ソーシャルメディアのまとめ情報

ソーシャルメディア』の解説

ソーシャルメディア()とは、誰もが参加できる広範的な情報発信技術を用いて、社会的相互性を通じて広がっていくように設計されたメディアである。双方向のコミュニケーションができることが特長である。しばしば、ティム・オライリーによって提唱されたWeb 2.0の概念を具現化した一つの形として考えられる。

個人と個人、個人と組織、組織と組織の間の情報発信が、ウェブサイトを経由することによってそれ自体が意味を持つコミュニティとなり、実社会に広く拡散されるようになった。影響力を持ち始めたメディアは、YouTubeTwitterFacebookなどのプラットフォームによって、個人間の情報発信が可視化されやすくなったことにより、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のネットワーク的な概念を超えて、新たなメディアとして浸透しつつある。

概要

ソーシャルメディアは、インターネットを前提とした技術を用いて、発信された映像、音声、文字情報にあるコンテンツ(情報の内容)を、当該コミュニティサービスに所属している個人や組織に伝えることによって、

多数の人々や組織が参加する双方向的な会話へと作り替える。そのコンテンツ群は、コミュニティを軽く飛び越える。

ソーシャルメディアは知識や情報を大衆化し、大衆をコンテンツ消費者側からコンテンツ生産者の側に変える。

例えばTwitterではtweetがコンテンツであり、そして、それに対するフォローもまたコンテンツである。そのコンテンツ群は、有用な集合知にも、社会や企業や個人の心を動かす世論にも、はたまた壮大な人格攻撃にもなる。そのコミュニティの態様は、コミュニティ形成(例えば会話)の流れによって変化するのである。

商業的なソーシャルメディアとは、UGC (ユーザ生成コンテンツ; user-generated content)や

CGM (消費者生成メディア; consumer-generated media) を指す。

Andreas Kaplan と Michael Haenlein はソーシャルメディアを

「インターネットに基づくアプリケーションの一群であって、Web 2.0の思想的或いは技術的基礎付けの上に作られ、

UGCを作りだし交換できるようにするもの」と定義している。

「ソーシャルメディア」という用語は、2006年7月以来、順調に使われるようになった。英語版Wikipediaに"Social media"が登場したのも2006年7月9日である。(当該記事の履歴参照)。2000年代末以降のスマートフォンの普及によってソーシャルメディアいつでもどこでも利用できるようになり、スマートフォンの位置情報等の機能とも相まって活用の幅を広げた。

一方、ソーシャルメディアは、編集部の選別を通るために一定水準以上の文章を読者に要求する雑誌の投稿欄とは違い、ユーザーが自由気ままに情報発信できるために勉強不足からくる質の低さがあり、それが世論形成にマイナスの影響を与えているという指摘がある。

テロ犯罪暴動など治安を揺るがす行為に利用される恐れがあることから国家的な監視対象となることがある。アメリカの例では、国土安全保障省がソーシャルメディアに書き込まれるテロや犯罪を連想する単語を監視するプログラムを運用していると伝えられる。

参考文献

  • Brian Solis(2011) Engage!: The Complete Guide for Brands and Businesses to Build, Cultivate, and Measure Success in the New Web, John Wiley & Sons, Inc.

ソーシャルメディア』に 関連する人気アイテム

ソーシャルメディア四半世紀:情報資本主義に飲み込まれる時間とコンテンツ

非常にユニークで読み応えのある好著。分厚いけど、一気読みした。
正直、日本人が書いた形而下的なネット産業論で、こんなに読み応えのある著作が出てくるとは思わなかった。(もっとエンタメ寄りだったり、サブカル寄りだったりの本には良書もあるが。)

本書は全体で5部構成になっていて、1〜4部はこれまでの「ユーザーサイト」(いわゆるコミュニティサイトとかCGMとかSNSとか)の今日までの歴史をビジネスとしての観点から緻密に振り返っている。
ここで大変ユニークなのが、この手の文脈だとパソコン通信あたりに起源を求める論者が多い中、本書は70年代の読書投稿型雑誌から話を始めているところ。

これはちょっと見たことのない展開だが、単に奇をてらっているわけではないことは、ちゃんと読み進めれば容易に理解できる。

その後、有名無名取り合わせ、数々の「ユーザーサイト」の盛衰を実際の数字や同時代資料などを丹念に追い、ビジネスモデルの傾向と成功と限界とを論考している。
僕は本書で言うところの「ユーザーサイト」を仕事にしてもうすぐ20年になるのだが、その僕の認識や感覚値とも一致していることも多いので、業界の外に居ながらにしての著者のこの理解の深さは瞠目に値する。

第4部までは完全にドメスティックな話に終始していたが、未来予想及び提言を主とする第5部に入ると、一転、まさに世界のトレンドを踏まえたグローバルサービスについての大胆な論考が展開された。著者本人も述べているとおり、この第5部には「生煮え」な印象もあるが、今後の研究に期待したい。

日本のインターネット勃興期の90年代から2015年までの、日本のSNSやレビュー系等投稿型サイトの「変遷」の「歴史」を、その運営と経営を担った人たちの「声」と、筆者のコミュニティ支援者としての視線が滲む観測者としての外部環境の変遷を含む「調査」で纏めたクロニクル。
「インターネット」が「新たな地平」という意味と意義を多分に含んでいた時代から、生活の「ツール」へと浸透、変化してきたこの25年という時間の流れの中で、手探りで次に進むための在り様と方法を必死で模索してきたサイト運営者、経営者の「言葉」は、より複雑さを複合的に孕むようになってきたこれからの時代に、この先を展望するためのヒントを含んでいる。


不確定な時代の経営の手がかりを得るためのビジネス書であり、珍しいこの25年の情報化が進む社会の側面を写し取った歴史書でもある。
分厚い本で、取っ付きにくさを感じるかもしれないが、同時代にインターネットに触れて社会生活を送ってきた40代から50代の方に、これからの経営センスを磨こうとする30代に、そして、これからの時代を先取っていく穏やかな野心を潜ませる10代から20代の若者に、ピケティの資本論とセットで、一度読んでもらいたい。
世界の大きな歴史の括りから見えてくることと、日本の現代にもこういう時代と格闘した若手経営者がいたことが組み合わさって、次の展望の灯を点す力となりますように。

IT社会心理学の名著「ツイッターの心理学」に続く、意欲作。

学生や研究者はもちろん、IT経営者必読の書籍だと思う。
20代、30代が聞いたこともないソーシャルメディア黎明期のサービスについても網羅されている。

我が国において一部のネットサービス(ユーザーサイト)がどのようにメディアとなり、人と組織を巻き込み、行動変容していったのか、そして、近い将来、(企業や行政が)どのように変化させていくべきかを論じた羅針盤でもある。

本書は、ソーシャルメディアに関する壮大な歴史書であり、ITベンチャー経営者の赤裸々な告白にあふれている。


また、著者自身の推定ではあるが、当時の各企業の売上規模や市場全体の規模の推移など、綿密なインタビューにもとづく「お金」の話もふんだんに盛り込まれ、公表されていない買収金額なども掲載されていて、ちょっと驚いた。

佐々木氏は、電通の出身であり、外資系戦略コンサルにも所属した経験を持つ気鋭の研究者だ。
また、ITバブル以前から、アイスタイル吉松氏はじめ、数多くのITベンチャー経営者とも幅広く交流している。
このような独自のポジションで活動する稀有な研究者である佐々木氏を今後も注目したいと思う。

360度カメラ Androidスマートフォン向けHDビューとビデオVR 3Dパノラマライフをソーシャルメディアに共有する

SHARP AQUOS SERIE mini SHV38で使用できました

撮影アプリを使うと360度パノラマ撮影、動画撮影ができます
FaceBookと連携してライブ配信もできるようです

SHV38の場合、USBコネクタが本体下側にありますが
アプリ設定でスマホ画面を上下反転できるので撮影向きも大丈夫です

スマホカバーを付けているとカメラを取り付けできないので少し不便です

その他
説明書からの転記
・カメラ性能:F2.4
・動画フォーマット:MPEG-4 AVC/H-264、30fps
・USB端子を使うので充電しながらは使用できない
・動画モードで2分以上撮影すると、本体が熱くなる

他のスマホ(Android4.x.x)では、GooglePlayで専用アプリをダウンロードできません
SHV38でダウンロードしたAPKファイルを直接インストールしましたが、カメラを認識できませんでした
Android7のタブレット(ASUS ZenPad 3S 10 Z500M)もMicroUSB-typeB>Cの変換コネクタを使用してみましたが
同様にカメラを認識しませんでした

「2018/3/25追記」
360動画をYouTubeにアップロードしようとしましたが
360 Video Metadata アプリで動画ファイル選択後にエラーがでてしまい
メタデータの付加ができませんでした
クラウドサイトでファイル共有するのがよさそうです

5つ星のうち 5.0無事届きました

(参考になった人 1/3 人)

とってもとっても良い買い物が出来ました。 ありがとうございます^_^。 物は早速試したら質感もよく大変満足です。 商品の件ですが、全てがとても小さいので、 『器用な方』に向けです^_^ 旅のお供に楽しく使えましょう^_^

シャープアクオスxx 506SHには無反応で 何をどうやっても使えません、 不良品かと思い娘のや他ので試したら きちんと動作しました 使えれば皆様の言う通り素晴らしい製品です! どなたかわかる人いたら教えて下さい。

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション

初めに注意なのが、この本はサイトを一から作るのではなく現在あるサイトの改善をテーマにしています。

そのため、一応サイトは作ったけど、いまいちアクセスが伸びない‥‥という私のような初心者以上中級者未満のサイト運営者に最も向いた本でした。

完全な初心者の人は他のスタートアップ本とこちらの本をセットで読んでおくと良いスタートダッシュが切れると思います。

基本的でありながら、本質までは学びにくい情報がストーリー仕立てになってわかりやすく語られています。



星を四つにした理由は、この本の続編
沈黙のwebライティングを先に読んでおりまして、そちらの方が本の構成や文体がより洗練されわかりやすかったためです。

ビジネス書でありながら本の構成を吟味し続けている姿勢に感動を覚えました。

沈黙シリーズは続編が出たら必ず買うことにします。

5つ星のうち 5.0入門書に最適

(参考になった人 2/2 人)

webマーケティングを全く知らなかった初心者です。 webサイトを作ったのちにどう運営していけばいいのか、 さらにwebデザインの本当の意味やそこからどのように広報していくか、 TwitterやFacebook、はてブなどを使った手法は勉強になりました。 マーケティングと聞いていてもこんなに分厚い本を読めるのかと 若干不安でしたが、チャットのような形式で学ぶ敷居も低いので 2日くらいで読み終わりました。 内容はまた2、3度読み込んで自サイト運営に活用したいと思います。

ペナルティで順位暴落 → ここでお助けマン登場→サーチコンソールを駆使して打開→かっこいいのにあまり伸びないサイト→結局デザインを捨ててテキストを重視。 よくあるダサいサイトが良いという結論で盛況→同業おすすめサイトにハブられる → マニアックであることをアピールして打開→ツイッターとブログを始めて大ヒット!というシナリオです。

この一冊で面白いほど人が集まるSNS文章術

前田めぐるさんの書かれるビジネス書は不思議だ。読んでいて心が癒される。それはなぜかと考えると、筆者の人に向かう誠実な姿勢が、SNSの活用を語るこの本にも通底しているからだと思う。それが読者に伝わるのだ。
めぐるさんはこの本で文章の専門家として、SNSを活用して「どうでもいい人ではなく『会いたい人・仕事・情報』を集めるためのコツ」を丁寧に、事例入りで解き明かしてくれる。
しかもその事例が、「使用前・使用後」の対比で記載されていて分かり易い。私にもドキッとすることが幾つもあった。良くも悪くも文章を書く人の心のありようが、その書くものに映し出されるからだ。

まさに文は人なり。
この本全体にはめぐるさんの人に対する敬意と物事に対する真っすぐな感覚が、文章表現に対するセンサーとなって働いているのを感じる。例えば、Facebookのコメントについては、「ネガ語をポジ語に言い換えれば、意識が上を向く」、ブックレビューを書くには「(完全主義ではなく)足りていることへの感謝」をと、そっと教えてくれる。思わずほっとして、嬉しくなるではないか。そして更に、レビューにはその筆者が「読んでどう行動したか」を書くことが読者にとって大切だと続け、「大切なことは本の中ではなく、本の外にある」と結ぶ。このようなめぐるさんの人を見る目の真髄の現れた言葉が随所にちりばめられている。
そう、全く健康な常識を謳っているのだ、この本は!
自分の真実を変えることなく、SNSを使いこなしてコミュニケーションを楽しみ、豊かにする方法を教えてくれる本なのだ。SNSであっても文章を書く主体はいつも自分にあるのだと。
ところが、それができそうでできない。人は時には迷う。私もそうだが、フォロワーを大勢集めるためには、他の誰かに気に入られることを書かなければならないのではないか、などとつい考える。そういうとき、この本は教えてくれる。「大丈夫、健全な常識を持って、誠意を持って人や物事に接することが基本なのです。そこにSNSに書くためのこんなコツを身につければ、『会いたい人・仕事・情報』は自然とあなたのもとに集まって来きますよ、読む人の心にあなたの気持ちが伝わりますよ」と。
そうめぐるさんに言われれば,心が癒されるのは当然だ。
折に触れて何度も読み返し、筆者の言葉を噛みしめようと思う。

SNS文章術とあるので、SNSでどのような表現をしたらいいかはもちろんですが、それだけではない情報が満載の文庫本でした。

語彙力を増やす
表現力を磨く
文章の基本も学べる
SNSとの付き合い方
今の時代だからこそ気をつけるべきコミュニケーション法
etc..

この本に書いてあることを実践したら、文章力がつくだけでなく、語彙力、表現力、マナー、コミュニケーションも身につけられる。
そして、日々の中にたくさん学べること、活用できることがあることに気づくと思います。



いろんな要素をぎゅっと詰め込んでくれて、わかりやすく教えてくれるものはそうそうないのでは?
急がば回れ!
この文庫本をいつもそばに置いて実践していくうちに文章という表現力を身につけることができると思います。簡単に身につくものではないけれど、ここまでわかりやすく教えてくれるものなら、実践あるのみですよね。
SNSは関係ないわという方も一度読んでみることオススメします。
人材育成にも一役買ってくれそうな本だとも思います。

タイトルは「人が集まる」ですが、読めば読むほど「人が離れていかない」文章術だと感じました。 その積み重ねの結果、人が集まるアカウントになるんだと思います。 濡れ手に粟的な簡単に多数の人を釣って集めるテクニックを期待して読む人には合わないかもしれませんが、私は著者さんの読み手に対する誠実な姿勢にとても共感できました。 SNSで人とどうコミュニケーションをとればいいのかわからない方に、おすすめしたい一冊です。

ソーシャルメディア』の解説 by はてなキーワード

2005年メディアマードック氏が買収したマイスペースヤフーを始めアットネットホーム?フジテレビなど次々SNSをスタートしているが、それ等一連の流れがソーシャルメディアと言われている。テレビとインターネットとの融合が実はソーシャルネットワークの世界でおき始めている新しいトレンド

ソーシャルメディア』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.