フォーサーズシステムのまとめ情報

フォーサーズシステム』の解説

thumb

thumb

thumb

フォーサーズシステム(Four Thirds System)は、デジタル一眼レフカメラにおける共通規格のひとつである。日本の光学機器メーカーオリンパスとアメリカの写真用フィルム・写真機器メーカーコダックによって提唱された。

名称の由来となった4/3型(約17.3mm×13mm)のイメージセンサーと、これに適する標準規格化されたレンズマウント及びデジタル専用設計の交換レンズが規格の中核となっている。

2008年8月5日には、フォーサーズシステムの拡張規格であるマイクロフォーサーズシステムが発表されている。

概要

フォーサーズシステムのフランジバックは38.67mm、イメージセンサーの記録対角長が21.63mm(35mm写真フィルムの記録面(36mm × 24mm)の対角長43.26mmの1/2)と規格化されており、それを元にイメージサークルの直径が決められている。センサーサイズが本来のフォーサーズサイズ(18mm × 13.5mm)よりも小さいのは、21.63mmを4:3の辺を持つ長方形に換算すると、約17.3mm×13mmになるためである。画面サイズは110フィルムに近い。

テレセントリック性の追求(後述)によりレンズの口径やフランジバック長が大きくなってしまったため、当初はより大型のセンサーを採用した他社のデジタル一眼レフカメラと同等程度の大きさとなった。しかしその後本体およびレンズの小型化も進み、さらに小型化を志向するものとしてマイクロフォーサーズシステムも登場した。

メリット

望遠レンズの小型・軽量化
イメージサークルは従来の35mmフルサイズカメラと比較して約半分強であり、そのためフォーサーズシステムのレンズの焦点距離を35mm判換算焦点距離とするためには約2倍とすることになる。これにより望遠レンズにおいては、大型のセンサーを採用する他社のデジタル一眼カメラシステムより小さく軽く設計することが可能である。
PC等におけるフルスクリーンでの表示
イメージセンサーのアスペクト比が4:3であるため、640×480、1024×768、1600×1200等標準的なコンピューターディスプレイにおいてフルスクリーンで表示させることが可能であるが、近年はHD映像の普及と共に16:9等の横に広いディスプレイが増えてきたため徐々に当てはまらなくなってきている。
オープン規格
フォーサーズシステムはオープン規格としてカメラメーカー等の業界団体に対しNDAベースで公開されており、他のメーカーの参入を可能としている。フォーサーズシステム対応機器においてはメーカーを問わずレンズやボディ間の互換性が保たれる。
2005年までオリンパス以外のメーカーからはボディが発売されていなかったが、2006年にはパナソニックよりDMC-L1ライカよりDIGILUX 3が発売された。
テレセントリック性
従来の一眼レフカメラのシステムを流用したデジタル一眼レフカメラにおいては、以下の問題が残されている。
  1. イメージセンサーの光電子変換素子となるフォトダイオードは構造的に深い部分に配置されている。そのため、垂直から大きく外れた角度で光を入射するとケラレによりフォトダイオードまで十分に光が届かない。また、イメージセンサーはピクセルの大きさに対しフォトダイオードの大きさが小さいため、たとえ垂直に光が入射しても、フォトダイオードに当たらない光は無駄になっていた。これらの問題を軽減させるため、通常イメージセンサーはマイクロレンズと組み合わせて使用される。マイクロレンズに入射した光はフォトダイオードの中心でスポットを結ぶように設計されているため、開口率が大幅に改善される。しかし、入射する光線の角度が垂直から大きく外れるとスポットがフォトダイオードから外れてしまうため光量の低下を招く。この現象は、デジタル一眼レフカメラにおいて周辺光量の低下となって現れる。なお、この問題は主に従来型のCMOSセンサーにおいて起こるものであり、裏面照射型CMOSセンサーを採用している機種では若干解消されている。
  2. イメージセンサに対して垂直から大きく外れた角度の光線が入射すると、マイクロレンズに入射した光が本来向かうべきフォトダイオードから外れ、隣接するフォトダイオードに光が漏れる。周辺部の光線角度が大きくなる広角レンズをデジタル一眼レフカメラに使った場合、この現象によって周辺部の解像力の低下を招く。
  3. 一般的なカラーのイメージセンサーにはローパスフィルターが使われており、これによって偽色モアレの発生を低減させている。しかし、ローパスフィルターの効果は入射角度に依存して大きくなるため、像側の周辺部の光線角度が大きいレンズをデジタル一眼レフカメラに使った場合、ローパスフィルターの効果が過剰に現れ、周辺部の解像力が大きく低下する。
  4. 従来の一眼レフカメラのシステムでは、レンズの後玉と撮像面(フィルム)の間には空気しか存在しない条件で設計されていたが、デジタル一眼レフカメラはローパスフィルターやイメージセンサーのカバーガラス等が存在するため、銀塩用として設計されたレンズを流用した場合には収差が発生することになる。これはF値の小さいレンズや、イメージセンサーに対して光線角度が大きくなる広角レンズの周辺部において影響が大きくなる。
以上1〜4の理由により、レンズ一体型のデジタルカメラやレンズ交換を前提とした一部の業務用カメラシステムでは、像側のテレセントリック性を高めたレンズ設計が行われている。
フォーサーズシステムはこれらの問題を抜本的に解決するため、従来のマウントを捨てデジタル専用として設計を一新させた。この専用システムの構築によりイメージセンサーの中心部から周辺部まで垂直に近い光が届く、テレセントリック性の高い光学設計が可能となっているのが最大の特徴である。これによりフォーサーズシステムでは望遠から超広角に至るまで開放においても画面の中心部から周辺部まで安定した画質を得ることに成功している。
ほこり除去機構
フォーサーズシステムの他の大きな特長として、オリンパスが開発したダストリダクションシステムの存在がある。これは、外界との隔壁となる円形の薄いガラス製の光学窓を、円周状の圧電アクチュエーターにて共振周波数(約30KHzの超音波帯域)で振動させることで付着したゴミを振るい落とし、下部に設けられた粘着剤付きのポケットに集塵するシステムである。この光学窓はフォーサーズシステム特有のバックフォーカスの長さを利用し、イメージセンサーから光軸方向に離れた位置に配置されており、万一ゴミが取りきれなかったとしても比較的写り込み難いようになっている。このシステムがフォーサーズシステムに内包されているかどうかは不明であるが、現在のところ呼び名は異なるものの他メーカーのフォーサーズ準拠のカメラボディにも組み込まれている。

デメリット

暗所での高感度撮影
イメージセンサーの面積が、他の一眼デジタルカメラ規格と比較すると小さいため、同じピクセル数を有すると仮定した場合、ピクセルあたりの光量はフォーマットの面積と比例して小さい。そのためISO感度を高くとった場合のノイズ特性が原理的に劣る。
フォーサーズのISO200と35mmフルサイズのISO200では、35mmフルサイズのほうがSN比は約2段優れている。
つまり、フォーサーズのISO200は、35mmフルサイズのISO800に相当するSN比である。
このため、フォーサーズではISO100やISO200で撮影した写真でも、比較的ノイズが目に付く場合が少なくない。
オリンパス機では「トゥルーピックV」等の画像処理エンジンによってノイズの低減に取り組んでいる。
被写界深度の浅さを利用する写真表現
イメージセンサーが小さいことに起因し、被写界深度が深いことによるボケ表現の浅さがある。
ボケ表現をするためには、被写界深度を浅くする必要があるが、同画角レンズを同条件下で使用した場合、フォーサーズは原理的に35mmフルサイズほどの浅い被写界深度を実現できないため、ボケが少なく、ボケを増やすにはより焦点距離の長いレンズを使う必要がある。
ファインダー像
マットスクリーンに結ぶ像が小さいことによるファインダー像の小ささが欠点としてあげられる。これにより、他のフォーマットのデジタル一眼レフカメラよりもマニュアルフォーカス時のピント合わせの難易度が高い。

カメラ本体

交換レンズ

thumb

  • オリンパス - ズイコーデジタルレンズ#フォーサーズシステム用参照
  • シグマ - DC/DGレンズ
  • パナソニック/ライカ - LEICA Dレンズ
    • LEICA D VARIO-ELMARIT 14-50mm/F2.8-3.5 ASPH./MEGA O.I.S.
    • LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ASPH./MEGA O.I.S. - 唯一絞り環がない。
    • LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
    • LEICA D SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH.

マウントアダプター

フォーサーズシステムのボディに対し、次のレンズ用のマウントアダプター純正オプションとして発売されている。

規格賛同メーカー

  • オリンパスイメージング - 規格提唱メーカー、初期からボディを発売。
  • イーストマン・コダック・カンパニー - 規格提唱メーカー、主にCCDセンサーを供給。
  • 富士フイルム - 2003年に規格賛同。
  • 三洋電機 - 2004年に規格賛同、ボディ開発供給を表明。2011年時点では対応ボディは発売されていない。
  • シグマ - 2004年に規格賛同、交換レンズを発売。
  • パナソニック - 2004年に規格賛同、2005年にオリンパスとの一眼レフカメラ共同開発を発表、イメージセンサーとして1980年代に開発されたCPDセンサの流れを受け継ぐνMaicoviconをスチルカメラ用に最適化したLive MOSを供給。2006年にボディを発売。
  • ライカカメラAG - 2006年に規格賛同、パナソニックへのライセンス供与という形で交換レンズの供給を行なう。またパナソニックからのOEMを受けてボディを発売している。

他規格との撮像素子サイズの比較

※各規格ごとの実際の撮像素子サイズはメーカーや発売時期によって異なり、おおよその目安である。

フォーサーズシステム』に 関連する人気アイテム

Panasonic 単焦点レンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス G 25mm/ F1.7 ASPH. ブラック H-H025-K

LUMIX GF7W用に、F1.7の明るい25mm単焦点標準レンズ・ブラックを購入。
LUMIX GF9、GF10/GF90に、標準で付属しているF1.7.25mmの
単焦点・標準レンズのブラックを
中古(ほぼ新品・白箱入・未使用品)を14,500円で、
「カメラ女子」の娘用に購入しました。
シルバーの方が、少し安いですが、ブラックが良いとのことでした。

娘のLUMIXは、
カメラ本体:GF7W(ブラウン)
12-32mm標準ズームレンズ:F3.5-5.6:少し暗い
35-100mm標準望遠ズームレンズ:F4.0-5.6:少し暗い
45-200mm標準望遠ズームレンズ:F4.0-5.6:少し暗い
と手ごろなズームレンズ3本で、これはこれで良いのですが、
ユニバーサルスタジオのナイトパレードのプロジェクションマッピングが、
レンズが暗くてうまく撮れない。


また、昼間の撮影で、マニュアルで、絞り等を調整しても
発色が思うようにならない・・・とのことで、明るい単焦点レンズを購入しました。

25mm単焦点・標準レンズ:F1.7・ブラック
0)白箱入
1)25mm標準レンズ・ブラック
2)レンズフード・ブラック
3)レンズキャップ・ブラック
4)デコレーションリング(フード装着時は外す)・ブラック
5)リアキャップ:ブラック
6)取説(H-025)
7)保証書(H-025M:量販店キット販売用品番)

これで、絞りが3段階明るくなるので、発色もよくなるでしょう。
もう少し焦点距離が長くて、明かるいレンズがほしかったのですが、
25mmは、多量に市場にでていて、手ごろな価格だったので、
今回は、25mm(35mmカメラの50mm標準レンズ相当)としました。

このレンズが16000円で買えてしまう。キットレンズに使用されているおかげですかね。
ハッキリ言って見た目が安っぽい。しかし私は一切気にしない。
それからカメラがオリンパスのためかAFが弱冠迷う。シグマよりももたつくケースが目立ちますね。
しかし肝心の写りが素敵。コントラスト、発色ともオリより上だと思います。また、シャープネスは少し劣りますが、画面全体を見ると、開放でも絞っても均一感がある。ちょうどシグマ19mmとオリ25mmのいいとこ取りと言った感じ。
今は所持しているレンズのライバルは17mmF1.8、シグマ19mmF2.8ですが、今後どれがメインになるか。

夜景、遠景、建造物を試すのが楽しみです。

H30.7.1 追記 かさばるので常用レンズではありませんが、E-M10MK3最高の相棒に決定。常用はバランスの取れた17mmF1.8ですが、ぶち抜けたコントラストと色乗り、絞った時の平滑感、空気を読むのは少しでけ下手だが、好相性No1。ちなみに比較対象は17mmF1.8、シグマ19mmF2.8、25mm1.7、シグマ30mmF2.8の手持ち4本とドナドナしたパナライカ15mm、25mm、パナ14mm、42.5mmとオリ25mm、45mmにシグマ60mmと11本(うち3万以下が7本)での比較ですのでプロレンズやノクチクロンやフォクトレンダーなどは一切入っていません。
あくまで安価レンズマニアの意見として参考にどうぞ。また開放2枚、絞った1枚を撮って出し画像をアップします。

5つ星のうち 3.0パープルフリンジが!

(参考になった人 5/9 人)

確かに撒餌レンズだけにコスパは良いし、明るいレンズと標準画角で使いやすいですが。
絞り解放で逆光もしくはコントラストの高い被写体を撮ると色収差が盛大に出ます!
特にパープルフリンジは手の施しようが無いレベルです。(木漏れ日など逆光で撮ると枝が紫色になります)
私はGH5とGX7mk2で使ってますが、パナの現像ソフトは頻繁に落ちますし、使い勝手が悪いです。
RAW現像で収差の補正をする事を前提に撮影する事を覚悟しないと使えません。
因みに、環境にもよりますが、F4程度まで絞るなら収差も収まります!
ですが、F1.7の単焦点レンズでF4まで絞るなら、このレンズを買うメリットはコンパクトで軽いだけです。


懐に余裕があるならライカの25mmF1.4を買った方が撮れた絵に満足すると思います。

またパナのレンズを6本使った結果、ナノサーフェスコーティングされた物が良いです。
ナノサーフェスコーティングされたレンズなら安いパワーズームのレンズでも色収差がほぼ出ません。
14-140mmもナノサーフェスコーティングされていないのでパープルフリンジが出ます。

OLYMPUS ショルダーストラップ CSS-P113

O-MD E-M5 MarkII 用に購入。
薄くて、柔らかくて手触りがとても良いです。
軽くて、しなやかなので、カメラバックへの収まりも良いです。

首からカメラ下げても、首にフィットするので、疲れない感じです。
肩からのたすき掛けには短いです。
手首に巻いても使い心地良いです。
内側の素材は、滑り難くて良いです。
汚れが目立ちそうですが、洗えるので大丈夫かと思います。
固めでしっかりした素材のストラップをお好みの方には向いていない製品です。



ブルーの色は、落ち着いた色合いで、イエローのロゴと相まってカメラ(黒)にマッチします。
カメラを引き立てます。
決して派手ではないと思います。

5つ星のうち 3.0洗えて柔らかいが

(参考になった人 1/1 人)

好みの問題ですが、肩に当る部分に厚みのある方が好きなのですが、この製品は、そうではありません。 最近は、手に巻き付けて使う人も多いそうなので、そういう需要に応えているのだと思います。 プロストラップとまでは言いませんが、もう少し上位のストラップを市販して頂きたいものです。

5つ星のうち 4.0使いやすいです。

(参考になった人 2/3 人)

軽い、速乾、柔らかい、使いやすい。 裏地が白だと汚れがめだつ気がします。 問題なく使えています。 付属の真っ黒なストラップより良いですよ。

Panasonic 単焦点 魚眼レンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス G FISHEYE 8mm/F3.5 H-F008

買う前にサムヤンの製品と比較しました。AFであることを重視しました。魚眼は目測でピント合わせが出来る、というのはフィルムのカメラの時代の話です。パソコンで等倍に拡大してみると、思うほど被写界深度が深くはありません。また、広角や魚眼は主要な被写体に寄って撮影することも多くあります。当然、目測の範囲外です。その場合にAFが使えると使えないのとでは撮影の素早さが違います。また、マイクロフォーサーズの純正レンズですので、パナソニックのカメラや最近のオリンパスのカメラでは色収差をカメラ内で消してくれます。素早く撮影でき、撮影後の面倒な処理が要らないという点でAFかつ純正を選びました。



良い点。小さい。軽い。画質がシャープ。AFが速い。カメラ内で色収差を除去できる。レンズをフードの外から覆う専用のキャップが使いやすい。

良くないかもしれない点。強い光源の周りにハロが出る時がある。太陽が画面内にあるとゴーストが発生することがある。ハロは薄暗い場所で照明が画面に入ると出ることがあります。センサーのフィルターでの反射が原因ですからカメラによるのかもしれません。ゴーストは条件によっては小さく出ます。全くゴーストが出ないレンズがあるかないか分からないので、良くない点といえるかどうかです。

最初の写真は東京都小金井市の「江戸東京たてもの園」にある銭湯の脱衣所です。他の見学者がいないので例に選びました。二番目はCorelのPaintshop Proでdefish(脱魚)したものです。普通の超広角レンズで撮ったようになります。

三番目は新宿区歴史博物館の展示です。この写真の電灯の周りに出ているのがハロです。四番目はdefishして通常の広角のようにしたものです。

五番目は中央線の某駅前のイルミネーション。六番目はピントを最短撮影距離に合わせた同じ光景です。魚眼でも近付けばボケます。

5つ星のうち 5.0面白い!

(参考になった人 2/5 人)

子供のころからの写真好きで常に持ち歩いて事あるごとに撮っているのですが、持ち物としてかさばるのはいやで、
今は一眼は交換レンズ群が本当に小柄で持ち歩きやすいPanasonicのマイクロフォーサーズ(GX7,GX8)にしています。
最近多用しているのはGX8の方で、魚眼レンズは以前から欲しかったので価格が6万円を切ったのをきっかけに思い切って購入しました。
この製品もとても小さくてポケットに入れて持ち歩けます。
撮り映えもとても良くて、住んでいる高層マンションのベランダから日々&時々刻々と変わる景色を撮って楽しんだりしています。
今や愛用の1本で、外出時も14~140のズーム(これもとても小さい)とこの魚眼は必ずショルダーバック(カメラ用ではなく普通のバックですが入ります)に忍ばせて持ち歩いています。

5つ星のうち 5.0おもしろい

(参考になった人 2/3 人)

ローアングルから高層ビル群の頂上を撮影したり、単純に広い視野角を利用してパノラマ風に撮影したり。 色々使い道があって面白い。 ただ、当然画面の端に余計な物が入りやすいのが難点。 もちろんズームレンズと併用するのが基本になるかと思います。 星空を撮影するのにもピッタリ。 工夫すればさらに色々な用途に使えるかも。 可能性を追求したくなるレンズです。

Andoer 超薄型 レンズアダプターリング M42レンズとSony NEX E Mount NEX-3 NEX-5 NEX-5C NEX-5R NEX6 NEX-7 NEX-VG10に適用【並行輸入品】

ふつーのマウントアダプタだと持ったら大間違いですよ。 フランジバックの調整をまったくおこなわないので このままレンズと取り付けてもピントが合いません。 マクロリングだとか、ベローズなどを使うことが 大前提。 M42マウントをEマウントに変換できるので 使い方がわかっている人には安くて便利。 Eマウントのマウント金具が欲しい人にも良いかも?

5つ星のうち 5.0問題なく使えてます。

(参考になった人 9/9 人)

問題なく使えてます。 1週間ほどで届きました。 使えないと文句を言って低い評価をつけている人がいますが、もともとヘリコイドや接写リングと組み合わせて使うための商品ですので評価自体ナンセンスですし、商品説明にもそのことがしっかり書かれています。

このアダプタは特殊で、このままでM42レンズを付けても通常のピント合わせは出来ませんのでご注意ください。 私は事前にそれがわかった上でヘリコイドチューブやベローズで利用するために購入しました。 機能的には何の問題もありません。

フォーサーズシステム』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.