ソール・クリプキのまとめ情報

ソール・クリプキ』の解説

ソール・アーロン・クリプキSaul Aaron Kripke, 1940年12月13日 - )は、アメリカ合衆国哲学者論理学者である。プリンストン大学名誉教授ネブラスカ州オマハ生まれ。ユダヤ系アメリカ人

業績

「基盤のない真理」の概念に分析を加えて自己言及のパラドックスの議論に貢献、指示の因果説などの言語哲学分野での貢献、ウィトゲンシュタイン研究。

主な著書

  • Naming and Necessity, 1980. (八木沢敬野家啓一訳『名指しと必然性──様相の形而上学と心身問題』、産業図書、1985)
  • Wittgenstein on Rules and Private Language, 1982. (黒崎宏訳『ウィトゲンシュタインのパラドックス──規則・私的言語・他人の心』、産業図書、1983)
  • Is There a Problem about Substitutional Quantification?", 1976.(Truth and Meaning pp.325-419/edi. EVANS and McDOWELL/Oxford)
  • Marian Boykan Pour-El and Saul Kripke, Deduction-preserving "recursive isomorphisms" between theories, Fundamenta Mathematicae. 61 (1967) pp.141-163

ソール・クリプキ』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.