バーミンガム・シティFCのまとめ情報

バーミンガム・シティFC』の解説

バーミンガム・シティ・フットボール・クラブBirmingham City Football Clubイギリス英語発音:)は、イギリスウェスト・ミッドランズ州バーミンガムに本拠地を置くサッカークラブ。同じバーミンガムを本拠地とするアストン・ヴィラFCとの対決はバーミンガム・ダービーとして盛り上がりを見せる。

歴史

220px

1875年、スモールヒース・アライアンス(Small Heath Alliance)として創設し、1945年に現在の呼称となる。タイトルはリーグカップを2回制したのみで、リーグ戦ではまだない。2002年、プレーオフの末プレミアリーグへの昇格を果たした。アストン・ヴィラFCとの対戦はバーミンガム・ダービーとして盛り上がりを見せるが、2005-06シーズンは18位に終わり、4シーズンぶりに降格した。しかし、2006-07シーズンは2位に入り、プレミアリーグ昇格を決めた。2007-08シーズンは19位で終え、翌シーズンはチャンピオンシップでプレミアリーグ復帰を目指すこととなった。そして、2008-09シーズンはチャンピオンシップで2位となり、1シーズンでプレミアリーグ復帰が決まった。2010-11シーズンには48年ぶりとなるフットボールリーグカップ優勝を果たしたが、カップ戦優勝以降成績が上向かず、2シーズンぶりに降格が決定した。

2007年7月17日、香港の実業家カーソン・ヨンが所有する投資会社グランドトップ・インターナショナル・ホールディングスがクラブ株式の29.9%を取得した。2009年9月30日、クラブの株式の86%を取得し、実質的に経営権を握った。

一時期、ユニホームサプライヤーには中華人民共和国のスポーツ用品メーカーXtep(特歩)が務めていた。

2016年3月には、新たにadidasと2016-17シーズンから2020年まで4年にわたる、ユニフォームサプライヤーの契約を締結した。

名称変更

  • 1875-1888 スモール・ヒース・アライアンスFC
  • 1888-1905 スモール・ヒースFC
  • 1905-1945 バーミンガムFC
  • 1945-現在 バーミンガム・シティFC

フォーメーション

2016-2017シーズン フォーメーション

バーミンガム・シティFC』の解説 by はてなキーワード

Birmingham City F.C.

イングランドサッカークラブ

クラブ概要

正式名称 : Birmingham City Football Club

愛称 : Blues (ブルーズ

クラブカラー : 青

創設 : 1875年

本拠地 : Birmingham, West Midlands (バーミンガム、ウェスト・ミッドランズ)

スタジアム : St. Andrews (セント・アンドルーズ)

収容人数 : 30,016人

ダービーマッチ

同じバーミンガムに本拠を置くアストン・ヴィラFC (Aston Villa Football Club) との試合は 「バーミンガム・ダービー? (Birmingham Derby)」 またはバーミンガムの人口が英国ロンドンに次ぐ2番目 (約101万人) というところから 「セカンドシティ・ダービー? (Second City Derby)」 といわれている。

その他

プレミアリーグと2部リーグ (Football League Championship, フットボールリーグ・チャンピオンシップ) との昇格・降格を繰り返すことからヨーヨークラブと例えられることも多い。

バーミンガム・シティFC』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.