ドタキャンのまとめ情報

キャンセル』の解説

ドタキャンに関連性が高い単語の解説を表示しています。 ドタキャンについての情報が含まれているか確認して下さい。

キャンセル()は、一般的にはあらかじめ当事者間で契約した事柄の内、どちらか一方の都合で破棄する意味合いで用いられる。法律的には解約取消撤回であり、主に予約等の解除を指す場合が多い。

一般的には契約・約束事に際して当事者間で破棄する場合、日時等を変更して代替可能であればそのまま日付の変更する以前の条件で契約事項が守られる場合が多いが、それが不可能の場合、何らかの制裁が破棄する側から破棄されたほうにその補償を発生させる契約もある。飲食店や宿泊施設など商業の場合は事前に連絡してくれていれば他の客を招けるために機会損失・経済的損失を招くため強く批判されている行為。別名「予約不履行」「無断キャンセル」「ノーショー(No Show)」とも言われる社会問題。

 無断キャンセル問題 

韓国でも社会問題になっていて、2018年に韓国の公正取引委員会は予約をしながら来なかった場合、あるいは予約の時間まで1時間を切ってから突然キャンセルした客に違約金を支払わせる方針を決定した。朝鮮日報は保証金や前金が必須になるだろうと予想している。病院に来ない外来予約患者が予約者の13%を占めている。韓国では飲食店、病院、美容室、劇場、高速バスの「5大サービス業種」の無断キャンセルによる売り上げ損失は2016年の一年間で4兆5000億ウォン(約4500億円)に達し、平昌オリンピック期間中にも多くの被害が発生した。100人分以上の予約をして店に来なかったグループが韓国の公務員に多く、オリンピックのために来た外国人による無断キャンセルはほとんど無かった。 予約ごとに口座振替で事前に1席1万ウォン(約1000円)の「ノーショー防止保証金」を取って会場に来た客には当日返金する仕組みや予約アプリにて予約時にメニューの選択と支払いまでアプリで済ませるシステムを導入することで予約不履行の割合を予約者の1%未満に削減できている。朝鮮日報は「ノー・ショー根絶キャンペーン」を行った後、予約を無断でキャンセルした客には高額の違約金請求することは今後他の業種にも広げていくべきだと指摘している。さらに国民の間で「予約の無断キャンセルは恥ずかしいこと」という自覚を高めていくことだが必要だと社説で述べている。。

キャンセル代替制度

  • 交通機関では、地震台風などの自然災害による運行中止、自社の輸送障害といった交通機関側の事情による運休では、代替が可能である場合には、無償で代替交通機関を提供するが、利用者が病気や仕事など、自己都合により利用しない場合には、交通機関側に支払った運賃・料金の一部を、交通機関側が定めた手数料額を徴収して返金する。
  • 日本プロ野球では、試合不成立の場合、振替試合への入場を可能とする。

アクションゲーム用語でのキャンセル

アクションゲームにて、操作キャラクターの(隙になって不利になる)不要なモーションを、特定のコマンド操作によって中断させ、有用な別のモーションに切り替えてコンボを継続したり、逆に意図的にコンボを終了させて(必要としない)次のモーションをカットさせたりすることをいう。

ドタキャン』に 関連する人気アイテム

「急に熱が出た」と言いだす女の本音

本作のタイトルを見て、恋愛に関する女性心理とか心理学のような内容の本で「ドタキャン」というのは、
その一部なのだろうな240ページもあるし。

と思っていたのですが、それは全くのハズレです!240ページにわたって本当にドタキャンの話しか乗っていません!

著者は合コンで女性側の幹事を何度もつとめていた女性で、実は男性以上にドタキャンの被害にあっているという人物であり、
その怒りから本書を制作したようですが、とにかくドタキャン女の存在価値を一切認めておらず、むしろ害しか無いとみなしていて、
いい意味でとても女性が書いた内容には思えません。



もちろんドタキャンする理由だけではなく、どうしたらそれを防げるのか、どの程度の悪質なドタキャンなのかといったところまで
内容は及んでいる他に類をみない作品になっています。

5つ星のうち 5.0なるほどね~

(参考になった人 2/3 人)

これを読んで女という別次元生物の素性が理解できました。 女友達でさえここまで云うことはなかったです。 化粧のノリ、ネイルの仕上がり、美容院に行けたか行けないか、女の行動にはすべて意味があると実感できた。 しかし・・・その理由はすべて自己中的な理由であること。 女がよく言う「優しい人が好き」の本当の理由が書いてあります。 逆ギレせずに、腹落ちするまで読めば、以外と巧くいくかも!?

イベント企画をしていますが、ドタキャンは頭の痛い問題です。 特に、雨の日はドタキャンが必ず出ます。 そのドタキャンの謎を教えてくれる素晴らしい本です。 タイトルの通り、ホントにドタキャンのことのみで1冊の本です。 合コンだけでなく、イベント関連に関わる方も必読です。

堕落のグルメ ヨイショする客、舞い上がるシェフ

本書の主旨はタイトルに全て集約されている。
「ヨイショする客、舞い上がるシェフ」
ということで、特にシェフを舞い上がらせる、"ヨイショする客”に対する、実に耳の痛い批判が展開されている。

レストランのシェフは、程度の差はあれ、誰もが
「お客に楽しんでもらいたい」
という思いをもっているものだと信じたい。
しかし彼らは皆、店を存続させるためにもスタッフを養うためにも、金勘定に無関心ではいられない。
そんなところに、無批判に自身を崇め奉ってくれる客がいたらどうなるか。


シェフの皆が皆、聖人君子ではない。

そして、舞い上がったシェフは見苦しいものだけれど、そうさせてしまう客にも大いに問題がある、というのが著者の主張である。
食の楽しみは、金さえ払えば、店から平等に与えてもらえるものではない。
客自身の成熟なくして、本当の楽しみには到達できないのだ。

そんなわけで本書のターゲットは、主に首都圏在住の、「情報で飯を食う」タイプの外食好きである。
レストランで撮った料理の写真や感想を、食べログや自身のブログ、facebook等にアップしている、いわゆる“グルメ”志向の人である。
そんな人が外食を楽しむ上で、または自身のソーシャルメディアで「発信」する際に、

「知らないと、無駄にがっかりしたり、恥をかいたりせずに済む外食産業の実態を、同じ“外食好きのブロガー”の先輩(少なくともほとんどの読者よりも年長者)である著者が忠告してくれる書」

という位置づけになるだろう。

とは言え、見知らぬ人からの耳の痛い忠告を進んで受け入れようとする人は多くは無いだろう。
そこで穿った見方をするならば、facebookで繋がっていて、連日のように外食の写真や、どこかで聞きかじった蘊蓄ばかりをアップしている「友達」に、

「これって勉強になるよ」

と勧め、その人がこれまで無知ゆえの恥を振りまいて来たことに気づかせる、というのも有効かと思う。

ちなみに、本書は徹頭徹尾、「しがらみのない立場で自腹で食べて来た」という著者の個人的な主張によって構成されている。
そのため、そもそも著者の主張と相容れない人はいるだろう。
また、著者の著書やブログを読んで来た人にとっては、既視感のある記述が少なからずある点で、物足りないところがあるかも知れない。
しかしよくよく読めば、おなじみの“言い掛かり”のような記述の中に、きっと新たな発見を見出すことができるはずだ。

著者のエキセントリックな物言いは好みが分かれるところであろうけれど(ほとんどの場合は好かれない気がするけれど)、慣れればそれも“味”だと感じられる。
自身のブログにおいて、常に飲食店を実名で容赦なくこきおろして波風を立てる、稀少な“悪役”である著者だからこそ、それくらいのキャラが立っていた方がおもしろい。
そして少なくとも、「あとがき」の部分で説く“外食の楽しみ方”については、読者と同じ“客”の立場である著者だからこその見解を、諭すような語り口で述べており、その内容は襟を正して傾聴すべきものかと思う。

筆者のブログ読者で、発売直後に書店で購入しましたが、前著の「グルメの嘘」「グルメの真実」などに比べ、内容が薄く、つまらないので、斜め読みしただけで、放り投げてあります。いつもながら文章がクドく読みにくいです。

第4章の飲食店店主への取材はお粗末な内容。たった5店へのアンケート調査の回答の生データを、座談会風に細工して、30ページにも渡って貼り付けてあるだけ。意識調査を本気でやるなら、少なくとも20~30店の取材を行い、データを統計的に分析して、実態を把握すべきでしょう。とりあえずページ数を稼ぐために、思いつきでやっただけといった印象の内容です。



またこのアンケート結果が、筆者の持論と相反するものが多いことが実に滑稽。

つまり筆者は普段から、裏付けとなる取材・調査などは充分行わず、先入観による決め付けで持論を展開していることが、図らずもこのアンケートから、証明されてしまっているのです。

おそらく、ネタ切れのなかで、締め切りに追われて、やっつけ仕事で書き上げてしまったのでしょう。このような中途半端な取材などを見ると、副業ライターの限界を感じざるを得ません。

しばらく充電した後の次回作に期待します。

5つ星のうち 1.0中古で十分かな・・・

(参考になった人 17/19 人)

なんでこの本がつまらないか・・・説明が難しく、考えていましたが、うまく説明できないです。しかし、ひとつだけ言えるのが「悪口だらけ!?」・・・。筆者の舌の鋭さは相当なものだろうし、また、飲食業界も欺瞞だらけだろうし・・・。ただ、「こういうお店には気をつけろ」的なアドバイスは有り難く頂戴しますが、そこまで言わなくてもいいのでは!?と思います。それで「おいしい」「高額払っても食べたい」人からすれば「大きなお世話!?」。正義を振りかざす!?のも価値観かもしれませんが・・・。一方、いろいろと訴訟になっていることをネタにされていますが、「自分で蒔いた種」的なところもありますし、まあ、筆者の信者の方々以外は、あまり欲しい情報を得るのは難しいかと思います。

ドタキャン』の解説 by はてなキーワード

土壇場でキャンセルすること

元来は芸能界用語。

ドタキャン』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.