識を繋げる
・比喩を使いこなせると最強

説明テンプレート
興味を引く→相手の知識レベルを確認→目的の共有→全体像の確認→繋げる→具体的にする

元化学の予備校講師の方が書いた本で、学校の先生の説明の仕方のテンプレを読んでいるように感じました。
興味付けの部分や、説明力については参考になりました。
特に相手の知識レベルを確認することは、今後気を付けたいと思いました。

スコープテック ラプトル50 天体望遠鏡セット

5つ星のうち 5.0未就学児と一緒に

(参考になった人 1/1 人)

子供が宇宙に興味を持ち出したので、まずは月を見ようと思い購入。 親子で月の美しさに感動しました。 私は大分目が悪いので、物心ついてから記憶にある月といえば二重三重に見える朧月のみだったのがクレーターもはっきりと。 季節的に月ぐらいしか楽しめませんでしたが、来年の夏は他の惑星や銀河も見てみたいところです。

5つ星のうち 4.0使いやすい

(参考になった人 1/1 人)

初心者向けに使いやすいことを一義に本機を選び、小学1年生の孫にプレゼントしました。 月を見て、クレータの回りが青白く見えると興奮していました。 今後、木製・土星にもチャレンジすると思いますが、宇宙への興味が広がることを期待しています。

5つ星のうち 4.0商品には満足

(参考になった人 1/1 人)

商品や説明書に誠意が感じられて、とてもよかったです。 天体好きの奥さんにプレゼントしましたが、とても喜んでいました。 減点はアマゾンさんの雑なラッピングと、素っ気ないメッセ-ジカ-ド。 電報かと思いました。

ブログ』の解説 by はてなキーワード

ウェブログ (Weblog)」を略した言葉で「Web上に残される記録」というような意味を持ちます。ブログの歴史や厳密な定義には諸説ありますが、現在では「継続して更新され続けるWebページ」ならブログだと考えていいでしょう。ブログの中には、高度な社会問題などを扱ったジャーナリスティックなものから、興味のあるニュースに独自の論評を加えるもの、個人的な日記やエッセイ、カメラつき携帯電話で撮った写真を載せたものなど、さまざまなテーマ、内容のものがあります。

ブログ』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.