パナソニック・ルミックスDMC-G1のまとめ情報

パナソニック・ルミックスDMC-G1』の解説

パナソニック・ルミックスDMC-G1(Panasonic Lumix DMC-G1)は、マイクロフォーサーズシステム採用第1号機として、2008年10月31日パナソニックから発売されたデジタル一眼カメラである。

本体について

パナソニック・ルミックスDMC-G1(以降はDMC-G1と表記)が採用しているマイクロフォーサーズシステムは、パナソニック(旧社名:松下電器産業株式会社)とオリンパスが共同開発したフォーサーズシステムベースの新規格である。「既存の一眼カメラの特色・ミラーボックスを排除し、フランジバックをフォーサーズシステムの約半分にした事により、今まで不可能だったレベルの小型化及び薄型化が可能」を最大の特色としており、DMC-G1はこの特色を生かしたコンパクトなミラーレス一眼カメラとして誕生した。

実際、DMC-G1は同社のDMC-L10に比べ本体だけで約100gの軽量化を果たしており、「世界最小・最軽量デジタル一眼」に偽りがないことを証明している。この小型化を可能にしたのが、「嵩張るミラーボックスとペンタミラーの排除」である。これらの共に一眼レフの胆とも言える部分を撤去したことが、今まで不可能とされたレベルのコンパクト化を可能にした。ただし、これらの変更を受けた結果、DMC-G1は一眼レフではなくなっている。公式HPで「デジタル一眼」と表記され、「デジタル一眼レフ」と表記されていないのはそのためである。この既存の一眼レフからの大幅なシステム変更のため、ミラーボックスのスペースを有効活用して設置されていたAFセンサーが設置できず、DMC-G1のAFはイメージセンサ自体を利用したコントラスト検出方式となっている。この方式はコンパクトデジタルカメラで主流の方式であり、一般的に速度がデジタル一眼レフに劣ると言われているが、DMC-G1はパナソニックの高度な技術によりデジタル一眼レフに引けを取らない性能となっている。

レンズについて

この様にコンパクトなカメラに仕上がったDMC-G1であるが、当カメラは本体だけでなく対応レンズも小型化されている。これは、フランジバック短縮によりレンズ設計が容易となった副産物である。事実、このメリットを活かしたレンズ(7-14mm/F4、20mm/F1.7)が発売されている。

なお、フランジバックの短さからマウントアダプタを介すれば大半のレンズを装着可能。パナソニックからフォーサーズシステム用およびライカM、ライカRマウント用純正マウントアダプタが発売されているほか、サードパーティからは従来のデジタル一眼レフカメラでは補正レンズ無しでは存在し得なかったキヤノンFDマウントアダプタをはじめ多様なマウントへのアダプタが発売されている。

パナソニック・ルミックスDMC-G1』に 関連する人気アイテム

Panasonic 単焦点レンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス G 25mm/ F1.7 ASPH. ブラック H-H025-K

LUMIX GF7W用に、F1.7の明るい25mm単焦点標準レンズ・ブラックを購入。
LUMIX GF9、GF10/GF90に、標準で付属しているF1.7.25mmの
単焦点・標準レンズのブラックを
中古(ほぼ新品・白箱入・未使用品)を14,500円で、
「カメラ女子」の娘用に購入しました。
シルバーの方が、少し安いですが、ブラックが良いとのことでした。

娘のLUMIXは、
カメラ本体:GF7W(ブラウン)
12-32mm標準ズームレンズ:F3.5-5.6:少し暗い
35-100mm標準望遠ズームレンズ:F4.0-5.6:少し暗い
45-200mm標準望遠ズームレンズ:F4.0-5.6:少し暗い
と手ごろなズームレンズ3本で、これはこれで良いのですが、
ユニバーサルスタジオのナイトパレードのプロジェクションマッピングが、
レンズが暗くてうまく撮れない。


また、昼間の撮影で、マニュアルで、絞り等を調整しても
発色が思うようにならない・・・とのことで、明るい単焦点レンズを購入しました。

25mm単焦点・標準レンズ:F1.7・ブラック
0)白箱入
1)25mm標準レンズ・ブラック
2)レンズフード・ブラック
3)レンズキャップ・ブラック
4)デコレーションリング(フード装着時は外す)・ブラック
5)リアキャップ:ブラック
6)取説(H-025)
7)保証書(H-025M:量販店キット販売用品番)

これで、絞りが3段階明るくなるので、発色もよくなるでしょう。
もう少し焦点距離が長くて、明かるいレンズがほしかったのですが、
25mmは、多量に市場にでていて、手ごろな価格だったので、
今回は、25mm(35mmカメラの50mm標準レンズ相当)としました。

このレンズが16000円で買えてしまう。キットレンズに使用されているおかげですかね。
ハッキリ言って見た目が安っぽい。しかし私は一切気にしない。
それからカメラがオリンパスのためかAFが弱冠迷う。シグマよりももたつくケースが目立ちますね。
しかし肝心の写りが素敵。コントラスト、発色ともオリより上だと思います。また、シャープネスは少し劣りますが、画面全体を見ると、開放でも絞っても均一感がある。ちょうどシグマ19mmとオリ25mmのいいとこ取りと言った感じ。
今は所持しているレンズのライバルは17mmF1.8、シグマ19mmF2.8ですが、今後どれがメインになるか。

夜景、遠景、建造物を試すのが楽しみです。

H30.7.1 追記 かさばるので常用レンズではありませんが、E-M10MK3最高の相棒に決定。常用はバランスの取れた17mmF1.8ですが、ぶち抜けたコントラストと色乗り、絞った時の平滑感、空気を読むのは少しでけ下手だが、好相性No1。ちなみに比較対象は17mmF1.8、シグマ19mmF2.8、25mm1.7、シグマ30mmF2.8の手持ち4本とドナドナしたパナライカ15mm、25mm、パナ14mm、42.5mmとオリ25mm、45mmにシグマ60mmと11本(うち3万以下が7本)での比較ですのでプロレンズやノクチクロンやフォクトレンダーなどは一切入っていません。
あくまで安価レンズマニアの意見として参考にどうぞ。また開放2枚、絞った1枚を撮って出し画像をアップします。

5つ星のうち 3.0パープルフリンジが!

(参考になった人 5/9 人)

確かに撒餌レンズだけにコスパは良いし、明るいレンズと標準画角で使いやすいですが。
絞り解放で逆光もしくはコントラストの高い被写体を撮ると色収差が盛大に出ます!
特にパープルフリンジは手の施しようが無いレベルです。(木漏れ日など逆光で撮ると枝が紫色になります)
私はGH5とGX7mk2で使ってますが、パナの現像ソフトは頻繁に落ちますし、使い勝手が悪いです。
RAW現像で収差の補正をする事を前提に撮影する事を覚悟しないと使えません。
因みに、環境にもよりますが、F4程度まで絞るなら収差も収まります!
ですが、F1.7の単焦点レンズでF4まで絞るなら、このレンズを買うメリットはコンパクトで軽いだけです。


懐に余裕があるならライカの25mmF1.4を買った方が撮れた絵に満足すると思います。

またパナのレンズを6本使った結果、ナノサーフェスコーティングされた物が良いです。
ナノサーフェスコーティングされたレンズなら安いパワーズームのレンズでも色収差がほぼ出ません。
14-140mmもナノサーフェスコーティングされていないのでパープルフリンジが出ます。

Panasonic 望遠ズームレンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./POWER O.I.S. ブラック H-PS45175-K

まだ、写真は撮ってませんが操作性などについて書きたいと思います。 見た目はズームリングとフォーカスリングはゴムですがゴムが外れそうだったり、伸びてたりはしてません。 ズームリングは、オリンパス14-42 電動ズームのように回る制限がないです。 どこまでも回ります。 手動ズームと同じ要領です。 なのに電動で使い勝手は良いです。 E-M10 MARKⅡで使用しましたが、レンズについてある、T Wのレバーも使用できます。

単焦点レンズしか持っていなかったので、望遠も一本欲しいと思い選んでいましたが、パナソニックの「X」レンズに惹かれ購入しました。 35mm相当で90~350mmのレンズですが、ズーム時のAFも早く、そして静音。 非常にいいレンズだとお思います。

5つ星のうち 5.0いいズームレンズです

(参考になった人 0/0 人)

45-175のズームレンズですが、ズームしたときは出張らないので、意外とコンパクトで、シャープなレンズで重宝してます。 買って良かったレンズでした。

Panasonic 標準ズームレンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S. ブラック H-FS14140-KA

先日、ひょんなことからPanasonic GX7MKⅡLを買うことになり、レンズキットの Panasonic 単焦点 広角レンズ マイクロフォーサーズ用 ライカ DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH. ブラック H-X015-K だけでは寂しく標準ズームが欲しくなりこの度購入しました。
メインカメラはFUJIで初のPanasonic-m4/3の使用になります。

キットレンズのライカ15mm/f1.7は明るく綺麗な描画が撮れます。
予定ではそんなに望遠域を望んでなかったので Panasonic 標準ズームレンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S H-FS12060 を購入する予定でしたが、訪れた家電量販店で在庫が無かった為、防塵・防滴性能も無かったのですが同じf3.5繰り出しだったので予算をオーバーしてしまいましたが購入に踏み切りました。~280mm(35mm換算)なら十分過ぎる望遠力であり望遠端でも手振れ補正がしっかり効いているので満足しています。
上位機種のF2.8-4.0(14-140/f2.8-4.0は現在ありません)と、このF3.5-5.6を比較すると、3.5÷2.8の二乗=1.56 約1.5倍の明るさの違い。望遠端では5.6÷4.0の二乗=1.96 約2倍。広角で1.5倍差なのでISO800までなら15mm/f1.7のような明るくなることはありませんが、ちょうど人の肉眼で捉えられる明るさと同じくらいだと感じました。
そして何より300mm近い望遠機能を持ちながら「φ67mm×約75mm、265g(レンズ収納時)」はとてもコンパクトで、手振れ補正も望遠端でもしっかり効いているので運用範囲は広いと思います。
初めてのPana機、m4/3をこのレンズで堪能したいと思います。とても気に入っています。

5つ星のうち 3.0家族写真向け

(参考になった人 1/1 人)

G9でマクロフォーサーズに入りました。娘の運動会に合わせ購入。

まず手に持った時、これ大丈夫?と感じるほど軽い作りでした。
使用前、使用後通じ、購買欲を満たすには足りず。けれども悪くわない☆3。

・14-140mmに関して
運動会ではもう少し望遠側に欲しいと感じました。フルサイズ換算で300mmとなる150mmまで欲しかったです。
設計に無理が出るならば、広角側は17.5mm。フルサイズでいうと35mmあたりでも事足りると思います。


28mmでは広角の歪みが出るため、ファミリー向けと考えると歪みをある程度抑えた30mm〜40mmスタートが用途に合う気がします。
集合写真を撮るために広角を使い、映るからとギリに捉えると特に端っこの子の頭が歪みます。

・携帯性
軽いです。その分フォーカス・ズームリングもかなり軽いのですがファミリー向けと考えると価格相応でしょうか。フォーカスリングが軽く頼りない気がしました。

・写り
仕事用には持っていきません。あくまで家族・旅行写真に14-140mmのサイトが必要なければ使いません。ゆるい。と言えばそれで終わりです。逆に言うと手ぶれに優しいです。

・コスパ
新品価格(58,000)は正直高いです。厳しいこと言うならばライカ12-60mmの半額(44,000円)でも高いです。40,000円ならば買って満足だと感じます。

仕事で撮影するとしたら?と考えると厳しい意見になりました。
しかし、家族用ならば買って損はないと思います。正直便利です。
最大望遠での写真を添付しますのでご参考になればと思います。

5つ星のうち 4.0オリンパス E-M10で使用

(参考になった人 6/6 人)

ボディはオリンパスのOMD E-M10。
旅行用レンズとして購入。オリンパスのM.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mmと迷ったが、こちらの方がワイド端で寄れるためこちらに決めた。
旅行用ということで料理なんかを撮影する際、このレンズだと着席したまま撮影することが可能だが、オリンパスのはスペック的に無理そうだったので。
使用した感想では、パープルフリンジが出たりゴーストがパープルだったりする点がマイナスポイントだけど、作品を撮るわけでは無い旅行の記念写真用レンズと思えば特に問題ないレベル。
建物とかをよく撮るので、同じパナソニックの7-14mmと頻繁に付け替える使用方法だけど、広角の必要が無いユーザーなら旅行ではこれ1本で十分と思う。

K&F Concept® マイクロフォーサーズ マウントアダプター FDマウントレンズ-マイクロフォーサーズマウントボディ用 FD-M4/3 Canon FDレンズ- Micro 4/3マウントカメラ装着用レンズアダプターリング Olympus PEN E-P1 P2 P3 P5 E-PL1 PL1s PL2 PL3 PL5 PL6 E-PM1 PM2 OM-D E-M5 E-M1 Panasonic Lumix DMC-GH1 GH2 GH3 GX7 G1 G2 G10 G3 G5 G6 GF1 GF2 GF3 GF5 GF6 GX1 GMカメラ専用

フィルムカメラを始めたものの結局デジタルに戻ってしまっているので、フィルムカメラ用のレンズをデジタルの方で使おうと思いたち、購入した次第です。

"安かろう悪かろう"と感じました。
添付画像4枚目のとおり、精度は良くなかったです。

カメラ側マウント部はスムーズにカメラを取付けでき、ガタツキも回転方向のみで問題ありませんでした。

一方、レンズ側マウント部は硬すぎました。初めは自分が間違ったことをしているから回らないのかとか、レンズ固有の問題で取り付け不可なのかと思っていましたが、繰り返し試しているうちにやっとのことで噛み合って、不安になるような抵抗を感じながら回転させ取り付けました。


このためレンズ側は全くガタツキなど遊びがありません。
このときレンズはAi-s 50mm F1.2で試しています。

また、オーバーインフでした。
レンズ鏡筒の指標は無限遠から「∞ → 5 → 3 → 2(メートル)」となっていますが、3メートルの位置で無限遠が出ました。

これが価格なりの精度なのか、マウントアダプターとはそういうものと妥協すべき点なのかはわかりませんが、遠景撮影時は気を付けなければいけないところです。

別のメーカーのアダプターも購入して比較してみたいと思います。

(以下追記2018年9月9日)
KIPONのマウントアダプターを購入しました。
KIPON マウント変換アダプター ニコンFマウントレンズ-マイクロフォーサーズマウントアダプター NIK-m4/3
レンズ交換も好感の持てる抵抗で行なえます。
また精度も高いです。
価格差が僅かな廉価帯の製品なので、KIPONの方がおすすめできます。
詳細なレビューはKIPONの方に書きますので参考までにどうぞ。

このアダプターでEM-5markⅡにGズイコーオート28mmf3.5を使ってみた感想です。カメラ本体への取付はスムーズで普通のレンズ同様にカチッとはまります。レンズとマウントアダプターでは「キツッ」って感じで回しますがこちらも最後にはカチッと音がしてはまります。「レンズ壊れちゃう?」と不安になる位きついですが、ぐらつきがあって写真撮影に集中出来ないよりは良いかな。ピントに関しては遠景も∞の手前でピントが合い∞まで回すとピンぼけになってしまいます。でもピントが合わないよりは良いか。
外観はアダプターのブラックがレンズやカメラ本体よりも目立つという事もなく付けててシックリくる感じです。値段もお手頃ですし自分は買って良かったと思っています。

野鳥のビデオ撮影のため、どうしても1000mm超の超望遠域が必要だったのでGH4をヤフオクで買ってシグマの50-500+2倍テレコンを装着するために買ってみました。 他のレビューにあるような工作精度に不安がありましたが装着は問題なし、電子接点がないので露出制御ができずレンズの開放F値で固定される点は購入前に了承済みでしたし、ビデオ撮影ではMFで使っていたレンズなのでこの点も私的には問題なし。 でも、もっと明るいレンズを使う場合にはやはり絞らないといけないのでもう少し価格が高くなっても電子接点を付けてほしい、ということで星一つ減らしてみました。

マイクロフォーサーズWORLD

5つ星のうち 4.0初心者だけど

(参考になった人 2/4 人)

一眼初心者でGF1を購入し、知識を得るためにこの本を購入しました。 勉強になります!で、替えのレンズが欲しくなりました(笑)

新しいフォーマットの出足のネックである交換レンズを、マウントの変換アダプタを使って克服しようという試み。 他社の気になるレンズを取り付けて撮影にトライ。 4/3はCCDサイズが小さいので、APS-Cサイズ用のレンズでも真ん中のいいとこ取りができますね。 オリンパスは、4/3の発売開始時にOMマウントの変換アダプタを無料であげていましたが、 やはり、同じような切り口ですね。 商売としても、利益率の高い交換レンズをいかに増やすかが成功のカギでしょうか? 現在発売されているパナソニックとオリンパスの製品が紹介されています。

パナソニック・ルミックスDMC-G1』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.