バニングのまとめ情報

バニング』の解説

バニング (Vanning) とは、ミニバンライトバン等のワゴン車を用いたカスタム手法(和製英語*)。主に後部座席や荷室をラウンジをモチーフにしてカスタムすることが多い。元々はアメリカ合衆国、特に西海岸におけるバンを使ったカスタム手法を日本に持ち込んだ物である。

※ の動詞としての語義は有蓋貨物自動車であるバンで輸送すること、またはミニバンなどのワンボックスカーで移動すること。物流・貿易関係用語としてのvanningは、(海上)コンテナに貨物を詰め込む作業のこと。

発祥

1960年代に当時アメリカ西海岸の若者の間ではやっていたピックアップトラックを用いたカスタムから派生したのが始まりとされている。このトラックへのカスタムはトラッキンとよばれる。このトラッキンより派生したカスタムは「ストリート・バン」と呼ばれ、主に「ダッジ・A100」、「ダッジ・トレーズマン」や「シェビーバン」がベースとして好まれていた。

当初は移動時、及び休憩時の快適性向上のためにキャンピングカーに見られるような架装を彼らなりの趣向のもとに行っていたのが、次第に外装を含めたカスタムを行うようになっていったとされている。しかし時代と共に衰退し、1970年代にピークを迎えた後に1980年代末にアメリカ西海岸では廃れた。

日本でのバニング

thumb

日本への導入は諸説あるが、主に1970年代とされている。

その際モチーフ全てを導入したわけではなく、彼らなりの観点で消化・吸収された。

そのため当初から日本の愛好家たちの間では、アメリカに売られているバンだけにこだわらず、当時国内に流通していたバン(主にトヨタ・ハイエース日産・キャラバンなど)を使ってカスタムしていた。

この分野の普及に貢献したのはサーファーなどのバンを普段の生活で使っていた人々、特にそのなかでも従来の商業車然としたバンのイメージにこだわらない者や、他人と同じ車に乗りたくないといった意志をもっていた者とされている。

導入初期の頃はカスタム自体はアメリカのホットロッドキャルルックなどに見られるような手法(例えば明るめのカラーリングや車体にフレームスを入れるなど)で行われていたが、バブル期にバニングがカスタムの世界においてブームとなると、他ジャンルからのカスタマーが流れてきたため次第にアメリカを意識しない日本独自の派手な志向に転向していき、爆音・大径オーディオや威圧的なエアロパーツ、車高と同等の高さを持つリアスポイラーを装着するなど、発祥当初のスタイルから乖離し、日本独自の文化として発展していった。

アメリカと異なり日本国内においては特に車両に対する法令の規定が厳しいため、かつてはカスタムを行った車を路上で運用するためにこの分野の愛好家の間では特殊車両を意味する8ナンバーを取得することが一般的であったが、現在では法規が改正されたために合法で通すのが難しくなっている。

カスタマイズの特徴

  • 外観
    • エアロパーツを装着して外観を大きく変える。派手な形状のリアスポイラーやエアダムを装着する例が多く見られる。
    • フロントと前ドア以外の窓を全て埋め、外観をフラットにする。または縦長や円形、星形、ハート形などに窓を開け直す。
    • デコトラのパーツを流用することもある。
  • 塗装
    • パールやメタリック系の他、ソリッドなパステル調の塗料が用いられることが多い。また、車体にはエアブラシやカッティングシートを使ってオーナーの好きな絵(アーティスティックな創作イラストをはじめ、有名芸能人や声優、アニメキャラなど様々なジャンルがある)が描かれている車も多い。
  • 内装のカスタム
    • 内装素材を全て張り替えたり、豪華な皮シートにしたりすることなどが行われている。ときにはスロットマシンが取り付けられていたり、リアラゲッジを全てオーディオモニターで埋め尽くすことが行われる。一般的なバニングでの内装カスタムはラウンジをモチーフにしてソファーやテーブル、シャンデリアなどを取り付けたり、あるいはシートをフルフラットにしてレストスペースを構成できるようにしている改造が多い。

バニング』に 関連する人気アイテム

機動戦士ガンダム0083 REBELLION

OVA本編では既に無くなってるはずのケリィ・レズナーが未だ生きていることで新たなドラマが生まれてます
彼が生きていたらどうなっているかというIFとしては中々面白いと思います
また他のOVAのキャラもゲスト出演したり、パラレル要素が強くなってきていますね
マクロスシリーズのように媒体ごとに大雑把な流れだけ合わせて後は自由!ってのに慣れてる人には相変わらず面白いと思いますが
原作通りに拘る場合は逆にきついかな?ということで☆4つ。
パラレルばっちこい派には星5つにしてもいいかも

キャラそのものが変化したという感じではなく、運命のめぐりあわせが少し違ってたら?ってアレンジなのは付け加えておきます。
また変える場合はより熱い展開に振ってきてます。

5つ星のうち 5.0ここまで...。

(参考になった人 10/13 人)

ケリィのファンとして、ここまで彼を活躍させてくれる このコミカライズに心底感謝感激。 ニナが原作アニメ以上に女心が分からないのには困惑しますが、シーマ姉さんが まさかのテトラを愛機にするのにはシーマ=マリーネのイメージが強過ぎて違和感が あるものの、ここはシーマ姉さんではないが慣れの問題かな。 ベースの原作があるとは言え、これほど大胆な新規解釈やアレンジに少しも嫌味や 嫌悪を感じさせないのも夏元氏のしっかりした描写の実力が成し得る技だと思う。 星の屑・最終章を最後まで楽しみに刮目しようと思う。 超お勧め。

5つ星のうち 3.0ごちゃごちゃ

(参考になった人 6/10 人)

バニング大尉は散々フラグ立ててたのにあっけなさ過ぎ。 っていうかまともに描写されず。 これなら原作通りの方がまだよかった。 ニナはガンダム3大悪女の名に恥じないビッチっぷりをいかんなく発揮してますな。 コアブロックを交換したのが意味不明だったんだが? なんにせよモンシア中尉に先に3号機に乗ってほしくなかった。 全体的に演出過剰で矛盾が生じてきてますよ。 上手く収束するのか非常に不安。

バーニング・ワイヤー 上

「リンカーン・ライム」シリーズの九作目。本シリーズは殆ど全て読んでいるが、結局の所、連続的瞬発力の「コフィン・ダンサー」(一番の本領発揮作)と全体構成力の「ウォッチメイカー」だけが傑作として記憶に残っている。本作には、昨今の環境・エネルギー問題と絡めて、誰にとっても身近な"電気"を使って爆発を起こさせる犯人が登場するが、どうも作者が最近のトピックスを作中に織り込む事に専心し(しかも、作者・訳者共に計算機・ネットワーク・電子工学に詳しくないし、誤訳も多い)、本シリーズの魅力の本質を見失っている感がある。

読者が期待するのはライムと犯人との丁々発止の頭脳合戦である。"電気"の専門家から、犯人の次のターゲット候補をライムが教わっている様では頭脳合戦とは程遠いだろう。また、グリッド捜索(今回は送電網のgridと掛けている)、<ロカールの交換原理>、ホワイト・ボードに書き出す証拠物件一覧、犯人によって窮地に陥るアメリアといった定番の記述にはマンネリ感が漂う。全編から緊迫感が全く伝わって来ないのだ。

サブ(?)・ストーリーとして登場する「ウォッチメイカー」の扱いもアッケなさ過ぎて物足りない。むしろ、私が本作で一番印象に残ったのは、レギュラー陣の中では比較的地味なフレッド・デルレイである。デルレイは潜入捜査のプロで、足で稼ぐ昔気質の刑事。一方、デルレイの新任の上司は「cloud data」及びその分析を信奉するバリバリのデジタル派でデルレイを見下している。"電気"を題材としている事もあるが、そのデルレイ(妻の造形が素晴らしい)の描き方を見ると、本作のテーマが「『デジタルvsアナログ』」の対決」と見えてならなかった。「ウォッチメイカー」が水晶発振時計の製作に興味を持ち始めたという意外なエピソードがこれを象徴している様にも映った。科学的捜査を標榜するライムも、実は肝心な所では直観で勝負するアナログ派だし、作者がアナログ派である事は言うまでもない。本作がデジタル万能時代に対するささやかな"抵抗"の書と考えると、ミステリ的緩さも許せるという所であろうか。

生活に欠かせない電気を操って、殺人(テロ)が行われる・・・

率直に、怖いよねーと思った。
先の地震とと原発事故以降、電気について考えることが多くなりました。
電気がないと、生活がマヒしてしまう。
そして間もなく民間の電力会社が参入開始するし。
最初の事故が起こるまでの数ページは、小難しくて退屈でした。
でもそれ以降は、一気にジェットコースターのような勢いで物語が進んでいきます。
とても身近なのに、どういう風に手元まで電気が送られてくるのかも知らないわけで。



ウォッチメーカーの捜査も同時並行で行われるし、
プラスキーがちょっと困ったことになるし、
電気は目に見えないし、においもしないし。
一気読みできる、いい作品でした。

5つ星のうち 4.0今までのとは違う

(参考になった人 0/0 人)

ずっとジェフリー・ディーバーのリンカーン・ライムシリーズを読んできだが 今回は敵役の主人公も、その武器である電気も いまいちピンとこない というか、ピンとこないだろうから、アメリアやプラスキーをビクつかして 電気の凶器としての恐ろしさを 読者にわからせようと苦心しているのがうかがえて 少し鬱陶しい。 ただ手札を隠してるだけの手品みたいで、もう一段階上の作家さんだったような気がしてだから。 でもまあ、いつものメンバーで賑々しくやっているのは 単純に好き。

バーニング・ワイヤー 下

散らばった線が一気に収束して行く下巻。 盛り上がります。 ちょっと都合いいなあって点もありますけど、真犯人違う説からウォッチメーカー登場まで息をつかせぬ展開。 さらにそこからの大逆転劇まで鮮やかに一気に読ませる。 素晴らしい。 ただ、あとで冷静になってみるとウォッチメーカー様ほどの人間が血痕残してました、は拍子抜けかな。 ウォッチメーカーは今後も復活が期待される名ヒールなので期待。 ウォッチメーカー主人公のスピンアウトも書いて欲しい。

5つ星のうち 3.0嫉妬

(参考になった人 0/0 人)

リンカーン・ライムは最後手術を受けた、 運動機能が少し回復した場面で本書は終わる。 ただただ羨ましい。 本当は羨ましがる理由はないのだけれど、同じ病人の目線で考えているから、俺の器が小さいから、嫉妬などという意味のないことをしてしまうのだろう。

5つ星のうち 4.0飽きさせない工夫

(参考になった人 0/0 人)

ウォッチメーカーは完全に狂言回し、逮捕されるために出てきたような印象。 相変わらずのどんでん返しで面白く読めたし、ライムのリハビリもうまくいきそう。 単品としてはダメだが、連作としては楽しい。

ラーニング・ザ・タロット―タロット・マスターになるための18のレッスン

---- ・カードの解釈が明るく読みやすいので、初心者さんにおすすめ ・リーディングの練習になる、かんたんなレッスンがたくさん載っている ・ただめちゃくちゃ長いので、全部読むのは大変。 読みたいところから読むといいかも'>

----
・カードの解釈が明るく読みやすいので、初心者さんにおすすめ
・リーディングの練習になる、かんたんなレッスンがたくさん載っている
・ただめちゃくちゃ長いので、全部読むのは大変。読みたいところから読むといいかも
----

あとがきで訳者の伊泉先生も言われていますが、とても長いです!400ページくらいあります。しかも字が小さくて、みっちり感。笑
でも、タロット初心者さんに向けて書かれた本なので、とっても読みやすいです。そういう私も、初めて読んだタロット本がこれでした。

当時、10代で、楽しく読めました。タロット大好きになるきっかけになった本です。

カードの解釈が全体的に明るいです。解釈の内容も、抽象的すぎずわかりやすい。逆に具体的すぎて解釈の幅を狭めてしまうようなこともなく、ちょうどいい気がします。
逆位置については「逆位置はカードの力が発揮できていない状態」という内容の説明がしっかりあります。各カードの逆位置の意味は載っていません。
個人的には、逆位置は正位置より更に解釈に幅が出るように思うので、「このカードの逆位置はこういう意味」と書いてしまうと逆にリーディングの妨げになる場合がある気がします。なので、この本の形式は私にはしっくりきます。

よくタロットは怖いイメージ!と聞きますが、私はこの本を読んでタロットにすごく親しみを持ったので、怖いイメージをぜんぜん持ちませんでした。ダークな雰囲気のカードにも、違う面から見たプラスの意味が必ず書かれています。
それに何より、タロットはあなたのパートナーになってくれるもの!というジョアンさんの情熱や、前向きな気持ちが伝わってきて、ワクワクします。訳もクセがなく、読みやすいです。

スプレッドはケルト十字が激プッシュされています。ほぼそれだけ。
また、エクササイズと称し、初心者さん向けのいろんなリーディングの練習が載っています。このあたりも、ジョアンさんの「もっとみんなにタロットしてほしい!面白いよ!」みたいな気持ちを感じます(私だけ?)

難点は、ジョアンさんの情熱が注がれまくったせい?か、初心者向きとは思えない長さなこと。最初から最後まで読むのは大変です。
なので、読みたいところから読むのをおすすめします。カードの解説から読むとか。

たぶん、わかる人にはわかるんだと思うが、
徹頭徹尾、自分にはさっぱりだった。
ケルティッククロスについてだけ書いてある。
助言は「あなたの心に浮かんだメッセージをストーリー化する」
ということ。

初学者である自分は、とりあえず、
「こんなもんか」と思い適当にストーリーを作り解釈していたが、
このやり方だと、
どんなカードが出ようが、善意に解釈すれば善意になるし、
悪意に解釈したら悪意になる、ってことになる。


それって根本的に占を立てる意味があるのか?

基本的に試練を表すカードである、ソードや、
悪い意味で捉えられる、デビル、タワー、デスなど、
良い意味にとらえれば悪い意味ではない、
というような書き方がされていることから漠然とし過ぎていて、超釈然としない。
原書を読んだわけじゃないのでよくわからないが、
翻訳に問題があるのだろうか?

タロットの本質はカードの出目によって、
喜んだり悲しんだり一喜一憂したりするものではないのかもしれないが、
なんなんだろうか、このスッキリしなささは
迷いがあってタロットを切るのに、迷いが増す感覚がある。

具体例はけっこう載っているが、
それを自分が出たカードに応用するのには、
途轍もない力量が必要だと思われるし、
どうしてそういう結果が導き出されたのか、
ということもよくわからなかった。
自分にとっては分厚いだけで要領を得ない本。
少なくとも初心者が1冊目に読む本ではない。

5つ星のうち 3.0文字が読みづらい

(参考になった人 2/3 人)

国内で出版されている中では比較的レベルが高い本で、中級者からプロ向けの内容です。

実践的なレッスン形式の本でレビューの評価も高いのですが、中古で売りに出されることも多く、決して初心者向けとはいえません。基礎を身につけてからリーディング技術を磨くのには役立ちます。

書籍の構成上、かなり文字が小さく読みづらいのが難点です。翻訳本は長文になりがちなので、もう少し読みやすいようにレイアウトなどを工夫して戴きたかったです。

スプレッドに関しては、ケルティック・クロス(ケルト十字)の解説は詳細に記されているのですが、ヘキサグラムやホロスコープなどの他のスプレッドは掲載されておりません。



詳しさや情報量という面では評価できますが、読みやすさや分かりやすさという面では、全体的にまとまりに欠けイマイチだと思います。

最初から手にするには少々ハードルが高いので、同様のレッスン形式の本でしたらマルシア・マシーノ著「タロット教科書 第1巻」の方が、いくらか学びやすく感じられます。

形式は異なりますが井上教子著「タロット解釈実践事典」は初心者でも意外と読みやすくおすすめできます☆

バニング』の解説 by はてなキーワード

ワンボックスカーをベースに派手なエアロパーツでカスタマイズした車両の名称またはドレスアップ手法。名前の由来はワンボックス=バンにingを付けて「Vaning」と読む所から

バニング』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.