フォト蔵のまとめ情報

フォト蔵』の解説

フォト蔵(フォトぞう)は、フォト蔵株式会社が運営する、ウェブ上で写真を共有するSNSサービスである。利用は無料。

歴史

2005年に開始。当初は招待制の写真の共有サイトであったが、2005年9月8日より招待制を廃止。2006年3月3日より、動画の共有を開始。2006年2月20日からは、外部へのAPI提供を開始し、フォト蔵以外からもデータにアクセスできるようになった。

2010年8月3日、運営会社ウノウソフトバンク傘下のジンガに買収され、同年10月1日よりウノウから社名変更されたジンガジャパンが新たな運営会社となった。

2011年9月30日をもって、諸般の事情により動画共有サービスを終了。写真等の画像のみの共有サイトとなる。

2012年4月5日 サービスがジンガジャパンからデジタルガレージへ譲渡される。

2014年7月1日 サービスがデジタルガレージ社からOFF Line社へ譲渡される。

2016年8月 OFF Line社より分社し、フォト蔵株式会社が運営会社となる。

2017年5月 中古カメラ関連品の買取サービス「カメラ買取 by フォト蔵」を開始。

写真アップロード機能

名前の由来となった当初からのサービスで、ウェブブラウザや携帯電話、貼る蔵などのツールを通して、写真をフォト蔵内にアップロードできる。アップロードできる画像の容量に制限はないが、登録直後は1ヶ月に1000MBまでという制限がある。その後、フォト蔵ポイントが貯まると1ヶ月に最大3000MBまで可能となった。また、1度に同時にアップロードできる画像枚数は100枚。

アップロードする写真は「アルバム」単位で管理される。各アルバムには名前と簡単な説明文を付けられる他、非公開を含む5段階から自由に公開範囲を選択できる。

タグ機能

アップロードしたデータに対してタグを付与することができ、これにより、検索や分類ができるようになる。追加したタグは共有され、他のユーザーと連携した検索もできる。

友達

ユーザー同士で友達を作ることができる。写真を公開する際に、友達だけに公開するなどができる。

日記

ユーザー毎に日記を書くことができる。日記を書く際、自分の投稿した写真と結びつけることができる。一般的なブログ同様、他ユーザーによるコメント投稿機能もある。公開範囲も選択可能だが、個別に設定はできず、非公開にもできない。

コミュニティ

フォト蔵内で、ユーザーが属するコミュニティを作成することができる。所属していると、そのコミュニティ向けにだけ画像を公開したり、コミュニティ向けにトピックを立てたりすることができる。

地図表示

投稿された写真をGoogle マップ上の任意の位置に結びつけることができる。写真を見る際に地図表示の機能を使うと、地図上で展開された画像の一覧を取得することができる。

外部ブログへの投稿

インターネット上に公開されている写真、動画であれば、その画像を自分のブログに貼り付けるためのデータを取得することができる。

検索

フォト蔵内のデータや、自分の投稿したデータの検索ができる。この際に、クリエイティブ・コモンズのライセンスに絞り込んで検索することができる。

外部API

REST形式のAPIを公開しており、これにより、フォト蔵のサイト以外からデータを投稿したり、アルバムを作成したりすることができる。認証はBasic認証で行っており、単純なURLへのPOST, GETを行うため、シェルスクリプトなどから容易に利用できる。レスポンスはXML形式で返され、クライアントはそれを処理することで、結果を受け取ることができる。

かつてはニコニコ動画がフォト蔵に投稿された動画データに対応していたが、2008年5月28日のメンテナンスをもって終了した。対応当時は著作物の削除に関しては厳しかったため、元々マッシュアップ動画の多いニコニコ動画では使いづらくあまり利用者はいなかった。

貼る蔵

フォト蔵への投稿のために作成された、Windows向けのクライアントソフト。動作環境はWindows 2000Windows XPWindows Vista。なお、.NET Framework 2.0が動作する環境が必要となる。指定した写真を一括して投稿できるほか、色の補正、画像への追記などが行える。

カメラ買取 by フォト蔵

カメラおよび交換レンズ、カメラ関連品、などを買取するサービス。ホームページ内のフォームおよび電話で事前に見積をし、宅配にて買取商品を郵送する宅配買取形式のサービス。

英語版

フォト蔵のサービスを英語にして展開した「Photozou」があり、ブラウザのユーザーエージェントが日本語である場合は、このドメインでアクセスしても日本語で表示される。(2014年11月にOFF Line株式会社がBeta版リリース)

フォト蔵』に 関連する人気アイテム

ナカバヤシ 写真分庫 ポストカードタイプ ハガキ800枚 収納 PHH-101CM

5つ星のうち 4.0満足です

(参考になった人 4/4 人)

年賀はがき整理に購入しました。 ここにいっぱい入るハガキとなると結構な重量になりますが、枠がしっかりしているので安心感があります。 等間隔に仕切りが立つようなつくりになってますが、収納したい量とピッチが合うはずもなく、溝が邪魔です。 内側に細かいギザギザでも付けて、薄い仕切りをある程度自由にはさめるようになってればもっといいかな~。 ハデ色で厚みのある仕切りは使わないつもりなのでちょっともったいないです。 それでも他に似た商品は見つからなかったので、ハガキがまとまったことには大変満足しています。

5つ星のうち 5.0おススメします

(参考になった人 2/2 人)

最初、4つ購入して、とても良かったので、家中の家族写真を思い切って、バラバラしたクリアアルバムからこちらに移し変えました。 あとで、4つを2回合計12ケースで、全部入りました。 とても満足しています。 2人の子供が今年結婚が決まり、写真を整理したくなり、ほんとうに、たすかりました。 上手に写真が整理できました。 皆さんにもぜひおススメします。

5つ星のうち 3.0まあまあです。

(参考になった人 0/0 人)

思っていたより大きかったかなと思います。 でも、大容量にしまえるハガキホルダーがあまりないので、充分です! 仕切りの色がもう少しかわいい色が良かったな。

デジタルアーティストが知っておくべきアートの原則 -色、光、構図、解剖学、遠近法、奥行き-

結論から言えば、あなたが、構図、色彩、遠近法、解剖学の4分野のいずれかの解説書を1冊でも持っているなら、この本を買うより、他の分野についても個別の解説書を買うことをお勧めします。

本書の解説部分は160ページ足らずで、どの分野も入門の本当にサワリのレベルでしかないからです。

本書の弱点を列挙しておきます。
解剖学では、各筋肉の役割や名称がなく、首回りと臀部の解説が不十分なうえ、骨格の解説がほとんどないことは致命的です。
遠近法では、マシンを描くときには不可欠な「円」や奥行分割の解説がなく、望遠・広角効果に関する説明もありません。


色彩・構図に関しては比較的詳しく説明されていますが、実際のイラストでは必ず使う、反射や人工光による色相の変化など踏み込んだ解説はありません。

また、タイトルの「デジタルアーティスト」は日本語翻訳版で付け加えられたもので、英語版原著タイトルは単に「アートの基礎」です。したがって、色相、彩度、明度をPhotoshopなどで操作する方法や原理は、また別の本で学ばなければなりません。

これらの弱点についても知っておきたい場合は、個別の解説書を買った方が重複投資を避けられるというわけです。

ただし、本書は初心者レベルには分かりやすく、作例は非常に美しく優れたものばかりです。(作例にページを取りすぎですが)
これから写実的な絵に挑戦したいと思っていて、4分野全てについて初めて学ぶ初心者には、眺めて楽しい、良い入門書となるでしょう。

5つ星のうち 5.0めっちゃお勧め

(参考になった人 6/8 人)

今まで買ったこの手の本の中では一番解りやすかった。
お勧めの作品です。
何が解りやすかったかと言えば、物の形状について。
これは今までの本の中では一番解りやすかった。
筋肉のデフォルメにでこぼこのラインがありますが、それが立体を意識して書かれています。

残念なのは、もっと筋肉の構造の簡素化した物についての説明を載せて欲しかった事。
そのあたりをもっと詰めて読みたかったと思います。

ただ、一冊にこれだけ詰めるのは大変だと思うし、よく纏めたなと言うのが正直なところです。



初心者本と違って、ペラペラめくって自分の知らない描き方を見て、技術を補強するのに適してます。
順序どおりでないと気が済まない、マニュアル好きな人にはあまりお勧めしません。

PCやソフトが主流になる前は、デッサンし、色を配合し筆で塗ることが基本でした。現在では、PCやソフトの技術が進み、ソフトを身につけるための表現としての実用書が多く、デジタルときいてはじめはその類いの書籍かと思いましたが、本書は全く違います。光や色や構図など学術的なセオリーを語りながら、例として分析的な図解をのせるのではなく、実際の絵の作品を載せることでより実践的で、「描けるようになりたい!」という意欲がかき立てられます。本書を読んで、できればパソコンではなく、実際に絵を描いて表現の奥深さを身につけてみてはいかがでしょうか、それを実感した上でデジタルを扱うとより深い視点で描くことができると思います。

Tovadoo ウォールステッカー 植物 フォトフレーム模様 リビングルーム 寝室 ファッション おしゃれ インテリア リフォーム 模様替え

なんかなーオシャレそうで・・微妙。 湿度とか原因は様々でしょうが私の家では一週間で剥げ落ちました(笑)

MAYA キャラクタークリエーション -プロが教えるフォトリアル人体制作術-

5か月この本で勉強した上でのレビューです。

この本の一番の価値は解説文というよりもプロが作ったフォトリアルモデルのその制作過程のデータにあると言えます。本の内容は主にそれぞれの制作途中のデータの説明文となっています。本にはDVDは付属しませんがサイトから25GB以上のデータがダウンロードできるようになっています。

この本では終始ひとりの男性のありとあらゆるデータを元に一からモデリングをしてテクスチャ作成やリギング、アニメーション、ライティング、レンダリングを行い完成させるまでを解説しています。

その制作過程のmaファイルが合計210個(5.2GB)もありますのでプロの作るモデルの制作過程を生データを見ることによって具体的に学ぶことができます。完成したモデルデータを見るだけも勉強になりますがこれは作っている途中のデータですのでより一層テクニックや手法が学べますし途中のデータを見ているだけでも勉強になります。動画も68個(16.1GB)あり紙面だけでは理解しにくい操作などが学べます。

また、男性をいろいろな角度や距離で撮った写真や体の各パーツごとに動かしている動画も付属していますので、解説に従って制作する際にモデリングやアニメーションのリファレンスとして使用できるようになっています。ただしステップバイステップで体の各パーツをモデリングしていくような細かな解説はありませんのでリファレンスを元に付属しているデータと同じに作れるかは読者の技量に依存します。そういった解説は例えばモデリングでしたら「Autodesk Mayaキャラクターモデリング造形力矯正バイブル」がよいと思います。そちらはフォトリアルではありませんが顔のそれぞれのパーツの頂点を1点1点どのように動かしたらいいのか等が解説されています。

ただそういった技量がなくても本で解説している次の段階のデータが細かく付属していますので現段階でそのエリアのスキルが追い付かなくてもその手順をスキップして学習を進めていくことができます。
モデルが剥げたおっさんというのが惜しい。髪の長い女性では読者がリファレンスの写真からモデリングしにくいといった理由でしょうけれども。

この本は性質的にmayaを始めたばかりの方には向きませんが基本的な操作を学んだ方がどうやったらフォトリアルな人物を作れるのだろうかといった疑問を感じた時に読むと全製作過程を学ぶことができるのでとても有効かと思います。

5つ星のうち 5.0勉強になる

(参考になった人 5/5 人)

モデリング、リグ、UVマップの作成など、基本的なところが大変参考になった。 良い本です。

木 葉 ウォールステッカー フォトフレーム 写真フレーム 額縁 清新 清楚系 森ガール 枯淡 さわやか 大きめサイズ DIY モダンアート ポスター ウォールペーパー M0135

5つ星のうち 3.0結構小さかった。

(参考になった人 4/4 人)

1つの絵がもっと大きいと思っていましたが、実際に届いてみてみると1つの絵の大きさはおおざっぱにですが縦17㎝、横13㎝位でした。 粘着力はあると思います、空白部が透明なので壁の色が何色かによって雰囲気は変わるでしょう。 窓に貼ると絵が透けてしまいどのような絵なのか認識しずらくなってしまいます。 商品自体は悪いものではないので貼り付ける場所を思案中です。

5つ星のうち 5.0かわいい

(参考になった人 3/3 人)

素敵です。 玄関の壁に貼りました。 こちらの壁の問題で若干角がめくれてきますが、気付けば手で押さえる感じです。 ベロンとは剥がれませんので、良しとしてます。 壁は傷みませんので、重宝してます。

5つ星のうち 5.0素敵

(参考になった人 0/0 人)

ベッドの上の壁に。 英字はベッドの傷隠しに使用。 バランスとるのが難しかったけど位置が定まるまでは軽く貼っておけば貼り直しもきくしとてもいい。 お気に入りです!

フォト蔵』の解説 by はてなキーワード

株式会社デジタルガレージが運営する写真共有サービス

アップロードできるファイル数は無制限。月間でアップロードできる容量には制限(基本1G)があり、写真にコメントをもらうなどして取得したフォト蔵ポイントの数によって最大3GBまでとなっている。

アルバム単位で閲覧範囲を細かく設定できるほか、コミュニティや、ユーザー単位で用意されている掲示板を使ってSNSとしての利用も可能。日記機能を使って写真日記をつけることもできる。

インターネットに公開した写真は普段利用している外部のブログなどに自由に貼り付けることができ、スライドショーなどのブログパーツも利用できる。

また、Windows用のアップロードソフト「貼る蔵」や、外部プログラムからフォト蔵にアクセスするためのAPIも提供されている。

なお2012年4月5日16時まではジンガジャパン株式会社(旧・ウノウ株式会社)が運営していた。

フォト蔵』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.