パーナさん事件のまとめ情報

パーナさん事件』の解説

thumb

パーナさん事件(パーナさんじけん)は、2013年7月27日東京都港区秩父宮ラグビー場で開催された日本アイドルグループNEWSの屋外コンサートが悪天候により中止され、翌日に順延となったことで起こった種々の騒動・事件である。多数の来場者が体調不良を訴え一部は病院に緊急搬送されたほか、翌日に順延されたことで多くの来場者が会場近くで夜を明かし、これに関してさまざまなトラブルの情報やデマがインターネットに流れた。

事件名については「パーナさん事件」「パーナさん騒動。パーナの名称の由来は、NEWSが2012年に発表したシングル「チャンカパーナ」に因んでいる。このシングルは、山下智久錦戸亮がNEWSを脱退し、4名体制になって以来、初めて発表されたシングルである。このシングルに収録された同名の曲の歌詞に、「愛しい人」を意味する造語「チャンカパーナ」という単語が含まれていたことから、その語尾を取ってNEWSのファンを「パーナ」と呼ぶようになった。

コンサート中止と体調不良者の続出

2013年7月27日に秩父宮ラグビー場にてNEWSの屋外コンサートが開催された。同日午後6時より開演したものの、激しい雷雨に見舞われたことから、同日午後7時45分に主催者側より翌日順延することが発表された。

会場に集まった3万5000人のうち一部来場者が雨に濡れて低体温症となったり、順延にショックを受けたことによる 過呼吸など体調不良を訴えた。会場でも体調不良者へ手当てが行われ、さらに一部の来場者は病院へも運ばれた。

宿泊に関する騒動

コンサートは翌日に順延されたが、遠隔地からの来場者の一部は宿泊先を確保していなかったため、翌日のコンサートを見ることを選択した来場者は急遽宿泊先を探すこととなった。

宿泊場所を探す来場者の中の一部が、27日夜半よりツイッターにおいて自分を一晩泊めてくれる人を募り始めた。それに呼応し、他のジャニーズファンから、泊めてもかまわないとするメッセージも次々と投稿されることとなった、マスコミへの仮眠できる場所の提供などが「パーナ」を狙っている。「パーナ」自体は2013年以前に生まれた言葉であるが、『R25』はあえて選出した理由として同年夏の野外コンサートでの騒動を挙げており、これをきっかけとして日本社会において「一気に『パーナ』の名称が広まった」。

騒動拡大の原因

三村マサカズ宮迫博之などフォロワーを何万人も抱える何人もの芸能人が、明らかにおかしなツイートも多く見られる真偽不明な状況の中で、「この状況大丈夫?」「誰か何とかしてーーー」などと一般人のメッセージをリツイートしたことが、心配や困惑の拡大を招き、騒ぎをいっそう大きくしてしまった。「一般人の声をむやみに拡散するのは、芸能人として少々考えもの」と報道関係者は懸念を示している

パーナさん事件』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.