ノイズのまとめ情報

ノイズ』の解説

ノイズ (noise) とは、処理対象となる情報以外の不要な情報のことである。歴史的理由から雑音(ざつおん)に代表されるため、しばしば工学分野の文章などでは(あるいは日常的な慣用表現としても)音以外に関しても「雑音」と訳したり表現したりして、音以外の信号等におけるノイズの意味で扱っていることがある。西洋音楽では噪音(そうおん)と訳し、「騒音」や「雑音」と区別している。

ノイズの例

情報の形態・分野によりノイズの具体的な例は様々である。

音響分野一般
うるさい音、騒音
録音技術分野
音声録音をする上で障害となるサウンド成分以外のうち、上記以外の雑音。代表的なものに、マイクロフォン電気楽器ピックアップの音が巡回して起こるハウリングノイズ、録音機材が電源蛍光灯などからも音として拾ってしまう「バズノイズ」や、スイッチング電源に由来する「スイッチングノイズ」や「リップルノイズ」などがある。その他録音テープ媒体で録音再生に伴って発生する高域の雑音である「ヒスノイズ」、歌手の発声時に、マイクロフォンで拾ってしまう音声以外の音である「リップノイズ」などが挙げられる。また、吹き替えやアフレコの分野において台本をめくる音を「ペーパーノイズ」という。「ポップノイズ」は、パフッ、ボフッという音全般を指し、回路の切り替え(スイッチング)によるものと、マイクロホンがヒト吐息を拾う場合の両方に用いる。
映像分野
電波障害や受信感度が悪いとき、または古いビデオテープを再生した際に発生する画面のちらつき。最近ではデジタルカメラの固体撮像素子に生じるノイズや、非可逆圧縮において特に知覚できる元信号との差異によるノイズ(モスキートノイズブロックノイズといった映像の荒れ)もある。
工学分野(特に電子工学制御工学など)
機器の動作を妨げる余計な電気信号。⇒ノイズ (電子工学)
機械学習分野
学習したいものとは別の余計なデータ。
天文学分野
観測をする上で障害となる人工的あるいは観測目的以外の(自然的理由で発生している)周波数の電磁波
生活・人間関係の分野
集中を妨げる、あるいは判断に迷いを生ずるような他人の言動、社会的圧力。
統計学分野
統計上一般的に存在し得ない、特定の数値・見解が、統計対象の一部において過大・過少の発生があり、その結果として当該統計の信頼性に影響を及ぼすもの。
特別支援教育分野
障害のある子どもにとって、障害そのものを含めた学習行動を行う上での阻害要因のこと。広義には、上述の「生活・人間関係の分野」にある、「集中を妨げる」何かしらの要因(障害のある子ども本人の手や服の汚れ(絵具などの付着を気にする)等)も含まれる。あるいは、ルビンの杯で、2つの側面の1方しか見いだせない、いわゆる「図-地知覚障害」についても、「ノイズ」の一種とされる。なお、騒音そのものが「ノイズ」となる子どもが利用するヘッドホン型のノイズカッターとして、イヤーマフなどがある。また、言語障害の観点でみると、以下に記述された「産業カウンセラー業界における、用語としての「ノイズ」」の内容も該当する。このため、特別支援教育分野で「ノイズ」という用語を利用する場合は、かなりの広範囲の意味を有する。
産業カウンセラー業界における、用語としての「ノイズ」
コミュニケーションを妨害するあらゆるものを「ノイズ」と定義し、「物理的ノイズ」、「心理的ノイズ」、「意味的ノイズ」の3つに分類される。「物理的ノイズ」とは、騒音などを指し、「心理的ノイズ」は送り手のメッセージの記号化(生成)あるいは受け手側の記号解読(解釈)を妨害する心理的な原因を指し、さらに「意味的ノイズ」はお互いが共通理解していない表現や言葉のもたらす妨害により、送り手の記号化と受け手の記号解読にずれを生じさせる意味的要因を指す。

ノイズの色

ノイズのスペクトルは様々だが、そのうち周波数パワースペクトル密度 (PSD) とが両対数線形関係にあるいくつかの種類のノイズには、カラースペクトルからのアナロジーで、いくつかの分類する名前がある(カラードノイズ)。

ホワイトノイズ
PSDが周波数に関わらず一定。
ブラウンノイズ(レッドノイズ)
PSDが周波数の2乗に反比例。なお、「ブラウン」は茶色ではなく人名ロバート・ブラウンブラウン運動の発見者でもある)から。
ピンクノイズ(1/fノイズ)
PSDが周波数に反比例。ホワイトとレッドの中間であることからピンクと呼ばれる。
ブルーノイズ
PSDが周波数に比例
バイオレットノイズ
PSDが周波数の二乗に比例。

SN比

信号の量を雑音の量で割ったを、SN比と呼ぶ。それぞれの「量」は分散電力)で定義される。

SN比が高ければデータ伝送に対するノイズの影響は小さい。低ければ、ノイズの影響が大きく、通信効率が悪くなる。

測定機器の雑音

物理量を測定する機器の雑音は測定値の小さな変動の原因となる。連続測定ではラインの変動として現れる。信号を増幅しても雑音も増幅されるので信号が雑音に比して十分大きくない場合には信号が分かりにくくなり、測定機器の感度を制約する要因になる(「感度」の項目の「検出限界」「機器の雑音と検出限界との関係」を参照)。

定義

rms noise
平均値からの変動の2乗の和をn-1(nは観測回数)で割ったものの平方根。理論的にはこれを用いるが実際の機器の性能表示には余り用いられない。
peak to peak noise
一定時間連続測定し、その中の最高点と最低点との差、またはその平均値(例:10分間測定し、10秒ごとに60区間に分け、各区間の最大値と最小値の平均)。機器の性能表示によく用いられる。

種類

測定値との関係から次の3種類に分類できる。

  1. 測定値と無関係なもの(熱雑音、機械的または電気的な雑音等)
  2. 測定値の平方根に比例するもの(例:光測定の場合光電子の放出が確率的過程であることによるショット雑音
  3. 測定値に比例するもの(例:光測定の場合光源の変動によるフリッカー雑音)

独立した雑音が複数重なった場合はそれぞれをrms noiseで表した値の2乗の和の平方根で与えられる。

パワースペクトル

雑音は不規則な変動であるが、コンピューターによるフーリエ解析を経て、その中に含まれる波動の周波数とエネルギーとの関係をプロット統計図表化)することが可能で、この関係をパワースペクトルと呼び、その雑音の特性を表す。

全ての波が同じエネルギーで重なっている雑音をホワイトノイズと呼ぶが、実際の雑音は低周波の成分の方がエネルギーが大きい傾向があり、ピンクノイズ、マルコフ過程等の低周波部分のエネルギーが大きいモデルをホワイトノイズに重ねて雑音を近似的に表すことが行われている。こうした雑音の特性は機器の設計や使用上の注意、雑音の軽減法等を考察する際に有用である。雑音の解析から測定の標準偏差を予測するソフトウェアも存在する。

雑音の軽減

ノイズキャンセラ

最近はノイズキャンセリング・ヘッドフォンが商品化され、外部のノイズを遮断する事ができる。一般的な仕組みは、ヘッドフォンに内蔵されているマイクから外部の音を拾い、逆位相の音を出して打ち消すようになっている。低域周波数成分の除去に高い効果があり、工事現場や踏切などの近くでは特に有用とされている。同様の原理を用いたものに消音スピーカーがあり、室内の静粛性が重視される高級乗用車に採用事例がある。

アナログ伝送系における雑音

メタリックケーブルを用いたアナログ伝送系における雑音は、一般に、伝送系内部で発生する雑音と外部から侵入する雑音に分けられ、さらに、伝送系内部で発生する雑音は、信号を伝送していない場合でも存在する基本雑音と信号伝送に伴って発生する準漏話雑音とに分けることができる。基本雑音は、通話の有無と無関係であることから、信号レベルの低いところで問題となり、一般に、大きな妨害になるものは増幅器で発生する雑音であり、その主な成分の一つは、周波数に対して一様に分布している熱雑音である。一方、伝送系の入力系の入力側に加えられた信号波形と出力側に現れる信号波形が異なる現象は、ひずみといわれる。このうち、位相ひずみは、伝送系の位相量周波数に対して比例関係にないため、すなわち群伝搬時間周波数により異なるため生ずるひずみであり、伝送品質に影響を及ぼす。また、非直線ひずみは、伝送系の入力と出力が比例関係にないために生ずるひずみである。伝送路中の増幅器などの非直線ひずみによる高調波及び混変調波の発生は、雑音の原因となる。

関連項目

ノイズ』に 関連する人気アイテム

【防水進化版 IPX6対応】SoundPEATS Q30 Plus Bluetooth イヤホン 10MMドライバー搭載 高音質 低音重視 8時間連続再生 apt-Xコーデック採用 人間工学設計 マグネット搭載 CVC6.0ノイズキャンセリング マイク付き ハンズフリー通話 ブルートゥース イヤホン IP6X防塵 ワイヤレス イヤホン Bluetooth ヘッドホン

この価格帯の商品としては音もほどほどによく、使いやすい。 ケーブルが細いため少し心細い感じも受けるが、数週間使用してみて断線などの問題はない。 色によるかもしれないが、耳から突き出ている部分が写真でみるよりも大きいため、装着していると非常に目立つ。 今回購入したのは赤だが、耳から小さなにんじんが突き出ているようだねと言われた。

長い間使用しましたが、特に不具合がなく安定して使用できています。 悪い点を一つだけあげるとすると、充電コネクタを塞いでいるゴム製の蓋がしっかりはまらず、陥没してしまうことです。 ですが、それ以外は最初に述べた通りとても良いです。 二代目もsoundpeatsさんの製品を購入する予定です。

5つ星のうち 4.0及第点です。

(参考になった人 0/0 人)

前タイプ?も所有していますので比較レビューです。 総合的な使用感や音質はほぼほぼ変わりはない印象です。 が、左右のイヤホンをくっつけるマグネットが異常に弱くなっています。 なので、聴かずに首に下げている場合などは要注意です。

SoundPEATS Bluetooth イヤホン AAC & APT-Xコーデック対応 高音質・低遅延 10MMドライバー採用 8時間連続再生 IPX6防水 マグネット内蔵 ハンズフリー通話 CVC6.0 ノイズキャンセリング搭載 Bluetooth 4.1 スポーツ イヤホン ブルートゥース イヤホン 両耳 ワイヤレス ヘッドホン ブラック

bluetoothイヤホンを探すにあたり重視していた点とこのイヤホンの満足度という形でレビューします。

●なるべくコンパクトでスマートに装着できること
【60点】
イヤホンの部分が思っていたよりも横に長い形なので少し耳から出っ張った感じになるのが気になります。
iPhoneに付属していたイヤホンとの比較画像を載せておきます。

●連続再生時間が長いものが良い
【70点】
商品タイトルには8時間と書いてありますがこれは音量60%で使用した場合の時間です。


説明書には「約7時間(音量が60%にて8時間再生できます)」と基本は約7時間の様な表記がされています。

●iPhoneなのでAAC対応が良い
【60点】
YouTubeを観たら若干遅延があって気持ち悪いので私は動画を観る時には使わないつもりです。もちろん音楽を聴く分には問題ありません。

●音質はさほどこだわらない
【30点】
音質はこだわりませんがノイズは。
音楽を聴こうとすると「サーっ」とノイズが入り止めると少し続いた後に消えます。静かな曲の時は特に気になります。ゲームのPUBGもやってみましたが起動している時の無音時にも同様のノイズが入っています。音が入るとノイズが発生しているみたいです。iPhoneの純正イヤホンでは無い現象です。

●予算は1万円程度
【100点】
良いものがあれば1万円出してでも買うつもりでしたがなかなか見つからずこちらのイヤホンはサイバーマンデーで3000円しない値段で買えたので価格は満足です。

●カナル型
【100点】
カナル型でフィット感がありますしイヤーピースも十分な量付属していますので満足です。

[その他]
●付属品に「コードクリップ」と「ケーブル留めバックル」がありますがケーブルが長すぎることもなく引っ掛けて落とすこともなさそうなので私は使わないで良さそうです。
●付属のイヤホンケースは機能性もありますし高級感もあるのでとても気に入っています。

不満点も色々ありますが総合的には値段相応の商品なのだと思います。
私もなんだかんだあるけど「この値段なら良いか」と思えていますので。
低価格でワイヤレスイヤホンを使ってみたい方には良いと思います。私が記載した部分が気になり予算が許される方は別のものも選択肢に入れた方が良いかと思います。

5つ星のうち 4.0ランニング用に購入

(参考になった人 0/0 人)

JPA1 MK-IIのブルーツゥースが壊れたので、メーカーのおすすめからJPRiDE 708に交換してもらった。
しかし、こちらは音は問題ないのですが、バッテリー部が重く、耳から外れてしまい役に立たなかったので、
再度、JPA1 MK-IIに戻そうかと思ったのですが、メーカーからランニングで使用すると汗や雨でまた壊れると言われたので、再度返品してもらうことができた。対応は、すごく良かったのですが、商品にファンがあり、SoundPEATSに乗り換える事にした。
さてSoundPEATSですが、使い始めはJPA1 MK-IIの方が音が良いと思っていたのですが、2ヶ月くらいすると耳が慣れてきたせいか?音質も悪くない気がしてきました。ランニングの時もバッテリやコードが邪魔になるような事もなく、十分に役割を果たしてくれる。あとは耐久性か?少なくても2年くらいは持てばコストパフォーマンスとしては良いのではないかと思っている。

iPhoneXで使用です。
Q30を持っていて低音が好きなのですがAACに対応していないこともあったので、こちらを購入してみました。

Q35Proは到着した時のイヤーピースサイズでは音がシャリシャリしていると思います。
イヤーピース全種類きっちり耳に装着して聴いてみるとかなり違います。私は女性ですがXLが合っていてとても重低音になりました。ボリューム小さくても低音が出ています。
本当にイヤーピースがとても重要だと思いました。

以前、別の型番を購入して、気にいった音じゃなかったのでサウンドピーツさんに返金返却させて頂いたのですが、こちらはAACに対応していて音もクリアで重低音、とても気に入りました。
もう一つ買ってiPhone使用の家族にもあげました。

空電ノイズの姫君

『磨音の加入した「アルタゴ」の LIVEが観たい。 』 ・・・第2巻を読み終えて、ふとそんな思いにかられました。 磨音の繰り出すフレーズは、きっと 私の聴いてきた、70年代のフレーバー たっぷりのブリティッシュ・ロック。 読者の熱望する、磨音と夜祈子のバンドからは、段々と遠のいてしまったような展開になってきてますが。 【夜祈子は最悪の女だった】の第1巻冒頭の言葉が、磨音のすべてを奪うような酷い裏切りでないことを祈ります。 それとも誰か他の人が言った言葉?

作者の作品は絵が好きなので前から読んでいましたが、今回のはストーリーが前向きで明るく、また夜祈子のマイペースぶりとマオの真面目さのコンビが好きでした。 掲載雑誌のweb移行とともに第一部終了になってしまったのが大変残念ですが、再開を期待して星5つ。 追記 2019年1月からイブニングでちょっとだけタイトルを変えて再開するようです。 楽しみ。

冬目景の漫画は話によって好き嫌いが自分の中で激しく分かれるのだけどこれは面白い。 今の所作者の悪い癖が出てないのでまだ安心して読むことができる。 今後ボーカルとして参加していくのかお互い別のバンドになりながら仲良くしていくのかで展開変わりそうだけど、普通に一緒にやってほしいなと思ってしまう。 3巻が早くも楽しみ

ノイズ【noise】 1

やー、面白いなー
読者の想定を裏切る展開でこの先がすごく気になります。
単純な勧善懲悪ストーリーを期待して読むと裏切られます。良い意味で。
一巻の途中までは完全に読者のミスリードを誘う展開になってますね。
元々単純でありがちな話を作るような作家さんではないと思っていましたが、期待以上に楽しめました。
ところどころストーリーの要所で挟まれる「覆水盆に返らず」なカットがとてもいい仕事してます。こういうのが流石のセンスですよねぇ。
リアリティがないという意見もあるようですが自分はそうは感じなかったです。


むしろ今作のテーマは「取り返しがつかないことの恐怖」を描いたものであると思うので、そのような恐さや後悔はこのくらいの判断が迷うくらいの微妙な状況からこそ生じるものだと思います。
あの場面での隠蔽行為に誰も有無を言わさぬような決定的理由を持たせたのではその辺の微妙さが損なわれると思われ、故に意図的な状況設定だったのではないでしょうか?
だからこそ今回のようなテーマを描くことは技術を必要とするし、それを高レベルで描き切ってみせる作者に感心します。(まぁまだ第1巻なので評価するには早いですが)
すごくリアリティのある画力とシナリオ設定でありながら、話のテーマは毎回結構ぶっ飛んだチャレンジャーなことをやってくれる筒井さんから、私は今後も目を離せなそうです。
2巻早くでないかなぁ笑

一時は限界集落と言われながらイチジク栽培をきっかけに名を知られ、ふるさと納税で潤うよう
になった猪狩町。だがイチジク農場を営む泉圭太の近くに仕事を求めて一人の不審な男が現れた
ことから事態は徐々に暗転する。その男は14年前の女子大生ストーカー殺人犯。そうと知った圭太
は妻子持ちゆえに強く警戒していたが。
全く反省している様子のない元殺人犯、しかもこいつの面倒を見ていた老保護司は行方不明。
その不遜なキャラクターは読者にただならぬ不快感と恐怖を与えてくれますが、怪しいというだけ
では排除もままならず。

社会に戻ってきた元凶悪犯といかに共存あるいは対峙していくのか、という
社会派サスペンスと思っていたら終盤の展開でびっくり。サスペンスといってもそっちへ行って
しまうのか。
一体どうなってしまうのか緊迫感はありますけど、せっかく同情していたのに悪手を打ってしま
った主人公を応援してよいものか微妙なことに。とりあえず次巻に期待。

思えばイチジクは「禁断の果実」とも見なされる物ですが、さて。

5つ星のうち 3.0リアリティない

(参考になった人 11/18 人)

あーぁって感じだな
元殺人犯の最初の登場は気持ち悪くて良かったのに
結局物語のきっかけに過ぎなかったのか雑に殺されたね
羊の木かと思ったら僕たちがやりましただった

拘束しようとしたら行き過ぎて
故意ではなく人を殺しにしてはリアクション薄すぎるし
そして相手は元殺人犯で出頭も無視してるし
刃物も出してるしその現場に警察官もいるという
主人公達が罪に問われる要素なんか無さそうなのに
わざわざリスク犯して隠そうとするメリットがない
リアリティがなさすぎる

この展開にするんだったら元殺人犯のモノローグを無くして
主人公達が怪しんでたけで実は改心してたのに
勝手に思い込みで殺してしまったとかの方が良かったのでは?

この人の漫画って正直毎回こんな感じ
始まりの設定は面白そうなのに
だんだんと登場人物の行動にリアリティがなくなってくる

JAPAN AVE.® FMトランスミッター Bluetooth 4.2 高音質 特許工場製造 JA996

値段が3千円を切ってるのに十分満足出来る音質ですし、ハンズフリーのマイクも膝辺りの位置に有るにも関わらず、ちゃんと声を拾ってくれます。また、次曲と後曲の選択がワンタッチで出来るのも嬉しいです。いちいちi phonに触らなくても曲を飛ばせますからね。私はバッファロー製を長く使ってましたが、当時五千円前後でした。FMトランスミッターはメーカーによって当たり外れが激しい製品だと思っているので失敗はしたく無かったのですが、全くの杞憂に終わりとても満足しています。取説で推奨の90.0MHzでイケるので、ほぼFM放送くらいの音質です。

音質のパフォーマンスのセッティングを取説で説明して有るのも助かります。どのヘルツが最良なのかなんて、知りませんからね。不満を挙げるとすれば、イコライザーは必要無いです。ノーマルが一番自然だったので。後は耐久性の問題ですが、壊れてもまた同じ商品を購入するつもりです。

総務省が公表している無線設備試買テストで電波法に基づく免許等が必要な無線設備として明記されています。 http://www.tele.soumu.go.jp/resource/j/monitoring/illegal/result/h30a.pdf 上記URLの30-001です。 購入時期によっては免許等がない場合、少なくとも日本国内での使用は違法となるということでしょうか。 非常にいいものだと使っていましたが、これを見つけて即取り外しました。 まさかと思うのですが、私の勘違いなのでしょうか。 ちょっと不安です。

5つ星のうち 1.0AUXジャックに不具合

(参考になった人 0/0 人)

AUX OUTが使えるとの事だったので、iPhoneからBluetoothでトランスミッターへ、トランスミッターからAUXで車内オーディオへ接続して音楽を聴こうと思ったが、手持ちのAUXケーブルでも、付属のAUXケーブルでも、接触が悪いのか音がうまく流れなかった。 トランスミッター側のAUXジャックが故障していたようだ。 中国製のトランスミッターが多いなか、日本製の本製品をわざわざ選んだが、こんな形で裏切られてしまったので誠に残念でした。 申し訳ありませんが、返品させて頂きました...。

ノイズ』の解説 by はてなキーワード

株式会社ノイズ(NOISE INC.)は、東京都品川区にあるコンピュータゲームの開発会社。

1996年9月2日、ナムコで『コズモギャング・ザ・ビデオ』『コズモギャング・ザ・パズル』『エメラルディア』などを手がけた見城こうじ(本名:鈴木宏治)氏によって設立された。

見城こうじ氏は2014年10月、退職した。

主な開発タイトル

ノイズ』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.