ゼンリンのまとめ情報

ゼンリン』の解説

株式会社ゼンリンは、地図情報の調査・制作・販売を行う日本企業。日本国内で4社存在するデジタル地図調製業者のうちの1社で、地図情報会社として日本国内最大手。自社で調査した情報を基に住宅地図GISなどを制作・販売するほか、Google マップをはじめとするデジタル地図やカーナビゲーションなどの他社サービスに対して地図情報を提供している。

創業

大分県宇佐市出身の大迫正冨(1921年6月16日 - 1980年5月23日)が、1948年4月に別府市で友人と創業した観光文化宣伝社を前身とし、この年を創業としている。

別府市内で宣伝や観光案内などの事業を行い、正冨は専務取締役として出版部門を担当したが、翌1949年に独立して華交観光協会を設立。観光客向けに名所旧跡を紹介する小冊子『年刊別府』を制作したところ、巻末付録であった詳細な市街地図が土地勘のない観光客の間で好評で、地図への掲載要望が相次いだ。これに手応えを感じた正冨は、翌1950年に社名を善隣出版社と改め、2冊目となる『観光別府』を制作する。『観光別府』では付録の地図情報が一層充実し、住宅地図に近いものとなった。

社名は正冨が好んだ言葉「善隣友好」から採られた。戦時においては地図は軍事機密となるため「平和でなければ地図づくりは出来ない」という思いが込められている。

住宅地図の制作

これら2冊の成功を受け、1952年6月に『別府市住宅案内図』が販売された。江戸時代の古地図や戦前の町内案内図などから着想を得て、一軒一軒の建物の情報が記載された地図は、商店や官公庁など各方面で評価され、発行地域を広げた。

1954年3月には販路拡大を目指して福岡県小倉市下到津(現在の北九州市小倉北区)へ移転し、『住宅案内図』の名称も『住宅地図』へと改めた。

全国展開

以降、住宅地図の発行エリアを順次拡大を進め、1980年には47都道府県全てにおいて住宅地図の発行を開始。以後2018年現在に至るまで、住宅地図を全国展開しているのはゼンリンが唯一となっている。住宅地図全国展開の経過は、のち2004年10月にNHKのドキュメンタリー番組プロジェクトX〜挑戦者たち〜で「列島踏破30万人 執念の住宅地図」として放映・書籍化された。

1952年に大分県別府市で住宅地図の発行を始めてから29年目での全国制覇となったが、同年5月、それを見届けるかのように創業者の正冨が社長在職のまま59歳で病没。後任には正富の長男である大迫忍が就いた。

電子化からカーナビへ

1980年代に入ると2代目社長となった大迫忍の主導により他社に先駆けて地図のデータベース化に着手。1984年に日立製作所と「住宅地図情報利用システム」を開発した。これにより出版物だけでなく地図データの販売も可能となり、1988年にはCD-ROMに地図データを収録した『Zmap電子地図』を販売。1990年には、GPSに対応した世界初のカーナビゲーションシステムを三菱電機と開発し、ユーノス・コスモに搭載された。

1990年代にはカーナビゲーションやパソコンが一般化。80年代に行ったデジタル化への先行投資が実を結んで売上を伸ばし、1994年(平成6年)9月には福岡証券取引所へ、1996年(平成8年)9月には東証・大証各2部への上場を果たした。

地方の地図出版社であったゼンリンをデジタル化の推進によって国内最大手の地図情報会社へと飛躍させた2代目社長の大迫忍は「年を取ると老害になる。55歳で引退する」として2001年をもって20年間務めた社長を勇退し経営から退いた。同時に「同族経営は弊害を生む」として同族企業から脱却させ、後任には創業家以外から原田康が就任した。

媒体の多様化

2000年代には携帯電話・ノートパソコン・携帯ゲーム機・スマートフォンなどの普及に伴い、これらのデバイスに対して地図サービスの提供を行った。

2000年4月、インターネットの普及を受け、ネットワーク配信事業を行うゼンリンデータコムを設立。同年6月には携帯電話向け地図閲覧サービス『ゼンリン携帯マップ』を開始。当初はラスター形式による地図配信であったが、翌年には携帯電話上での地図描画として世界初となるベクター形式による配信を実現した。

2001年8月、3D地図を開発するジオ技術研究所を設立。

2005年7月、Google マップの日本向けサービス開始と同時にデータ提供を開始

同年8月、住宅地図のネット配信サービス『ZNET TOWN』を発売開始。

2006年4月、PlayStation Portable用の地図ソフト『みんなの地図』を発売。

2006年に東証一部に上場を果たすと、「経営環境の変化に対応するため、若い経営陣に任せたい」として2008年に原田が57歳で退任。初の生え抜きとして高山善司が45歳の若さで4代目社長に就任した。

近年の動向

2010年代に入ると、自動運転やドローン、雑貨などの新たな分野へ地図データを活用した商品化が進んだ。

自動運転

2008年から社内で先進運転支援システム(ADAS)のための高精度地図データの研究開発を開始し、国内外の関連企業との協業を行う。

2016年5月、三菱電機らと6社でダイナミックマップ基盤企画を共同設立。自動運転の実現に必要となる高精度3次元地図の検討を進める事で合意。

2017年1月、NVIDIAと自動運転向けのソリューションについて共同研究することで合意。

2017年10月、オランダのTomTomと日本におけるトラフィックサービスの共同開発で合意。

2018年1月、日産自動車Mobileyeと共同でレベル3の自動運転向けの高精度地図の共同開発を発表。

ドローン

2015年9月、一般社団法人日本UAS産業振興協議会ブルーイノベーションと共同でドローン用飛行支援地図サービスの開発に着手。翌2016年5月には飛行禁止区域を地図上で示す『SORAPASS』を発表。

2017年3月、東京電力ホールディングスとドローン用3次元地図分野で提携し、電線網の上空をドローンの安全な飛行経路として活用する「ドローンハイウェイ」の実現を目指して共同開発を進めると発表。

3D地図データ

国内の主要都市の街並みを再現したカーナビゲーション向けの3D地図データを汎用性の高いFBXに変換し、2014年9月より一部をUnityアセットストアで公開している。2018年7月には、グランゼーラが開発中のPlayStation 4用ゲームソフト『絶体絶命都市4Plus_-Summer_Memories-』において、ゲーム内の街のグラフィックに採用されると発表された。

生活雑貨

保有する地図データを活用した新たな市場開拓を進め、2016年に地図を柄として用いた雑貨シリーズ『mati mati』を発売。第59回大阪インターナショナル・ギフト・ショー春2018の販促品部門で大賞を受賞。お茶の水女子大学との産学連携による地図柄文具の商品開発や、アパレルブランドのマスターバニーエディションのポロシャツへの地図データの採用など、広がりを見せている。

2018年には社内のビジネスコンテストで最終選考に残ったアイデアをもとに、夏休みの自由研究向けキットを発売。

地図づくり

創業以来、現地で実際に目視し状況を確認するのがゼンリンの調査の特徴となっており、その様子は「現代の伊能忠敬」とも例えられる。2018年現在も全国に約70の調査拠点と約1000名の調査スタッフを有し、都市部で毎年、他の地域でも最大5年周期で徒歩による現地調査を実施している。

2012年9月に発生したアップルの純正地図アプリに「パチンコガンダム駅」などの不正確な情報が多数表示される不具合の際には、グーグルが採用しているゼンリンのデータがアップルで使われていなかったため、結果的にゼンリンの地図データが再評価された。

CSR

ゼンリン地図の資料館

創業家二代目社長の大迫忍が収集した国内外の古地図コレクションを公開するため、本社所在地である福岡県北九州市に2003年7月に開館した企業博物館

所蔵する8250点の一部のほか、地図制作の歴史やスポンサードする選手・団体などに関する展示を行っている。本店所在地を兼ねてリバーウォーク北九州の最上階に位置し、小倉の街並みを見渡す展望スペースも設置されている。

災害時支援協定

東日本大震災を契機として非常時における紙の地図の重要性が認識されたことに伴い、自治体に対し災害時用の地図を贈呈し備蓄する取り組みを行っている。

ゼンリン陸上競技部

実業団活動として1990年より陸上競技部を設けており、2018年現在では藤光謙司ら5名の選手が在籍している。

スポンサード

ギラヴァンツ北九州
地元北九州市を拠点とするプロサッカーチームであるギラヴァンツ北九州を支援。2010年から2012年は背中上部、2013年以降はパンツのユニフォームスポンサーとなっている。
片山右京 / チームUKYO
元レーシングドライバーの片山右京と、片山が率いるチームUKYOのメインスポンサーとなっている。
木戸愛
2012年2月よりプロゴルファーの木戸愛と所属契約を結んでいる。

電子地図サービス

電子地図サービスは連結子会社のゼンリンデータコムにより提供されており、GoogleYahoo! JAPANMSNNAVITIMEなど、主要ポータルサイトに電子地図サービスを提供している。

出版物

  • ゼンリン住宅地図
2005年にそれまでの装丁をリニューアル。秋田寛のデザインにより約2000冊の発行タイトルのパターン化や年度別の色分けを導入し、2005年度のグッドデザイン賞を受賞。
  • ブルーマップ
  • 道の駅 旅案内全国地図
  • 季刊『ラパン』(1997年創刊、現在休刊)

カーナビ向けソフトウェア

3D都市モデルデータ

  • ZENRIN City Asset Series

ゲーム機用ソフト

ニンテンドーDS
PlayStation Portable

事業所

その他

  • 全国各地の主要駅の物件が収録されているテレビゲーム桃太郎電鉄シリーズでは、小倉駅の物件としてゼンリンをモデルとした「住宅地図制作会社」が登場する。
  • 二代目社長の大迫忍は馬主であり、自身の所有する競走馬の冠名として、社名に由来する「ゼンノ」を付けた。例として2004年のJRA賞年度代表馬のゼンノロブロイがいる。

関連会社

  • 株式会社ゼンリンプリンテックス
  • 株式会社ダイケイ
  • 株式会社ジオ技術研究所
  • 株式会社ゼンリンインターマップ
  • 株式会社ゼンリンプラスワン
  • 株式会社ゼンリンビズネクサス
  • 株式会社ゼンリンジオインテリジェンス
  • 大東マーケティングソリューションズ株式会社
  • 株式会社ゼンリンデータコム
  • 株式会社Will Smart
  • ZENRIN USA,INC.
  • ZENRIN EUROPE GmbH
  • Abalta Technologies, Inc.
  • 上海大計数据処理公司
  • Abalta Technologies EOOD
  • C.E.Info Systems Private Limited
  • INFOTRACK TELEMATICS PTE. LTD.

参考文献

  • 片岡義明『こんなにスゴイ! 地図作りの現場』インプレスR&D、2016年
  • 内田宗治『ゼンリン 住宅地図と最新ネット地図の秘密』実業之日本社、2014年
  • NHK「プロジェクトX」制作班『プロジェクトX 挑戦者たち(26) 復興の懸け橋』NHK出版、2005年

ゼンリン』に 関連する人気アイテム

8インチ×16GBフルセグ ポータブルナビ 2018年春版ゼンリン地図データ VICS渋滞対応

カスタマー Q&A に「FM vicsに対応している」と回答した投稿者がいましたが、間違いです。対応していません。(これに釣られて購入してしまった)
有料オプションで「オンデマンドVICS」には対応しています。

本機のパネルは感圧式です。静電式ではありません。
テレビ・動画・音楽・写真再生・外部入力などは今回使用しませんでした。

当方、盆明け12日間の個人宅配達業務に使用しました。 本機と pixyda PNM70S2 (2014年春版) (両方共ゼンリン地図で16GBと8GB)と 私のバイク用ダイナビ DNC-758A (2018春版)(住友電工システムソリューション地図8GB) 3台のナビを並べて比較使用した。


(ダイナビは、5月1日購入したその日に電源が入らなくなり、翌日購入元のオートバックスにて交換して頂いたものです。)

起動時間は本機とダイナビ DNC-758A がほぼ同じ。pixyda PNM70S2 は10秒以上遅れますが並べて比較したので気になるだけです。

衛星捕獲はどれも同じようなもの 見失うのも同じようなものでした。(路地などで方向転換した時や、広い道でもUターンした時など)

地図ソフトは流石最新版です。当方田舎ですが、新道もきちんと表示されます。ダイナビ DNC-758A も同様。pixyda PNM70S2 は地図が古いので・・・。

住所検索は、本機(3,804万件)では、検索できない番地がまま有りましたが、ダイナビ DNC-758A(3,935万件)の方が何番・何号までキッチリ検索出きました。130万件検索件数の違いか・住所の追込みの違いか・・・。
pixyda PNM70S2 (3,670万件) は本機と同じ検索結果でした。

ルート探索は おすすめ、一般、有料、距離 の4種類ありますが、目的地設定後 「複数ルート」選択して「ルート探索」をタッチすると4種類のルートが表示されます。
目的地設定後「ルート探索」をタッチした場合は、前回使用した4種類のどれかが探索されます。 pixyda PNM70S2も同じ。
ダイナビ DNC-758A は常時画面下部に おすすめ とか表示されていて、タッチすると おすすめ、一般、高速、距離 がいつでも選べます。これ便利。

ポータブルナビの精度は、準天頂衛星「みちびき」に対応と謳っていますが今の所効果はありません。(次の欄を御覧ください)10m~20m位の精度が関の山です。
団地や住宅街では、一発で個人宅を見つけるのは稀でした。測位がGPSだけなので仕方ありませんが。 3台とも同じ。

みちびきはGNSS(グローバル・ナビゲーション・サテライト・システム)と呼ぶそうです。
内閣府6月2日の発表によると みちびき3号機の異常動作により みちびき2~4号機の信号を一時停止中との事。
又、沖縄県や鹿児島県などで精度が上がらないのと異常動作のため「みちびき」の4機体制の試験運用は2018/11月以降になる予定。
GPSは測量にも使われているので、近い将来ぐっと精度が上がる可能性はあります。

リルートは0.5~1秒程度でしょうか結構早いですがUターンさせてでも元のルートに誘導しようとします。ちょっと苛つきます。pixyda PNM70S2 も本機と同じ様な感じ。
ダイナビ DNC-758A はリルートが遅いのと、リルート時フリーズしまくります。

ルート案内時、経由地設定は5箇所までのようです。但し、トイレ休息などで電源 OFF時、経由地設定は消えてしまいますので再度 設定が必要です。 pixyda PNM70S2 も同じ。 DNC-758A は経由地設定は1箇所のみです。

画面が一番大きくて明るい本機は使い良かったです。7インチの pixyda PNM70S2 は中古購入で地図更新はしていない。更新期限も切れている。
ダイナビ DNC-758A は住所検索結果は一番良かったが、暑さに弱いのとリルートでフリーズしまくります。

本体、スタンドなど付属品は pixyda PXN218F2(2017春版) と同じ。韓国製です。ナビソフトのみ8GB→16GBの2018春版としたものですね。
取説類も pixyda と全く同じです。フリーズ等はありませんでした。 pixyda PNM70S2 も安定していました。 ダイナビ DNC-758A は中国製でフリーズしまくりと熱に弱く電源も弱いようで信頼性に乏しいです。

同じ時期に別行動だった同僚は、パナゴリラの5インチ(5年くらい前らしい)とiPadをGoogle Mapでナビにしていましたが、航空写真でルート案内できて確実に個人宅に到着できたそうです。
1回だけ同乗させて頂きましたがこれいいです。みちびきが遅れると近い将来ナビはこれになってしまうのかな。

5つ星のうち 3.0うーむ、いまいち

(参考になった人 6/10 人)

いままで、楽ナビやナビタイムを使用してました。
今回初めてポータブルを購入、到着後すぐに設置しました。
感想としては正直値段相応かと思います。
まず固定方式、吸着式ですが、ダッシュにアールが少しついるだけで吸着が浮いてきます。まあ取説にもその旨明記しているのだが、今時アールのないダッシュってあるの❓(笑) 平らな部分だと奥過ぎて操作しずらいし
次、GPSの感度がいまいち、多分角の多い細い路地をうろうろすると駄目かも。
それに幹線道路の交差点で信号待ちしてたら、約10m弱ズレてる。

この辺は別売りアンテナ付けたら解決するのかな❓今度試してみます。
テレビは見ませんが一応ちゃんと映ります。
AVは使用しませんのでノー評価。
ナビは目的地設定すると、とりあえず機械が勝手にルート決めちゃいます。後からルート変更出来るんだけど、最初にこちらでルートを選ばして欲しい。少なくとも今までのナビみなそうでしたから。
他のポータブルを使ったことないんで、比較できませんが、ちょい完成度低いと思います。
自分はスマホのナビタイムの方がいいです。
いい所もあります❗️ 案内が少ないところ(笑)
今までのナビはしつこいくらいに案内しますが、こいつはあっさりしていて好きです(笑)
まあ買ったばかりなので、もう少し付き合います。

使い勝手が分かってきたので評価上げます(笑)
でも高速ICでぐるぐる回る所は、ぜんぜん追従出来ませんでしたね。
別売りアンテナつけて感度あがれば☆4にします。

別売りGPSアンテナ付けて位置感度アップしました!が・・・すみません☆3のままで、理由は下記。

ナビがやっぱ気に入らないなぁ・・・
上でも書いたけど通常検索は、いきなりお薦めルートではなく、やっぱり最初からルート選択したい。
それにとんでもない遠回りルート選択(目標まで200mの所を4km(笑))に、軽でも通れない道の選択などなど、値段が値段だと割り切るしかないか・・・
1年1万円減価償却で3年我慢しよう(笑)

仕事は長距離ドライバーしてます 目的地への到着時間を重要だったので、このナビ購入した。 が 購入して半月もしないうちに ダッシュボードの吸盤から 本体を取ろうとしたとき なかなか抜けず、 取れた瞬間手が滑り本体をダッシュボードに落として画面はヒビ はいった😢 なんとかならんものかね⁉️ 後日に 貴社様から 連絡有り、ナビ本体を 代替えさせてもらいました‼️ 故意でなかったとはいえ 交換という処理して いただき感謝してます‼️ ナビゲーションは これから、感想させてもらいます。 先ずは、貴社様の対応に 星10個‼️

ロードマップ『道の駅 旅案内 全国地図 平成30年度版』

本の大きさもちょうどいいサイズだと思います。 価格もちょうど良いと思います。 地図も分かりやすくて良かったと思っています。 昔は、仕事で県外へ行った時にはよく利用していました。 また、車で県外に遊びに行った時には、道の駅を、利用したいと思います。

5つ星のうち 5.0旅行や、車中泊用に

(参考になった人 2/2 人)

全国の道の駅が載っているので買いました。 特に、車中泊のさいには温泉併用の道の駅を探すのに重宝しています。 2~3年に一度ですが新しい年度の本に買い換えています。

5つ星のうち 5.0温泉ガイドがいい!

(参考になった人 0/0 人)

スタンプラリーをやっておりとても役立っています。 道の駅のガイドとして申し分ないのはもちろん、行く先々で道の駅に近い温泉を探すのがとても便利です。

AID新型7.0型 ワンセグ内蔵ポータブルナビゲーション

18年03月06日:レビュー少々変更しました。
近所のホムセンで購入しました。
ワンセグTVに関しては、コナンナビの方が明らかに受信感度が良いです。

画面はもちろん大きい方が見やすくこちらの商品のが勝ってますが、少し文字など
が荒い感じがします。両機種とも画面解像度が同じなので、画面の小さいコナンナビ
の方が画面の粗さは気になりません。

地図はコナンナビの方がデータが古く更新される事はないので、こちらの商品の方が
良いかな?と思ったのですが、一概にそうとは言えない感じです。


フリーMAPが元なので、人口が少ない地域ではMAP更新に協力してくれる人が少ない
せいか?コナンナビのより若干劣る場面があるようにも思えます。
ただ、これから更新される可能性があるので、今後は今の地図状態よりは役に立つと
思いますが、それが適用される更新スピードは早くはないと思います。

操作性はどちらも反応が少し遅いのですが、両機種とも大差ない感じです。
画面タッチ音の音量調整ができますが、大だと大き過ぎて小だと小さくて少し極端な
調整で、「中」があったらな?と感じます。
音楽プレイヤーで音楽を再生してみたのですが、スピーカー出力は両方とも同じなん
ですが、こちらの方が若干音質が良いと私は感じました。
※あくまで小型スピーカーにしてはで、音質には期待して買わないで下さい。
※それにモノラルスピーカーですからね。

両機種とも画面調整は明るさのみで、コントラスト調整が欲しいな?と思う時が多々
あります。好天時の昼間に画面を視認できるようにする為には日差し避けは必要かな?
ナビゲーション精度に関しては、他の方と一緒で良いとは思えず、逆に「どうしてここ
通らせる?」って感じる事が多いと思います。
あくまで補助的にな物だと割り切って使う物だと思います。

ナビを使用して目的地に向かう走行試験をしてみましたが、これはコナンナビでも同じ
で、国道優先(にしなくても)で走行させようとする傾向があり、地元の人がよく使うよう
な抜け道・一般道等は除外しがちで、国道から外れるとすぐに国道に戻すように誘導され
ます。

直線道路を時速約40キロ走行でも目測で20メートル近くナビの走行マークが遅れて表示さ
れますので、高速道路走行中には結構な走行誤差が生じるのでは?と「私」は推測してます。

星3にしてますが、実質2.5位で余りお勧めできる商品ではないです。
コナンナビとだけの比較ですが、1万円以下で販売されてるカーナビは他社製でも性能差は
殆どないような気もしてます。1番の魅力は3年間無料の地図更新かな?

トラックで使用してますが、ワンセグはオマケ程度と思ってるし、なんとなく場所が分かってれば良いなと思い購入しました。 こないだ、目的地を設定して、方向は右斜め前だったので直進するつもりが、ナビは青い看板表示で、右と出たため、思わず右に曲がってみたら、ルートを外れて遠回りになってしまいました。 そこそこの使い道しかなさそうなので、星三つです!

この商品を注文して商品が届いて箱を開けてみたら違うメーカーのナビでした、大きさ性能的にほぼ同じで、ちょっと使ってみて普通に使えてワンセグも映ったので返品するのめんどくさいのでこのまま使います。

ゼンリン』の解説 by はてなキーワード

英文社名:ZENRIN CO., LTD.

証券コード:9474

福岡県北九州市小倉北区室町に本社をおく、大手地図情報会社。

最初は別府市温泉街案内図からスタートし、実地調査などで業界大手に上りつめた。

ゼンリン住宅地図」、PC用電子地図ソフトの「ゼンリン電子地図帳Z[zi:]」シリーズなどを販売している。

ゼンリン』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.