ハロウィンのまとめ情報

ハロウィン』の解説

ハロウィン、あるいはハロウィーン( または Hallowe'en|)とは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられているのこと。もともとは収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女お化け仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。

キリスト教の祭ではない。ハロウィンに対してはキリスト教からは容認から批判まで様々な見解がある(キリスト教との関連)。

概要

ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は夏の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていた。時期を同じくして出てくる有害な精霊魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。これに因み、31日の夜、カボチャアメリカ大陸の発見以前はカブが用いられた。スコットランドではカブの一種ルタバガを用いる。)をくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタン(Jack-o'-lantern)」を作り、魔女やお化けに仮装した子供たちが近くの家を1軒ずつ訪ねては「トリック・オア・トリート(Trick or treat. 「お菓子をくれないと悪戯するよ」または「いたずらか、お菓子か」)」と唱える。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちはもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティを開いたりする。。

カトリック教会諸聖人の日がハロウィンに重なる形で設定されており、これを「カトリック教会が(キリスト教からみて)異教の祭を取り込んだ」とする見解と、「カトリック教会が(キリスト教からみて)異教の祭を潰すために設定した」とする見解とがある。いずれにしてもハロウィンは元々キリスト教の祭では無かったことが両見解の前提となっている(キリスト教との関連)。

歴史

古代ケルトのドルイドの信仰では、新年の始まりは冬の季節の始まりである11月1日のサウィン(サオィン、サワーン、サーウィンまたは、サウィーン、サーオィン、サムハイン、)祭であった。ちょうど短い日が新しい年の始まりを示していたように、日没は新しい日の始まりを意味していた。したがって、この収穫祭は毎年現在の暦で言えば10月31日の夜に始まった。アイルランド英国のドルイド祭司たちは、かがり火を焚き、作物と動物の犠牲を捧げた。また、ドルイド祭司たちが火のまわりで踊るとともに、太陽の季節が過ぎ去り、暗闇の季節が始まった。11月1日の朝が来ると、ドルイド祭司は、各家庭にこの火から燃えさしを与えた。各家族は、この火を家に持ち帰り、かまどの火を新しくつけて家を暖め、悪いシーケルト神話の妖精。ちなみに「バンシー」とは「女の妖精」の意。)などが入らないようにする。1年のこの時期には、この世と霊界との間に目に見えない「門」が開き、この両方の世界の間で自由に行き来が可能となると信じられていたからである。祭典ではかがり火が大きな役割を演じた。村民たちは、屠殺した牛の骨を炎の上に投げ込んだ。かがり火が燃え上がると、村人たちは他のすべての火を消した。その後、各家族は厳粛にこの共通の炎から炉床に火をつけた。

従来、ローマ人は11月1日頃に果実・果樹・果樹園の女神でリンゴをシンボルとしていた女神ポーモーナを讃える祭りを祝っていたと考えられており、紀元1世紀ブリテン島に侵入した以降はケルト地域にポーモーナの祭りをもたらしたと言われていた。ハロウィンの行事としてダック・アップルが行われるのはその由縁からと考えられ、またハロウィンのシンボルカラーである黒とオレンジのうち、オレンジはポーモーナに由来するとの説がある。しかしながらこうしたポーモーナの祭りとの関連性について、新しい研究は否定的見解をとっており、そもそもポーモーナの祭りが古代ローマにおいて盛大に祝われていたかについてすら疑義が差し挟まれている。また古代ローマの祖霊祭(Parentalia)からの影響も指摘されている。

ハロウィンの習慣は、イングランド南部では17世紀以降、11月5日火薬陰謀事件の記念日(ガイ・フォークス・ナイト)に置き換わり、廃れた。しかしながら、スコットランドアイルランドマン島ウェールズでは引き続き広く普及していた。

ハロウィンがアメリカの年鑑に祝祭日として記録されたのは19世紀初頭以降のことである。ニューイングランドピューリタンなどはハロウィンに強く反対する立場であり、19世紀になりアイルランドおよびスコットランドから大量に移民が到着するまでは、ハロウィンが本格的に定着することはなかった。ハロウィンは19世紀半ばまで特定の移民共同体の内でだけの行事として行われていたが、徐々にアメリカの「主流社会」に受け容れられるように、20世紀初頭には、社会的、人種的、宗教的背景に関係なく、アメリカのほとんどの人々に受け入れられ、東海岸から西海岸へ広まった。1950年代には「トリック・オア・トリート」の合言葉が製薬会社や映画会社、テレビ局などの仕掛けもあり普及した。そして、世界各国で軍事的・経済的に活動するアメリカ人が増えるのにともない、そうした場所で、アメリカ風のハロウィンの風習も広がることになった。

カナダでは、製菓会社がハロウィン用の宣伝を1860年代から始め、1980年以降には現在のハロウィンと差異はなく、クリスマスの次に大きなイベントになっていった。

各国の現況

文化圏によってかなり扱いが異なっている。興味を示している地域と、興味が無くほぼ無視している地域がある。

現代でハロウィンが大々的に行われているのは主に英語圏であり、例えばアイルランドイギリス、およびイギリスが進出・侵略して植民地化するなどして「イギリス帝国」の一部に組み込みイギリス流の文化を広めた場所(アメリカカナダニュージーランド、そしてオーストラリアなど)に広まっている。

特に、もともとケルト人の国であるアイルランドに色濃く残っている。アイルランドでは10月最後の月曜が祝日となっており、ハロウィンを祝う習慣が最も純粋な形で残っている。この祝日に続く週は、学期の半ばであるがすべての学校が休みになり、一般に「ハロウィン休み」と呼ばれる。

上述の旧イギリス帝国系の国々ではハロウィンが盛大に祝われるが、アメリカの一部キリスト教系学校では、ハロウィンがキリスト教由来の行事ではないことから、「ハロウィンを行わないように」という通達が出されることがある。

上述の国々でアイルランド以外はプロテスタント信者が多いせいもあって、その翌日にあたる諸聖人の日には、通常これといった行事は催されない。宗教改革以降、プロテスタント諸国ではカトリック教会の祝日である諸聖人の日が徐々に廃れたため、ハロウィンのみが残された格好になっているのである。

カトリック信者の多いラテン系諸国(すなわちローマ帝国時代にラテン語が広まり、その後、口語ラテン語の地域方言が歴史的に変化した言語が話されることになった地域)、主にイタリアスペインポルトガルフランスおよび中南米諸国のブラジルペルーアルゼンチンコスタリカニカラグア等々では、人々はハロウィンにほとんど興味を持っておらず、ほぼ無視している状況にある。これらの国においては、諸聖人の日のほうが重要視されており、諸聖人の日を祝日に制定している国もある。

東方教会正教会東方諸教会)が広まる地域(東欧中東など)においてもハロウィンをほぼ無視している。ロシアにおいてはロシア教育省が「ハロウィンは子ども達の壊れやすい心には有害である」との見解を出した。

(同じゲルマン語系言語を話すという点で、何かと英語圏の接点の多い)ドイツ、また、(20世紀に英語圏の諸国に植民地化されたり、敗戦によって占領されるなどしてイギリス・アメリカ風の文化が移入されたり交流が深くなった)東南アジア諸国、日本などにおいては「アメリカの大衆文化」として一部受容されている(日本については日本とハロウィン参照)。

ジャック・オー・ランタン

thumb

ジャック・オー・ランタン、あるいは、ジャック・オ・ランタン()は、「お化けカボチャ」「カボチャちょうちん」とも言えるもので、オレンジ色のカボチャをくりぬき、ナイフで目・鼻・口をつけ、内側に火のついたろうそくを立てるもので、最もハロウィンらしいシンボルである。ハロウィンを祝う家庭では、カボチャを刻んで怖い顔や滑稽な顔を作り、悪い霊を怖がらせて追い払うため、ハロウィンの晩、家の戸口の上り段に置く。これは「ウィル・オー・ザ・ウィスプ」を象徴したものである。

トリック・オア・トリート

英語圏では、子供たちが「Trick or Treat(トリック・オア・トリート)」 という言葉(直訳では「いたずらか、ごちそうか」で、聞いている側としては「ごちそうをくれないと、いたずらしちゃうぞ」というニュアンスに聞こえる言葉)を唱えながら家々を訪ね、菓子を集めて回る習慣があるが、これは古い英語で wassailing と呼ばれるクリスマスの時期の酒宴の習慣に似た、ソウリング(souling)と呼ばれるヨーロッパの習慣から発展したという。子供たちに訪問される側の大人たちは、子供たちのためにあらかじめお菓子を大量に用意して待つ。地域の大人たちと子供たちが交流できる機会になっている。

ティーンエイジャーになると、お菓子を集めるよりもむしろ庭木の枝にトイレットペーパーをかけたり家や車に鶏卵を投げつけるといったいたずらをすることがある。それを防止する方法もいろいろ考えられている。

仮装

thumb

アメリカなどのハロウィンでは仮装することが流行している。

ハロウィンで仮装されるものには、(アメリカでは、基本的には)「恐ろしい」と思われているものが選ばれる傾向があり、たとえば幽霊魔女コウモリ悪魔黒猫ゴブリンバンシーゾンビなどの民間で伝承されるものや、ドラキュラ狼男フランケンシュタインのような欧米の怪談や恐怖小説に登場する怪物が含まれる。ハロウィン前後の時期には、これらのシンボルで家を飾る。

ただし20世紀後半のアメリカでは、お様・海賊などといった人物、しかもあまりリアルな姫や海賊ではなく、ディズニー的でアメリカ流にアレンジしてステレオタイプ化されキャラクター化された登場人物や、あるいはスパイダーマンバットマンなどアメリカ人に人気の漫画・映画のキャラクターの仮装も行われるようになった。大人になると看護師メイドヒッピーフラッパーなどに仮装したり、異性装をする例もあり、見る人にあまりに不快感を与えないような仮装であれば何でもかまわない、と考えられている。1990年代以降、黒人インディアンなど特定の人種や民族に扮することは人種差別的で良識に反すると指摘されるようになり、仮装の対象としてあまり扱われなくなった。

「トリック・オア・トリート」をする子供たちを迎える側の大人も仮装して出迎えることがあり、大人同士で仮装パーティを催すということも行われるようになった。

なお、1992年10月17日、アメリカのルイジアナ州でハロウィンの仮装をした16歳の日本人留学生が射殺される事件が発生した。

ニューヨーク・ヴィレッジ・ハロウィン・パレード

ニューヨーク・ヴィレッジ・ハロウィン・パレード(New York's Village Halloween Parade)は毎年ハロウィンの日にニューヨーク市で行われる世界最大規模のハロウィンの仮装パレードである。1974年に始まった歴史あるこのイベントは、夜7時にグリニッジ・ヴィレッジ付近をスタートし、6番街を中心とした決められたルートを1マイル以上にわたって練り歩く。仮装をした者であれば誰でも参加することができ、毎年6万人の参加者と200万人の見物人が訪れるニューヨーク最大のイベントの1つでもある。仮装する参加者には、市民や観光客のほか、ダンサー・アーティスト・大道芸人などが含まれ、数十の山車やバンドも登場する。世界中にテレビ中継もされ、約1億人の人々が視聴する。この日のニューヨークの街は仮装した者で深夜まで溢れかえる。

ダック・アップル

「ダック・アップル(Duck Apple)」または「アップル・ボビング(Apple Bobbing)」(リンゴ食い競争)はハロウィン・パーティで行われる余興の1つで、水を入れた大きめのたらいにリンゴを浮かべ、手を使わずに口でくわえてとるゲーム、昔から代々伝わってきたゲームとして、小麦粉の山から6ペンス硬貨を落とさないよう小麦粉を順番に削り取る「小麦粉切り」や、皿に盛った干しブドウブランデーをかけて火をつけ、そこから干しブドウをつまみ取る「スナップ・ドラゴン」(ブドウつまみ)などが紹介されている。

教会の祭としては祝われない

教会暦を教会全体で使用するカトリック教会正教会の全てで、ハロウィンは教会暦上の祭としては祝われない。先述の通り、元々ハロウィンの起源はキリスト教では無い。

ただし地域によっては教会でも、この日に合わせてパーティ等のイベントを行うことがある。しかしながらそうした場合でも教会は、キリスト教の趣旨に合わない要素は出来る限り取り除くように努めている(容認する見解と批判的見解)。

ハロウィンに重なっている諸聖人の日

教会暦では日没から翌日日没までを一日と数える。したがって10月31日の夜は、教会暦においては「11月1日の始まりとしての夜」になる。

カトリック教会では11月1日を「諸聖人の日」(古くは「万聖節」とも)としているが、英語の「ハロウィン」は「諸聖人の日(万聖節)の夜」を意味する "All-hallow Evening" の短縮形をその語源としており、現在確認されている使用例は、16世紀にみられるものが最古である。

ハロウィンに重なるように設定されている諸聖人の日は、もともと東方教会衆聖人の主日に由来するもので、カトリック教会では609年に導入され、当初は5月13日に祝われていた。しかし8世紀頃から英国やアイルランドでは11月1日にすべての聖人を記念するようになり、同時代のローマ教皇グレゴリウス3世(在位731年 - 741年)によって、11月1日に祝う習慣がローマ教会に広く導入された。

カトリック教会では、諸聖人の日は祭日としているが、ハロウィンは祭日ではなく典礼暦(教会暦)にも入っておらず、教会の宗教行事・公式行事として行われることはないは、古代の冬至祭に対抗してクリスマス、ケルトの祭に対抗して諸聖人の祝日を持って来た教会の戦略を「ライバル店舗の目と鼻の先に新店舗を作って盛り上げ、ライバル店を潰そうとする外食チェーン店やコンビニみたいな戦略」と喩えている。その上で、クリスマスを「ライバル店側が消えた(異教側の祭が消えた)」例として、ハロウィンを「ライバル店側が残った(異教側の要素が残った)」例として挙げており、「教会には民衆の祭(ハロウィン)を残す意図があった」とする小澤とは違い、教会は先行する異教の祭(ライバル店)を完全に潰そうと考えていたが、それが挫折して残ったものであると捉えている。

容認する見解と批判的見解

現代のキリスト教会では、ハロウィンの習俗がキリスト教的ではないとの認識ではおおむね一致している。どの程度批判的になるかあるいは容認するかといった評価、およびどういった具体的対処をハロウィンに対して行うかは様々である。

西方教会

カトリック教会

先述の通り、カトリック教会教会暦にある祭ではない。カトリック中央協議会のウェブサイトを検索しても、「ハロウィン」「ハロウィーン」はヒットしない。

カトリック教会においては、「ハロウィンは世俗のイベントである」として、特に肯定的評価も否定的評価も言及されないことがある。

一方、ポーランドのカトリック教会の首都大司教は信徒たちに宛てたメッセージの中で、ハロウィンについて「子どもたちに世の悪魔や闇を『楽しみ』として誤った方向に導くもの」等と厳しく批判。ポーランドのカトリック教会はこれに賛意を示し、ハロウィンについて「オカルト」であるとした。

聖公会

イングランド国教会のウェブサイトでは、由来はキリスト教からみて異教のものであること、最近のハロウィンの祝われ方はアメリカから入って来た習慣であることを指摘しつつ、「ハロウィンは、悪魔を些細なものとする力を持ち、悪の善に対する勝利を祝うものとして描写されるかもしれないが、その際、私たちはキリスト教徒として、実際にはその反対こそが正しい、すなわちキリストにおいて善は悪を征服するのであると信じている」と表明している。

プロテスタント

そもそもプロテスタントの大半には、聖人崇敬の概念自体が存在しない。したがって、諸聖人の日を祝う習慣も存在しないし、ハロウィンもまた教会の行事とはなっていない。

プロテスタントにおいて、10月31日はむしろ宗教改革記念日として記憶される。ハロウィンの「危険性」が訴えられることもある。

一方でプロテスタントのウェブ媒体において信者に対し、ハロウィンの諸行事に参加することを全否定はしないものの、キリスト教の信仰生活に悪影響がないよう、細心の注意を払うように呼びかけられることもある。

東方教会

正教会

元々正教会では西方教会の諸聖人の主日に相当する「衆聖人の主日」は五旬祭の翌主日に祝われていてこれは6月に当たり、ハロウィンは正教会とは関係がない。

ロシア正教会はハロウィンを「死のカルト」であると批判している。英語圏の正教会では、ハロウィンを「カルト」と批判する主教の文章が紹介される一方で、「ハロウィンに家に来た子どもには、お菓子と一緒に、衆聖人のイコンをプレゼントする」という、正教会の教えに沿った形に替えるためのアイデアが紹介されることもある。また、この日に晩課やパラクリシスといった奉神礼を行うよう推奨されていることがある。同時期、店頭・街中でのハロウィン装飾が見られるようになったほか、特に20代の成人による仮装・コスプレのイベントとして日本式にアレンジされたハロウィンが行われている。ただ、8割の人がハロウィンに関心を示していない、もしくは好まないというアンケート結果もある。

行事の開催

日本では、キデイランド原宿店が1970年代にハロウィン関連商品の店頭販売を開始し、1983年10月には同じくキデイランド原宿店が販売促進の一環として日本初とされるハロウィン・パレードを開催した。アメリカで行われる娯楽行事の多くがそうであるように、近年では日本でもハロウィンが広く行われるようになってきた。ただしクリスマスなどと同様に、日本で行われるハロウィンの催しには宗教的色彩はより薄い。

ハロウィンのパレードとしてはJR川崎駅前の「カワサキ・ハロウィン・パレード」が知られる。このパレードでは約3000人による仮装パレードで約10万人の人出を数える(1997年より毎年開催)。

東京ディズニーランドでは1997年10月31日、園内に仮装した入園者が集まるイベント「ディズニー・ハッピー・ハロウィーン」が初めて開催され、2000年10月31日には400名の仮装した入園者とディズニーのキャラクターが園内をパレードする「Happy Halloween Twilight Parade」が開催された。2001年からは10月中に開催されるイベントとして園内パレードも行われるようになり、次第に秋のイベントとして恒例化していった。現在では9月初旬から始まる大きなイベントとなっている。

一方、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で2011年より毎年開催されている「ハロウィーン・ホラー・ナイト」(Halloween Horror Nights)のように、ハロウィンのイメージになぞらえてホラー系のイベントを開催するケースも見られる。

各地でのイベントの開催

欧米系島民が多数在住する東京都小笠原村父島では、島民の秋のイベントとして定着しており、幼年の子どもたちの大多数が参加するほどの盛況ぶりを見せている。

欧米系村民が多数存在し、海外からの観光客も多い長野県白馬村では、毎年10月の最終日曜日に村民ボランティアによって「白馬deハロウィン」が行われていて、トリック・オア・トリートジャック・ランタンコンテスト、仮装コンテストなどが行われ、地元の人気店による屋台も出店され、当日は歩行者天国になった村道に仮装した大勢の子供たちが家々を訪ね歩いてお菓子をもらっている光景が見られる(2005年より毎年開催)。

他にも、鉄道の街として知られる新潟県新潟市秋葉区の新津地域では、毎年10月の最終土曜日に地元商店主や地元大学生たちによって「にいつハロウィン仮装まつり」が行われていて、仮装パレードや仮装コンテスト、スタンプラリーやナイトパーティなどが行われ、そのほか移動販売車や地元業者による屋台出店があり、当日は歩行者天国になった商店街のメインストリートには仮装した大勢の人(常時約1,000人、延べ約5,000人)がひしめく光景が定着しつつある(2007年より毎年開催)。

日本のキリスト教系における対応

事件・事故

2007年10月27日には日本のJR山手線大阪環状線に数十人のグループが押し寄せ、車内の蛍光灯を外す、網棚の上に寝転ぶ、他の乗客とトラブルを起こすなどして電車を遅延させるなど暴徒化する者もいた。JR内での騒動は1990年代から散発的に報道されていたが、2005年から大きく報道されはじめた。しかし状況は改善せず、2008年にはJR側が警視庁と連携を取りながら事前にビラを配り、ガードマンを配置するなど対応を強化するなどの対応をとった。

2014年のハロウィンでは渋谷に多数の仮装者が集まったため混乱状態となり、機動隊が出動し駅前の交差点などに総勢約200人配置するなどの態勢で警戒にあたり、逮捕者も2名出るなど未明まで騒ぎが続いた。また、同年のハロウィンでは更衣室の不足やごみの散乱などが問題視され、翌2015年のハロウィンでは神宮通公園などに仮設更衣室が設けられたほか、ゴミ袋の配布やゴミ拾いイベントも行われた。

2015年10月13日熊本県内で「仮面をかぶりチェーンソーを持った男が歩いていた」と110番通報があり、複数のパトカーが集まるなど一時は騒然となった。犯人は熊本市内の商業施設で勤務している20歳代の男で、「ハロウィーンの仮装で職場を驚かそう」と考えたとのことで、チェーンソーはおもちゃだった。10月31日には渋谷のスクランブル交差点付近の路上で、迷彩服姿に仮装した20代の無職の男が警戒中の警察官をエアガンのようなもので殴打し、公務執行妨害の現行犯で逮捕された。

批判・非難

ハロウィンイベント参加者による飲食類の散らかし、路上での暴力などの非常識が問題視されており、日本のハロウィンへの批判や非難も年々増加している。2015年は、特に東京都渋谷区への批判が集中した。

脚注

注釈
出典

関連項目

Category:10月

Category:ヨーロッパの年中行事

ハロウィン』に 関連する人気アイテム

「夜遊び」の経済学~世界が注目する「ナイトタイムエコノミー」~

ホテルや旅館に行くと、夕食を終えた8時「どこかで一杯」と思っても、繁華街は真っ暗で飲み屋すら店じまい。仕方なく客室でテレビを見る本書冒頭の一コマは、日本の地方観光ではよくある。名所巡りで忙しい昼と違い、夜は腰を据えて消費を楽しむ場がある方が、観光客も楽しむ時間が増えてよいはずだ。観光地にとっても、夜の時間帯は昼の観光地と奪い合いにならない。むしろ夜時間帯に遊んでいた空間・設備で稼げるようになる。しかも深夜帯に飲酒するなら移動は歩きしかないので場所は中心街になるから、全国的課題である中心街の活性化にも有効だ。

訪日観光客大幅増に成功した今後、目指すべきなのは観光客1人当たりで大きなお金を落としてもらう「稼ぐ観光」だ。それには「夜の経済(ナイトタイムエコノミー)の振興が必要」という本書は、国内外の豊富な成功・失敗事例を紹介している。

「夜独特の猥雑さを全否定するのではなく、治安など周辺住民の不安を解消することで社会に受け容れられる政策を作る方が良い」と本書は主張する。放置しては悪の巣窟になるが、クリーンだけでは魅力がない。猥雑さをコントロールしつつ、観光客をひきつけるような適切な行政の介入が必要だ。適切な介入例として、本書は渋谷駅のスクランブル交差点を挙げる。ハロウィンやサッカーなどでの乱痴気騒ぎは社会に否定的に受け止められていたが、「DJポリス」による誘導指示が人気になることで秩序が保たれるようになった。さらに2016年に歩行者天国化されることで「名所化」した。

また、福岡・中洲の屋台街は、汚水、ゴミの放置で周辺住民・店舗の苦情が多く、新規出店が長らく禁止され、消滅しようとしていた。だが、全国に知られた観光名所をむしろ生かそうと、2016年から新規事業者に最長10年の営業権付与を行うようになった。英国や欧州では、夜の産業に顔が利く人物が、行政に「ナイトメイヤー(夜の市長)」として任命を受け、夜の産業と住民・行政間の調整を行う都市も多いという。

逆に「白河の 清きに魚も 住みかねて」という狂句があるように、規制一辺倒では、夜の産業は壊滅してしまう。そうした「失敗事例」も本書は多く紹介している。歌舞伎町は2000年以降、徹底した浄化作戦で不良外国人や違法風俗店を追い出し治安は大幅に改善した。だがその反動で、賑わう新宿に比べ、歌舞伎町の活気は消えて地価も低迷した。ボッタクリ店をなくすため客引きそのものを禁止する条例も制定し客引きは激減したものの、極悪ボッタクリ店は地下に潜行し、被害件数はむしろ増えた。また、湘南はダンスクラブ風の海の家が受け、藤沢市では過去最高の海水浴客を記録したが、殺人事件が起き、飲酒者の騒音も近隣問題になったことから、逗子、藤沢、鎌倉各市で2013年、海の家で音楽をかけること自体を禁止してしまうと一転、来場者は半減してしまった。

某軍の野球賭博問題で連日のようにインタビュー出演していた著者は、違法賭博に詳しい人なのかと私は思っていたが、賭博の話はほぼない。最後に軽く出てくるカジノ(統合型リゾート)の紹介でも、成功したシンガポール、失敗した韓国をそれぞれ例示し「顧客を施設に誘い込み、街へ送り出す仕掛けがなければ、統合型リゾートに来る客がただカジノ本気の博徒ばかりになってしまい、施設の社会評価はガタ落ちになる」と観光論の視点で議論する。ほかにも「山手線一周深夜バス」提言など、観光について国内では目新しい視点・提言を示している本書は今後、「デービッド・アトキンソン 新・観光立国論―イギリス人アナリストが提言する21世紀の「所得倍増計画」」と同様、「稼ぐ観光」論の起点になるのではないか。

筆者の主張について全体が構造化されているとは言い難く、今なぜその話をしているのかというのがわからないため、全体的に説明が冗長に感じた。
紹介されているいくつかの考え方や各種事例、データなどを「点」として理解することはできるがそれらの繋げ方に難があり、論説文というよりある一つのテーマについての資料や参考文献だけを適当に集めて特に整理せずそのまま纏めたという印象。実際の事例やデータについて考察が浅く、引用元に対して素人目でも分かる程度にしか情報を付加できていない。

何度も言うが、一つ一つの文章は理解できるが、文章同士の繋がりが分かりにくいため結局何が言いたいかが伝わりにくい。


また、ナイトエコノミーの重要性について繰り返し述べているが、その定義の説明がやや曖昧(広すぎる)であり、各観光地ごとのどのようなものがナイトエコノミー活動(?)に相当するのか具体例を挙げてほしかった。

夜飲んでいるときに気になるのが終電時間です。 まだ飲みたい!そう思っても終電がなくなるから解散しようとなることがよくあると思います。 もし、終電という概念がなくなればもっと夜の街に出かけてお金を使うです。 その経済効果はとても期待できます。 しかし、日本の電車ではレールの数が少ないため、24時間運転にしてしまうと点検する時間が無くなってしまう。 そのため安全な運転ができなくなってしまうそうです。 理由がわかっているならお金を使ってなんとかして欲しいものです。 お金を使って欲しいなら まず、お金を使える環境を整えて欲しいですね。

アクションカメラ ウェアラブルカメラ Bestface 4K Wi-Fi 防水 スポーツカメラ

5つ星のうち 1.0中華に期待したのが…

(参考になった人 0/1 人)

「45Mまでの防水」と言うことで防水性能を信じてこの商品に手を出しました。 6月の旅行でシュノーケリングにて防水ケースに入れて使ってみたところ、水深50cmのところ撮影時間30秒のところで止まってしまいました。 水が入ってしまったんでしょう。 何のための防水ケースなのか、折角のシュノーケリング撮影も台無し。 その後ランプは付くがモニターは付かなくなりました。 一緒に買い、使っていたサンディスクのMicro SDもショートしたのかパソコンに入れても動作が不安定になりました。

5つ星のうち 5.0価格が魅力だと思う

(参考になった人 1/1 人)

開封して箱に傷がありましたがレンズなどに傷はなくきれいだった。 サイズや色は記載の通りです。 説明書の翻訳が変なところがありますが理解は可能です。 昼間などの明るい場所での撮影の画像はそこそこ綺麗です。 ただし、夜間撮影には弱く光量が少ない場合は暗めに映ります。 コスパ的に良いと思いますが、撮影環境を選ぶようです。 これだけの難点があっても、この安さで買う価値がある。

5つ星のうち 5.0ゴープロの代わりに

(参考になった人 0/1 人)

良い買い物をしたと思います。 初めはゴープロを買おうと思ったのですが評価を見ているとこれ良いかなぁと思い買いました。 中国製でこの価格だったので半信半疑でしたが、作りもしっかりしているし映像も綺麗だしアタッチメントがいろいろあり様々な場所への取り付け方法を考えるのも楽しいです^^

Ziofen イヤホン ヘッドホン カナル型 高音質 木 マイク ステレオ earphone ノイズキャンセリング 期間限定

5つ星のうち 4.0対応が良いので

(参考になった人 0/0 人)

以前、購入後すぐに壊れたとレビューしたところ出品者から連絡があり別商品の新品を送っていただきました。 対応が非常にスムーズだったので評価を上げます。 こちらの商品に関しては少しの間だけの使用になりますが、 見た目がナチュラルで可愛くてよかったです。 音も通勤時にスマホで音楽を聞く分には不足ありませんでした。 以前のレビュー 見た目と音は良いのですが、購入して1カ月もたたずイヤホン部分が壊れました。 安かろう悪かろうなのかなー?

高評価が多いですがこれといって特長の無い平凡な音でした。 中音は出ているかな。 少々期待外れでした。 追加 ウォークマンで評価していましたがiphoneで聴いてみました。 音がすこし明瞭になりいい感じです。 スマホに合わせてチューニングしているのでしょうか? したがって評価を一つあげます。

デザインが好きだったのですが、使い始めて2週間程度で左のイヤホンの木製部分と金属部分が外れて音がしなくなってしまいました。 他にもすぐ壊れてしまったと書いている方がいらっしゃるので脆いのかもしれません。 安いからしょうがない...

メイクだけで誰でも人気キャラになれる!! アニメ&ゲーム コスプレMAKE

5つ星のうち 5.0他人のメイクが面白い

(参考になった人 12/14 人)

好きなレイヤーさんが工程メイクをしてたので買いました。 コスモードとかだと、コスプレイヤーがセルフメイクをするってことがないので こっちは、レイヤーさんのメイク工程がみれて嬉しかったです。 コスプレ=特殊メイクってなりがちですが 本当に、(言い方をかえると)普通ーのメイクがメイン。 でも、それが人によっていろいろ違うから、逆にめちゃくちゃ参考になりました。 最初のメイク企画がよかった。 ふと、5〜6年前よりメイクは薄くなってるな〜と思いました。 みんなアイラインガツガツじゃないんだねって・・・・。 あと、薄桜鬼とか無双がすきなので、舞台レポものっていてよかったです。

他の方のメイクをじっくり見る機会はあまりないので、こういう本はありがたい! アイメイクを重点的に紹介してるのがうれしいですね。 とくに参考になったのは、アイメイクの完成アップ写真。 有名レイヤーさんの画像はネットでも見られますが、 目だけのアップ、とくに目を閉じてる画像はなかなかないので、 行程よりそれが正直参考になりました。

これをメイクと呼んでいいのかと言うくらいに衝撃的でした。 テープで目や鼻や口の形を変えていく様に本気のコスプレイヤーさんの技術の高さがいかに凄いのか。 予想外の化粧の仕方にびっくりの連続でした

ハロウィン』の解説 by はてなキーワード

Holloween

スタッフ

キャスト

概要

イリノイ州の田舎町ハドンフィールドに住む10歳の孤独な少年マイケル・マイヤーズは、10月31日のハロウィーンの晩、一家全員惨殺の凶行に及ぶ。可愛がっていた幼い妹1人の残して。16年後。巨体に成長したマイケルは、精神病院を脱走。担当医ルーミスは、マイケルの後を追ってハドンフィールドにやって来るが。

1978年のジョン・カーペンター監督作品である同名ホラーを、ロブ・ゾンビ監督でリメイク。オリジナル版と違って、ブギーマンことマイケルの人物像を掘り下げたものとなっている。

関連作品

ハロウィン』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.