ストリーミングのまとめ情報

ストリーミング』の解説

ストリーミング () とは、主に音声動画などのマルチメディアファイルを転送・再生するダウンロード方式の一種である。

通常、ファイルはダウンロード完了後に開く動作が行われるが、動画のようなサイズの大きいファイルを再生する際にはダウンロードに非常に時間がかかってしまい、特にライブ配信では大きな支障が出る。そこで、ファイルをダウンロードしながら、同時に再生をすることにより、ユーザーの待ち時間が大幅に短縮される。この方式を大まかに「ストリーミング」と称することが多い。

プログレッシブダウンロード

類似した転送方式にプログレッシブダウンロードがある。ファイルをダウンロードしながら再生するという点ではストリーミングと同じだが、HTTPによる転送が可能であるため、別途ベンダロックインのストリーミングサーバを購入する必要がない、リバースプロキシコンテンツデリバリネットワークとの相性が良いなど、安価に大規模配信できるという大きな利点がある。一方でストリーミングと異なり、再生後、ハードディスクの一時フォルダにマルチメディアファイルがアクセス可能な状態で残ってしまうため、著作権保護の観点からサービス提供者に忌避された時期があった。プログレッシブダウンロードが可能な代表的なファイル形式として、Flash動画などが挙げられる。YouTubeニコニコ動画などの投稿型動画配信サイトを始め、無料コンテンツ配信でも一般的に利用されている。最近は、プログレッシブダウンロードに帯域制御などを追加したストリーミング技術も出てきており(Microsoft Smooth Streaming、Adobe Dynamic Streaming、HTTP Live Streaming、MPEG-DASHなど)、GYAO!Yahoo! JAPANなどが採用していた。

ブラウザ標準対応のプロトコル

アップルによるHTTPベースのストリーミング・プロトコル。IETF標準化を目指して仕様が公開されており、多くのサーバーやクライアントが対応している。また、いくらかのブラウザ(Safari、Androidなど)でも直接再生することができる。Flash Playerも再生に対応している。また、hls.jsなどのスクリプトを使うことで、HTML5の APIに対応しているブラウザでも再生することができる。
  • MPEG-DASH (Dynamic Adaptive Streaming over HTTP)
MPEGによって開発されたHTTPベースのストリーミング技術。VLCとGPACが再生に対応しているほか、dash.jsを使うことによってHTML5のMedia Source Extensions APIに対応しているブラウザでも再生することができ、dash.asを使うことによってFlash Playerでも再生することができる。
MP4BoxやFFmpegがMPEG-DASH互換MP4フラグメントの生成に対応している。

ブラウザ再生にプラグインが必要となるプロトコル

IETFで標準化されており、RealMedia / QuickTime / Windows Media / GStreamer を含む多くのプレーヤーで再生することができる。また、Flash Playerからは、Locomote Video Playerなどのプレイヤーを通して再生することができる。ただし、多くのブラウザは直接対応しておらず、プラグインや外部プレイヤーを使う必要がある。
多くのストリーミングソフトウェアで、この送出が可能。
Windows Mediaのストリーミング配信に使用される。EUの独占禁止法による問題から、楕円曲線暗号を使ったDRMを含むプロトコル仕様が公開されている。MMSを再生できるプレーヤーは多いが、互換性に問題があるものもある。また、多くのブラウザは直接対応しておらず、プラグインや外部プレイヤーを使う必要がある。
いくらかのストリーミングソフトウェアで、この送出が可能。
  • Microsoft Smooth Streaming
MicrosoftによるSiverlight用のストリーミング・プロトコル。HTTPプログレッシブダウンロード技術を用いている。VLC 2.1以降がこの再生に対応している。Flash Playerからは、Smooth Streaming Plugin for OSMFを使うことで再生することができる。多くのブラウザは直接対応しておらず、プラグインや外部プレイヤーを使う必要がある。
FFmpegがスムースストリーミングに使われるISMVフラグメントの生成に対応している。
アドビシステムズによるFlash Video用のストリーミング・プロトコル。リバースエンジニアリングによって仕様が解析されているため、多くのオープンソースソフトウェアがこの再生及び送出に対応している。ただし、多くのブラウザは直接再生することができず、プラグインを使う必要がある。このことは、プラグインに対応していないモバイル端末で特に問題となる。
  • Adobe HTTP Dynamic Streaming (HDS)
アドビシステムズによるHTTPベースのFlash Video用ストリーミング・プロトコル。ファイルを分割しフラグメント毎にダウンロードするという手法を使っている。多くのブラウザは直接対応しておらず、プラグインを使う必要がある。
FFmpegがHDSフラグメントの生成に対応している。

P2Pマルチキャスト配信プロトコル

アドビシステムズが開発したFlash用P2Pプロトコルであり、RFC 7016としてプロトコル仕様が公開されている。P2Pマルチキャスト配信に対応している。
  • PeerCastプロトコル
PeerCastの使っているプロトコル。
P2Pマルチキャスト配信が実現可能なWeb標準のP2P APIであり、ブラウザが直接対応している。P2P配信プロトコル自体は標準化されていない。WebRTCに対応するブラウザとして、Chrome、Firefox、Operaがある。

その他、JavaアプレットによるP2Pマルチキャスト配信も使われている。

通信経路の暗号化

HTTPベースのプロトコルは、HTTPの代わりにHTTPSを通すことで通信経路の暗号化が可能。

  • RTMPS
アドビシステムズが開発した、RTMP及びSSLに基づくFlash用の暗号化ストリーミング・プロトコル。リバースエンジニアリングによって仕様が解析されているため、多くのオープンソースソフトウェアがこの再生及び送出に対応している。
  • RTMPE
アドビシステムズが開発した、RTMP及びディフィー・ヘルマン鍵共有に基づくFlash用の暗号化ストリーミング・プロトコル。リバースエンジニアリングによって仕様が解析されているため、多くのオープンソースソフトウェアがこの再生及び送出に対応している。設計に欠陥があり、中間者攻撃が可能という脆弱性が存在する。
  • Clear Key
W3C標準のEncrypted Media Extensionsで規定されている暗号化方式。Google Chromeなどが復号に対応している。
  • HLS暗号化
AES-128を使った暗号化。

ストリーミング用DRM

ストリーミング形式では配信目的のためにコピーガードが用意されていることが多く、映像や音楽をファイルに保存することを困難にさせることができる。ただし、コピーガードは視聴者の見られる環境を狭め、視聴者の合法的な利用を妨害し、競合他社の製品も排除するという設計の欠陥を故意に作り出すため批判されており (Defective by Design)、何時でも何処でもどんなデバイスでもオンデマンドで見られることを目指すニューメディア (New media) には使われないことが多い。

UltraViolet

  • Google Widevine DRM
AES-128 CTRを使ったDRM。Common Encryption (CENC、ISO/IEC 23001-7)に基づく。MPEG-DASHで使うことができる。ChromeやAndroidが復号に対応している。オープンソースのBento4やedash-packagerやMP4BOXが暗号化及び復号の両方に対応している。
2016年現在、GoogleのWidevine DRMの実装に問題が見つかっている。
  • Microsoft PlayReady
AES-128 CTRを使ったDRM。Common Encryption (CENC、ISO/IEC 23001-7)に基づくが復号に対応している。Adobe Media Serverが暗号化に対応している。
  • Marlin DRM
多くのIP-TVが復号に対応している。MPEG DASHのMP4コンテナではCommon Encryptionに基づき、MPEG DASHのMPEG2-TSコンテナではMarlin BBTSに基づく。オープンソースのBento4が暗号化に対応している。
  • OMA DRM v2.0
多くのフィーチャーフォンが復号に対応している。ファイル形式にはDCFとPDCFが存在する。PDCFは3GPPのPSSに基づいている。

レガシー

これらはレガシーであり、ハリウッドスタジオ(除ディズニー)ではUltraViolet対応のDRMを推進している。

  • WMDRM
楕円曲線暗号を使ったDRM。MS-RTSPやMMSで使うことができる。Windows Media PlayerやWindows Phoneが復号に対応している。Windows Media Rights Manager (WMRM) が暗号化に対応していた。
Windows 10 Anniversary Updateで、WMDRMの復号が削除され、WMDRMで暗号化されたメディアの視聴が不可能となった。
  • Helix DRM
RealRTSPで使うことができる。Real Playerが復号に対応している。Helix Universal Server (ディスコン)が暗号化に対応していた。
  • FairPlay
QuickTime Playerが復号に対応している。2016年、Microsoft AzureがFairPlayの暗号化に対応した。

主なストリーミングサーバ

現在はHTTPベースのストリーミング・プロトコルの普及により、動画をフラグメント化してHTTPサーバーで送出することが主流になりつつある。

アドビシステムズが提供しているWindows・Linux向けのストリーミングサーバ。コピーガードが有効な動画を、PCにおける普及率が高いマルチプラットフォームのFlash Playerに配信する唯一の手段であったため、現在のデファクトスタンダードとなっている。Flash Playerが使えないiOSへの配信にも対応しており、Protected HLSプロトコルを使うことによってブラウザから再生可能にできる。同じくFlash Playerが使えないAndroid 4.1以降への配信には、再生側にAdobe Air製のアプリをインストールさせる必要がある。なお、コピーガードを使うにはプロフェッショナル版以上を使う必要がある。バージョンによって最大同時接続数やプロセス数にライセンス的な制限があるため、大規模配信する場合にはサーバー一台に対して複数ライセンスを購入し、ライセンスをスタックする必要がある。
Wowza Media Systems が開発している動画ストリーミングサーバ。RTMP を使い、Adobe Flash Player と通信できるが、クライアント・サーバー間のリモートプロシージャコールにも対応しており、その際、サーバー側は Java で記述する。バージョン4.0より、Webブラウザベースで管理出来るGUIを搭載した。
Javaで書かれたオープンソースのFlash Player向けマルチプラットフォーム・ストリーミングサーバ。ライセンスはApache License 2.0 (LGPLv3から変更された)。RTMPによる動画配信、RTMPEによる暗号化動画配信だけでなく、Flashの共有オブジェクトやRemotingなどにも対応している。ただし、プログラミング言語はJavaであり、FMS向けにActionScriptで書かれたサーバーサイドスクリプトは直接動かすことができない。
NGINXを基にしたオープンソースのストリーミングサーバー。RTMPだけでなくHLSやMPEG-DASHによるライブストリーミングにも対応している。
Winampの開発・配布先と知られているNullsoftが無償で提供していたが、インターネットラジオのRadionomyに買収された。
プラットフォームはWindows 95/98/Me/NT/2000/XP/2003からFreeBSD、 Linux、macOS サーバ、そしてSolaris 2.x サーバ(Sparc版)と対応OSも幅広く、バイナリーでの配布となっている。
MP3形式のデータをストリーミング送信可能である。また、プラグイン導入済みWinampとSHOUTcastサーバの組合せでライブ送信が行なえる。
MP3形式のストリーミングが可能なオープンソースのストリーミングサーバー。
  • VLC (VideoLAN Client)
VideoLANプロジェクトで開発されているオープンソースのマルチメディアプレーヤ。GUIインターフェースだけでなく、コマンドインターフェースやWebインターフェースも持っており、ストリーミングにも対応している。HTTP、MMSH、RTSP、Icecastなどのプロトコルでストリーミング出力が可能。

主な開発停止中のストリーミングサーバ

  • Helix Universal Server
RealServerの後継製品であり、リアルネットワークスが販売していた。ディスコン。
  • IIS Media Services
マイクロソフトが提供しているWindows向けのストリーミングサーバであり、の後継製品。コンテンツ開発用エンコーダ等も無償で配布されている。コピーガードが有効な動画は、Microsoft製品以外での視聴ができないため、Windows以外のPCやモバイルデバイス等への配信が難しい。
更新されておらず、Windows Server 2016以降へのインストールには回避策が必要となる。

主なフラグメント化ソフトウェア

  • MP4Box
MPEG-DASH互換MP4フラグメントやMPEG-DASH互換MPEG-2 TSフラグメントなどの生成に対応している。オープンソース。
  • FFmpeg
MPEG-DASH互換MP4フラグメント、MPEG-DASH互換WebMチャンク、HDSフラグメント、Microsoft Smooth Streamingに使われるISMVフラグメントなどの生成に対応している。オープンソース。
  • edash-packager
MPEG-DASH互換MP4フラグメントの生成に対応している。ISOのCommon Encryption及びの一つであるWidevine DRMの暗号化・復号に対応している。オープンソース。
  • TITAN File
ATEMEの動画変換ソフトウェア。MPEG-DASH、Smooth Streaming、HLS互換フラグメントの生成に対応している。

クラウドベース

  • Amazon Elastic Transcoder
MPEG-DASH、Smooth Streaming、HLSに対応している。
  • Azure Media Services
MPEG-DASH、Smooth Streaming、HLSに対応している。
  • Akamai Media Services Live/On Demand
MPEG-DASH、Smooth Streaming、HLS、HDSに対応している。
  • Arkena Cloud4TV

主なWebベースのストリーミングメディアプレーヤー

Flowplayer
HTML5及びFlashベースのWebプレーヤー。オープンソース。
MediaElement.js
HTML5及びFlashベースのWebプレーヤー。オープンソース。
Video.js
HTML5及びFlashベースのWebプレーヤー。オープンソース。
Shaka Player
GoogleによるHTML5ベースのWebプレーヤー。オープンソース。
Strobe Media Playback
AdobeによるFlashベースのWebプレーヤー。OSMF (Open Source Media Framework)を基にしている。オープンソース。更新停止中。
MicrosoftはOSMFに向けて、Smooth Streamingに対応させるSmooth Streaming Plugin for OSMFをリリースしている。
Locomote Video Player
FlashベースのWebプレーヤー。オープンソース。RTSPにも対応している。

ライブストリーミング

ストリーミング技術を応用し、DVカメラなどを使い、コンピュータのネットワーク上に流すことでライブ配信すること(ライブストリーミング)も可能になった。これにより、景勝地・被災地・(彗星を初めとする)天体観測のライブカメラ映像・アマチュアバンドのライブ映像・既存メディア(ラジオやテレビ)、これらもネット上でリアルタイム放送する事が可能となった。従来から存在したテレビメディアの様な複雑な放送認可手続き・審査・取得も必要としない為、ネットにて擬似的なラジオ放送、およびTV放送を開局可能であり、個人や小規模な各種法人団体、既存のラジオ放送局(放送局スタジオ内のライブカメラ映像とセットで流してTV放送化)も積極的に参入している。前述の通り、(放送コンテンツの著作権関係さえクリアしていれば)規制の殆ど存在しないメディア形態である為、機材さえ用意すれば刑務所の中までネットワーク中継をすることも可能である。

短所としては、下記が挙げられる。

  • ライブストリーミングの場合、既存放送メディア同様、視聴者が放送時間を忘れて目的の番組を見逃す事がありえる。
  • ライブストリーミングと非ライブストリーミング(放送時間の制約が無いオンデマンド・コンテンツのストリーミング送信)共通の欠点として、ネットTV放送側が映像画質の仕様を策定する際に多くの視聴者獲得を優先させる(低スペックPCや低速ナローバンド通信回線接続PCでも視聴に耐える様、画質・画像サイズ・映像フレーム数を低めにする)か否か判断に悩まされる。

ライブストリーミング配信プラットフォーム

ライブストリーミング配信のためのプラットフォームが存在する。

サービスの詳細については、ライブ配信およびインターネットテレビを参照。

音声のみは、インターネットラジオ#利用者による放送配信が可能なものを参照。

ライブストリーミング送出

Adobe Flash Media Live Encoder
Open Broadcaster Software (OBS)
オープンソース。
()

関連項目

ストリーミング』に 関連する人気アイテム

Fire TV Stick

5つ星のうち 4.0総合的には良い

(参考になった人 0/0 人)

リビングのテレビでhuluを見るために購入しました。
数日使用してわかりましたが、リモコンでの操作しにくいです。
私はFire tvで特定のアプリケーション(hulu)しか使用しないため、毎度起動するたびにアプリを起動するのがめんどくさいです。
自動起動機能が付くと少しは使いやすいと思います。
発熱問題は、使用中に本体付近に近づかないためわかりません。
ですが、他の方のレビューを見る限り温度が上がりそうなのでヒートシンクを購入したいと思います。
最後に一番気になったのが、テレビ側からの給電では使用できないことです。


USB電源アダプタが付属しそこから給電します。
テレビ側のUSBに挿しても電力不足で使えないと表示されます。
テレビ側から給電するためには社外品の物を購入しないといけません。
テレビ側からだけの給電で使用できればテレビ周りをスッキリさせることができると思います。
リビングのテレビを4K対応テレビに買え変えたら新型のを買おうと思います。
色々不満はありますが、結局は画質もよくそこそこ使いやすいのでこの評価を付けさせていただきます。

使用していた2015年モデル(第一世代)から買い換えました。 CPUの性能向上はダイレクトに感じられます。 旧型ではカクついていた動作や重さを感じた操作、全体のレスポンス速度が大幅に向上しており、ストレスフリーでの動画視聴が可能です。 また熱暴走対策を施さなくても、旧型より安定して動作してくれると感じます。 また、回線の安定度も高くなっている、と感じました。 総じて高い性能で安定している、という感想です。 新規購入は勿論、旧型からの乗り換えにもおすすめかと思います。

操作が簡単でスムーズに動画を再生することができました。 ただ最初、音声だけが流れ画面が全く再生されず、電話したところ直ぐに対応してくれました。 電話対応が恐らく中国人でかなり冷たい態度でした。 (笑) リモコンが1週間で全く動かなくなり付属の電池を、新しいものに変えると動きました。 そこに"ちゃっちさ"を感じました。 それ以外は今のところGoodです

Fire TV - 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

5つ星のうち 4.0満足してます。

(参考になった人 0/0 人)

リモコンの反応が悪いと何度も押してしまうので暴走しますが、満足してます。
音声の読み取りも良いです。曖昧でも読み取って貰えました。
曖昧な例として
上川隆也さん(かみかわたかや)を【かみかわたつや】と間違えて言ってしまった事がありますが、その時に検索一覧に[上川隆也]と[上川達也]が出てきました。
そんな曖昧は名前でも、上川隆也さん出演のドラマを観ることができました。
fireTVで観てるオンデマンドは
Amazon video、dTV、U-NEXT、FODとネット経由のYouTubeです。


検索する場合(音声、文字入力の検索)は、Amazon videoとNetflixしか出てこないので他のオンデマンドで観たい場合はそれぞれのオンデマンドに接続してから検索するしかないようです(^_^;)そこが面倒。
文字検索するのに一番面倒なのはU-NEXTです。
入力打ちが携帯打ちになってるので。

ただ、長時間使い続けると動画を早送りや巻き戻しした時に、直後の映像が止まったまま、音声だけが聞き取れる感じになってしまいます。5秒位映像が固まったままになります。
そんな時は1度fireTVの電源を落とす(再起動)してから使うと元に戻り、早送り(または巻き戻し)をした位置からちゃんと観ることができます。

通常のFire stickも所持していますが、4KHDR対応モニターを導入したのでこちらも購入しました。 結果的に4K作品も快適に見れて良かったです。 ただし動作の速さなどは体感的に通常のFire stickと変わりません。 なので単純に4K作品をFire stickで視聴したいという方に向いている製品です。

本来の使い方ではないのですが、余っていたPC用モニタとプロジェクターに接続して使用しています。 これを購入してから地上波TVをほとんど見なくなり、毎日abema TVやdアニメストアを見るようになり、楽しめている。 Amazon Primeには加入していないが、それでも十分有用なデバイスだと思いました。

アイフォンHDMI変換ケーブル Lightning to HDMI接続アダプタ iPhoneテレビ変換ケーブル ライトニングHDMI変換アダプタ iPad Lightning Digital HDTV AVアダプタ Apple iPhone X/8 Plus/7+/6S/5プロジェクター接続ケーブル iPad Pro Air MiniディスプレイiTouchモニター1080P高解像度映像出力変換ケーブル

5つ星のうち 5.0値段に妥当

(参考になった人 7/7 人)

電源を確保するためにUSBを刺さないといけないのでUSBポートが少ないテレビだと使いにくいかもしれません。 あと有料動画(Amazonプライム・ビデオなど)物によって観れないものもあるみたいなので用途は制限されるかもしれませんが、私は携帯に入っている動画をみんなで見たりゲームを大画面でするだけなので特に困ってないです。 無線のやつはそれなりの値段がするので私はこれで満足してます。

プロジェクターやテレビでYouTubeなど携帯から映像を見るために買いました、今までいろんな変換ケーブルを試しましたが、これはとてもキレイに映像を映してくれています、中には接続すらしなかった物やすぐ使い物にならない物がありましたが、これは半年ぐらい使っていますが、不具合は今のところありません、これからも使っていきたいと思います!!!!

5つ星のうち 5.0接続簡単画面きれい

(参考になった人 3/3 人)

設定が簡単です、ケーブルを接続した後、画面に自動的接続完了となります。 すべてのアップル商品が対応できます。 接続が便利し、iPhoneからの映画、写真、YouTubeなどの内容が直接テレビに映れます。 大画面で家族や友達と映画、番組を楽しむことが最高です。

ドングルレシーバー Google Chromecast 対応 ワイヤレス ディスプレイアダプタ  ワイヤレスHDMI ミラーリング iPush転送器  Wi-Fi iOS、Android、 Windows、MAC OSシステム通用 【日本語説明書付き】

5つ星のうち 1.0返品対応がなされない

(参考になった人 0/0 人)

9月に購入後、Yotubeが使えず、指定の場所(中国の会社)へ直ぐに返品しましたが、2ヶ月経っても返金されません。 どうしたら良いでしょうか。 記載が無かった為に中国製とは知らず安易に注文した為に後の祭り、後悔先に先に立たず。 その後直ぐに純正クロームキャストを入手し今はYotubeを見れております。

5つ星のうち 1.0使えていません

(参考になった人 0/0 人)

ソニーブラビア・HDMI端子4個所のタイプのテレビを使っています。 残念なことにどの端子にChromecast HDMI端子を 差し込んでも、認識してくれません。 テレビとの相性が悪いのか私の対処がいけないのかわかりませんが使用をあきらめました。

返品して約1ヶ月になりますが、引き落としされた代金は戻って来ません。 多くの方が返品されたことと思いますが、皆さま泣き寝入りですか? Amazonを信じて購入、使えなくて返品、何らかの責任はとってほしいですね。

ストリーミング』の解説 by はてなキーワード

英語で【streaming】流れる、流れていくという意味。

インターネットで動画や音楽などを視聴する際、ダウンロードが完了してから再生されるのではなく、ダウンロードしながら同時に再生すること。動画や音楽はファイルサイズが大きいためこの方式が用いられる。

ストリーミング』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.