ソニーのまとめ情報

ソニー』の解説

ソニー株式会社()は、日本東京都港区に本社を置く多国籍コングロマリットであり、ソニーグループを統括する事業持株会社。世界首位のCMOSイメージセンサゲームなどのハードウェア分野をはじめ、映画・音楽分野にも重点を置いている。

その他、グループ子会社を通じて銀行業生命保険業損害保険業不動産業放送業出版業アニメーション制作事業芸能マネージメント事業介護事業・教育事業・電気通信事業などを手がける。かつては化学工業小売業パソコン白物家電化粧品飲食店旅行業なども手がけていた。その他、ソニー教育財団湘北短期大学設立にも関わっている。

2017年度の連結子会社数は1,292社で、日立製作所より400社以上多く、日本1位である。

創業

1946年昭和21年)、井深大盛田昭夫により東京通信工業株式会社(とうきょうつうしんこうぎょう、略: 東通工〈とうつうこう〉、)として創業。東通工の設立趣意書にはと記されている。創業当初は真空管電圧計の製造・販売を行っていた)を開発。オランダフィリップス社のような大企業を目指して輸出に注力する方針を立てた東通工は、トランジスタの自社生産に乗り出し、1955年(昭和30年)、日本初のトランジスタラジオ「TR-55」を発売した。また、製品すべてに「SONY」のマークを入れることにした、1958年(昭和33年)1月に東京通信工業株式会社からソニー株式会社に改称し。

1960年代

1960年(昭和35年)には米国に現地法人を設置し自ら販売活動を始め発行が日本政府から認められた。また1960年にはスイスに法人を設置してヨーロッパの販売代理店の統括を行うが、1968年にソニーUKを設置したのを皮切りに国ごとに現地法人を設置していく。

トランジスタの研究開発と応用を進め、1959年(昭和34年)に世界初の直視型ポータブル・トランジスタテレビを発売するが売れず。1961年(昭和36年)には世界初のビデオテープレコーダー(以下VTR)「SV-201」を開発、1967年 (同42)にはトランジスタ電卓を発売したを発表する。その一方で放送用音響機器事業からは一度撤退する。

カラーテレビの開発では出遅れ、良好な画質のカラーテレビを目指して1961年(36年)にクロマトロンの開発に取り組むが量産に至らず、1967年(昭和42年)にトリニトロンカラーテレビの開発に成功した。

1970年代

1970年代は家庭用VTRの普及をめざし、1970年(昭和45年)に松下電器産業日本ビクターなどと共同してビデオカセット規格「U規格」を立ち上げる。1971年(昭和46年)に対応製品「Uマチック」を発売するが成功せず、1975年(昭和50年)に小型化・低価格化を図ったビデオカセット規格「ベータマックス」を発売する。一方でCCDを利用したカラーカメラとビデオカセットレコーダーを組み合わせた製品(いわゆるカムコーダ)の開発に取り組み、規格統一を図り1985年(昭和60年)に8ミリビデオとして発表したへの移行を促した。VTRのデジタル化、コンピュータ化にも取り組み、1980年代後半から対応製品の販売を始めた。1995年度に生産累計が1億5000万台に達した。

1980年代

オーディオのデジタル化にも取り組み、フィリップス社と共同してCDを開発、CBS・ソニーからのソフトとディスク生産体制の提供を受け1982年(昭和57年)に発売した。1984年には携帯型CDプレイヤーを発売規格を立ち上げた。映像を記録する光ディスクについてはフィリップス社との共同開発が試みられたが、最終的に規格統一に合意し、DVD規格の立ち上げに参画した。1982年(昭和57年)には「SMC-70」を発売してパソコン市場に参入、2001年 (平成13年)にはエリクソン社と合弁でソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズを設立し携帯電話端末の開発・販売を行うことにした。

1960年代以降はエレクトロニクス製品以外の事業にも進出。1961年(昭和36年)にはショールームの建設のため不動産管理会社ソニー企業を設立、1986年(昭和61年)にユニオン・カーバイド社の経営難から合弁を解消し、単独で事業を継続。電池の研究開発を始めリチウムイオン電池を開発、1990年 (平成2)に製品化を発表した。

2010年代

ゲーム事業を担っているソニー・コンピュータエンタテインメントは、2012年 (平成24年)3月期以降3期連続の債務超過となっており、債務保証を行っていたが、2017年3月期決算で債務超過は解消している。

また2012年 (平成24年)エリクソンから株式を取得してソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズを完全子会社とし、携帯電話端末事業がソニー単体の事業に戻った。

2014年 (平成26年)7月にはテレビ事業を分社化。またテレビ事業は10年連続で赤字が続き、リストラを繰り返しており、2017年 (平成29年)の売上目標は当初の見通しより低く抑えている。同年パーソナルコンピュータVAIO事業を売却。また利益重視の姿勢を打ち出し、国際サッカー連盟のスポンサーを降板。

2015年 (平成27年)オンラインゲーム子会社ソニー・オンライン・エンタテインメントをコロンバス・ノバに売却。SOEはソニーのプラットフォーム以外にもソフトを供給できるようになる。

現行

テレビ
ブルーレイディスクレコーダー
Ultra HD ブルーレイディスクプレーヤー
  • (UBP)
ブルーレイディスクプレーヤー
  • (BDP)
電子ブックリーダー
デジタルカメラ
ビデオカメラ
携帯電話スマートフォン(製造はソニーモバイルコミュニケーションズ
ラジオ受信機(製造の一部は十和田オーディオ製)
  • ワールドバンドレシーバー(短波放送AMFM受信機)
  • 名刺サイズラジオ
IC記録メディア
ペットロボット
放送業務用ビデオカメラ
半導体

デファクトスタンダード

規格争いを目的としていなかったが、デファクトスタンダードとして普及した規格。

初の商品化となった製品

あくまで「初の商品化」であり、新発明・新開発したものではない。

ロゴマーク

SONY」が商標登録された1955年に、社名の周りが四角で囲まれたロゴマークが最初に制作された。その後、1957年に四角が取り払われ、文字のデザインが変更されて以降、年を経るごとにデザインが少しずつ修正されていったは、当時ソニー副社長だった盛田から指名され、苦心を重ねて新しいロゴを制作したデザイン室にはロゴ専用の委員会が設置された。ソニーグループの複数の事業に対して共通のブランドメッセージが使用されたのは初めてとなる。

事業所・施設

過去

分野別

オーディオ
  • 1950年 - 国産初のテープレコーダーの試作に成功、発売する。
  • 1952年 - 日本初のステレオ・テープ・レコーダーを作り、NHKラジオ第1・第2の2波を使ったステレオ試験放送(当時は立体放送と言っていた)に使われる。この他、立体音は宝塚歌劇、文学座、俳優座などの音響効果に使われた。ステレオの普及のため「ステレコーダー552型」が開発されアメリカに多数輸出された。
  • 1974年 - 自社初のPCMレコーダーの試作に成功。
  • 1976年 - 世界初のビデオデッキを使ったPCMオーディオプロセッサー「PCM-1」を発売。
  • 1982年
    • 自社が中心になって開発したDASHフォーマットを使用した、24チャンネルマルチPCMデジタル録音機「PCM-3324」(定価:3300万円)を発売。
    • コンパクトディスク (CD) を発表、10月1日に第1号機「CDP-101」(定価168,000円)を発売。
  • 1989年 - 世界初の48チャンネルマルチPCMデジタル録音機「PCM-3348」(定価:3800万円)を発売。
  • 1992年 - ミニディスク (MD) を発表、プレーヤー「MZ-1」を発売(同年11月1日)。
  • 1960年 - ポータブルトランジスタテレビ「TV8-301」を発売。
  • 1965年 - 家庭用VTR ビデオコーダー「CV-2000」を発売。
  • 1971年10月10日 - U規格VTRの第1号機を、"Uマチック"という商標を使って発売する。
  • 1982年
    • BVH-1000を改良した、世界初の1インチのハイビジョン・アナログVTRを開発。
    • ENG取材の機動力を高めるためのVTR・カメラ一体型のカムコーダを開発し、放送業務用の新規格VTR"BETACAM"を発表。
  • 1987年 - 世界初のデジタルVTRを発表、発売(D1方式、定価:700万円)。
    • DRCを搭載したフラットブラウン管テレビ「WEGA」を発売。ただし、同時期に発売したスゴ録に人気が集中した。
    • HDCAMの高画質改良版、"HDCAM SR"を開発、発売。
  • 2004年
    • S-LCDを設立。
    • 9月 - HDV規格による世界初のHDV 1080i対応の家庭用ハイビジョン・ムービー「HDR-FX1」を発売。
  • 2005年
    • 6月 - 初代デジタルチューナー搭載スゴ録「RDZ-D5」を発売。
    • 9月 - 薄型テレビのブランド名をWEGAからBRAVIAに変更。
  • 2007年
    • 3月末 - アナログチューナーのみの録画機全般から撤退。デジタル放送対応に移行。
    • 4月 - ブラウン管テレビの国内向け販売終了。
    • 9月12日 - 国内向けのDVDレコーダー市場からの完全撤退を発表。BDレコーダーに移行。
    • 11V型有機ELテレビ「XEL-1」を発売。
  • 2008年
  • 2011年
  • 2014年
    • 産業革新機構の有機EL事業統合(ジャパンディスプレイを中心としたJOLEDの設立)にパナソニックとともに合意した。同社の5%の株式を保有する。
カメラ分野
コンポーネント

ステルスマーケティング

その他

ソニー』に 関連する人気アイテム

Poweradd Pilot X7 20000mAh モバイルバッテリー 持ち運び充電器 大容量 2USBポートiPhone iPad Galaxy Xperia Nexus Sony PSvita等対応 2018年新版

5つ星のうち 1.0初期不良みたいです。

(参考になった人 0/0 人)

到着して、すぐに充電器にさして充電スタートしました 最初からランプ2つ分は充電されていたみたいです。 ですが、それから約20時間、ランプが二つのまま、増えません。 とりあえずスマホを充電しましたが、無反応。 ランプのところを押してみましたが無反応。 ケーブルを変えてみましたがダメでした。 レビューを見ていて、自分には不良品こないでこないでと思っていましたが、引いてしまったようです… 追記ボタンになってる光る円の部分、充電器にさしてるわけでもスマホにさしてるわけでもケーブルが刺さってるわけでもないのに、ランプが消えません…1時間以上笑 これは初期不良確定ですね。

すぐに充電したかったが、充電するためのケーブルがない。 自分で用意するのかと、手持ち分を探したが、両端がUSB形状のものなどなく、ケーブルがないことが問題だと気づいて、見直すと、付属でマイクロUSBケーブルがついてくるはずが、どこにも見当たらない。 箱も一度開けた感じで、誰かが返品したものを自分は購入した印象。 がっくり。 どこに連絡すればいいのか?も分からないので、ここに書く。

5つ星のうち 4.0意外と重い

(参考になった人 0/0 人)

20000mAhで2000円を切っていたため購入。 届いて思ったのはまず重い。 印象としては本体にパンパンに乾電池をいれてあるような重さ。 その分ちゃんとバッテリーの役目を果たしてくれそう。 24時間2Aで充電したが最後のランプが点滅のまま…こういう仕様なのか? とりあえずこの手のバッテリーは当たり外れがあるので使用してみて20000mAhあるのか試してみます。

AKEIE スマホ & タブレット スタンド or ホルダー 4〜10.5インチ対応 フレキシブルアーム付き 4〜10.5インチ for iphone ipad mini ipad air2 REGZA Xperia Galaxy SONY Kindle

先のサイバーマンデーで購入した「FireHD 10」をベッドの寝しなで使用できるよう、価格もお安くレビュアー様方の評価も悪くないので購入してみました。

固めのフレキシブルアームなので角度や向きをおいそれと変えられないので、先ずは壁側に向きを定めました。
ベッドの乗り降りする側が空いてないと、何かと面倒ですからね(笑)

映画や番組の視聴の時は端末の角度を変えて対応できるようにしてみました。
端末を挟んでいるバインダーの根元がボール状なので縦横左右にかなり自在に稼働可能です。

なので仰向けの時にも観やすい角度に調整できて、中々便利です。

ともあれ、私の購入時で1099円。
価格性能比は抜群と思われます。
今現在特に目立った欠点も見付からず、メーカー保証も1年付いているようですので万一の時も安心です。

お勧めです。

5つ星のうち 4.02度目

(参考になった人 0/0 人)

耐久性はまだ届いたばかりなので不明。 前に買った物は1年弱で根元がクルクル回るようになってしまい、使い物になりませんでした。 安いからしかたないかなー? 硬さですが、硬いです! でも、ipadをホールドするには必要な硬さなのはわかります。 それでも、もっと扱いやすく改良てまきないかなー? と、いつも思います(笑) 真横にしても落ちて来ないので、ホールド感は抜群です。 あとは、耐久性を期待します!

5つ星のうち 2.0思ったよりも…

(参考になった人 0/0 人)

写真にあった様には思う様に上手く曲げられない。 初期の状態に戻すのも大変。 支える為にはある程度の硬さは必要だとは思うけれど、曲げるのにかなり力がいる。 かなりしっかりとしたデスクなどに付けたならばある程度は曲がるだろうけど重さの無いテーブルなどはセッティングしてから曲げるのはかなり難しい。

Rampow USB Type C ケーブル USB3.1 生涯保証 1m 黒 QuickCharge3.0対応 3A急速充電 5Gbps高速データ転送 Sony Xperia XZ/XZ2, Samsung Galaxy S9/S8/A3/A7/A9/C5/7pro/C9, Macbook Pro, Nexus 5X/6P, GoPro Hero 5/6 アンドロイド多機種対応

5つ星のうち 3.0丈夫!

(参考になった人 0/0 人)

手持ちのACアダプターのせいなのか、充電できる時とできない時がある。 他のアダプターで試していないのでコードのせいかはわかりませんが、とりあえず使えています。 耐久性については約2か月使用していますが全く問題ありません。 これで永久保証はすごいと思います。

キヤノンのEOS-Rを購入。 付属のケーブルはタイプC-タイプCでしたので、パソコン側が繋がりません。 そこでUSB3.1-USBタイプCの本製品を購入。 ケーブル編組も頑丈そうですし、便利に使っています。 お店の対応も迅速でした。

5つ星のうち 5.0問題無し、柔らかい

(参考になった人 0/0 人)

意外と柔らかく使いやすい。 USB3らしく色が付いています。 携帯との接続ですが問題無く内部のファイルも閲覧、移動、コピーなど出来ています。 P20Liteですが急速充電出来ています。 購入して良かった。 会社に置いておきます。

Qrio Lock スマホで自宅カギを解施錠できるスマートロック Q-SL2

5つ星のうち 5.0鍵からの解放

(参考になった人 3/3 人)

比較的安くなっていたので購入しました。

また、毎回の鍵の開け閉めにうんざりしており
日常的に発生する動作こそが塵も積もれば山となるで
大きな時間の無駄に繋がるので削減したいと思いました。

結論からは導入して非常に良かったと思っています。
ハンズフリー、オートロックをONにし、Alexaと連携して使用しています。

先ずはハンズフリーですが、Qrioのご機嫌もあるようで
玄関前に立ってから開錠するまでの時間が体感1~10秒くらいでばらつきがあります。


その場に立っていればそのうち開錠してくれます。
そんなに焦って鍵は元々開けたいものでもないので苦には私はなりません。

オートロックは非常に便利です。この機能のお陰で鍵を意識する必要がなくなるでしょう。
外出自や帰宅時に振り返って鍵の開け閉めをするという事が今ではありません。
ただし、デメリットとしてスマートフォンもない鍵もない状態で外出してしまうと
締め出されます。こればかりは気を付けないとどうしようもありません。

最近、Alexaにも対応しましたし、メーカーも積極的にアップデートをしています。
サイバーマンデーでQrioKeyとセットで本体価格とそんなに変わらない値段になっていますので
入手して鍵からの解放感を味わわれては如何でしょうか。

使い始めて何日か経った感想。

(追記) 製品とは直接関係ないけど、買って2週間もしないうちに3000円近く下がってる。
ショックや。

【設定について】
特に問題なし。見たまんま。

【オートロック】
何の支障もなく機能。
扉を閉めて数秒でロックされる。
オートロックの一時停止は、それ用のボタン等を組み込むべきだった。面倒。

【ハンズフリー開錠】
他のレビューにもある通り、ワンテンポ遅れる。


最初から分かっていたので我慢できるが、知らなかったら返品もの。
これは、改善する必要がある。

【締め出しについて】
オートロック有効にしていると、締め出されたとき怖い。
スマホを肌身離さず持っているわけもなく、レビューにあるようにテープがはがれてしまったり、電池切れやトラブルで機能しなかった時のため、鍵を持ち歩く必要がある。
(物理的に開けられる手段は、この製品に限らず必要ですけど)
ただ、ついうっかり何も持たずに出てしまった時が怖い。

まぁ、過渡期の製品故、クレームというよりはレビューなどを頼りにどんどん改善していってもらいたいですね。

最初はすごく期待して買ってみましたが、最初のバージョンの時は全て機能していたのに不具合修正のアップデートをする度にまずはGPSを使っての自動開錠が使えなくなり(当然QrioHUBやGPS ON状態)次は玄関の前で何度も直接スマホで操作するも(ロックの操作に失敗しました)自分の家の前で5分位格闘しても近所の目も有り恥ずかしくて結局カギで開けて入る始末・・・ 正常に動いているのはオートロックのみ!!
こんなに疲れて帰宅した時に自分の玄関前でストレスがたまるなら付けなければ?(他のメーカーのにすれば)良かったと開かない時は毎回思います。


問い合わせで聞いてみてもほぼ同じ回答で要は毎回リセットしろと・・・
それでも直らんから腹が立つ!! 自分の様な不具合が沢山あるとは思いませんが運が悪かったで済まされる金額でもないし・・・
取り付けも縦横高さは出てたけど電池の部分の当たり止め?からシリンダーの中心までの寸法が出てなくて(自分も確認不足でしたが)目いっぱい扉の突起物にあてた状態で商品も目いっぱいシリンダーに近づけた状態でもシリンダー中心部まで届かず何とか知恵を絞ってベースを改造して苦労して付けた事もありなおの事システムの不具合があり立腹を通り越して笑ってしまいます。
他の方も良く考えて選んでください。
長文失礼しました。

防水ケース Auwet 【ネックストラップ付属】潜水 お風呂 水泳 砂浜 水遊びなど用防水携帯ケースフォンケース・カバー 水中撮影 IPX8認定獲得 iPhone X/6s/6/Plus/SE とAndroid SAMSUNG Galaxy S8/S7 edge/SONY Xperia/HUAWEI スマホ防水ケースなど6インチ以下のスマホに対応

galaxy note8を裸の状態で入れて使用してみました。 長時間子供と一緒にプールに入ったまま写真や動画を撮ったりしましたがしっかり防いでくれたので製品的には問題ないかと思います。 ただ、防水ケースなので仕方ありませんが、スマホが発熱するとどうしてもケース内で曇ってしまいます。 動画を撮る時はスマホの発熱に注意した方がいいかもしれませんね。

子どもを連れて水遊びに行くために購入しました。 子どもの色々綺麗な写真を撮った。 ケースに入れでも普通に操作ができました,とても満足です!

5つ星のうち 4.0防水○

(参考になった人 0/0 人)

ちゃんと防水します。 ちょっと密封する時に本当に密封出来てるのか心配だったので、何度か試しましたが、水は中に一度も入りませんでした。

ソニー』の解説 by はてなキーワード

世界的に有名な、日本の電機メーカーのひとつ。近年では様々な分野に進出している。

井深大盛田昭夫らが1946年東京都中央区日本橋白木屋三階に設立した東京通信工業が前身。

ブランドとしての認知度は高く、革新的なコンセプトの製品や、所有欲をくすぐる製品を多く発売していた。

その一方、自ら立ち上げた規格を新しい規格で反古にしてしまう傾向がやや強い。

他方、ベータマックスに見られるように、自社開発の古い規格に固執することも多い。

ブラウン管方式に固執し、液晶技術に遅れをとったとも言われている。

ソニータイマーという言葉もある。


東証1部(主市場)、大証1部、名証1部、札幌福岡証券コード6758。子会社は多数あるため、それらをまとめてソニー子会社連動株として上場東証1部、証券コード67585。

ウォークマン

ソニーが初めて製品化。“ウォークマン”は登録商標で、他社ではポータブルプレーヤーなど、当たり障りのない名称が使われる。

ソニー』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.