ダイヤモンド社のまとめ情報

ダイヤモンド社』の解説

株式会社ダイヤモンド社(ダイヤモンドしゃ、)は、日本の主に経済ビジネスなどの書籍雑誌小説を出版している出版社である。

本誌は日本初の出版社系週刊誌となる。本社は東京都渋谷区に所在する。

概要

経済・経営・ビジネス関連の書籍および雑誌を中心に、幅広いジャンルの出版物を発行する総合出版社。「経済雑誌ダイヤモンド」創刊以来、2013年に創業100周年を迎えた。

沿革

メディア放送・掲載

ダイヤモンド社』に 関連する人気アイテム

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

現時点で転職する気は一ミリもないのだけど、それでも一年に一回、もしくは半年に一度くらいは転職エージェントに会うことで、自分が今会社でやっている事に対して客観的な視点を入れるというのはとても大事だと思う。副業でもいいんだけど。そうすることで、単に今やっている仕事に満足するのでなく、次にどういったことをやっていくべきなのかを考えられるようになる。そうすると、転職云々を差し置いても、個人のアウトプットが結果的に現職で高まり、ひいては集団のアウトプットが高まる。そんなことも考えられなくなるくらい現職に夢中になれよ、という意見もわからなくはないが、それって究極方法論でしかなくて、トータルでのアウトプットの高め方としてもコレはアリだと思う。

そういうのアリだよな〜と最近意識しはじめてたところでの、この本。

もともと成熟産業から成長産業に移ってきた身なので、産業のエスカレーターが下向きの場所で登ろうと頑張っても大変、など頷けるところは多い。

おおむね、結局そんな成長産業だって椅子の取り合いだし、ITとは言え僕のような職業も代替がそろそろ効きはじめるフェーズだからこそ、「ラベリング」の考え方や、人が担う部分が減る仕事の消滅サイクルにしがみつかないこと、などそうだよね、と納得できるところも多かった。

翻って、この歳になってくるとホイホイ転職できるものでもなく、しがみつきたくなる要素も少しずつだけど増えてくる中で、あくまでマーケットバリューの大切さを信じて、例えば一度年収が下がろうとも、やりたい事を意識しつつも、マーケットのユニークなポジションを作り続けることの重要性。また、転職活動はまだまだもっと真面目にやれた部分や方法論があったなと判った部分も多かった。

総じて、薄々は感覚で感じていたけど言語化できない部分を明快に論理的に説明してくれる本だったのですごく良かった。

蛇足だけど、20代30代の人的資源の貴重さは最近読んだ「出会い系サイトで70人と実際に会って本を勧めまくった一年間のこと」とベクトルは違えど主張されていて、ほんそれ!だったので、最近サボってたけど、利己的な意味だけじゃなくて、また人にたくさん会いたいなと思った。

転職を考えている人のみが読むのには勿体無い。転職する気がなくとも現職で色々考えることがある人や、人生そのものの構築の仕方を考えている人などにも。自分の立場を一度客観的に捉え治せる良いファシリテーションの本になると思います。

現状に不満があり、転職を考えていた際に読みました。
結論、読んでとても良かったです。もりし、読まずにいたら、きっと転職に失敗していたはずです。
この本では、まさに転職に対する考え方を知ることができます。それは、転職先を選ぶためだけの考え方だけではなく、自分自身の立ち位置(商品としての価値)を客観視することであったり、転職先の業界の未来がどうなるかであったり、エージェントについてであったり、単純に「今の環境を変えたい」程度の考えがどれだけ危険か、ストーリー形式でとてもわかり易く説かれています。


人手不足で売り手市場と言われていますが、企業側も間違った採用は避けたいため、今まで以上に人物をよく見て採用しています。考えが浅い人は、間違いなく失敗する時代になってきています。転職組だけでなく、初めて就職活動をする方にも是非読んでいただきたい書籍です。

よく上司から何を仕事でやっていきたいか?明確にしろと言われたが、そんなことはを見つけられる人は少なく、どんな人間でありたいか?といった自分が働く理由付けの候補がこの本にはあふれている。 転職するしないではなく、その会社で働いていくための理由付けができる。 転職するしないを考えるのではなく、じぶんがどう働いていきたいのか?について再認識させてくれる。 転職に迷ったときに読むべき本と考える。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

5つ星のうち 1.0この切り口もあり

(参考になった人 0/0 人)

先生・鉄人が実在してたら気持ち悪いだろうな。 青年は 突っかかる割に理解力あり過ぎ。 先生・鉄人は 青年が痴呆症のおばあちゃんの事を話したときになぜ子供と親の話に置き換えてから説明を始めたのか? 青年は 先生の話を論破しようと先生の言葉を引用して論破を図るのですが最終的な論点の着地地点がズレています。 まるで話を先に進めたい為のような筆者の焦りを青年が肩代わりしているようです。 そして この本がなぜベストセラーなのかわかりません。 機会があればアドラー心理学の本を読んでみようと思います。 アドラー心理学の内容がどんなものであっても結果は変わらないのですが・・・。

5つ星のうち 4.0初めてのアドラー。

(参考になった人 0/0 人)

アドラーという人物を全く知らなかった。 逆転の発想というか、これまで聞いたことの無い考え方に目から鱗が落ちました。 専門書ではなく、対話形式になっているので、心理学の素人でも読めました。

人間関係や精神的になんだか疲れた時に読むとスッキリします。 ストーリーも良く次が気になって最後まで一気に読みました。 読んで気持ちがスッキリする本です。

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

現時点で転職する気は一ミリもないのだけど、それでも一年に一回、もしくは半年に一度くらいは転職エージェントに会うことで、自分が今会社でやっている事に対して客観的な視点を入れるというのはとても大事だと思う。副業でもいいんだけど。そうすることで、単に今やっている仕事に満足するのでなく、次にどういったことをやっていくべきなのかを考えられるようになる。そうすると、転職云々を差し置いても、個人のアウトプットが結果的に現職で高まり、ひいては集団のアウトプットが高まる。そんなことも考えられなくなるくらい現職に夢中になれよ、という意見もわからなくはないが、それって究極方法論でしかなくて、トータルでのアウトプットの高め方としてもコレはアリだと思う。

そういうのアリだよな〜と最近意識しはじめてたところでの、この本。

もともと成熟産業から成長産業に移ってきた身なので、産業のエスカレーターが下向きの場所で登ろうと頑張っても大変、など頷けるところは多い。

おおむね、結局そんな成長産業だって椅子の取り合いだし、ITとは言え僕のような職業も代替がそろそろ効きはじめるフェーズだからこそ、「ラベリング」の考え方や、人が担う部分が減る仕事の消滅サイクルにしがみつかないこと、などそうだよね、と納得できるところも多かった。

翻って、この歳になってくるとホイホイ転職できるものでもなく、しがみつきたくなる要素も少しずつだけど増えてくる中で、あくまでマーケットバリューの大切さを信じて、例えば一度年収が下がろうとも、やりたい事を意識しつつも、マーケットのユニークなポジションを作り続けることの重要性。また、転職活動はまだまだもっと真面目にやれた部分や方法論があったなと判った部分も多かった。

総じて、薄々は感覚で感じていたけど言語化できない部分を明快に論理的に説明してくれる本だったのですごく良かった。

蛇足だけど、20代30代の人的資源の貴重さは最近読んだ「出会い系サイトで70人と実際に会って本を勧めまくった一年間のこと」とベクトルは違えど主張されていて、ほんそれ!だったので、最近サボってたけど、利己的な意味だけじゃなくて、また人にたくさん会いたいなと思った。

転職を考えている人のみが読むのには勿体無い。転職する気がなくとも現職で色々考えることがある人や、人生そのものの構築の仕方を考えている人などにも。自分の立場を一度客観的に捉え治せる良いファシリテーションの本になると思います。

現状に不満があり、転職を考えていた際に読みました。
結論、読んでとても良かったです。もりし、読まずにいたら、きっと転職に失敗していたはずです。
この本では、まさに転職に対する考え方を知ることができます。それは、転職先を選ぶためだけの考え方だけではなく、自分自身の立ち位置(商品としての価値)を客観視することであったり、転職先の業界の未来がどうなるかであったり、エージェントについてであったり、単純に「今の環境を変えたい」程度の考えがどれだけ危険か、ストーリー形式でとてもわかり易く説かれています。


人手不足で売り手市場と言われていますが、企業側も間違った採用は避けたいため、今まで以上に人物をよく見て採用しています。考えが浅い人は、間違いなく失敗する時代になってきています。転職組だけでなく、初めて就職活動をする方にも是非読んでいただきたい書籍です。

よく上司から何を仕事でやっていきたいか?明確にしろと言われたが、そんなことはを見つけられる人は少なく、どんな人間でありたいか?といった自分が働く理由付けの候補がこの本にはあふれている。 転職するしないではなく、その会社で働いていくための理由付けができる。 転職するしないを考えるのではなく、じぶんがどう働いていきたいのか?について再認識させてくれる。 転職に迷ったときに読むべき本と考える。

ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

今、多くの日本企業を蝕んでいる病魔、それが「PL脳」という病だと著者はいう。
「PL脳」とは、目先の売り上げや利益を最大化することを目的視する、短絡的な思考態度のことだ。
「PL脳」はかつての行動経済成長期のようなパイが拡大する経済では有効だったが、今変化の激しい時代にはマッチしていない。

そもそも、PLとはある程度操作できるものであることを忘れてはならない。
ある程度の枠組みの中で、解釈するのは会社が選べるといった側面も強い。
確かにPLは無視すべきものではないが、PL以外に大事なものを忘れてはならないということだ。



本書では、PL脳にとらわれずに、本質的にお金のことを考えることを「ファイナンス思考」と呼んでいる。
ファイナンス思考の特徴は3つある。
1.評価軸
PL脳はPLの数値を評価軸とするが、ファイナンス思考では企業価値に重きを置く。
つまり、その施策が将来にわたって生み出すキャッシュフローの最大化に貢献するのかという観点から評価する。

2.時間軸
PL脳は短期的でなおかつ排他的である一方でファイナンス思考は長期的で自発的だ。
事業ごとの時間軸はあらかじめ定められた会計期間とはマッチするとは限らないので、そのサイクルにあった資金調達が必要だ。

3.経営アプローチ
PL脳ではあらかじめ定められた短い期間におけるPL数値の向上を目指すが、このようなアクションの中には結果として企業価値の向上と逆行するケースも少なくない。
例えば研究開発のように必要な投資を制限したり、費用の計上を先延ばしにしたりするといったテクニカルな調整がそれにあたる。
ファイナンス思考は、「戦略的」であることが特徴で、「企業価値向上」に向けて、より主体的、積極的な態度が求められる。

このような考え方でうまくいっている会社を例に挙げながら、PL脳ではなくファイナンス思考が求められている背景を説明し、その思考法を解説する。
本書を読み解くうえで最低限のファイナンスのリテラシーは求められが、利益重視に侵されているような企業で働く人達は原点回帰のきっかけになるかもしれない。

ファイナンス思考というタイトルは少しわかりにくくて、内容をイメージしにくいが、本書で訴えているのは、企業評価をする尺度を、従来のPL(売上・利益)ではなく、調達した資金(借入とエクイティ(株式))を最大限に活用してお金(キャッシュフロー)を創出し、それをステークホルダー(株主・債権者)に最適配分するというコンセプト(=ファイナンス思考)に変更しようということだ。

こう書いても金融に縁のない人にはわかりにくいと思うが、本書ではPLだけに捉われ過ぎると、利益を維持するために将来の成長を犠牲にしたり(例:必要な投資を行わない)、売上を維持するために不採算事業を整理できないといった短期的な経営を行ってしまうという具体的な弊害がわかりやすく記載され、逆に目の前の成長や利益を犠牲にしても将来に投資したアマゾン、リクルートなどの好事例も掲載されているので、結構面白く読めるし、ファイナンス思考の概念が何となくイメージできるのではないかと思う。



著者が記載しているように、ファイナンス思考をしたから事業がうまく行くほど甘くはないが、近年の日本の企業の成長率の鈍化はPL思考の弊害によるものだという指摘は的を得ていると思う。例えば今年上場したメルカリの株価推移を見ると、最初から暫くは収益を犠牲にして成長投資をすると宣言していたにも拘わらず、赤字決算が発表すると株価は半減した。そして日本のマスコミの論調を見ると、いつ黒字化できるかだけに焦点が当たっているように感じる。

これでは、大きく成長しようとする企業の芽を摘み取ってしまうことになり、もっとその企業の成長戦略の中身に焦点を当てるように、即ち本書が主張するファイナンス思考に切り替えていく必要があると感じた。

5つ星のうち 3.0どこにでもある本

(参考になった人 1/2 人)

筆者の言いたいことはPL脳も考慮するのは十分だがそれ以上にキャッシュフローと将来の投資についてステークホルダーの観点からビジネスを行えということです。
この主張としてはどのファイナンス本に書いていることであり真新しいものはなかった。ページ数が多い分具体例や人物発言がかなり多く第2章は無駄以外の何物でもない。(飛ばして読んでもかまわない)
ただ、この当たり前のことができていない日本社会の分析については納得させられた。どうして失われてた○○年といわれるかということを日本の伝統や地政学的な観点から考察している。この点についてはおもしろかった。
ファイナンスを考えビジネスを行えということが書いている自己啓発本だと思い読んだ方がガッカリ感は少なくなるのでは。

最低限の単語力でもてっとりばやく英語が話せる――日本人1万人を教えてわかったすぐに話せる50の方法

米語(英語)で会話していると、頻繁に「You Know」と言ってくるのだが、なぜあんなに頻繁に会話に入れてくるかわからなかった。 この本で、「You Know.」は「つまり」とか「そのー」とか、会話のリズムを取っていることがわかり、長年の謎が解けた。 この本に説明されている、米語独特の言い回しを覚えると、中学3年までの英語レベルで、日常生活ならば十分会話できるようになると思う。 TOEICで高得点でも、ビジネス会話しかできない人には、目からうろこな本である。

英会話を教えています。 先生の選び方の筆者のアドバイスに、「自分も勉強を続けている人を選びなさい。 」とありました。 全くその通りですね。 私も今なお、勉強しています。 生徒さんが喋る時のきっかけの言葉がなかなか出てこない。 この本を参考に、生徒さんと一緒に、いろんな話しを、どんどん、広げていけるようclassでも、使ってみます。

5つ星のうち 5.0とても実用的です

(参考になった人 1/1 人)

この本で沢山練習してもらってとにかく英語を喋らせたいという著者の気持ちが感じられます。 付属の赤い透明シートで赤く印刷されたフレーズを隠して繰り返し練習しています。 ネイティブとの会話に使っています。 役に立ちます。

ダイヤモンド社』の解説 by はてなキーワード

英文表記:DIAMOND,Inc.

株式会社ダイヤモンド社は、東京都渋谷区神宮前に本社をおく、経済書・経営書を得意とする出版社

雑誌「週刊ダイヤモンド」などの出版も行っている。


リスト::出版社

ダイヤモンド社』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.