ソフトウェアのまとめ情報

ソフトウェア』の解説

thumb

ソフトウェア()は、コンピューター分野でハードウェア(物理的な機械)と対比される用語で、何らかの処理を行うコンピュータ・プログラムや、更には関連する文書などを指す。ソフトウェアは、一般的にはワープロソフトなど特定の作業や業務を目的としたアプリケーションソフトウェア(応用ソフトウェア、アプリ)と、ハードウェアの管理や基本的な処理をアプリケーションソフトウェアやユーザーに提供するオペレーティングシステム (OS) などのシステムソフトウェアに分類される。

ハードウェアの対比語としてのソフトウェア

「ソフトウェア」は「ハードウェア」の対比語であり、コンピュータの分野以外でも、物理的な装置の対比語として使われている。

DVDなどで物理的な記録メディアに対する映像音楽等のコンテンツ、組織・都市・軍事などで施設・設備・車両などに対する規則・運用・教育などを意味する。

ある機能をもつソフトウェアに対して、「ソフトウェア」という言葉が接頭辞形容詞的に用いられることがある。エンコードをするソフトウェアを「ソフトウェアエンコーダ」、DVDを再生するソフトウェアを「ソフトウェアDVDプレーヤー」と呼ぶことがある。情報を処理する(DVD再生の場合は、DVDに収録されたデジタル画像データを可視化する)際に、専用のハードウェア(DVD再生機)で処理されるか、パーソナルコンピュータなどの汎用的なコンピュータ上のソフトウェアで処理されるかを区別するためである。

コンピュータハードウェアとの関係

LSIなどを例にとると、LSIの物理的な回路そのものはハードウェアであり、その回路によって表現される処理手順はソフトウェアと考えられる。

一般的なソフトウェアは、補助記憶装置の中に機械語として記録されている。なお機械語は中央処理装置(CPU)の製品種別ごとに異なっている。ソフトウェアの利用時には補助記憶装置の内容が主記憶装置に読み込まれた後、中央処理装置において、データの移動、計算、制御フローなどの処理が実行される。これにより機械語は、コンピュータの状態を次々と変化させる。従ってソフトウェアは、ハードウェアの状態を変化させる命令列と考えられる。

記憶装置に異なる命令群を読み込んで計算を制御する概念は階差機関の一部としてチャールズ・バベッジが考案した。これら、ほとんどの近代ソフトウェアの基礎となる理論はアラン・チューリング1935年の論文 Computable numbers with an application to the Entscheidungsproblem で初めて提唱された。

ソフトウェアの表現である機械語は、中央処理装置への命令となる2進数の値から構成されている。機械語の種類には、記憶装置間でのデータの移動や、条件による処理の分岐命令、演算などがある。これらを組み合わせて、1つずつ順に演算が実行される逐次処理や、条件つきで実行される処理、繰り返し実行されるループ処理などが実現される。一連の命令列をひとまとめにしたものをサブルーチンと呼び、他のサブルーチンを「呼び出す」命令もある。

例えば、メニューから 「コピー」 というエントリを選択したとき、ソフトウェアがどのように機能するか考えてみよう。この場合、条件付き命令列が実行され、メモリ上の「文書」領域にあるデータからテキストが、一般に「クリップボード」と呼ばれる中間的記憶領域にコピーされる。別のメニューエントリである 「貼り付け」 が選ばれると、ソフトウェアはクリップボードから特定の領域にテキストをコピーする命令列を実行する。

中央処理装置が複数あるシステムでは、命令列は複数同時並行的に実行できる(マルチプロセッシング)。

システムソフトウェア

コンピュータのハードウェアを管理・制御するなど、コンピュータの稼動自体に必要となるソフトウェアである。

典型的なシステムソフトウェアとして、オペレーティングシステム (OS) があり、様々なソフトウェア処理のプロセスに対し、CPUやメモリの割り当てを管理したり、記憶装置にデータファイルを正しく読み書きできるようにするなど、さまざまな処理を行っている。キーボードやマウスなどの入力機器からの信号を、後述のアプリケーションソフトウェアに通知したり、アプリケーションソフトウェアの要求に応じて、画面への図形や文字の表示を行うのも、オペレーティングシステムの機能である。

パーソナルコンピュータをはじめとする、家庭用のコンピュータ機器では、これらのソフトウェアは購入時にコンピュータ本体に同梱あるいはプリインストールされていることが多い。

そのほか、オペレーティングシステムでは提供されない機能のうち、さまざまなアプリケーションソフトウェアで利用される一般性のある機能を提供するものを、ミドルウェアという。

アプリケーションソフトウェア

アプリケーションソフトウェアは、利用者の目的に応じた機能を提供するソフトウェアである。

一般事務で利用されるワープロ表計算ソフトウェアを初め、娯楽を目的としたゲームソフトや、工場の作業を自動化するファクトリーオートメーション、事務手続きや経営を管理するためのビジネスソフトウェア、その他、教育や医療などあらゆる目的に応じてソフトウェアが開発されている。ソフトウェアの開発自体に使われるプログラミングツールもある。

これらのアプリケーションソフトウェアは、既製品をパッケージソフトウェアなどのかたちで購入するほか、利用者自身が、目的を果たすソフトウェアを開発する場合もある。

大規模なものでは銀行の預貯金口座を管理する勘定系システムJRの「みどりの窓口」で使われるマルスなどのオンラインシステムを始め、販売や営業、生産などの各種業務管理システムなどの個別開発のソフト群(各企業内でのコンピュータシステム情報システム)の一部を形成する)から、小は表計算ソフトのテンプレート、ワープロソフトのマクロ、科学技術シミュレーション、グラフィックスやアニメーションのためのスクリプトなどが含まれる。電子メールフィルタなども一種のユーザー作成ソフトウェアである。ユーザーは自身の作成したこれらのソフトウェアの重要性に気づいていないことが多い。ユーザー作成ソフトウェアが購入されたアプリケーションソフトウェアとうまく統合されていると、多くのユーザーはその区別ができない。

組み込みシステム

特定の機能を実現するために家電製品や機械等に組み込まれるコンピュータシステムのこと。

ソフトウェアは、明らかにコンピュータとわかるもの以外に、様々な機器に搭載されて稼働している。

近年では、家庭用機器の高機能化に伴い、携帯電話やゲーム機をはじめとし、その他多くの電化製品や自動車などの機能を実現するために必要不可欠なものとなっている。

品質

ソフトウェアの品質としては、利用者や開発者の立場から、様々な尺度が考えられる。

資産としてのソフトウェア

ソフトウェアは法律上、知的財産として扱われ、著作権法や特許法によって保護される。

一般的には著作者がそのソフトウェアの利用範囲を明確にした利用許諾契約書を用意しており、ソフトウェアの利用者はこれに合意しなければならない。この契約内容の一部を、ソフトウェアライセンスという。著作権者が利用許諾契約書を用意していない場合は著作権法の範囲での利用が可能である。

また、コンピュータを利用する発明ついて特許権が認められる場合がある。

その他、日本の使用者からみると、会計処理上(税法上)は、無形固定資産として扱われる。減価償却期間は5年間での定額償却である。

医療用ソフトウェアの規制

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(略称:医薬品医療機器等法、薬機法、旧称:薬事法)」により、疾病診断用プログラム、疾病治療用プログラム、疾病予防用プログラム、および、それらを記録した記録媒体についても、副作用又は機能の障害が生じた場合において、人の生命及び健康に影響を与えるおそれがある場合には、医療機器として制限を受ける。これは、医療機器のIT化に伴って、医療的な効果を謳うソフトウェア単体についても他の医療機器と同様の規制が必要になったためである(医薬品医療機器等法第23条の2関係、医薬品医療機器等法第39条関係)。

ソフトウェアとビジネス

ソフトウェア開発を主な事業としている企業であっても、製品をパッケージ等の形でユーザーにライセンス販売しているのは一部である。

ライセンス販売以外のソフトウェアビジネスとして、以下のような形態がある。

  • 技術・役務の提供

ITコンサルティングや技術者派遣など、顧客が主体となっているソフトウェア開発に参加して、ソフトウェア開発技術や労働力を販売するビジネス。

  • ソフトウェアサービスの提供

ソフトウェアや情報システム等を自社で稼働させ、顧客がシステムを利用することによって、売上を上げるビジネス。SaaSクラウドコンピューティングのようにシステム利用者が直接使用料を支払う形式のほか、ネットショッピング等のシステムを、出品者に利用させて手数料を課金する方式や、ソーシャル・ネットワーキング・サービスやウェブサイト検索エンジンを無償で提供し、システムの一部分に表示させる広告を販売するなどの方法で収益を上げる形式もある。

  • ソフトウェアを組み込んだ機器や製品の販売

スマートフォンやネットワーク機器など、高度なソフトウェアを搭載した機器や製品を販売するビジネス。

また、インターネット上で無償で公開されているオープンソースソフトウェアの開発に協力し、成果を自社のサービスなどに組み込むことが広く行われている。

企業別の売上高

2011年における企業別のソフトウェア売上高は以下の通りである。

ソフトウェア』に 関連する人気アイテム

Transcend SDHCカード 16GB 3D TLC UHS-I Class10 TS16GSDC300S

5つ星のうち 5.0SonyFDR-AX45用に

(参考になった人 0/0 人)

これまでのカメラは2K撮影だったので、32Gbで充分だったが、4Kカメラになったので64Gbにした。 これで4K撮影設定で2時間とチョット撮影出来る。 最近PCの改造でSSDやメモリーアップしているが、これまで不良経験がないトランセンドにした。

5つ星のうち 5.0高コスパ

(参考になった人 0/0 人)

速度 容量とバランスがいいです 今のところはNikon Canon Fuji と問題なく使えてます 旅行なんかに使うにはカード交換の頻度も減っていいと思います 耐久性はまだ不明なので星3つ

デジカメに使用。 このメーカーは以前から使用しており、トラブルは一度もないので購入しました。 コストパフォーマンスが良いのでおすすめします。

Excel 最強の教科書――すぐに使えて、一生役立つ「成果を生み出す」超エクセル仕事術

今、書店でPC関連が売られている所で必ず目にするであろう本。
2017年2月10日初版1刷発行。
自分の持っているものは2018年4月18日初版第15刷とあるから
相当売れている。
藤井直弥(ふじいなおや)氏と大山啓介(おおやまけいすけ)氏による著作。

藤井直弥
Excel研修講師。業務改善コンサルタント。
研修やセミナーの受講生は述べ一万人を超える。
研修の主たるテーマは「多くの人が日々の直面している日常の業務を、
いかに効率よく、そしてミス無く遂行するか」といった業務改善策の提案。


そのための実践ノウハウや、Excelを用いたビジネス分析の手法などを
一人でも多くの人に伝えることを使命として日々奮闘している。
Excelの業務効率化を極めることが人生の目標の1つ。

大山啓介
編集者・著述家。Excelの解説書籍を中心に、WordやPowerPointなどの
Office製品の解説書籍の執筆・編集などを行う。
Excelとは20年以上の付き合いで、あらゆる機能の使い方を熟知している。
日夜、Excelに苦手意識のある人に対して「どのように解説したら、
よりわかりやすいか」を探求しており、多くの経験と実績を積み重ねている。
自称Excel博士。趣味は京都探訪とロードバイク。

Excelに関する使い方を解説している。
Excel最強の教科書とタイトルが書かれている。
これは恐らく吉田拳氏の「たった1日で即戦力になるExcelの教科書」を
意識した題名つけをしたのであろう。
内容としてははじめにも書かれているが
銀行員時代の鍛えられた内容を余すこと無く記載したのだという。
読んでみると見やすい表の作り方としてインデントの方法や
余白、色の活用法など熊野整氏の外資系投資銀行のエクセル仕事術を
思い出す。
あとは基本的な機能を広く紹介している。
ただ広く紹介している為、他のExcel網羅本より中途半端であるという印象。
内容としては初心者が読むべきExcel本のひとつであると言える。
最も重要な項目はP56のセルの結合ではなく、「選択範囲内で中央」で揃える
であろうか。安易なセルの結合はしない方がよいらしい。
その事を明確にしている本はなかなか無い。
著者の藤井直弥氏と大山啓介氏の両人であるが
名前を検索しても他の著作、Excelのセミナーなどのページが見当たらない事には
違和感を覚えた。Amazonの中でも本書しか著作が無い・・
大山氏に関してはサッカー選手大山 啓輔しかGoogle検索に出てこない。
著者2人は実在するのであろうか?
上記の疑問点があるにはあるが、記載しているExcelの内容はもちろん勉強になる。
各種の参考書についてあーでもないこーでもないとうんちくばかり
垂れていて一向に勉強しない受験生のようになってはいけないだろう。
本書も含めたExcel本を広く何度も読み込むことで確実に力はつくと思う。

5つ星のうち 5.0傑作

(参考になった人 0/0 人)

めちゃくちゃいい本。 分かりやすい。 読みながらガッツポーズの連続。 買って大正解。 Excelはこんなにも奥が深いとは。 意思決定のための分析ツールになるなんて…。 もっと早く読んでおけばよかった。

5つ星のうち 1.0最悪

(参考になった人 1/12 人)

配達完了とあったのに荷物が届いておらず、2回目の発送でやっと手元に届きました。 しわくちゃな封筒と同様に、本も折れ曲がっていました。 商品以前の問題ですが、星一つにも満たない気持ちです。

サンワサプライ ドラッグ&ドロップ対応USB2.0リンクケーブル 1.8m KB-USB-LINK3K

ノートPC(win10)を新調したため旧ノートPC(win10)からデータ移行をするために購入。
windows10対応、挿すだけでデータ移行と大々的に表記してあるのにも関わらず、ドライバインストールは手動、あげくドライバインストール後接続するも1秒か2秒ほどしか接続できず。以後切断されましたと表示され繋がらない。
ドライバを最新のものにしようと試みるも、公式サイトにはKB-USB-LINK3KとKB-USB-LINK3M、KB-USB-LINK4用のドライバしかおいておらず、ダウンロードすらできない。


サンワサプライの製品には信頼性を感じていましたが、今回あっさりと裏切られた形となりました。
よって即日返品致しました。今後サンワサプライの製品を購入する際には慎重にならざるを得ません。

2台のPC間でクリップボードやファイルのコピーは出来ました。 残念なのは、このケーブルを接続しているPCにリモートデスクトップで操作した場合、クリップボードやファイルのコピーが一切出来ない点です。 D&Dやコピペでファイルを移動できるのは良いのですが、仮想ドライブ経由などでコピーできても良いかと思います。

どちらかのPCがスリープに入ったり、再起動をすると認識しなくなったり、2台のPCの起動のタイミングで認識しなくなったり、挙句にUSBまで認識しなくなったり、そのたびにインストールしたファイルを隠しファイルを探して削除、再インストールの手間ががかかり、無駄がおおい

Transcend SDHCカード 32GB MLC UHS-I Class10 TS32GSDC500S

5つ星のうち 5.0TG-5用に購入

(参考になった人 0/0 人)

新しく、オリン○スのTG-5を購入したので、そのメモリ用に購入。 TG-5最大画質の静止画&動画撮影で使用しましたが、遅延などの問題も無くスムーズに使用できました。 真夏の炎天下で、更には直射日光下で1日3時間ほど使っていましたが、高温による不具合もありませんでした。 現状一か月半ほどの使用ですが、結構過酷な環境で使っているのに対して、何の問題も出なかったのは嬉しい限りです。

5つ星のうち 5.0Good quality product.

(参考になった人 0/0 人)

Good quality product. Goods arrived on time. Picture is as advertised. Good quality product and definitely trustworthy seller.

D850でXQDと同時記録で併用していますが書き込みで待たされた事はありません、Sonyのカメラで4K撮影も問題ありません 価格と性能のバランスのとてもいい商品です

RPAの威力 ~ロボットと共に生きる働き方改革~

RPAの導入コンサルティングをビジネスとしている起業の社員さんが書いた本なので、基本的には良いことしか書かれておりません。
そのあたりは割り引いて読む必要があると思います。

RPA・ロボットと目新しい言葉を使っていますが、これは完全にマーケティング用語です。

本書内にも書かれていますが、

『これまでITで自動化するほどの価値がない(システム開発コストに見合わない)ので放置されていた業務が
自動化を容易(=IT専門家の手を煩わさずに一般社員でもできるという意味)にするツールの登場やITコスト構造の変化により
あらためて自動化できないか検討されている』

という程度で、高度なことは相変わらずIT専門家の力を借りる必要があるので、結局、「大半の業務の自動化はコストに見合わない」という結論におちつくのではないでしょうか?AIや自動運転のように革命的な話ではないと思います。



「自動化により余剰時間が生まれる→創造的な仕事に使える」という主張が繰り返されていますが、そんなことはないでしょう。
Eメールなどを代表としてITで便利になればなるほど「忙しくなる」のが過去30年繰り返されてきたわけで。

ということでRPAに関しては、本書や巷でいうほど「革命的ではない」という結論ですが、その結論を導くことができたのは良かったので★1つプラスです。

ITを用いた業務改革に取り組んだ経験から、RPAに少なからず興味がありましたので、本書を手に取りました。RPAの定義やRPAとAIの違い、RPAによる置き換えが適している業務など、基礎的かつ重要な情報が充実しており大変参考になりました。また、システムと現場業務の両方が分かる人材の重要性など、導入に際して重要になるポイントもまとまっているため、これから検討される方には必見かと思います。ただ、著者は導入支援ビジネスを行なっている立場上、ある程度は仕方がないと思いますが、RPAの良い面ばかりが強調されており、そんなに良いことばかりではないはず、、、と少し穿った見方をしてしまいました。

また、効率化により得た時間の使い方として、高付加価値業務やイノベーションを挙げていますが、この内容は本書のスコープ外であると感じます。とは言え、繰り返しになりますが、RPAの入門書としては優れていますので、一読の価値はあると思います。

RPAとは何のことか?。 事務労働の効率化の問題を一度でも考えたことがある方には極めてわかりやすいと思います。 概念については「はじめに」から第2章までで抽象的に押さえておいて、3章で8社の事例が紹介で一段と輪郭が鮮明になるはずです。 さらに、わかった!と納得できるのは、業務のなかで実際に使ってみた後になると思います。 RPA関連の図書は増えつつありますが、本書が評価も高くて読みやすいと思います。

ソフトウェア』の解説 by はてなキーワード

実体があるハードウェアに対し、『実体を持たないもの』を指す呼称としての名前。

ハードウェアが「硬いもの」(機械類)を指すのに対して、“ソフト”ウェアという命名がされた。

1.コンピューターのプログラムやデータ

2.形を持たない手順や方法・「ノウハウ」のこと

3.ゲームソフトを指す場合もある

4.映画やアーティストのライブ等のマルチメディア作品(映画館や会場という『ハードウェア』に対して)

5.パッケージソフトウェアの省略形

どういうわけか、ソフトウェアの開発はハードウェア開発よりも簡単だ、という誤解が、日本ではなぜか生まれている。

現在の日本のソフトハウスで起きているデスマーチや過労といった事態は、そこに原因があるとも指摘されることがある。

ソフトウェア』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.