フォーサーズのまとめ情報

フォーサーズシステム』の解説

フォーサーズに関連性が高い単語の解説を表示しています。 フォーサーズについての情報が含まれているか確認して下さい。

thumb

thumb

thumb

フォーサーズシステム(Four Thirds System)は、デジタル一眼レフカメラにおける共通規格のひとつである。日本の光学機器メーカーオリンパスとアメリカの写真用フィルム・写真機器メーカーコダックによって提唱された。

名称の由来となった4/3型(約17.3mm×13mm)のイメージセンサーと、これに適する標準規格化されたレンズマウント及びデジタル専用設計の交換レンズが規格の中核となっている。

2008年8月5日には、フォーサーズシステムの拡張規格であるマイクロフォーサーズシステムが発表されている。

概要

フォーサーズシステムのフランジバックは38.67mm、イメージセンサーの記録対角長が21.63mm(35mm写真フィルムの記録面(36mm × 24mm)の対角長43.26mmの1/2)と規格化されており、それを元にイメージサークルの直径が決められている。センサーサイズが本来のフォーサーズサイズ(18mm × 13.5mm)よりも小さいのは、21.63mmを4:3の辺を持つ長方形に換算すると、約17.3mm×13mmになるためである。画面サイズは110フィルムに近い。

テレセントリック性の追求(後述)によりレンズの口径やフランジバック長が大きくなってしまったため、当初はより大型のセンサーを採用した他社のデジタル一眼レフカメラと同等程度の大きさとなった。しかしその後本体およびレンズの小型化も進み、さらに小型化を志向するものとしてマイクロフォーサーズシステムも登場した。

メリット

望遠レンズの小型・軽量化
イメージサークルは従来の35mmフルサイズカメラと比較して約半分強であり、そのためフォーサーズシステムのレンズの焦点距離を35mm判換算焦点距離とするためには約2倍とすることになる。これにより望遠レンズにおいては、大型のセンサーを採用する他社のデジタル一眼カメラシステムより小さく軽く設計することが可能である。
PC等におけるフルスクリーンでの表示
イメージセンサーのアスペクト比が4:3であるため、640×480、1024×768、1600×1200等標準的なコンピューターディスプレイにおいてフルスクリーンで表示させることが可能であるが、近年はHD映像の普及と共に16:9等の横に広いディスプレイが増えてきたため徐々に当てはまらなくなってきている。
オープン規格
フォーサーズシステムはオープン規格としてカメラメーカー等の業界団体に対しNDAベースで公開されており、他のメーカーの参入を可能としている。フォーサーズシステム対応機器においてはメーカーを問わずレンズやボディ間の互換性が保たれる。
2005年までオリンパス以外のメーカーからはボディが発売されていなかったが、2006年にはパナソニックよりDMC-L1ライカよりDIGILUX 3が発売された。
テレセントリック性
従来の一眼レフカメラのシステムを流用したデジタル一眼レフカメラにおいては、以下の問題が残されている。
  1. イメージセンサーの光電子変換素子となるフォトダイオードは構造的に深い部分に配置されている。そのため、垂直から大きく外れた角度で光を入射するとケラレによりフォトダイオードまで十分に光が届かない。また、イメージセンサーはピクセルの大きさに対しフォトダイオードの大きさが小さいため、たとえ垂直に光が入射しても、フォトダイオードに当たらない光は無駄になっていた。これらの問題を軽減させるため、通常イメージセンサーはマイクロレンズと組み合わせて使用される。マイクロレンズに入射した光はフォトダイオードの中心でスポットを結ぶように設計されているため、開口率が大幅に改善される。しかし、入射する光線の角度が垂直から大きく外れるとスポットがフォトダイオードから外れてしまうため光量の低下を招く。この現象は、デジタル一眼レフカメラにおいて周辺光量の低下となって現れる。なお、この問題は主に従来型のCMOSセンサーにおいて起こるものであり、裏面照射型CMOSセンサーを採用している機種では若干解消されている。
  2. イメージセンサに対して垂直から大きく外れた角度の光線が入射すると、マイクロレンズに入射した光が本来向かうべきフォトダイオードから外れ、隣接するフォトダイオードに光が漏れる。周辺部の光線角度が大きくなる広角レンズをデジタル一眼レフカメラに使った場合、この現象によって周辺部の解像力の低下を招く。
  3. 一般的なカラーのイメージセンサーにはローパスフィルターが使われており、これによって偽色モアレの発生を低減させている。しかし、ローパスフィルターの効果は入射角度に依存して大きくなるため、像側の周辺部の光線角度が大きいレンズをデジタル一眼レフカメラに使った場合、ローパスフィルターの効果が過剰に現れ、周辺部の解像力が大きく低下する。
  4. 従来の一眼レフカメラのシステムでは、レンズの後玉と撮像面(フィルム)の間には空気しか存在しない条件で設計されていたが、デジタル一眼レフカメラはローパスフィルターやイメージセンサーのカバーガラス等が存在するため、銀塩用として設計されたレンズを流用した場合には収差が発生することになる。これはF値の小さいレンズや、イメージセンサーに対して光線角度が大きくなる広角レンズの周辺部において影響が大きくなる。
以上1〜4の理由により、レンズ一体型のデジタルカメラやレンズ交換を前提とした一部の業務用カメラシステムでは、像側のテレセントリック性を高めたレンズ設計が行われている。
フォーサーズシステムはこれらの問題を抜本的に解決するため、従来のマウントを捨てデジタル専用として設計を一新させた。この専用システムの構築によりイメージセンサーの中心部から周辺部まで垂直に近い光が届く、テレセントリック性の高い光学設計が可能となっているのが最大の特徴である。これによりフォーサーズシステムでは望遠から超広角に至るまで開放においても画面の中心部から周辺部まで安定した画質を得ることに成功している。
ほこり除去機構
フォーサーズシステムの他の大きな特長として、オリンパスが開発したダストリダクションシステムの存在がある。これは、外界との隔壁となる円形の薄いガラス製の光学窓を、円周状の圧電アクチュエーターにて共振周波数(約30KHzの超音波帯域)で振動させることで付着したゴミを振るい落とし、下部に設けられた粘着剤付きのポケットに集塵するシステムである。この光学窓はフォーサーズシステム特有のバックフォーカスの長さを利用し、イメージセンサーから光軸方向に離れた位置に配置されており、万一ゴミが取りきれなかったとしても比較的写り込み難いようになっている。このシステムがフォーサーズシステムに内包されているかどうかは不明であるが、現在のところ呼び名は異なるものの他メーカーのフォーサーズ準拠のカメラボディにも組み込まれている。

デメリット

暗所での高感度撮影
イメージセンサーの面積が、他の一眼デジタルカメラ規格と比較すると小さいため、同じピクセル数を有すると仮定した場合、ピクセルあたりの光量はフォーマットの面積と比例して小さい。そのためISO感度を高くとった場合のノイズ特性が原理的に劣る。
フォーサーズのISO200と35mmフルサイズのISO200では、35mmフルサイズのほうがSN比は約2段優れている。
つまり、フォーサーズのISO200は、35mmフルサイズのISO800に相当するSN比である。
このため、フォーサーズではISO100やISO200で撮影した写真でも、比較的ノイズが目に付く場合が少なくない。
オリンパス機では「トゥルーピックV」等の画像処理エンジンによってノイズの低減に取り組んでいる。
被写界深度の浅さを利用する写真表現
イメージセンサーが小さいことに起因し、被写界深度が深いことによるボケ表現の浅さがある。
ボケ表現をするためには、被写界深度を浅くする必要があるが、同画角レンズを同条件下で使用した場合、フォーサーズは原理的に35mmフルサイズほどの浅い被写界深度を実現できないため、ボケが少なく、ボケを増やすにはより焦点距離の長いレンズを使う必要がある。
ファインダー像
マットスクリーンに結ぶ像が小さいことによるファインダー像の小ささが欠点としてあげられる。これにより、他のフォーマットのデジタル一眼レフカメラよりもマニュアルフォーカス時のピント合わせの難易度が高い。

カメラ本体

交換レンズ

thumb

  • オリンパス - ズイコーデジタルレンズ#フォーサーズシステム用参照
  • シグマ - DC/DGレンズ
  • パナソニック/ライカ - LEICA Dレンズ
    • LEICA D VARIO-ELMARIT 14-50mm/F2.8-3.5 ASPH./MEGA O.I.S.
    • LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ASPH./MEGA O.I.S. - 唯一絞り環がない。
    • LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
    • LEICA D SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH.

マウントアダプター

フォーサーズシステムのボディに対し、次のレンズ用のマウントアダプター純正オプションとして発売されている。

規格賛同メーカー

  • オリンパスイメージング - 規格提唱メーカー、初期からボディを発売。
  • イーストマン・コダック・カンパニー - 規格提唱メーカー、主にCCDセンサーを供給。
  • 富士フイルム - 2003年に規格賛同。
  • 三洋電機 - 2004年に規格賛同、ボディ開発供給を表明。2011年時点では対応ボディは発売されていない。
  • シグマ - 2004年に規格賛同、交換レンズを発売。
  • パナソニック - 2004年に規格賛同、2005年にオリンパスとの一眼レフカメラ共同開発を発表、イメージセンサーとして1980年代に開発されたCPDセンサの流れを受け継ぐνMaicoviconをスチルカメラ用に最適化したLive MOSを供給。2006年にボディを発売。
  • ライカカメラAG - 2006年に規格賛同、パナソニックへのライセンス供与という形で交換レンズの供給を行なう。またパナソニックからのOEMを受けてボディを発売している。

他規格との撮像素子サイズの比較

※各規格ごとの実際の撮像素子サイズはメーカーや発売時期によって異なり、おおよその目安である。

フォーサーズ』に 関連する人気アイテム

マイクロフォーサーズレンズ FANBOOK

マイクロ・フォーサーズ・レンズを今後購入することを検討されている人達には大変参考になる電子カタログになると思います。
また既にレンズをお持ちの方々にも、お手持ちのレンズがどのような性能があるかを調べてみるためにも参考になるでしょう。

私は、カメラ、レンズの大きさについては、フィルム時代からレンジファインダー機や一眼レフ、ブローニーフィルムカメラなど色々使ってきて、携帯性と撮影結果を吟味しながらずっと考えてきました。

「画像が綺麗にリアルに撮れる」という意味では、フィルムや撮影素子が大きいに越したことはありません。



でも、フィルムや撮影素子が大きくなると携帯性は大きく犠牲になります。

また、私の場合はWebで多くの人達に見ていただいたり、たまに大きなサイズにプリントして写真展に出したりしますが、そのような用途に写真を使う場合、自分にとって必要な写真のサイズ、画像のサイズはどこまで必要なのかも考えてきました。

また「良い写真」は、歴史的に良い評価を受けている写真を含めてフィルムや撮影素子とはかならずしも比例しないことも良く分かってきました。

その結果から、結論になりますが、必要な解像度や表現力、何より携帯性や手足の延長としての操作性やカメラの反応性などを総合すると、マイクロフォーサーズが大きさの限界に近いという判断に至りました。

他社製のデザインや解像度、機能などの点で魅力的なカメラは沢山ありますが、今後ともマイクロ・フォーサーズのレンズとカメラを使っていきたいと考えています。

私2016年夏にマイクロフォーサーズデビューしました。
何冊か関連本を買い、不足している初期のレンズの情報が欲しくなりこの本も購入。
見事初期のレンズ、特に知りたかったキットレンズについても掲載されており満足。
キットレンズでは小型の新型が良いか?、少し大ぶりの余裕設計のレンズのが良いか?迷う所ですが12-32mmf3.5-5.6が掘り出し物っぽい。
また解像度の事に関しては、海外のレンズレビューサイトでも調べられますが、いちいちサイトを開き比較するのは面倒。


この辺りは紙媒体のがはるかに優位。
絞り開放から絞った状態と、中心や周辺、ズームレンズでは各画角。これらのレンズ数本が一目でわかる。
ネットで調べると何十分かかることやら。
最後に冒頭の「初期レンズの情報が知りたかった」と逆行しますが、この内容で新しいレンズもふくめた最新版がでたら、速攻買います。
安価となった初期レンズと、新設計の低価格~高価格レンズの比較、う~ん、ゾクゾクしますね。

5つ星のうち 4.0良いムックですが危険

(参考になった人 23/25 人)

マイクロフォーサーズの専用レンズについて解説されており、少ないですが作例もあってわかりやすい本です。 ただし「ファンブック」と銘打っているだけって、コメントが少し甘めです。 批判的なことはほとんど書かれていません。 褒めちぎるとまではいきませんが、個々のレンズの評価は結構下駄をはかせているのではないでしょうか。 しかし、解説は詳しいので、読んでいるとどのレンズも欲しくなってきます。 そういう意味では危険な本ですね。

マイクロフォーサーズレンズ パーフェクトブック[雑誌] CAMERA magazine特別編集

5つ星のうち 5.0素晴らしい内容

(参考になった人 24/27 人)

当初全く買う予定のない本でしたが なんとなく書店で立ち読み。 掲載されている写真を数枚見て「即」レジに向かいました。

この手の本は遜ったレンズレビューと共にありふれたつまらなくてどうでも良い写真が載っているのが一般的だと思うのですが、この本は掲載されている写真が非常に良かった。

写真だけでも興味が湧いたのですが、それらの写真全てが自分自身がメインマウントとしているマイクロフォーサーズで撮られたものだとなれば詳しく知りたい。

ページをめくり、目を引くような美しい写真に目を止め それがどのレンズで撮られたものなのかを知る。

そこにはありきたりなレビューにとどまらず、[ポイント]としてそのレンズの特徴が分かりやすく要約して書かれている。

面白いと思ったのは各レンズの紹介ページに該当レンズをカメラに装着した状態を上から撮影した写真が載っていて、数値や言葉だけでは伝わらないレンズの大きさやバランスがイメージ出来たし、すべてのレンズ紹介において最短撮影距離やレンズ重量の記載があったので比較検討がしやすいと感じました。

パナだけ、オリだけに留まらず 現在販売されている殆どのメーカーのマイクロフォーサーズレンズが載っている為、レンズ選びに役に立ちます。

この手の特集本で非常に無駄だと感じるマウントアダプターの記事が短かかったのも良かったです。ほぼ9割が無名なサードパーティー製の金属リングですが、その品質が良いとも悪いとも評せずに写真と定価だけを延々列記されても何の参考にもなりません。そんなものを読むよりヤフオクで直接品物を探した方が余程早くて確実だと思うのです。

総じて記事の書き方切り口が新しく 文字だけ写真だけにならずにバランスも良い。
表紙はいたって平凡なレンズ特集本ですが、中身はすごく良いと思います。次のページが楽しみになる。

褒めすぎだろうか?いやこの値段でこの内容なら★5個以外ありえない。
近々にレンズ購入予定がある人も無い人も是非。

レンズの解説は、ところどころ詳細なものもありますが、全体的にはざっくりとした感じでしょうか。
詳細なものとしては、パナソニック、オリンパス、フォクトレンダーの25ミリ(35ミリ換算で50ミリ)レンズの比較がありますが、
ボケ具合や描写の傾向など、とても参考になります。
また、作例の写真がとてもよく、見ているだけでも気分が高揚し、写欲が湧いてきます。
プロの写真家のお話や作例もいい刺激になります。
パナソニック、オリンパスはもちろんですが、SIGMAやフォクトレンダー、そして情報が少ないKOWAのレンズもしっかりレビューされているところがすごくいいと思います。



現在(2015年2月1日)発売されている、メジャな―マイクロフォーサーズ対応レンズを全て網羅している、
その他の話しも興味深く読める、作例もいい。
ということで、マイクロフォーサーズユーザーにとっては、買って損はしないかなと思います。
ただし、レンズ沼への入口にもなりますので、注意が必要です(笑)

大して参考になりませんでした。普通です。

どうして絶賛している人が多いのか謎。これくらいのムック本ならザラにあります。
作例も素晴らしい!と思えるものはそんなにありませんでした。

強いて褒めるなら、ライカレンズを持ち出したマウント遊び記事を掲載していないことと、KOWAやコシナも無視せず掲載している点。
しかし、細かいことを言うなら、
発売時期の関係で、ノクチクロン42.5mm、ズミルックス15mmの扱いは乏しいです。
KOWAのプロミナー500mmは影も形もなかったし、30mmマクロは開発中!だけ載ってて、それ要る?と思いました。



しかし、それは私が長年マイクロフォーサーズユーザーをやっているからで、CN等他社から乗り換えられた方にとっては広く浅い内容で有用なのかもしれません。
オリンパスのPROレンズが300mmまで出揃った時点で、改訂版を出して欲しいです。

Kenko 液晶保護フィルム 液晶プロテクター OLYMPUS OM-D E-M10 MarkIII/Mark II/E-M1 Mark II用 KLP-OEM10M3

5つ星のうち 4.0普通に使える

(参考になった人 0/0 人)

E-M5 MarkIIにて使用 本当は保護ガラスが好みだが 最初購入した保護ガラス製品が 分厚くてバリアングル液晶が裏返して収納出来なかった為 ガラスを諦めフィルムで! 普通に使えるし普通にサイズがぴったり! 貼るのも貼りやすいかったです。

フィルム自体についてるシールを最後に剥がそうとしたところ、なかなか剥げずにシールが伸びてしまい、最終的に伸びた部分がクルクルと巻いてしまい・・・。 残念。 。

5つ星のうち 5.0液晶には必需品!

(参考になった人 0/0 人)

手持ちのカメラには全部張っています。 とても貼りやすく、しかも全く気泡が入りませんでした。 これを張っていると安心して撮影に臨めます!

Kenko レンズフィルター PRO1D プロテクター 46mm レンズ保護用 324653

5つ星のうち 5.0SONYhdrcx680に使用

(参考になった人 0/0 人)

ソニーのハンディカムhdrcx680に使用しています。 録画した映像に特に影響はないようです。 キ○ムラの店員さんによると、手振れ防止機能によりレンズが動くので必ずフィルターを取り付けた方が良いとの事でした。

Olympusの単焦点レンズM.ZUIKO DIGITAL 25mm f1.8にぴったりでした。 レンズは本体はシルバーですがレンズ部分は黒なので違和感もありません。

5つ星のうち 5.0良かったです。

(参考になった人 0/0 人)

新品のカメラでしたのでレンズフィルターが必須と思っていました。 早速、試してみましたが特に問題なく、写真も綺麗に撮れると思います。 購入して良かったです!

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 SLV

5つ星のうち 5.0対人用レンズ

(参考になった人 0/0 人)

対人にはもってこいです!
子供を撮るときにはコレですね!
小物等にも良いです。
風景にも使えますが、私は風景の場合はレンズを変えます。

画質
とても良いです!
心地よいボケ、高画質、ちょうど良い画角。コレぞ単焦点の代表者!
やわらかくフワッと撮れる印象です。
なので、対人には良いですが、風景はまぁまぁ。好みの問題ですけどね。

軽量
この撮りやすさと、持ち運びやすさはグッドです!
絶対に携帯するレンズですね。



お買い得
私はこのレンズからいろいろ学び、修行させていただきました。
そしてカメラの楽しさを知りました!
初心者はこれで勉強すると良いと思います。
とりあえず持ってて損は間違いなくない!この価格でこの画質はお買い得でしょ!!

これが使いこなせたら次はProレンズですかね。

常に持ち歩いています。 基本被写体は子供です。 焦点距離25mm、35mm換算にして50mmの画角は絶妙です。 初心者は考えずにいい写真が撮れます!一方で、ちょっと慣れてくると色々と考えさせてくれる画角でもあります。 パナにも同じ25mmはあるのですが、向こうは寸胴が無駄に太くあまり好みではありません。 かなり安いのですが、デザインは価格なりという印象です。 このレンズが生み出す絵に感動して焦点距離が異なる単焦点レンズをその後2本購入しましたが、使い勝手も含め基本はこれを使っています。 ボケやすくかつ画角が狭すぎないという事で、個人的には最初の単焦点レンズはコレを薦めます。

ずっとデジタル一眼レフカメラで単焦点レンズを使っていたので、はじめてのミラーレスとしてWズームレンズセットにしましたが、キットのレンズでは物足りず、結局1週間後にはこちらを追加購入しました。 私は主にレストランなどで食事やスイーツを撮る事が多いので、F1.8の明るさは薄暗いお店も多いので非常に満足しています!キットレンズのパンケーキタイプに比べると少し長さがありますが、持ち歩きやすいサイズ感は保たれています。 カメラに詳しくなくても、このレンズを使えば誰でも簡単にボケ感のある一眼らしい画が撮れます。 キットレンズで物足りなくなったら2本目、3本目にピッタリのレンズ!

フォーサーズ』の解説 by はてなキーワード

オリンパスコダックが策定したデジタルカメラの規格。4/3型の撮像素子(約18×13.5mm)の撮像素子と規格化されたレンズマウントのシステム。

従来の135システムに比べ約半分(面積比1/4)の撮像素子のため、同じ画角を得るのに半分の焦点距離のレンズですみ、小型化しやすいというメリットがある。

参加メーカー

フォーサーズの日

 4/3をフォーサーズの日とするのは如何でしょうか(ぉ

フォーサーズ』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.