ズーアカンプ社のまとめ情報

ズーアカンプ』の解説

ズーアカンプ社に関連性が高い単語の解説を表示しています。 ズーアカンプ社についての情報が含まれているか確認して下さい。

200px

Suhrkamp Verlag(ズーアカンプ・フェルラーク)は1950年創立のドイツ出版社ヨーロッパの出版界をリードする出版社のひとつとして広く知られている。

社史

1933年フィッシャー社の経営者ザムエル・フィッシャー(1859-1934)は、当時ベルリンでフリーのライターとして活躍していたペーター・ズーアカンプ(1891-1951)を雇い入れた。ザムエル・フィッシャーの死後、ズーアカンプがフィッシャー社を運営。1942年にズーアカンプはゲシュタポに捕えられ、強制収容所に収容される。戦後に生還した後、ズーアカンプはフィッシャー社から独立し1950年ヘルマン・ヘッセの協力のもと自らの出版社を立ち上げる。フィッシャー社の48人の著作家たちのうち33人がズーアカンプへの協力に賛同を示した。年内にペーター・ズーアカンプはヘルマン・ヘッセやルドルフ・アレクサンダー・シュレーダーヘルマン・カザックT・S・エリオットバーナード・ショー、さらにベルトルト・ブレヒトの作品の出版に漕ぎ着けた。

1952年ジークフリート・ウンゼルトがズーアカンプ社に入社。1957年最高経営責任者になる。1959年のズーアカンプの死後、ウンゼルトが会社を引き継ぐ。ウンゼルトの経営のもとでズーアカンプ社は三つの分野を軸に出版活動を広げていった。20世紀ドイツ文学、外国文学、人文科学である。ズーアカンプ社は本のデザインにも気を配っている。とくにデザイナーヴィリー・フレックハウスが手掛けた装丁の美しさが知られている。

ズーアカンプ出版社グループ

1990年にズーアカンプ社はユディッシャー出版社の株の51%を保有し、1992年に„Jüdischer Verlag im Suhrkamp Verlag“として出版プログラムを立ち上げた。この企画にはインゼル出版社ドイツ古典出版社も参画している。

1998年にズーアカンプ社グループが保有していたノモス出版協会C・H・ベック出版社に売却した。

外部リンク

Category:ドイツの出版社

Category:ベルリンの企業

ズーアカンプ社』に 関連する人気アイテム

〈驚異の旅〉または出版をめぐる冒険 ジュール・ヴェルヌとピエール=ジュール・エッツェル

作家ヴェルヌと編集者エッツェルが文章を往復させることで徐々に作品を形成させていくプロセスを期待しましたが、まぁ見事に期待外れだった。ほとんど書かれていなかった。前半は、印税や挿絵の権利の話だ。後半わずかに書かれていた部分も、著者のよくわかない説明で意味不明になっている。
典型的な仏文。むかし流行したフランス現代思想みたいな文章だ。『セールが示した通り、異なるタイプの均衡の一連の形象――そのそれぞれがごくわずかに傾いた水平部を構成し、カタストロフ点によって区切られている――(略)』・・・こんな感じの抽象的で曖昧な言葉が延々と500ページつづく。

分厚いだけ。
根拠は? 事例は? 〇〇的? どういう意味? 具体的には?なぜ? どういうこと? 読めば読むほど疑問が浮かぶが、答えはない。著者は教えない。「俺がわかっているんだから問題ない」とでも言いたげに、文章がつづく。酒に酔いながら書いたか、または推敲も考察もしていないかだ。
どうして仏文の人って、こういう変な文章を書くのだろうか? フランス語には何か欠陥でもあるのだろうか? 『中身がありそうで、実はからっぽ』の仏文にはうんざりだ。4200円を損した。

ズーアカンプ社』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.