バックフォーカスのまとめ情報

バックフォーカス』の解説

thumb

バックフォーカスBackfocus )とは、レンズ最後端から焦点までの距離である。フランジバックと混同しやすい。

一般的に一眼レフカメラでは円弧状に往復運動するミラーがレンズ直後に存在するので、そこに衝突しないような最低限のバックフォーカスを要求される。

一眼レフカメラ開発初期には、広角系レンズのバックフォーカスを長くする設計手法が確立されていなかったため、ミラーを上昇位置に固定(ミラーアップ)して利用することも多かった。逆望遠型の設計が一般化することで一眼レフカメラ用広角レンズも十分なバックフォーカスを確保できるようになり、ミラーを固定せずに使えるようになったのである。

ミラーボックスを持たないレンジファインダーカメラなどではこの制約が小さく、レンズ設計の自由度といった観点からは一眼レフカメラよりも有利である。

右図の上がレンジファインダーカメラ、下が一眼レフカメラの図で、どちらも広角レンズがついている。破線の矢印がフランジバック、実線の矢印がバックフォーカスで、レンジファインダーカメラは一眼レフカメラのミラーボックスがある部分にレンズの光学系を置くことができるため、フランジバックよりずっとバックフォーカスが短いレンズも設計できることが分かる。一方一眼レフカメラの広角レンズのバックフォーカスは、ミラーを避けるためほとんどフランジバックと同じ長さである。

ニコンプロネア用のレンズであるIXニッコールレンズは、APSのイメージサークルが小さいことを活かし、フランジバックは通常のニコンFマウントと同一ながら、バックフォーカスを短くすることによって小型軽量なレンズを実現している。ただし、バックフォーカスが短いため、他のニコンFマウントのカメラには装着できない。

また、キヤノンEF-Sレンズも、イメージサークルの小さいAPS-Cサイズのデジタル一眼レフカメラで使うことを前提とし、キヤノンEFレンズマウントのままバックフォーカスを短くすることにより、小型軽量なレンズとしている。

バックフォーカス』に 関連する人気アイテム

SAMYANG 単焦点広角レンズ 14mm F2.8 ED AS IF UMC ソニー αE用 フルサイズ対応

5つ星のうち 5.0写真撮影のお供

(参考になった人 4/4 人)

この値段でこんなに綺麗に撮ってくれるのは他にないと思います。 レンズの歪みはたしかにありますが、うまく扱えば味のある写真が撮れます。 Lightroomがあればその歪みも補正できるので問題ないです。 このレンズを使って撮る風景は編集ソフト必須だと思うので、持ってない方はこちらのレンズを買って浮いた金額で編集ソフトを購入するべきです。 良くない点を挙げるとすれば、ピントを合わせるのがちょっと大変なのと、レンズフィルターがつけられないことでしょうか笑 大切に使っていきたいと思います。

5つ星のうち 5.0専ら星景専用ですが。

(参考になった人 4/4 人)

見ての通りLrでイジっていますので撮って出しではありませんが。 収差や減光は補正されて個人的に気にならなくなります。 見た目も安物っぽくありません。 個体差があるかもしれませんがこの個体はMF無限遠が出ているので暗がりでもピントに悩みませんでした。 もちろん、上を見ればキリがないですが、超広角という使用頻度から考えれば私的に大満足です。 これで超広角の世界に目覚めれば純正を買いなおせばいいかなと思います。

5つ星のうち 1.0初期不良が多すぎる…

(参考になった人 0/0 人)

5.6回交換してもらいましたが全部ハズレでした。 自分の運が極度に悪いのかもしれませんが、初期不良で交換してもらったものが初期不良品という始末だったので流石に諦めました。 販売店の方の対応はとても良く、交換した商品もすぐに届くのでそこは良かったです。

【Amazon.co.jp限定】QUMI プロジェクター Q38 ホワイト + スマートスクリーンセットモデル Q38-WH-AM

明るさ、色、解像度などの基本機能は素晴らしい。 セットのスクリーンも丁度よい。 iPhone内のPowerPointデータ(写真)をミラーリングで投影すると数枚でフリーズするのと価格が高いので、☆2つ減点。 HDMI接続では問題なく稼働するのですが、ワイアレスで簡単に稼働できる方法はないでしょうか。

5つ星のうち 4.0いい感じだけど

(参考になった人 1/1 人)

明るさと解像度は良好です。 BenQ プロジェクター MW612(4000ルーメン)も所有していますが、遮光カーテンをはった部屋での視聴にはほとんど差を感じません(スクリーン使用あり)。 少し問題があったのが、Amazon Fire TV Stickを接続して電源をQ38のUSBから取ると、周期的にノイズが入ります。 個体差かもしれませんが、Fire TV StickにAnker PowerCore IIを接続したらノイズは消失しました。 今の所自宅使用なので問題なしですが、持ち出しでバッテリー使用するのにQ38単体で完結できない分、星1つ減らしました。

バックフォーカス』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.