フォーカルプレーンシャッターのまとめ情報

フォーカルプレーンシャッター』の解説

thumb

フォーカルプレーンシャッターFocalplane shutter )とは、カメラにおいて焦点面の直前に置かれ間隙を持った遮光幕が走査してフィルムに露光を与える原理のシャッターのことである。

レンズシャッターと比較して効率が高く、また高速シャッターを得やすい。スリット機構の間隔調節と走行速度の調整により最高速度1/2500秒を実現したレシュノシャッター幕を先幕後幕の2枚にしてその間隔を任意に変更できるようにし、また幕の速度調節はバネの張力を加減することで変更できるようにしから1/1000秒、1932年にツァイス・イコンから発売され縦走り金属幕シャッターを備えるエフシー製作所の社長だった茶谷薫重コニカミノルタ)の技術者1957年に特許を取りマミヤ・オーピー)日本電産コパル)に移されペンタックスを経て現リコーイメージング)が優先的に製品を購入して支援する体制も整った

1961年コパルスケヤIが完成したニコン)が1962年に発売したニコレックスFであるコニカFSを発売、コパルを助けたペンタックス・メタリカを試作し1966年には発表したが、同じ頃に研究を始めた記憶回路装置に開発の重点が移行してしまった

ユニット型であるためカメラメーカーはただ購入して取り付ければ済むところに大きな特色があったエレクトロニックフラッシュの同調速度も1/125秒が可能になった

1968年にはコパルスケヤSEで電子化を実現、1968年ヤシカTLエレクトロXに搭載された

1976年にはセイコー精機が制御部品まで精密プラスチック化し小型軽量化したセイコーMFCを開発、これを搭載して1976年に発売されたペンタックスMEは背丈が低く1980年時点でも世界で最も小型軽量のメタルシャッター付き一眼レフカメラであった

1982年に登場したニコンFM2はニコンとコパルの共同開発によるシャッターを採用しており、世界初の最高速度1/4000秒とエレクトロニックフラッシュ同調速度1/200秒を実現した。

独自の金属幕フォーカルプレーンシャッター

フォクトレンダーには1957年の段階で茶谷が使用を打診したが「他人の特許は使わない方針だ」と断られたというローライヴェルケ・フォクトレンダーが1976年に発売したローライ35MEにはフォクトレンダー技術陣が開発した独自のメタルフォーカルプレーンシャッターが採用されていた

1976年ソビエト連邦は金属羽根が扇形に開閉する方式のシャッターを採用したキエフ10キエフ20を発表した

参考文献

Category:カメラのシャッター

フォーカルプレーンシャッター』に 関連する人気アイテム

ジャパンホビーツール シャッター幕 フォーカルプレーンシャッターカメラ用

5つ星のうち 3.0ちょっと値段高いです

(参考になった人 2/3 人)

あと少し値段やすくなれば、いいですね。 趣味の世界だからしょうがないのかもしれないけどね

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス G9 レンズキット 標準ズームライカDGレンズキット ブラック DC-G9L-K

・ファインダーの処理落ち。画像の流れ具合。(デジタル一眼レフには敵わない)
・追尾AF撮影時の背面ディスプレイの処理落ち。(デジタル一眼レフには敵わない)
・iAモードの過剰ハイライト。(実務でなければ気にならず。)
・純正バッテリーが高価(6000円。サードパーティ製は純正の60%ぐらいの持ち)
・ムービー撮影はUHS-II必須。(UHS-Iではデータロストしました。)

欠点といえばこれぐらいです。以前はニコンフルサイズデジイチ。いわゆる大三元レンズでの実務撮影がメイン。


ニコンデジイチの限界を感じ新スタイル構想の末、初マクロフォーサーズG9を思い切って購入。
正直満足はしてませんが、ニコンフルサイズデジイチはG9使ってから処分。G9の実力に感動。

セットレンズのライカ12-60mmが優秀。
追加でライカ50-200mm/100-400mmも購入。良いレンズですがまぁ望遠が必要でない限り12-60mmで十分。
ライカ12-60mmはもっと褒められていいレンズです。

マイクロUSB3.0で充電できるのもスタジオ撮影では助かります。
またUHS-llダブルスロットなのも重要。(OM-D1 mark2でもスロット2はUHS-l。G9の勝ち)

以前からLUMIXの撮って出しjpgはニコンより上だと感じてましたがG9も綺麗です。ニコンの撮って出しjpgに不満があればLUMIXはオススメです。

最初は感動しますが撮り始めると『こんなもんなの?』と感じることでしょう。設定のカスタマイズ必要です。自分は女性ポートレート業務が中心ですがシャープネスが太く感じました。

練れば練るほど使いやすくなっていくカメラだと感じます。
電幕シャッターも使いやすく音の調整も出来るのが良いです。挨拶とか舞台とか晴れ舞台はサイレント。写真撮影がメイン時はバシャバシャと場をその気にさせるシャッター音。

スマホでポートレート撮影できればオールインワンで終わりますが、、、
そうは言ってられないのが印刷媒体のスチール。
ボディも軽くなり気軽にリュックに入れてGo。犬の散歩にも持って行ってG9の練習練習。娘と妻をスナップ。
久々に買って遊び心が蘇りました。撮影が楽しい。撮影合間の事務作業日も机にG9を置いて遊んでます。

フルサイズミラーレスが騒いでますね。
パナソニックも出すそうです。どうなるのかな。

5つ星のうち 5.0キッズからシニアまで

(参考になった人 29/36 人)

マイクロフォーサーズのレベルを一気に引き上げたのはオリンパスだと思いますが、このカメラがさらにフルサイズ一眼との距離を縮めています。
複数のセンサーサイズを用意している会社は当然フルサイズに最高の製品を提供する義務がある。マイクロフォーサーズに集中投資できる会社の利点が効いているのだと思います。パナソニックとしても社命を賭けて製品化したものと想像できます。
とにかく徹底的にユーザー目線で「使いやすさ」にこだわっていると思います。
電源の位置、シャッターの質感(慣れるまでは軽すぎと感じるかも)、各ボタンの配置と押し込むときの圧力、ダイヤル類のサイズとトルク感、グリップの形状とラバーの質感、ボディーとレンズキットとの重量バランス(ここまで考えているカメラは少ない)など。


左右のストラップ留め具の位置が前後で微妙にずれていますが、このことでカメラを首からかけた時にレンズが下向きにならない。
カメラ上部のモニターは非常に便利です。
マイクロフォーサーズは35mm換算する際、数字を2倍にするだけでいいので楽です。
後面モニタはバリアングルですが、いっそのことチルトも用意して選択できるようにしたらいいのでは。モニタがぐらぐらするのはバリアングルの宿命。高級カメラには不向きかと思います。
キッズはこのカメラで未来が大きく開けるでしょう。若い女性から中年男性にももちろんフィットする。コンパクトデジカメに満足できず、かといって重い一眼レフにはうんざりしている、ちょっとカメラにうるさいシニアまで、幅広くカバーするカメラだと思います。
レンズに迷ったらレンズキットでいいと思います。「おまけ」では決してなく、一級品だと思います。

5つ星のうち 5.0特筆すべき能力

(参考になった人 1/1 人)

他店で下取り購入しましたが、地味な能力(性能ではありません)として、カードの2枚挿しとモバイルバッテリーによる本体への充電機能(電源OFF時)と給電機能(撮影実行時)があります。モバイルバッテリーAnker PowerCore II Slim 10000(理論上はバッテリーの5ケ分:モバイルバッテリー付属のUSB2.0コード使用)での前記機能を試してみましたがOKでした。(パナソニックは推奨していません。自己責任)バッテリーが一つしかなくても長時間の使用に耐えられます。特にタイムラプスでは撮影枚数が半端ないこともありますので、バッテリー切れでの撮影途中での中断リスクがほぼ無くなります。

なお服のポケットやポシェットなどにモバイルバッテリーを入れ、長いUSBケーブルを使用すれば手持ち撮影も可能ですが、コネクター保護の為にも取り扱いには注意が必要ですので3脚使用が原則です。
また16Gのカードなどをお持ちの方には2枚挿しで32Gにもなりますので有効利用でき、カードを買い増す必要も軽減されると思います。

CONTAX G1

5つ星のうち 4.0いいカメラだよ

(参考になった人 1/1 人)

G1は気に入っていますが以前から持っているもののフイルムNOの液晶が壊れたので今回買い替えました。 もう少し使ってみたいと思っています。 シャッターの音が何とも言えないいい音で良かったです。

5つ星のうち 4.0CONTAX G1

(参考になった人 4/4 人)

長年使用していたけれどとうとう電源SWが動作不良となりました。 修理見積では中古品より高額になりそうな為、 NETで調べた多数の物件のなかから悩みながら選んで購入した中古品が、自分が持っていたのより良かったので、 大変満足しています。

自然で穏やかな画質が特徴のコンタックス。 描写力に優れた世界のブランドと言えばこれだろう。 このG1は単眼レンズの組み合わせで,ズームレンズほどの便利さとコンパクトカメラほどの持ち運びの便利さは無いが,画質は文句ないので,長い間大切に使う気が有るのなら,持っていて絶対損は無い。 長い使用に耐え得るだけの資質を持っている(チタン製ボディ)。 大事に手入れしつつ愛着ある一品として使ってもらいたい。 長く付き合える相棒だ。

フォーカルプレーンシャッター』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.